今日は、これから住まいの計画をお考えのご夫妻から

『3層吹抜けのある家』の見学希望をいただきまして、

クライアントさんのご厚意により

ご案内をさせていただくことになりました。

IMG_0548

朝から雨が降る生憎のお天気だったのですが、

『3層吹抜けのある家』の奥様がご案内下さいまして、

お時間にしておよそ1時間、たっぷりと住まい手からの

貴重なお話を聞かせていただきました。

IMG_0549

こうして実際に住まわれているところを

拝見させていただく、貴重な機会をいただきまして、

この度は本当にありがとうございました。

ご見学をご希望くださったご夫妻も足元の悪い中、

お越し下さいまして、今日は、ありがとうございました。

ご案内することが出来て良かったです。

そして最後までお読みいただき、ありがとうございました。

先週末は、『3層吹抜けのある家』の追加工事で

2階バルコニーのガーデン流し取付に立ち会いました。

竣工時には、立水栓のみ取付けられていたのですが、

実際に使用してみますと、「流しがあった方が

使い勝手が良さそう」という事で、追加で取付ることに。

IMG_9425

当初より計画していたかのようにピッタリですが、

この流し、実はそば打ちの際に使用するこね鉢です。

IMG_9424

倉庫に眠っていたという、以前は実際に使用されていた

こね鉢の中央部分に穴をあけまして、

排水金物を取付けガーデン流しに加工しました。

いい具合に枯れていてる感じが馴染みます。

IMG_9302

一方の1階は、シャワー水栓になっています。

IMG_9304

マリンスポーツを楽しまれた後は、

ここで、砂を流せます。

IMG_9303

1階のデッキテラスも完成しています。

IMG_9305

将来のもしもの時を考えて、デッキテラスから

駐車場へはスロープでつながっています。

IMG_9306

デッキテラスでは、華やかなお色のサボテンの花が

満開で夏のような日差しを浴びて、きれいでした。

IMG_9423

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日は、コンクリートを打設するには、

ちょうど良い天候に恵まれました。

ということで、朝から『3層吹抜けのある家』で

駐車場の土間コンクリートの打設を行いました。

DSC_0883

奥から打設を開始、徐々に手前に逃げてきます。

ポンプ車をコントロールする人、

木製のトンボで概ねコンクリートの高さを整える人、

金属のトンボで表面をきれいに均す人、

金ゴテで細かい部分を仕上げる人、

それぞれが自分の仕事を進めます。

DSC_0892

全体を打ち終えた後から

一度抑えた部分に乗って作業を行う際には、

写真の職人さんのようにカンジキを履きます。

DSC_0903

今回は、一度きれいに抑えたところを滑りにくするために

刷毛目を付けて、荒らして仕上げます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。