大きな屋根の家

神奈川県横須賀市

クライアントとの出会いは、「まちを一望できる家」のご家族のご紹介でした。クライアントの住まいのイメージをお聞きし、そのイメージに合った土地を探すところからお手伝いをさせて頂きました。
家づくりのご希望は、親戚家族が一同に集まれるLDKとそれに接して土間、小上がりを設けたい。雨の日でも外に出られるようなテラスが欲しい。庭は親戚の子供達が家の周りを走り回れるようにし、駐車スペースは車4台が停められるようにしたいというものでした。

ご希望に合いそうな土地がいくつか見つかり、その中から選ばれた土地は、住宅街の南斜面の高台に位置している見晴らしも、日当たりも、風抜けも良い土地でした。東側道路からのアプローチで、南面には4.5m程低い隣地に2階建ての住宅が建っており、北と西側も同じく4.5m程低い道路で、四方に迫る物が全く無い、しかも遠くには海も見える場所でした。また、敷地の周囲が3面道路になっている等もあり、外壁に木の板を貼る事もできる敷地条件でした。

設計段階では、家の中で大きな面積を占め、1階に計画するLDK、土間、小上がり、テラスの位置関係や広さについて何度も打合せを重ね進めて行きました。
そうして完成した家は、東側道路に面した広い駐車スペースからアプローチして玄関ドアを開けると一坪のホールになっています。ホールから大きな引込戸を開けると、そのまま床続きで4帖の土間スペースになっています。
土間は、リビングと一体的に使う事も出来ますし、二つの掃出し窓で介したテラスとも一体に使えます。また、玄関から直接LDKが見えない様にと設けた先ほどのホールの引込戸を開け放すと、土間が玄関ホールとしても利用でき、冷気が入らない夏場に沢山の子供が集まっても、玄関で混雑を避けられそうな、とてもユーティリティーな空間に出来上がりました。
小上がりは、南西の角に計画し、LDKと土間が見渡せる気持ちのいい場所になる様に計画しました。大勢で食事をする時には、ダイニングの横でもあるのでお座敷としても使えるようになっています。

2階は、ご主人の趣味のスペースとしてのデスクコーナーと寝室を計画してありますが、この寝室やデスクコーナーからも家の中が見渡せるため、自由に遊ぶ子供たちが、時に度を過ぎた場合には、いつでも雷を落とせるようになっています。

「大きな屋根の家」は、親戚家族が集まるLDK、土間、小上がりに床暖房が設置されていて夏涼しく冬温かいスペースです。そしてその空間を大きな片流れの屋根が覆っています。引き渡し後に伺うと一つ屋根の下の一家団欒な感じでお住まいになってくれているので嬉しく感じています。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方」

  竣工:2014年
建設地:神奈川県横須賀市
家族構成:ご夫婦
工事種別:新築
工事面積:92.73㎡