今日は、18時から2時間 『アスベスト対策講座』

~アスベストによる健康被害を発生させないために~

を受講してきました。

アスベストとは天然の繊維状鉱物6種類のことで、

石綿肺、肺がん、悪性中皮腫などの疾患を発生させる

可能性があるものです。(潜伏期間は長く30年~50年)

平成18年9月1日より使用が禁止されました。

IMG_3589

建築物に使用されているアスベストにつきましては、

維持管理、増改築に際し、報告や届け出等、

建築基準法により規制がなされています。

建築物を解体する際には、大気汚染防止法や

石綿障害予防規則などで、近隣住民や労働者の

石綿ばく露防止対策が決められています。

解体除去された石綿の廃棄につきましても

廃棄物処理、建設リサイクル法により

適正な処理を行うよう規制があります。

IMG_3592

会場は横浜市開港記念会館でした。

また、人に対しましては、労働安全衛生法により

健康診断の実施や、記録制度が定められており、

被害が発生してしまった場合につきましては、

労働保険制度、石綿健康被害救済制度などがあります。

今日の講座では、横浜市建築局、神奈川労働局、

横浜市環境創造局、横浜市資源循環局と各局から

講師の方が集まり、それぞれの立場でお話をされたので、

全体像が掴み易く、良く分かりました。

平成18年9月から使用が禁止になってまだ10年と少し、

今後改修が必要になる建物には、まだまだ

アスベストが使用されている可能性が高く残っています。

適正な処理を行うように努めなければなりません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』完成写真、7回目のご紹介になります。

takafunedai_w_01

まずは以前ご紹介をしました主寝室の

角を落としRにした壁の裏側、こちらがトイレになります。

takafunedai_w_11

主寝室や2階ホールより1段上がったところにあります。

takafunedai_w_10

内部は角が欠けていますが、最近では便器が以前に比べ

コンパクトになっていますので、十分な広さです。

takafunedai_w_21

トイレの入口の1段はロフトへの階段の1段目になっています。

takafunedai_w_20

ロフトへの階段は、5段廻りです。

takafunedai_w_29

ストリップでない階段がご希望でしたので、

裏側は階段なりの段々に仕上がっています。

takafunedai_w_16

前回ご紹介をしましたご主人の部屋の写真は、

こちらのロフトから撮らせていただいたものです。

takafunedai_w_13

ロフトには、手すりを兼ねた長いカウンターがあります。

この長いカウンターに将来的は、

鉄道のジオラマが展開するのではと思っています。

IMG_0091

その時が楽しみです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

平年より2日早く関東甲信地方、本日梅雨入りとのこと。

昨年の梅雨は短く、ひと月程で開けたのですが、

その後の夏は、夏らしくないお天気続きでした。

さて、今年の梅雨から夏はどうなることでしょう。

IMG_3567

写真は今朝の空之助です。

玄関で自分も一緒に出社する気満々で待機中です。

IMG_3566

この後、立ち上がり玄関ドアの前に立った私とドアの間に

自分の体をねじ込み出社アピールをするも

本降りの雨により、留守番になってしまった空之助でした。

IMG_3521

写真は少し前、出社していた日に撮ったものです。

いつも隣の席で仕事をしている千葉の足元に

絡まりながら寝ている空之助がいないので、

ふとした瞬間、何かか足りないような1日でした。

これから暫くは、こんな日が多くなるかと思うと

ちょっと切ない気持ちになります。

IMG_3522

いつも、よくこんな状態で寝て居られると思うのですが、

千葉を信頼しきっているようです。

残念ながら、私の足元に来ることはありません。

IMG_3523

キャスターがちょっとでも動けば、唇を引きそうです。

IMG_3524

因みに隣の席の私からはいつもお尻が見えるだけです。

この時もすっかり尻尾巻いて、下敷きにしていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最近では住宅の設計をさせていただく際に、

TVは見ないので、とおっしゃる方が増えています。

家に全くTVを置かれない方もちらほら。

比べて私は今でもTVを録画して時間のある時に

楽しんでいます。毎週録画をしている番組の一つに

『ぶらぶら美術・博物館』があります。

2018年5月29日の放送回は、

東京都庭園美術館「フランス絵本の世界」展でした。

山田五郎さんの博識で歯に衣着せぬコメントを

いつも楽しみにしています。

IMG_3304

「フランス絵本の世界」展が行われていましたのは、

少し前にご紹介をしました旧朝香宮邸のお隣に、

2014年に完成をしました新館です。

この新館は、旧朝香宮邸と写真の三保谷硝子で造られた

美しい廊下でつながっています。

IMG_3306

写真は、GWに庭園美術館へ行った際に撮影したものです。

季節や時間帯によって刻々と移り変わるその陰影は、

本当に美しく、暫し見とれてしまいました。

私が訪れた際は、旧朝香宮邸にたっぷりと時間を使って

しまったため、「フランス絵本の世界」展は、

通過してしまったのですが、帰りのミュージアムショップで

大学の第二外国語の教材だった「ぞうのババール」の絵本が

目に飛び込んできて、全く理解できなかった

第二外国語の苦い思い出が蘇ってしまうのでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』の完成写真ご紹介の6回目、

乗務員室の中へ入っていきたいと思います。

takafunedai_w_27a

乗務員室は2部屋あります。

写真左側、南に面した明るい乗務員室は奥様のお部屋。

写真右側、北に面した乗務員室は、

コレクターのご主人のお部屋になります。

takafunedai_w_52

先ずは、奥様のお部屋からご案内いたします。

乗務員室の扉を開けて中へ入りますと、

正面の壁には、窓を囲むように造り付けの本棚、

南面には掃き出しの窓と木製バルコニーがあります。

takafunedai_w_51a

振り返りまして、乗務員室の扉の横には狭間があり、

吹き抜けの窓が開閉できるようになっています。

梁の上で2階ホールやロフトとつながっています。

takafunedai_w_19

続きましては、ご主人のお部屋をご案内いたします。

コレクションを納めるため壁面にはグルっと

造り付の棚を設けました。

しかし、先日お伺いすると驚くことに

棚は、既に物で埋め尽くされ、床を侵食していました。

IMG_0089

奥様のお部屋とは違い、屋根に達するまで棚を設け、

takafunedai_w_26

鉄道模型を収納するコレクションボックスも

ご要望に合わせて、造らせていただきました。

IMG_0086

乗務員室の扉側も屋根に達するまで棚になっています。

takafunedai_w_24

乗務員室の扉の上も現在は棚になっています。

IMG_0088

棚が取付けられていない壁面は北側の窓上だけですが、

この面は、奥様のご希望もあり空間が維持されています。

こちら、ご主人のコレクションルームは、

計画当初より北側をご希望されていまして、

その理由としましては、コレクションが日焼けしないように

との配慮からでした。

西に面した壁に窓を設けましたが、通風を目的としたもので、

日が差し込まないようにして、ご使用になられています。

最後に、今回コレクションルームの様子を

ブログへの掲載させていただくことを快くご了承下さった

クライアント様に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

また、最後までお読み下さった皆様、

ありがとうございました。

梅雨入り間近の貴重な晴れの週末、

どうぞ有意義にお過ごし下さい。

乗務員室のある家のご紹介は、もう少し続きます。