【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

お知らせ記事一覧 メルマガ記事一覧

おすすめ本記事一覧 家づくり勉強会記事一覧

2013 年 10 月 のアーカイブ

メルマガ 2013/10/30

■ 第107号 ■ 家づくり雑記帖 「 新国立競技場 」

□ 目次

【1】 こんな感じに過ごしています

「 2013 ビックハヤママーケット 」

【2】 家づくり雑記帖  「 新国立競技場  」

【3】 家づくりのことば  「 お知らせ 」

―――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――

【1】  こんな感じに過ごしています

「 2013 ビックハヤママーケット 」

こんにちは 野上です。

心配された大型台風の影響もなく すっきりと晴れた10月最後の日曜日。事務所から歩いて数分の森戸神社の境内広場で 年に一度の「ビックハヤママーケット」が開催されました。 このマーケットは「葉山らしさ」をテーマに 地元の漁師さんご自慢の釜あげしらすや新鮮魚貝類と 農家さんが朝一番で収穫した野菜など特産品を並べたブースを中心に 町内外にあるレストランや雑貨屋さんなどバラエティに富んだお店の人気商品を並べたブースが 約60店舗ほど軒を連ねた大きなイベントで 葉山町と姉妹都市関係にある群馬県の草津町からも 温泉饅頭やきのこうどんを扱うブースが出ています。

IMG_0053

会場の目の前が海という事もあって 6人乗りヨットを展示販売していたりとちょっとした変わりダネもありますが このマーケットに来れば 葉山で生活している人達がどのようなお店で何を買って暮らしているのかが伺えます。 とは言え十数年暮らしている私でも こんなお店や特産物があったのか!と毎回新しい出会いもあって 町民や出店者にとってもありがたい情報発信・収集の機会となっています。

朝の9時半から3時頃まで開催されるのですが 地元、近隣から沢山の人が朝早く出掛けてくるようで 私と友人が訪れた11時頃には いくつものお店で人気商品はほぼ完売状態でした。 老舗高級店のお弁当やお菓子がお手頃な値段で買えるこのチャンスを逃してしまい ちょっと残念な思いもしましたが 沢山のブースを巡っていると あちらこちらから「美味しいよ~食べて行きなよ~」とささやく様な魅力的な匂いに誘われ 直ぐにテンションもあがります。

迷いに迷いながらお昼ご飯にと選んだ魚介のブイヤベースと丸パンのお弁当を持って 境内脇の砂浜まで足を運ぶと 海を眺めながら様々なお弁当を美味しそうに頬張る人達がいて「穏やかな波間に浮かぶヨットやカモメを見ながら こんな休日が過ごせるのも葉山ならではだなぁ」としみじみ感じることが出来ました。 そして お土産もしっかり買い込み 神社の神さまにお礼をした後 「来年はもう少し早めに来ようかな・・でも起きられるかなぁ」と笑いながら家路に着いたのでした。

―――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――

【2】 家づくり雑記帖  「 新国立競技場  」

こんにちは設計の田中です。

先月の話になりますが、2020年のオリンピックの開催地が東京に決まりました。決定から1か月半が過ぎ、最近そのオリンピックのメイン会場となる予定の新国立競技場に関するニュースが目立ちますので、今日は新国立競技場について書いてみたいと思います。

新国立競技場の計画は、今のオリンピックの基準を満たしていない現国立競技場を取り壊して同じ場所に建て替える計画になっていて、そのデザインはコンペによって昨年11月に決まりました。現在は基本設計に向けての前準備で条件整理をしている段階ですが、2019年3月の竣工を目指して進められています。

新国立競技場のコンペの目的は「デザイン案」の募集でした。審査講評に書いてあるコンペの課題は大きく分けて3つで、第一に8万人収容できる会場を狭い敷地に無理なく納めること。第二に、重層的なプログラムに対応した臨場感あふれる観客席が求められる一方で文化的な活動に対応した可動式の屋根、芝生のメンテナンス等の技術が必須。第三に建設スケジュールだったそうです。また、キーワードとなっていたのが、単純な施設拡充以上の社会へのメッセージ、新しい時代のシンボルとして「地球人にとっての希望の象徴となるデザイン」だったそうです。

このコンペで優秀賞を受賞したのが、イギリスの建築事務所でイラク出身のザハ・ハディトという女性建築家です。曲線が印象的な作品が多く、「建てた建築よりも、実現しなかったプロジェクトの方が有名」とも言われているそうです。

受賞に際して評価されていたのが、構造と内部の空間表現の一致、都市とのつながりがシンプルで力強い、可動屋根も実現可能なアイデア、大胆な建築構造、圧倒的な造形性等々で、特にその構造は、現代日本建設技術の粋を尽くすべき挑戦だそうです。

しかし、プロジェクトが進む一方で、カブトガニとか自転車のヘルメットの様に見えるその先進的で斬新なデザインにより「威圧感がある」「神宮外苑の景観を損なう」「巨大すぎる」など有名建築家を含む有識者からは反対意見が挙がる上に、建設費が大幅に増える事も解り、正に侃々諤々になっています。また、過去のオリンピックスタジアムの床面積と比較して最大規模とする必要性や、大会後の運用問題、ロンドン五輪会場に学んで縮小工事可能な計画とすべき等、国民からも不安の声が挙がっています。

新国立競技場だけに、国家プロジェクトとして日本で最大のスタジアムでありたい。世界に誇れなければならない。技術は最先端でなければならない。という誇りを持ちつつも、震災後の行動や自然との共生、長寿や日本食で世界に高く評価されている日本文化だからこそ生まれてくる価値観を世界に発信できたら良いのに、と思ってニュースを読んでいますが、何より国民の憧れの舞台として愛されるスタジアムであって欲しいなと思っています。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の 「 家づくりの考え方

―――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――

【3】  家づくりのことば  「 お知らせ 」

季節外れの台風もやっと通り過ぎ、紅葉が待ち遠しい千葉です。

今日は、勉強から離れ、私の個人的な話から始めさせて頂きます。 私は、20年間専業主婦をしてきたのですが、自宅の建て替えを機に家づくりに興味を持ち、インテリアコーディネーターの資格取得を決意し、家づくりの勉強を始めました。全くの素人でしたので苦労しましたが、資格取得後には運良くこの松匠創美に勤めることもでき、はや1年が過ぎました。そんな中で、もっと自分の家を建てる時に勉強をしておけば良かったな、知っていれば良かったなと思うことが多く出てきた自分に気がつきました。

そこで、皆様とこれから家づくりに関する様々なことを一緒に勉強しながら、私が家づくりで経験したこと、感じたことをお伝えしていきたいと思い、そのためには家づくりのことばに限らず、家づくり全般にわたって発信できたほうが良いのではないかという考えに至り、これまで長く続いてきた「家づくりのことば」から「家づくりのいろは」というテーマにさせて頂くことにしました。

次回から、皆様の素敵な家づくりのためのお手伝いができるよう頑張りますので、「家づくりのいろは」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美

http://www.hayama-ie.jp

▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3

Copyright (C) 2013 松匠創美 All rights reserved.

メルマガ 2013/10/16

■ 第106号 ■ 家づくり雑記帖 「 式年遷宮 」

□ 目次

【1】  こんな感じに過ごしています

「 ビール醸造所 ヨロッコビールさん 」

【2】 家づくり雑記帖 「 式年遷宮 」

【3】 家づくりのことば  「 セットバック  」

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【1】   こんな感じに過ごしています

「 ビール醸造所 ヨロッコビールさん 」

こんにちは 野上です。

ここ数日暑さがぶり返していた葉山ですが 時折通り抜ける風や空模様などは 秋を感じさせるほどスッキリと澄み渡っています。

そんなお出かけにぴったりな陽気の日曜日に 葉山のお隣・逗子の小坪漁港で 小さなビールフェスティバルが行われました。 主催は同じく逗子にあるビール醸造所「ヨロッコビール」さんです。 そのヨロッコビールさんが 醸造所+お店を始められて1周年の記念に「この地にクラフトビール文化が根付いてほしい」と言う思いからフェスティバルを開催したそうです。

ここ数年葉山周辺でも「地ビール」が人気で「鎌倉・横須賀・江の島・葉山・・・」と言った銘柄のビールを レストランやスーパーなどで見かけるようになりました。 そんな中でもヨロッコさんは 原料のホップを自家栽培しているほど ビール作りに熱い思いを持った醸造所で 市販されているビールにあるような喉の渇きを潤す軽い口当たりとは違った ずっしりと味わい深い喉越しに虜になった人が多いそうです。  そう言う私も初めて口にしてからは ちょっと自分にご褒美したい時や 友人へのお土産用にと利用させて貰っています。

IMG_0055

そんなヨロッコさんの「樽生」が味わえると言う事で フェスティバルに友人数人と向かったのですが 私だけ体調不良ということで残念ながら口にすることは叶いませんでした・・・それでも楽しそうに順番待ちをする長い列や 丁寧に造り込まれたビールを味わう人達の満足そうな顔 そして 会場に流れる気持ちのいい音楽と 鎌倉・葉山など地元から参加している飲食店さんに加え 場内の電気をすべて太陽光発電でまかなうなど 自分で出来る範囲での物造りをしたいと言うヨロッコさんの思いを感じる事のできる素敵なイベントでした。

来年の「逗子小坪FISH PORT BEER FEST」を期待しつつ それまでは瓶ビールを味わいたいと思います。

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【2】   家づくり雑記帖   「 式年遷宮 」

こんにちは設計の田中です。

先日、伊勢神宮の「式年遷宮」のニュースをやっていました。式年遷宮とは20年に一度、御宮を造り替え神様もお引越しするもので、世界的にもとても珍しい文化だそうです。今日は式年遷宮について書きたいと思います。

冒頭に書いたように伊勢神宮では20年に一度、正殿を始め御垣内の建物を全て新しく造り替え、御神体を新宮へ遷す「式年遷宮」を西暦690年から戦国時代や第二次世界大戦時に中断はあったものの1300年もの間、変わらず行ってきました。元々は第40代天武天皇が決定し天武天皇の皇后だった第41代持統天皇が始めました。690年と言えば、古墳時代と奈良時代の間の飛鳥時代の後期で、世界最古の木造建築、法隆寺と同時期になります。今回の式年遷宮で62回目になるそうです。

式年遷宮では、正殿、計65棟の殿舎のほか、鳥居、御垣、それに装束、神宝、宇治橋なども造り替えられます。この20年に一度、造り替える事の意義は、伊勢神宮にも資料が残っていない為、正確には解らないそうです。20年に一度は、神明造りという建築様式の尊厳を保つ為に丁度良い期間とも、技術の伝承にも良い間隔とも言われているそうで、通常の再建と違うのは、資料を元に再建するのでは無く、この人から人への伝承で繋がっている所だと思います。人間国宝の方々も多く参加して行われています。

式年遷宮に使用される木材は、樹齢200年の檜で、中には樹齢400年以上の巨木も使用されます。茅も10年以上かけ集められます。これらの用材は伊勢神宮の背後の山で調達されます。30以上の式年遷宮における祭事で最初に行われる山口祭は、この山の神様を祭る儀式で、今回の場合は平成17年に行われました。また、住宅工事でもお馴染みの地鎮祭は11番目の祭事で平成20年に行われ、上棟祭は平成24年、先日の10月2日に行われた式年遷宮のクライマックスと呼ばれる遷御(せんぎょ)は御神体の引越しの祭事で最後から5番目になります。

松匠創美で造る家は、100年住み継いで欲しいと思っています。その意味は60年から100年と言われる森の循環サイクルに関係しています。伊勢神宮は20年というサイクルで造り替えますが、200年後の式年遷宮に備え植林し、また、解体された旧殿の材料は全国の神社で再利用されているそうです。

最後に、1300年前に建てられ現存する法隆寺と、1300年前と変わらない新築の姿を残す伊勢神宮。この二つが見られるなんて本当に凄いことだと思います。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【3】   家づくりのことば  「 セットバック 」

不安定なお天気が続いていて、秋晴れが恋しい千葉です。
今日は、不動産の広告などでよく目にする「セットバック」について勉強してみたいと思います。
先ず、建築基準法には、「セットバック」ということばの定義はないので、一般的にセットバックと言われている「みなし境界線」という言葉を教えてもらい調べてみました。
建築基準法上、建築物は幅員4メートル以上の「道路」に2メートル以上接していなければならないと定められています。ところが、4メートルに満たない道路はたくさんあり、そこに家を建てる際にはどうすればよいかというと、幅員が4メートルとみなせる位置まで道路境界線を後退することで、建築を認められるようになります。この後退が一般的には「敷地のセットバック」といわれています。

具体的には、敷地の前面道路の幅員が4メートル未満で「法42条2項道路」に指定されている場合、道路の中心線から水平距離で2メートルの位置まで敷地を後退させなくてはならないようです。
道路中心線から両側に2メートルずつ振り分けた線を道路境界線とみなすことにより、将来的に4メートルの幅員を確保しようとするもので、向かい側の敷地においても同様にセットバックしなければなりません。ただし、その向かい側の道路が中心線からの水平距離が2メートル未満で、がけ地、川、線路敷地、その他これに類するものの場合においては、向かい側の境界線から水平距離で、4メートルの位置まで一方向に敷地を後退させなければならないそうです。

セットバックが必要な敷地は売買対象面積にセットバック部分が含まれます。しかし建ぺい率や、容積率を算定する際の敷地面積には含むことができません。また、セットバック部分は道路とみなされるため、ここには家はもちろんのこと、塀や擁壁を作ることはできず、玄関のドアなどを開けたときに、その部分へはみ出るような配置も認められないそうです。不動産の広告などに「セットバック有」と表示されていましたら、注意して見てみて下さい。

では、次回も皆様の豆知識として、少しでもお役に立てるように頑張りたいと思います。

 

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美

http://www.hayama-ie.jp

▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3

Copyright (C) 2013 松匠創美 All rights reserved.

メルマガ 2013/10/02

■ 第105号 ■  家づくり雑記帖 「 シェアハウス 」

□ 目次

【1】  こんな感じに過ごしています

「 洋菓子店フリューリングさん 」

【2】  家づくり雑記帖   「 シェアハウス 」

【3】  家づくりのことば   「 地階部分 」

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【1】  こんな感じに過ごしています

「 洋菓子店フリューリングさん 」

こんにちは 野上です。

すっかり夏も過ぎ去り 陽が落ちる時間がぐんと早くなりました。暑さから解放されたのもつかの間 朝晩の冷え込みに身体がついて行けず毎日くしゃみを連発しています。

それでも食欲の秋「甘いものが食べたい・・」という気持ちが湧いてきます。 そこで 前回お話しました葉山にいくつかある美味しいケーキ屋さん(洋菓子店)の中で この夏オープンしたお店を紹介したいと思います。

そのケーキ屋さんは 友人の結婚祝いを探しに 事務所の近くにある「クック&ダイン」さん(キッチン用品を取り扱ってるお店)へ行った時に 偶然目にしたお店でした。( クック&ダインさんは昨年のメルマガで紹介しています。http://bit.ly/15HwPT4 )クック&ダインさんの隣りの駐車場奥にひっそりと でも真新しいピカピカの一軒家が建っていて 特に目立つような看板も掲げていなかったので なんのお店かその時はわかりませんでした。でも興味が湧いたので近づいてみると 入り口に鉄製のリスがデザインされた「フリューリング」と書かれた看板が下がっていました。ドアノブにも同じくリスが付いています。どうやらお店のキャラクターのようです。

中に入るとショーケースが置かれケーキが数個並んでいました。日曜日と言う事もあったのかもしれないですが まだお昼頃なのにほとんどのケーキが完売しているようでした。色合いも形もとてもシンプルですが 丁寧に優しく作られたというオ―ラのような雰囲気を並んでいるケーキを見て感じ オープンして間もないはずですが すでに人気のお店なんだなぁと思いました。

その日は残念ながら一日外出する予定で ゆっくりと味わう時間がなかったので 食べ歩きできそうなシュークリームを頂きました。お店を出て直ぐにかぶりつき 生地の程良い張り具合と甘さを抑えたなめらかなクリームに思わず「美味しい」と自然に声に出していました。

また絶対に買いに来ようと 今度は平日の夕方頃伺いました。するとまたまた ケーキが数個残っているだけでした。ちょっと驚いた顔の私を見て左側の作業スペースから オーナーと思われるパティシエさんが現れ「暗い中来て頂いたのにごめんなさい。よかったらどうぞ。」と お店で人気だと言うロールケーキを1つおまけして下さいました。「この時期はモンブランがお勧めなので ぜひまたいらして下さいね。」と 閉店間際に来た私が悪いのに とても人当りの良いオーナーさんでなんだか嬉しくなりました。

2013 0930 ケーキ

旬の栗を使ったモンブランを次回は是非頂いてみたいと思います。

洋菓子店 フリューリング(Fruhling)

住所:三浦郡葉山町堀内563

電話:046-876-7520

定休日:火曜日 営業時間:10:00~18:00(冬時間)

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【2】 家づくり雑記帖  「 シェアハウス 」

こんにちは設計の田中です。

最近、話題になっているもので「脱法シェアハウス」。 この言葉を聞いた時の最初の感想は、「脱法じゃなくて違法」の間違いじゃないのかと思いました。ということで今日は「シェアハウス」について書いてみたいと思います。

元々一般的に言われていたシェアハウスは、戸建て住宅やマンションの一室に数人が共同生活をおくるもので、玄関やキッチンやリビング、トイレや洗面、お風呂などを共同で使用し、個室のみが生活者一人一人に割り当てられものだと思います。 最近問題視されているシェアハウスは、個室やリビングの一部に間仕切壁を追加して個室を増やして提供するもので、避難上の問題や、マンション管理組合とのトラブルが多いようです。 元々の戸建て住宅やマンションに小数人で暮らしていたのは問題無いのに、大人数で暮らすのは問題が有るのか、そもそも住宅に定員が有るのか無いのか等、業者側は法律では取り締まる条文が無いので違法では無いと言うのがもっぱらの見解です。

ですが、法律が無かった訳ではありません。 間仕切壁を追加する事は単なるリフォームに当たりますが、できた個室に窓がない場合は、採光、換気が出来なくて違法です。 可動式の間仕切り、例えばアコーディオンカーテンで仕切る事は2室までは問題ありませんが、3室になると違法です。これは昔の襖で仕切られた和室が2間続きまでと決まっている事と同じです。 一方で、目線が隠れる程度のパーテションで区切る事は独立性が低く確かに違法とは言い切れませんでした。 また、カプセルホテルのような鍵付の部屋を設ける事も、住宅では窓が無ければ違法になります。中には部屋ではなく鍵がかかる寝具と説明する業者もあり水掛け論になってしまう事もあったようです。

この様な事態を終わらせるべく、先月の上旬に国土交通省が「違法貸しルーム対策に関する通知について」で、「事業者が入居者の募集を行い、自ら管理等する建築物に複数の者を居住させる貸しルームは寄宿舎の用途に該当する」と公表しました。 寄宿舎は単なる住宅とは違い、廊下幅などの避難上の決まりや消防設備など、法律や条例での規制が厳しくなります。 また、この通知の中には、低いパーテーションやカプセル型も居室に該当すると書かれています。 先月国土交通省が行った500件以上の実態調査の結果、違法では無かったシェアハウスは10件未満の様でした。

近年は、就職難でネットカフェ住民が増えています。違法シェアハウスの方が、家賃が安く、敷金礼金や保証人も必要ない、しかも住所不定にならずにすむために仕事に就ける可能性も高くると言う社会情勢も理解できます。でも「健康で文化的な最低限度の生活」が出来るように、国も市町村も民間も考えて行かなければならない様に思っています。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の 「家づくりの考え方

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

【3】 家づくりのことば  「 地階部分 」

運動会や文化祭など、学校行事の多い季節になり、お弁当作りに忙しくなりそうな千葉です。今日も一緒に楽しく家づくりのことばの勉強にお付き合い下さい。

前回は「容積率」についてお話ししましたが、その中で容積率が緩和されるものがいくつかありました。「自動車車庫」、「地階部分」、「小屋裏物置」です。 今日はその「地階部分」とはどんなものなのか勉強してみたいと思います。

建築基準法上では「地階 床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの1/3以上のものをいう。」となっています。 つまり、最大で天井高の2/3未満なら地上に出てもかまわないということになります。この地上に出ている部分には窓などが設置出来ます。ですから、土地が狭くて、居室を確保できない場合に有効な手段のようです。 実は、我が家にも地階があり、狭いながらも、子ども3人分の寝室と主寝室のスペースをとることが出来ました。それぞれの部屋には、地上に出ている部分に窓を2箇所ずつ設け、地階ながら、それなりの明るさの空間で過ごすことが出来ています。

ただ、地盤面より下に居室を設けるには、建築基準法上でも「壁及び床の防湿の措置、その他の事項について衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない」とあるように、湿度の問題はかなり大きく、我が家でも各居室に24時間換気設備と除湿器が置かれ常にそれらが稼働していて、その音が少々気になります。 それでも、子どもが5人いる我が家には、狭小住宅でもスペースを確保出来て、非常に有効活用しています。管理には少々手がかかるかもしれませんが、スペースを確保したいという方にはいいかもしれませんね。

「地階」おわかり頂けましたでしょうか?毎回、建築基準法とにらめっこして頭を抱えながら書かせて頂いておりますので、わかりづらいところも多々あると思いますが、また次回もお付き合い下されば幸いです。

―――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美

http://www.hayama-ie.jp

▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3

Copyright (C) 2013 松匠創美 All rights reserved.