フラメンコギターのソロ・コンサートでした。

会場は東京オペラシティの大ホール脇にある近江楽堂。

礼拝堂をイメージして造られた四葉の形をした

100人も入るといっぱいのホールです。

壁から天井への曲面がとても大変な造りにも係わらず、

苦労の割りに効果がやや判りにくいところが

ちょっと残念な感じがしました。

2010_0210AA

肝心のフラメンコギターリストは沖 仁さん。

3年前に東京オペラシティのお隣から

葉山へと移り住まれたそうで、同じ葉山町民です。

その葉山での波音をイメージしてつくった

 「HAYAMA-MACHI」 という新しい曲を演奏してくれました。

ご本人も仰っていましたが、本当はゆるい曲らしいのですが、

この日は初お披露目と言うことで、少し緊張感漂っていました。

葉山を感じるのは、次のお楽しみですね。

でも、おしゃべり以外はマイク無しの生音を堪能することが出来て

とても幸せな時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff