今日は小雨が降る中、先日解体工事が完了した敷地の

地盤調査に立会いに行ってきました。

住宅の地盤調査の場合、スウェーデン式サウンディング試験を

行うことが一般的で、今回もこの試験の立会いです。

この試験は、先端に下の写真のようなスクリューがついている

パイプを回転しながら地中にねじ込むときの回転数等から

地盤の強度を推察します。⇒以前のブログはこちら

2010_1117AY

良好な地盤に達した所でねじ込みは終了しまして、

今度はねじ込んだパイプを引上げなくてはなりません。

最近では、ねじ込むときは動力で行うことが多くなりましたが、

引きあげる際は、今でもほとんどが人力です。

2010_1117AK

その際使用するのが、テコの原理を利用した道具です。

右奥に伸びたパイプを上下するコトで手前のペンチのようなもので

パイプを挟んで引上げていきます。

2010_1117AM

地盤が良い場合はいいのですが、

良くない所では深さが10m近くになることもありますので

この作業、夏場は特に大変なようです。

2010_1117AT

今日は本当に寒い一日でしたので、

作業的には程よい感じだったのではないでしょうか。

立会いの私たちは凍えそうになりましたので、

帰りにほうとうを食べて帰ってきました。

現在計画中の新築住宅は、既存の建物を解体しての建替えです。

そのため、古い建物の解体から行います。

今日は、解体工事の最終日ということで、

状況確認のため現地へ行ってきました。

すると敷地の隅に忘れ物が在ることが判明し、

再度重機の出番となりました。

敷地と道路に1m程の段差があるので出入りが大変です。

どの位大変かは写真でお伝えしたいと思います。

2010_1109AA

2010_1109AB

2010_1109AC

降りるときはアームを固定して、重力に逆らわずに無事到着。

2010_1109AD

敷地を隅まで移動します。撤去が終わると逆回転です。

2010_1109AF

ガラの山を登ります。

2010_1109AG

ほぼ浮いています。アームだけが頼りです。

2010_1109AI

怖がりの私はハラハラし通しでしたが無事登頂。

2010_1109AJ

あとはガラをトラックへと積み込んだら終了です。

御疲れ様です。慎重な作業、ありがとうございました。