投稿

こんにちは。
葉山・逗子・鎌倉を中心に無垢の木で注文住宅を建てている工務店【松匠創美(まつしょうそうみ)】です。
今日は、松匠創美の建てた家で、「緑ゆたかな古都の家」をご紹介します。
松匠創美では、初のチャレンジとなった焼杉の家のご紹介です。とんとん拍子にお話しが進んだり、敷地で困ったことがあったり、完成まで色々な事がありました。
(※申し訳ございません。こちらはメールマガジンの記事になります。WEB検索からお越しの方は、お手数ですが、こちらからご覧いただけますと幸いです。)

クライアントからご連絡頂いたのは2年程前です。
造成中の土地をご購入され、「土地の引き渡しを待っている段階でもご相談可能ですか」というお問合せを頂き、一緒に家づくりをする事になりました。お打ち合わせの際、毎回、葉山まで徒歩で2時間半かけてお越しになるほど、エネルギーに極力頼らず、健康的な生活をされている方でした。

敷地は、閑静な谷間に造成中の区画です。東北西の小高い山に囲まれ、山の向こう側にはそれぞれ寺院もあり、歴史を感じる緑豊かな場所でした。

クライアントのご希望は、国産無垢材の使用と瓦屋根、内部は左官仕上げの平屋建て古都の家です。

計画地は、南を除く3面が道路に面し、南面は隣地が一段下がっているので、冬でも採光が期待できる環境です。また、西側も南側隣地と同じ一段下がって駐車場用スペースになっています。

ご希望に添えるよう、よくよく平屋を検討させて頂きましたが、敷地に段差があることや風致地区の規制により道路から1.5M以内は建物の計画が不可という条件が重なり、ひと部屋だけ2階に計画させて頂き、道路から見ると平屋に見えるよう工夫しました。また、古都の家というご希望に沿う外観をと外壁に焼杉(杉板の表面を黒く炭状になるまで焼いた材)を貼るご提案をさせて頂きました。

計画が順調に進む一方で、造成工事は遅々として進まず、延期につぐ延期でヤキモキすることもありましたが、焼杉材をクライアントのご実家の敷地を借りて一緒に焼いたりしました。そうして完成した家は、クライアントらしい古都の家になりました。

家へのアプローチは北西の玄関からです。玄関を入ると高い勾配敷天井の空間で、実際の床面積より広く感じる空間になりました。目に飛び込む、遊び心ある襖紙はクライアントのアイデア。玄関ホールには来客が利用しやすいようトイレや手洗いコーナーも併設されています。
玄関から入って一つ目の部屋が客間です。こちらも高い勾配敷天井になっていて、窓には障子を納めました。障子は外部の視線を遮り、光を拡散してくれる為、天井の高い部屋に光が回りも明るくなります。

玄関から二つ目の部屋からがプライベート空間で、居間になっています。居間には、畳の小上がりと、コンパクトなキッチンがあります。キッチンの奥に脱衣室と浴室、2階の個室へは、居間から上ります。個室を2階にした事で、1階がコンパクトになり、南側の庭に、小上がりと一体的に使える広い縁側を計画する事ができるようになりました。

2階の個室からは、緑豊かな景色を見る事ができ、また、客間とは障子の開口部で、居間とは吹抜で空間的に繋がっている為、家中を空気が循環できるようになっています。

そう言えば、初めてお会いした時からトントン拍子にお話しが進みまして、松匠創美を選んで下さった理由をお聞きしていませんでしたが、エネルギーに頼らず健康的な生活をされているクライアントのご要望の「古都の家」が完成してみて、選んで下さった理由が分かった気がしてきました。

松匠創の建てた家から写真を覧いただけます。

 

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、今回がメルマガ200号になります。
新しいWEBページの準備も進めているところですが、まだまだメルマガも頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

■ 第50号 ■

■□・・―――――――――――――――2011年07月06日

   木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

 □ 目次

【1】 こんな感じに過ごしています「 矢印に誘われて 」

【2】 「 京都へ。その2 」

【3】 家づくりのことば 「イヌバシリ 」

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【1】 □こんな感じに過ごしてます・・・

こんにちは 田村です。

関東では梅雨はまだあけていないようですが・・・青空に真っ白で厚みのある雲が浮かびカエルやセミの鳴く声が聞こえトンボが飛んでいたりと 葉山周辺はすっかり夏の準備が整いました。

お隣の逗子海岸では6月24日に 関東一早く海開きをしましたので自転車で散歩がてら様子を伺いに行ってみました。(正しくは2番目・・小笠原諸島では元旦に海開きをするそうです。)

家を出て30分もかからない程度で逗子海岸へ着くのですが 海岸に近付くにつれて 段々と増えてくる人の多さに驚きました。
皆さんすっかり夏モードでほぼ水着姿と思える人達が 駅から続く住宅街を抜け砂浜を目指していました。
海岸沿いの国道134号線も車で大渋滞・・・梅雨あけって言ってしまってもいいんじゃないの?と思うくらいの盛り上がりです。 

流れに乗って砂浜まで行ってみようかと思っていたのですが あまりに暑くてどこかで涼もうかと方向転換しようとした時に「フリーマーケット会場はこちら→」という看板が目に入ってきました。

そこは「黒門」という海岸手前にある駐車場なのですが その奥へと矢印の差す方へ向かってみると 時代劇に出てくるお屋敷にあるような門と1軒のお宅が現れ その中でフリーマーケットが開催されていました。 
このすぐ隣に賑やかな砂浜があるとは感じさせないほど静かな場所で 出店者数も数人といった落ち着いたフリーマーケットでした。

この黒門駐車場は知っていましたが その奥にこんなスペースがあったことは知りませんでしたので ネットで詳細を調べてみましたら なかなか歴史がある場所だと言う事がわかりました。 

今は「黒門カルチャーくらぶ」と言った民家レンタルスペースになっているそうなのですが 元々は新潟県下一の大地主「伊藤家」(江戸中期~)が冬の間だけ利用していた別荘だったと言う事で お屋敷にあるような門扉と言った通称「黒門」は 昭和20年の空襲の被害を受けた鹿鳴館(東京・日比谷)より移築されたものだとも伝えられているそうです。

黒門 001 敷地内からみた黒門です。

逗子や葉山は別荘地として古くから人気がありますが 遠い新潟の人までもが利用していたとは本当に驚きました。
久保のブログに逗子の別荘を紹介しているものがありますのでご覧下さい。

さて 葉山周辺の梅雨はいつあけるのかまだわかりませんが 今年の夏は暑くなる予感がします。何故かと言うと短い時間の散歩でしたが Tシャツの襟首から覗く背中の皮がもう剥け始めたからなんです。

皆さんも 強い日差しにお気を付け下さい。

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】「京都へ。その2」

こんにちは、設計の田中です。

今日は前回のエネファーム工場見学ツアーに便乗して京都観光をした続きです。
前回は、工場見学のあとの懇親会で先斗町と花見小路の町歩きについて書きました。

一泊して二日目の朝にエネファーム工場見学ツアーは解散。
僕の行ってみたかった清水寺へ向かいました。
と言うのも、清水寺と言えば修学旅行で訪れる先として有名ですが、僕は一度も清水寺へ行ったことがなかったからです。
ホテルからタクシーで市街地を抜けて山のふもとで降車、修学旅行生の人波を押し分けながらお土産屋が並ぶ参道を登り、やっと清水寺へ到着しました。さらに登り、清水寺の舞台まで辿り着き、その緑深い絶景に出くわし感動しました。それは想像していたのより「凄い」と感じました。
聞くとこによると、清水寺の建立は平安遷都前だそうです。理想の土地を捜し求め、未開の土地の中から選び抜かれて造られたであろう高さ13mの大舞台。そう思うと、「ますます凄い」です。
また、清水寺へ行って知りましたが、舞台には釘が使われていないそうです。釘のない柱や梁。急な崖地の石垣。どれほどの人が関わり時間を費やしたのか。想像も出来ません。

清水寺を後にして、暑さの中を徒歩で智積院に向かいました。
智積院の庭園では本物の借景や空間の広がりを味わったり、清涼感ある数々の襖絵をゆっくりと楽しみました。僕には気付かれない計算しつくされた配慮や手法があるのだろうと感じ受けることは出来ましたが、ただただ浸るのみ。いつの間にかに疲労感がすっかり無くなっていることにも驚きました。

当初、疲労感から半ば諦めていた三十三間堂にもこの後向かうことにしました。三十三間堂では、細長い建物そのものを楽しめればと思っていましたが、入館して整然と並んだ1001体の観音様に圧倒されました。
暫く見とれてしまい、長い廊下の存在に気付いて、再び圧倒されました。あれもこれも途方もありませんでした。そしてお堂の外に周り、久保と柱の本数を数えてみました。すると、柱の本数は36本。建物の長さは実は三十五間あったのです。お寺の人に教えていただいたのですが、三十三間堂は、内部の観音様が並ぶところが三十三間なのだそうです。

久保が三十三間堂で話していた「どれほどの想いで、これほどのものを造ったのか」というのが印象的で今回の総括だなと思いました。
清水寺も智積院も三十三間堂も、とても僕には受け止め切れるものではありませんでしたが、造る想いの大切さは改めて感じました。

今回の京都のことについては、久保のブログでも写真付きで紹介しています。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】 □家づくりのことば・・

私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」と思う建築用語がたくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などをここで少し紹介したいとおもいます。

○イヌバシリ

葉山は人口が3万人ほどですが 犬(ペット)の数もそれと同じ位いるんじゃないかと言われています。

夕方(葉山)元町商店街のスターバックスでお茶をしていると 次から次へとお散歩中のワンちゃん達が現れますので まるでドッグカフェにでもいるかのようです。
私事で言えば 職場には空(くう)と言うゴールデンが 家には黒ラブのブラウニーがいますので 犬を避けては通れません。

そんな生活の中で 辞書をパラパラとめくっていてみつけたのが「イヌバシリ」です。犬好きな方でしたらとても気になることばではないでしょうか。

「犬走り」と書きますので単純に「dog run」のことだと思ったりしもしましたが 犬専用の(隔離)スペースが公園などにできたのはここ何年かの事ですし それをわざわざ日本語読みにしないだろうな とこれまでの思い込み違いを反省しつつ 辞書に目を通しました。

すると 建物の外壁の廻りを取巻くようにコンクリートなどを敷きつめた“たたき”のことだと書かれていました。
40~60cmほどの幅で 雨水などで基礎部分や建物に汚れが跳ね返るのを防ぐために設けるそうです。

しかし それがどうして犬走りと言うのか語源が知りたくて 久保に聞いてみたところ 辞書にも載っているように“たたき”と呼ぶことが多いので「そういえば気にしたことなかった・・。」とのことです。
(ちなみに“たたき”は玄関の土間のことだけを言うのだと思っていたのでまた一つ勉強になりました。)

他で調べてみましたら「犬が通れるくらいの幅しかない」と言うところからきていると書かれていて そんなに深く考えなくてもよかったんだと拍子抜けしてしまいました。
何故なら 以前めざましTV(フジ)で家の廻りをグルグルと走り続けるワンちゃんを紹介していて その映像には外壁の横スレスレのコンクリートで固められた部分を 勢いよく走る柴犬が映し出されていたのをこの目で見ていたからなのでした・・。

○犬走り(いぬばしり)
=建物の外周壁に沿った地盤上に設けた“たたき”コンクリート製などの平らな部分。 「建築用語辞典」岩波書店より

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美
  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2011 松匠創美 All rights reserved.

■ 第49号 ■

■□・・――――――――――――――――2011年06月22日

   木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

 □ 目次

【1】 こんな感じに過ごしています「 muffinはいかが  」

【2】 「 京都へ。その1 」

【3】 家づくりのことば 「クツズリ 」

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【1】 □こんな感じに過ごしてます・・・

こんにちは 田村です。

葉山にまだおしゃれなお店が少なかった10年ほど昔にオープンした焼き菓子のお店「Bech muffin」さん。

店内には 有機栽培や無農薬の材料を使ったマフィンやケーキなどのお菓子の他に アメリカなどから輸入した食材や小物などが並び とてもポップでカラフルな外国の匂いがするかわいいお店です。

場所は逗子方面から葉山御用邸まで続く道 地元ではロイヤルロード*と呼ばれている国道134号線の道沿いで 以前紹介した葉山緑地の近くです。
(*天皇一族がこの道を通って 御用邸入りされる為そう呼ばれています。)

私は仕事の帰りに寄り道をしては マフィンを買い食いしています。
甘い香りのするマフィンを家まで我慢することができないのです(笑)

店主のマリコさんは とても明るくひとなつっこい人柄で vegan(動物性の物を含まない)のお菓子作りのスペシャリストです。 夫のLarryさんはアメリカ出身で 日本語はカタコトですがユーモアがあり いつも笑わせてくれます。

お店がオープンした当時 オーガニック食材の存在をほとんど知らなかった私はこのお2人に出会い よけいな味をつけなくても十分に美味しいお菓子や料理ができるということを教わりました。 そして クリスマスやホームパーティなどのアメリカ文化にも触れさせてもらい 沢山のお友達もできました。

この思い出いっぱいのお店が来月7月に 葉山からお隣の逗子に移転することが決まりました。

葉山のお店は小さい為販売のみの営業でしたが 逗子ではカフェもできるとのこと。元々は「Coya」という料理家/根元きこさんが開いていたカフェだった場所で 根元さんが沖縄に引っ越しをされたので その後に店を構えることになったのだとか。

お店がちょっと遠くなるのは寂しいのですが 今度からは買い食いではなくて ゆったりとお茶ができるのは嬉しいことです。

逗子の海

7月14日(木)・・あっ! 田中の誕生日にオープンらしいですので 皆さんお祝いついでにいらしてみてはいかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】「京都へ。その1」

こんにちは、設計の田中です。

先日、久保のブログでもご報告をいたしましたが、東京ガスの家庭用燃料電池エネファームの工場見学ツアーに参加しに滋賀・京都まで行ってきました。 はるばる京都まで来ましたので、少し観光をさせてもらいました。今回はその時のことを書こうと思います。

今回の僕の第一希望は清水寺。余力があれば三十三間堂。久保の希望が智積院。その他にも町並みや建築の散策が出来ればと思っていました。

京都の町並み散策は、工場見学の後の夕食の時に早速実現しました。行った先は先斗町。狭い路地ですが賑わいがあります。町屋建築が行灯風の看板と共に連なり、あまりの通りの狭さに電柱すらSの字に立っていました。夕食を食べたお店は、古い町屋を改修したものでした。基本的な間取りの町屋で、間口が狭く、奥行きが長い。暗くなりやすい建物の中央には中庭もちゃんとありました。町屋のこの間取りが生まれた理由は、間口の広さで税金が決まっていた安土桃山時代からの節税対策なのですが、細長い敷地の「光が降りそそぐ階段室のある家」で使ったアイディアは400年前から伝わるものでした。

先斗町の町屋で鴨川を眺めながら食事をした後は、夜の京都を散歩しました。
今度は、祇園の花見小路です。花見小路は、小路とは言え道幅がだいぶ広く、先斗町に比べ一軒一軒の間口が広く感じましたので、地図で確認してみました。すると、花見小路も奥に細長い町屋の造りになっていました。この通りは、より昔の雰囲気を出す為に、電柱はもちろん、街灯すらも見当たりません。看板もとても控え目で、足元を照らす程度です。とても静かな小路で、ついつい会話がヒソヒソ話になってしまいそうです。

この先斗町と花見小路。面白いことに、今も昔もまったくの正反対な性格を持った町並みなのだろうと想像しました。一方で、大きさは違いますが両方とも細長い町屋の造りは同じで、京都らしい雰囲気と感じてしまいました。
控え目だけど個性があって、違わないようだけどオリジナルがあって。それを見つける喜びと、見つけてもらう喜び。そんな町人のお洒落感覚と暮らしぶりを想像してしまいました。

つづく

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】 □家づくりのことば・・

私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」と思う建築用語が たくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などをここで少し紹介したいとおもいます。

○クツズリ

現在建築中の家がもうすぐ竣工します。そんな中でのミーティングで でてきたのが「クツズリ」と言うことばです。

話の前後から推測してみたところ 玄関などの出入り口などを検討している時にでてきましたので “家に上がる前に 靴の底に付いた泥などを擦りつけて落とす為の部材”のことじゃないのかな?と考えました。

・・・でも よくよく思い直すと我が家の玄関にそんな便利なモノはあったかしら?と 少し疑問が湧いてきました。
玄関にマットを敷いているお宅はよく見かけますが 床に泥を落とす為の何かが設置されている家は見たことがありません。
となると 玄関マットのことを“靴ずり”と言っているのかな?と・・。

設計はただ間取りなどを考えるだけでなく ランプシェードやカーテンの柄など細かいところまで検討して商品を選ぶことがありますので 玄関マットも選んだりするんだなぁ~と そこまで考えましたが またまた1人で暴走しているんじゃないかと不安になりまして 久保にちゃんと聞いてみることにしました。

「玄関先に靴の泥などを落とすような仕様のことなんですか???」と怪しげに聞いてみると(笑) クツズリのクツは田村さんが思っている靴じゃなくて“沓”の方で ズリは手摺と同じ “摺り”で擦るほうじゃないんだよ。

やっぱり・・ということで 泥落としのマットでは無いことがわかりました。
(玄関だけではなく)部屋の出入り口など 開口部に設けられた枠の下の部分を「沓摺」と言うのだそうです。

ドアを閉める時 床との間にすき間ができないようにする為や 仕上がりが綺麗になるよう設けるそうで すこし段差がつきます。
その為 足が触れるので沓摺と言うようですが 他に下枠や框(カマチ)とも言います。

「沓摺・下枠・框」・・用語の多さに関心するばかりですが それを理解している設計や大工・・家つくりに係る人達には いつもながら感心をしてしまいます。
私の思い込みには寒心・・・でしょうか。

○沓摺(くつずり) 出入り口の下方の枠のこと。 「建築用語辞典」岩波書店より

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美
  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2011 松匠創美 All rights reserved.