完成してから7年経つそうですが、初めて行って来ました。

写真がちょっと遠くて見にくいのですが、

山下公園側から見た全容です。

ちょうど「飛鳥Ⅱ」が着岸していました。

2009_1206AB

この桟橋、桟橋としてだけでなく公園の機能も併せ持っていて、

付け根側から海側を見ると、こんな感じの広場になっています。

2009_1206BL

アプローチの通路も、緩やかな丘を散歩しているような

そんな感じにデザインされていてます。

2009_1206BU

桟橋としての機能部以外には直線的な部分はなく、

どこも有機的な形状をしています。

2009_1206BW

こちらの建設時に、このデッキを貼る仕事の依頼がありました。

残念ながら工期が合わず受けることが出来なかったのですが、

大さん橋のデッキに使用されたイペという材料は

松匠創美でデッキ材として使用しているセランガンバツ

よく似た材料で、重くて、硬くて、施工が大変な上に

デッキの形状がコンピューターによってデザインされた

大変、複雑なものですので、

当時、このデッキを貼られた職人さん達がとてもとても

ご苦労されたことが想像できます。

正直、私にとっては感動的ですらありました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff