およそ1年間、木組の家を学び、最後に模型の製作しました。

2010_0117AK

実際に模型を作ってみると、想像以上に多くのことが判ります。

金物を使わないで、木を組むということ。

それは、一般的な金物で緊結する木軸組みとは

一線を隔していました。

間取りと架構の緊密な関係。

如何にして美しいプロポーションに仕上るのか。

積み上げなければならない事項が

次から次へと目の前に立ちはだかります。

2010_0117AG

それらをきちんと整理してまとめ上げると

松井郁夫さんのようなどこから見ても美しい

木組の家に仕上がるのだと思いました。

松井さんに学べてよかった。

そして、せっかく木組の家を学び、多くの気付きがあったので

今後の設計に巧く取り込んで行きたいと考えています。

 

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff