最近お湯を沸かすための給湯器は

環境に配慮したものが多く開発されています。

オール電化住宅では深夜電力で沸かすエコキュート、

ガスで電気とお湯を同時につくるエネファーム、

ガスエンジンで発電してその熱を使ってお湯もつくるエコウィル、

廃熱を再利用して効率をアップしたエコジョーズなど

そんな環境配慮型の給湯システムを設置すると

金融機関によっては住宅ローンの金利の優遇があるようです。

ローンを組まれる際は確認されるといいかもしれません。

外観03

そして先週、東京ガスの営業の方たちが事務所へ訪れました。

今回お知らせに来てくれたことは、

今年度分のエコウィルを設置した場合の

国の補助金制度についてです。

補助金の金額は 112,000円

今年度は第1期の4月13日~6月25日と

第2期の7月1日~9月30日の計2回募集があり、

10月29日までに設置が完了するものが対象となるようです。

お話によりますと、先般話題になりました事業仕分けによって

今後は前出のエネファーム以外については

国の補助金が出なくなる可能性が高いそうです。

 *写真の高台に建つ眺めのいい家

  右隅に設置してあるのがエコウィルです。

 

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff