こんにちは。
葉山・逗子・鎌倉・湘南エリアで無垢の木の注文住宅を建ててきた工務店【松匠創美(まつしょうそうみ)】です。
今日の目次は下記です。どうぞ宜しくお願い致します。

【1】   片付け好きの頭の中 「玄関の片付け」

【2】   家づくり雑記帖 「 雪対策 」

【3】   家づくりのいろは 「窓廻り―ローマンシェード―」

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――
【1】 片付け好きの頭の中 「玄関の片付け」

こんにちは、片付け好きの久保です。今朝のコト、出掛けようとして既に玄関で靴を履いている松田から「2階に鍵ありますか?」と声がかかりました。2.3日に1度はあるコトなのですが、その都度、そこに居合わせた者は全員、今までしていたことの手を止め、鍵を探さなければならなくなります。これって、ちょっと傍若無人な行為ではありませんか。他にもメガネ・携帯・上着バージョンもあります。

そこで、玄関に置いておくと良いと思うものの一番目に鍵を上げたいと思います。鍵を開けて入ったらすぐに所定の場所へ置けば、出掛ける時まで家の中で使用することもなく、出掛ける際にはすぐに出掛けられます。うちのようにスペースを設けても置いてもらえないと意味がないのですが・・・。自分はとても便利にしています。

ということで、今日は玄関の片付けについてです。玄関は外と内の境界にあたりますので、汚れやすい空間ですが、一方で玄関は家の顔とも呼ばれる空間ですので、極力きれいにしたいところです。原則、汚れやすい空間には掃除がし易いようなるべく床に物を置かないこと。そこで、脱いだ靴は玄関の土間に放置しないようにすることをお勧めします。ほんのちょっとのことです。習慣にしてしまえば何の苦にもなりません。

玄関収納は、靴を納めることがメインで、他には靴磨きセットや、傘、印鑑も玄関にあると便利です。犬を飼っている場合、犬用の散歩グッツや足拭きタオルなども置きたいモノです。このように生活スタイルによって玄関に納めるものには幅があります。小さいお子さんがいらっしゃる場合にはベビーカーや3輪車などのちょっとした遊具まで納められると便利ですし、自転車やバイク通勤の場合レインコートなど濡れたものを掛けられるスペースが欲しいですので、シューズクロークのような空間が取れると玄関収納がより充実します。

最近では、うれしくないことですが、災害が頻発していますので、非常持ち出し袋なども避難経路のひとつ玄関に置かれることも考えられます。大掃除の際に、玄関収納に骨が折れて使えなくなった傘やサイズが合わなくなってしまったり、修理が必要になっている靴がないか、一度点検して見るのはいかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】       家づくり雑記帖 「雪対策 」

こんにちは設計の田中です。
12月に入り各地で大雪に見舞われ、雪とは無縁かと思っていた四国の被害状況にはとても驚きました。国土交通省では「異例の降雪に対する国土交通省対策本部」が設置され、この冬は常設するとの事です。思えば、関東地域に大雪が降り大パニックになったのも今年の2月の話でした。という事もあり、今日は、「雪対策」について書いてみたいと思います。

地球温暖化と言われていますが、一方で近年、寒冷期とも言われていて、豪雪、大雪が日本各地で増えています。
昭和時代の豪雪は数回記録されましたが平成に入り、しばらく豪雪記録はありませんでした。平成18年になると「平成18年豪雪」という大災害が発生し、平成22年以降は毎年各地で豪雪が記録されています。今年の2月には、関東でも大雪が記録されました。また、これらの豪雪や大雪では、転落死や屋根からの落雪による窒息死、関東では交通事故死と多くの人的被害を生みました。

建築でも被害が多く発生しています。今年2月の大雪では、積雪に対する備えが無い関東地方の一般店舗、駅のホーム、商店街アーケードの屋根、くまがやドームの屋根や中学校の体育館の屋根などが雪の重さに耐えきれずに崩落しました。
青梅市第三中学校や、彩の国くまがやドームの場合、行政指導されていた30センチの積雪量を考慮して設計していたそうですが、実際に崩落した時は想定を上回る約60センチの積雪量だったそうです。

住宅計画の場合で新しい雪対策というと、「無落雪屋根」です。その昔、久保と一緒に務めていた設計事務所でも関わらせて頂いた事がありました。雪が多く降る地方にも関わらず屋根を平らに計画し、雪を意識的に積もらせます。積もった雪は天然の断熱材となり冬暖かいという計画です。雪質が軽い北海道を中心に広がっています。その他、板金屋根を暖めて雪下ろしの手間を省く「屋根融雪」工法もあります。熱源は電気もガスもあるようで、少し大がかりですがリフォームで設置する事も可能です。
政府によると大雪の死亡事故の内、3人に2人は雪下ろし時の落下事故で、65歳以上の高齢者が多いので、高齢社会の寒い地方の家づくりには「無落雪屋根」も「屋根融雪」もお勧め工法ではないかと思います。
雪が殆ど降らなかった東京以南の場合の雪対策は、「雪止め」を屋根に取り付けるかどうか、という事になると思います。
豪雪地方では雪止めは付けず、雪が度々降る地方では取り付けて、雪が滅多に降らない地域は余り取り付けない。というのが一般的でした。
コチラで板金屋根の雪止めの画像をご覧になれます
豪雪地方で取り付けない理由は、雪の重みで雪止めが壊れる、雪下ろしの際は邪魔になる場合があるという事で、雪が度々降る地方で雪止めを取り付ける理由は、屋根の雪が、雪崩のように落ちてきた時に、樋が壊れる、近隣の庭や歩行者、自動車に対して危険という事が言われていました。東京以南の場合は「普通」や「常識」が無く、意見が様々なのが現状だと思います。

これからは、寒冷期で今まで雪が余り降らなかった地方にも雪が降る。異常気象による一時的な大雪も増える。住宅の高断熱化で屋根に積もる雪の積雪量が増すと言う事も言われています。雪対策としては、見通しがつけにくい、予測が付かない時期ではありますが、変わって行く環境や住宅事情を見守って行きたいと思います。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】家づくりのいろは 「窓廻り―ローマンシェード―」

こんにちは、千葉です。
いよいよ年末の大掃除やおせち作りの時期がやってきてしまいました。一年があっという間に感じます。スッキリきれいに片づけて、気持ちを新たに新年が迎えられるといいですね。

今日の「家づくりのいろは」は、ウィンドウトリートメントのローマンシェードの役割について勉強していきたいと思います。
ローマンシェードは、生地を昇降装置に取り付けて、上下に開閉するものだそうです。カーテンは左右に開閉して、開けたときには窓の両側に生地のたまりができるのに対し、ローマンシェードは、上部にたまりができるという違いがあります。
シェードに使う生地は、ロールスクリーンのように加工しないため、ほぼカーテンに使う生地を使用でき、生地本来の風合いを楽しめるようです。
また、高さを調節して日差しや、隣の建物の上からの視線を遮るのに有効で、シェードの開いている下の部分からは、お庭などの見たい景色を直接楽しむことができます。
両開きのカーテンのたまりが邪魔かなと思われる方にはお勧めかもしれません。小さい子どもがいるお宅では、上にあげてしまえば触って汚すことがないという利点もあります。
今年の「家づくりのいろは」はいかがでしたでしょうか?文章を書くのが苦手な上に、勉強しながらお伝えするということは、とても難しいと感じています。
今年も最後までお読み下さりありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
―――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・―――――――――――――――――――――――
今年も1年間「木の家を知る・建てる・暮らす」メールマガジンをお読みいただきましてありがとうございました。
スタッフそれぞれの視点、それぞれの角度から家づくりの事、皆さまにお伝えできたのではないかと思っております。
来年もなるべく分かりやすく、楽しめる内容をお伝えできるよう、頑張ってまいりたいと思っています。
それでは良いお年をお迎え下さい。来年も宜しくお願い致します。
――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美

https://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内785-4
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.