こんにちは。
葉山・逗子・鎌倉・湘南エリアで無垢の木の注文住宅を建ててきた工務店【松匠創美(まつしょうそうみ)】です。
今日の目次は下記です。どうぞ宜しくお願い致します。

【1】   片付け好きの頭の中 「衣類の片付け たたみ方編」

【2】   家づくり雑記帖 「戦後日本住宅伝説-4」

【3】   家づくりのいろは 「窓廻り―引き違い窓―」

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――
【1】 片付け好きの頭の中 「衣類の片付け たたみ方編」

こんにちは、片付け好きの久保です。8月末に急に涼しくなったと思えば、10月になってもまだまだ暑い日があったりと、近年は季節の移行がスムーズに進まないことが多くなり、衣替えのタイミングを計ることが難しくなりました。しかし、10月からは学校を始め官公庁、オフィスなどでは冬服に衣替えになました。

そこで今日は、衣類の片付け たたみ方編として、私が衣類を片付ける際に気をつけていることをご紹介いたします。
ひとつ目は、見渡せることです。手持ちの衣類が扉を開けた時や、引出しを開けた時に、中に入っているモノが見渡せるようにたたむことです。そうすることで、コーディネイトもしやすいですし、何より死蔵品を生みにくくできます。

もうひとつ気をつけていることは、取り出しやすさです。何枚も積み重なっていると、下のモノを取り出す際に上のモノが崩れてしまったり、ぎゅうぎゅうに詰め込んであると、衣類がしわになったり、一枚だけ取り出したいのに、隣のモノまで出て来てしまい、たたみ直さなければならなくなったりすることを避けるためです。

最後のひとつは、取り出す側は『輪にする』ことです。これは、小学生の頃、毎年夏のキャンプで訪れていたキャンプ場の指導員のお兄さんに、毛布のたたみ方として教わりました。それ以来ずっと気をつけていることです。

以上3つのことに気をつけて手持ちの器に合わせ、たたみ方のルールを決めます。器と衣類との組み合わせで、いろいろな方法が考えられますので、基本ルールを作っておくと、揃ってきれいに納まると思います。

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】 家づくり雑記帖 「戦後日本住宅伝説-4」

こんにちは、設計の田中です。
ながらく続いた、埼玉県立近代美術館で開催されていた「戦後日本住宅伝説-挑発する家・内省する家」展のお話も今回で最後にしたいと思います。今回紹介するのは1970年代の住宅で今、大活躍中の建築家の設計した住宅が登場し始めます。

1960年代から70年代前半に渡って、日本は世界に対して公害大国のイメージを残してしまった事もあって、住宅の造り方にもひとつの大きな特徴が現れてきたそうです。それは、外に閉じつつ採光や通風を効果的に取れるように窓を設けるという事だそうです。また、それとは別に僕が感じた特徴は、建築家それぞれの個性が建物にハッキリと現れてくる時代でもあるということでした。

1974年に完成した、原広司さんの自邸は南北に長細い家です。その南北を段状に突き抜けるように2階吹抜のホールが計画されています。ホールの中央にはメインストリートも言える廊下があり、その左右にシンメトリの形状でリビングやキッチン、個室、水廻りが連なる小屋のように計画されています。そのホールの景色はシンメトリで幾何学的ではありますが、まるでイタリアの集落のようでもあります。原さんは、人が集まって暮らす秩序を集落を通して研究された方で、後にその手法で京都駅も設計されます。

1975年に完成した幻庵という別荘(茶室)は、石山修武さんのデビュー作で、通常はトンネルなどに使う鋼板製のパイプ(コルゲートパイプ)を使った筒状の住宅です。それまでもコルゲートパイプを使った住宅はありましたが、石山さんの幻庵では、一見してロボットの顔のようなデザインが大変なインパクトで、ふざけているかの様ですが、ドア、窓、階段、照明など細部に渡って鉄で造られ、職人さんの技が活かされた工芸品のようなところが、石山さんらしいと言えるのではないかと思います。

1976年に建てられた住吉の長屋は、メディア露出度No1の安藤忠雄さん設計です。ウナギの寝床と言われる間口が狭く奥行が長い「長屋建築」をコンクリート打ち放しで造りました。なんと言っても、その特徴は中庭です。元々長屋建築では中庭から光を取り入れる間取りになっていますが、安藤さんの中庭は家を二つに分断させてしまいました。雨の日にトイレに行くにも傘をささなければならない住宅として大変話題になりました。決まり事を壊す大胆な発想と、それを完成させてしまう安藤さんの代表作中の代表作です。

1976年に完成した中野本町の家は新国立競技場の反対立場で話題の伊東豊雄さん設計です。大きな中庭をぐるっと一周できるその建物は外から見ると白い壁の塊です。ところが中庭に対しても窓が沢山ある訳ではありません。伊東さんは洞窟をイメージしていたようでスリット窓から所々差し込む光は有難味を強く感じます。排気ガス問題などの時代感が現れているのかのような、常に新しい素材や表現にチャレンジし続ける伊東さんらしい住宅なのだと思います。

今日まで個性豊かな住宅を紹介してきましたが、その殆どが現存していますし、取り壊し決定しているものや、いくつか取り壊された住宅も、今でもとても惜しまれています。また、会場にも沢山の人が来ていて皆さん熱心に見ていました。
そんな展示を見て、あらためて思い入れある家づくりをして行きたいなと思いました。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方http://www.hayama-ie.jp/concept/index.html

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】家づくりのいろは 「窓廻り―引き違い窓―」

こんにちは、千葉です。
秋は運動会や遠足、ハロウィンなど、子どもには楽しい行事が多いですが、親はお弁当作りなどで忙しくなりますね。季節の変わり目ですので、体調管理をしっかりしていきたいと思います。

今日の「家づくりのいろは」は、「引き違い窓」について勉強したいと思います。

引違窓

引き違い窓は、今まで勉強してきた窓の中では、皆さんもよくご存じの形状ではないかと思います。
引き違い窓は、2枚以上の窓ガラス戸をそれぞれ異なるレールにはめ、滑らせて開閉する窓で、住宅などでは最も一般的に採用されているそうです。
開閉が楽な半面、窓を全開にしても、最低1枚分は窓が建具内にとどまるため、滑り出し窓のような開き窓と比較すると開放感が少ないという一面があるようです。
近頃では、引き違いテラス戸というふうに言われていますが、少し前は取り付け位置により、掃き出し窓(床からの窓)や腰高窓(腰の高さからの窓)や肘掛け窓(床に座った時に窓枠に肘が掛けられる窓)と呼ばれていました。私はこちらの呼び方の方が好きですが、あまり使われなくなっているようです。
引き違い窓を施錠するときの鍵をクレセントと言って、窓と窓の召し合わせ部分についているものが普通でしたが、最近は戸先錠という鍵が引手に装備された引き違い窓もあり、デザイン性にも優れる上、防犯にもなるということです。
引き違い窓を考えられる際は、是非、戸先錠仕様のものもご覧になって見て下さい。
本日も最後までお読み下さりありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美

http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.