高台に建つ眺めのいい家

神奈川県鎌倉市

東京にお住まいだったご夫婦が数年かけて見つけた高台の土地は、東側に緑の山が迫り、北側は鶴岡八幡宮が望める風致地区に指定された環境のよい土地でした。

ご希望は、自宅の一部を仕事場として利用し、寝室の他に趣味室を2つ、客間としての和室と、2人暮らしにしては多い部屋数。

打合せを重ねていくと、多趣味なライフスタイルのことも知り、いくつもプランニングを出して、これらを一つ一つ解決して行くことに時間を掛ける必要がありました。
北側の景色と東側の山の草木などの外部空間の見え方や太陽光や通風、個室の用途とそれを気持ちよく使える利用時間を意識して丁寧に整理していった結果、2階の屋根の上の天窓から1階まで光が差し込む明るい階段ホールを家の中心に計画し、その周りに各室を配置することにしました。
また、セオリーなら個室として計画する仕事部屋も、お客さんが来たときに閉じることのできる、一見壁のような大型の建具を配置して、普段はリビングルームと連続空間となるように計画にしました。
仕事場の雰囲気がダイレクトには伝わらず、でも人の気配は感じる暮らしやすい空間にできたと思います。

お客様も、どこに居ても気持ちが良くてとても快適です。と言ってくれています。

設計:久保歩美・田中伸二

・松匠創美の家づくり(考え方)はコチラ
・住まいの性能(天窓と室内温熱環境について)はコチラ

 建設地:神奈川県鎌倉市
家族構成:夫妻
敷地面積:268.26㎡
延床面積:120.52㎡
  竣工:2008年