こんにちは。
葉山・逗子・鎌倉を中心に無垢の木で注文住宅を建てている工務店【松匠創美(まつしょうそうみ)】です。
先日、お付き合いのある会社のセミナーに参加してきました。本当の目的は倒壊シュミレーションソフトのについて教わるセミナーだったのですが、同時に住宅性能表示の案内もありまして、松匠創美でも積極的にして行きたいところでもあったので、今日は、「住宅性能表示制度」について書きたいと思います。

住宅性能表示制度とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)で定められた制度で住宅性能評価とも言われます。耐震性能や省エネルギー性能など、住宅の性能を表す10分野について第三者機関が審査し、検査して、性能等級を評価書で示してくれる制度です。等級は等級1より2、等級2より3の方が高い性能を表します。
この制度が広がると、住宅の購入を考えている人にとっては候補物件を比較検討しやすくなる。住宅を建てたいと思っている人にとっては希望の性能を伝えやすくなる等のメリットがあります。

この住宅性能表示制度は、平成11年から始まりましたが、義務では無い上、手続きに費用も掛かかる為、普及率が伸びていないと言われてきました。その理由に、住宅の性能を「見える化」する制度なのですが、一般の方にも専門家にも評価方法や制度そのものが解り辛いというイメージになってしまっている事があります。一方で、ハウスメーカーが積極的に性能表示制度を利用していることもあり、大都市を中心に評価書付きの住宅建設棟数が伸びているのも実情です。

住宅の性能を評価する分野は10あります。それを書き出す前に、住宅を買いたい、建てたいと思っている人は住宅のどんな点を重視するのか、複数回答可の条件で調査した結果を紹介しますと、1位は7割近くの人があげた耐震性だったそうです。2位から10位は、間取り、断熱気密性、耐久性、家事がしやすい、収納充実、耐火性、自由設計、メンテナン性、省エネルギー性で、4割から3割近くの人が書いたそうです。
実はこのトップテンの中には、住宅性能表示で性能を評価できる項目が、耐震性、断熱気密性、耐久性、耐火性、メンテナン性、省エネルギー性の6項目入っています。その他の4項目は、高齢者への配慮、ホルムアルデヒドなどの空気環境、音環境、防犯性で、すべて住宅を買いたい建てたい人にとって気になるところと思います。

この住宅性能表示制度は、住宅の性能を「見える化」する以外にもメリットがあります。
例えば、耐震性能や省エネルギー性能の高い住宅で性能評価書を取得しますと、フラット35で住宅ローンの金利優遇を受ける事が出来ます。
フラット35のwebページに掲載されている計算例ですと10年間で72万円のお得になります。https://www.flat35.com/loan/flat35s/
また、耐震性能が高い等級ですと、地震保険でも30パーセント、又は50パーセントの割引を受ける事もでき、こちらも5年で10万円ほどお得になる事があります。

高い等級の住宅にする為には、工事費も高くなりますが、金利優遇や保険料割引で、その高い等級の住宅を割安で得られる事にもなり、その性能が評価書で誰にでも示せる事にもなります。万が一手放す事があった場合でも、その時大きなメリットになってくれる事と思います。

松匠創美でも、良質な住宅のストックを残し色々な人に住み継がれていくような住宅を造って行きたいと思っています。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
https://www.hayama-ie.jp/thinking
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。
https://www.hayama-ie.jp/contact

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
https://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内785-4
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3