【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

お知らせ記事一覧 メルマガ記事一覧

おすすめ本記事一覧 家づくり勉強会記事一覧

2015 年 12 月 のアーカイブ

メルマガ 2015/12/23

■ 第160 号 ■ 家づくり雑記帖「 オリンピックと木材利用 」

■ 第160号 ■

□・・―――――――――――――――2015年 12月23日

木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

□ 目次

【1】   片付け好きの頭の中 「頭の中の大掃除」

【2】   家づくり雑記帖 「オリンピックと木材利用」

【3】   家づくりのいろは「造作家具―郵便受けポスト―」

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【1】 片付け好きの頭の中 「頭の中の大掃除」

こんにちは、片付け好きの久保です。少し前の時代には年末と言えば、冬至にゆず湯に浸かり、家族総出で大掃除をし、クリスマスのイベントに、正月を迎えるため、年賀状を発送し、餅つきをして、おせち料理の準備をする。と言うのが一般的でした。

それはその昔、年齢を満年齢ではなく数え年で数えていた頃、生まれた時に1歳、それ以降は元旦を迎える毎に1歳ずつ年を加えるという日本の年の数え方のひとつが年末年始の区切りを重視する習慣を根付かせたのではないかと思ったりもします。

ところが近年は、日常的にきれいに暮らしているので大掃除不要と言う声も聞かれるようになり、皆が一斉に休むようなこともなくなり、取り立てて年末を区切りとするような習慣が薄れつつあるような気がします。

それでも大人になると中々心機一転する機会も少なくなりますので、年末年始の区切りを利用して、頭の中の大掃除をしてみるのはいかがでしょう。

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】 家づくり雑記帖「オリンピックと木材利用」

こんにちは設計の田中です。
昨日、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザイン案が遂に決定しました。という事で、今年最後のメルマガは「オリンピックと木材利用」について書いてみたいと思います。

ご存知の通り、新国立競技場のデザイン案は2案提出され、先週、その2案が公開されました。A案は、五重塔や法隆寺を思わせる重なり合った屋根に木材を利用したデザイン。B案は、スタジアムを囲む象徴的な列柱に木材を利用したデザインです。結果は昨日A案に決定しましたが、どちらの案も木材を活かし、公募要項にある「日本らしさ」をデザインで表現したものとなっていました。

現在のオリンピックの運営では、環境への配慮が重要なテーマとなっており、木材の利用も大会を重ねる毎に進められています。
かつては、長野オリンピックのスピードスケート会場になった世界最大級の木造吊屋根構造の通称「Mウェーブ」が高く評価され、2010年のバンクーバーでは、リッチモンド・オリンピックオーバル。ロンドンオリンピックでは自転車競技の会場ヴェロパークが木材利用で評価されています。

実はオリンピックでは、合法で持続可能な木材資源の使用が国際的に引き継がれるようにと、環境、社会、経済の便益に適い、きちんと管理された森林からの材であることを保証された木(FSC認証木材)を使うように進めています。使用された木材の内、FSC認証木材の使用割合は、バンクーバーオリンピックで75%、ロンドンオリンピックでは95%。2016年に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックでもFSC認証木材の積極的利用が決定しました。東京オリンピックでのFSC認証木材の使用については、今のところ正式発表はありませんが、これまでの流れから採用は決定的と考えられています。

日本は、世界最古の木造建築の法隆寺や、19世紀以前の世界最大の木造建築、東大寺南大門を保有しています。おそらく新国立競技場の会場でも、FSC認証木材が多く利用され、世界のどこでも経験できない木の量を目にする事になるのではないかと期待しています。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方」

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】 家づくりのいろは「造作家具―郵便受けポスト―」

こんにちは、千葉です。
我が家に来てくれるサンタクロースは、毎年クリスマスツリーの下に、プレゼントを置いていってくれます。さて、5人の子どもたちがお願いしたものが届くでしょうか・・・

今日の「家づくりのいろは」は、郵便受けポストについて勉強していきたいと思います。
郵便受けポストというと、ステンレスやアルミ製の、独立した形のものが一般的ですが、最近では様々なデザインのものが増えてきています。この他の形として、郵便受けポストとインターホンや表札、外灯などが一緒に外構の壁に取り付けられているものなどもあります。

松匠創美では、一般的な郵便受けポストの他に、建物の壁に埋め込み、貫通させて取り付けるものも、造作家具のひとつとして造っています。
この郵便受けポストは、家の中で郵便物や新聞などを受け取れるという利点があります。悪天候な時、寒い時、具合が悪くて外に出られないなどという時は便利ですね。
また、旅行などで家を空ける際にも役立ちます。普通の郵便受けポストのように、容量が限られていないので、室内の床にこぼれ落ちることはあっても、パンパンで入らないということがないからです。
形もお客様のご要望に応じて様々で、郵便受けポストのみ室内についているものもあれば、玄関収納棚の一部となっているものもあります。

メルマガ 2015-12-23 ちば写真事務所兼モデルルームの郵便受けポストも壁に埋め込まれた形で、玄関収納の一部に設置されています。是非見学にいらして下さい。

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――
今年も一年、「木の家を知る・建てる・暮らす」のメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございました。つたない文章で読みづらい点も多々あったとも思いますが、ご容赦ください。
2016年の年明けは、1月20日より発行再開予定です。来年もどうぞ引き続きお読みいただけますと嬉しいです。皆様にとって、最良の年末年始になりますよう、お祈り申し上げます。
――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.

メルマガ 2015/12/09

■ 第159 号 ■ 家づくり雑記帖「 バリア”アリー” 」

■ 第159号 ■

□・・―――――――――――――――2015年 12月 9日

木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

□ 目次

【1】   片付け好きの頭の中 「あるといいなは、なくてもいいかも」

【2】   家づくり雑記帖 「バリア”アリー” 」

【3】   家づくりのいろは「造作家具―家具―」

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【1】 片付け好きの頭の中 「あるといいなは、なくてもいいかも」

こんにちは、片付け好きの久保です。一年の中でも日の入りが一番早くなるこの時期、太陽が恋しいですが、年内にもうひと頑張り、片づけたいと思います。

さて、今回は、私の考え方のスタンス「あるといいなは、なくてもいいかも」についてです。日頃、住宅の設計をさせて頂いておりますので、様々な思考をお持ちのクライアントさんとお話をする機会があります。時には、ここにコンセントがあるといいかもしれない。あっちにもあった方がいいかもしれない。と念には念を入れて様々なケースを考えることで、コンセントの数は増え、それに伴いコストも上がって行くそんなこともあります。そんな時、こう考えてはいかがでしょう、ここのコンセントはあちらのコンセントを利用しても足りるかもしれないと。

我が家には、炊飯器、電子レンジ、トースター、コーヒーメーカーなど電化製品があまりありません。これらがないことで出来ないことも時々あります。例えば、電子レンジで温めて食べるシナボンは電子レンジがないため泣く泣くお持ち帰りを諦めたことがあります。しかし、お店でできたてを食べればいいことでもあります。
ちょっとした視線の角度を変えれば見えてくることがあります。足りないことで、創意工夫の思考回路が活性化してくれると、片付けに限らず、いろいろなことに知恵が働くようになるかもしれません。「あるといいなは、なくてもいいかも」と頭の片隅に置いてみてはいかがでしょう。


――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【2】 家づくり雑記帖「 バリア”アリー” 」

こんにちは設計の田中です。
最近、事務所内でよくする話に老後の事があります。なるべく長く自立して暮らす為にはという予防策の話です。という事で今日は、松匠創美の建てた家や、久保のブログでも登場するバリアフリーならぬ「バリア”アリー”」について書いてみたいと思います。

連日、介護疲れが理由とも言える事件、事故のニュースを目にします。
日本の場合、1970年代に高齢”化”社会が始まり、1995年に高齢社会に突入、2007年には超高齢社会となりました。高齢”化”社会から高齢社会に達するまでの年数は24年です。フランスが115年、日本と同じく急成長を遂げたドイツでも40年かかりました。日本は超高齢社会への準備が、ちょっと後手になってしまったのかもしれません。

そんな中、老後の生活を考えると、できる事としては運動機能の低下を防止する事や、回復を図る事だと思います。今回のメルマガのタイトルにしたバリアアリーは、実はデイサービスセンターで注目を集めている言葉です。自宅や施設内には手摺が取り付けられ段差は無かったとしても、外出すれば、そうではありません。こういう現状を踏まえて、バリアアリーを進めているデイサービスセンターのレクリエーションでは、例えば、午前の予定の陶芸教室に行くには長い廊下を通って向かい、お昼の食堂へはスロープを登り、配膳はセルフサービス。午後は、窓辺でぼーっとして、最後に向かうマッサージコーナーへは階段を上がる。という具合に、楽しみとバリアが共存しています。また、その日の予定は、生活行動のリハビリになるものや全くの娯楽など様々なメニューの中から高齢者自らが決めますので、バリア克服方法を身に着けつつ脳も活性化され、意欲も楽しみも増えます。
施設のお世話になるというより、自分の健康と楽しみの為にジムへ通う感覚に近いかも知れません。

デイサービスセンターの取り組みを普段の生活に置き換えて考えると、動けるうちに、友達との楽しみや買い物の為に外出し、食事や家族とのコミュニケーションの為に部屋から部屋へと移動する事がとても大切で、それが楽しみと感じるように周囲の笑顔も大切なのだと思います。また、それを習慣にする為に、食事の献立や、友達との約束など、自分で予定を組む事で他者や自分への責任を作る事もとても大切なのだと感じます。

設計:久保歩美・田中伸二
松匠創美の「家づくりの考え方

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

【3】 家づくりのいろは「造作家具―家具―」

こんにちは、千葉です。
師走に入ったというだけで、慌ただしい感じがします。年末の大掃除の前に、少しずつこまめな掃除を心がけたいところです。

今日の「家づくりのいろは」は、家具について勉強していきたいと思います。
これまでは、造りつけの造作家具について勉強してきましたが、今日は皆さんもよくご存じの家具についてです。
テーブル、本棚、テレビ台などの一般的な家具でも、お客様からご要望があれば、造らせていただいております。
特徴として、耳付きと言って樹皮がついていた部分を残したものも造ることが出来、とても味のあるものになります。塗料は撥水剤という、木の肌触りや、ぬくもりが最大限活かされるものを使用しています。
塗料を塗る前の仕上げの話で驚いたことは、サンドペーパーで表面を滑らかにするイメージがあったのですが、大工がカンナをかけることによってツルツルに仕上がるそうです。そこに塗料を塗ると、きれいな仕上がりになるとのことでした。
我が家のダイニングテーブルは家具屋さんに造ってもらいましたが、ウレタン塗装と撥水剤どちらにしますか?と聞かれ、まだ何も知識がなかった為に、ウレタン塗装にしてしまいました。どうしても、水ジミが気になる方は、ウレタン塗装の方がいいようですが、木そのものの味は失われてしまう感じがします。

事務所兼モデルルームのテーブルも、耳付の木で造られています。是非見学にいらして下さい。
写真を見て頂けるかたは、こちらからお願いします。

メルマガ 2015-12-09 千葉

――――――――――――――――――――――――・・□■
■□・・――――――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.