【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

お知らせ記事一覧 メルマガ記事一覧

おすすめ本記事一覧 家づくり勉強会記事一覧

2010 年 4 月 のアーカイブ

お知らせ 2010/04/30

ゴールデンウィークのお知らせ

ゴールデンウィ―ク期間中、以下の日程でお休みをいただきます。

2010年 5月2日(日)~5月5日(水)

6日(木)より営業いたします。

 

メルマガ 2010/04/28

■ 親知らず ■

 ■ 第20号 ■

■□・・―――――――――――――――――2010年04月28日

      木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――― 

□こんな感じに過ごしてます・・・

こんにちは 田村です。

ここのところ 体調管理の難しいお天気が続いてましたので 身体の免疫力が低下したらしく 下側の親知らず周辺の歯ぐきがズキズキと腫れ上がました。

痛みに耐えられず午前中にお休みをもらって 子供の頃からお世話になっている沼田先生(沼田歯科医院)に診ていただくと 歯ぐきに菌が入り込み化膿しているということで 何回か消毒に通うことになりました。

待合室で 本を読みながら名前を呼ばれるのを待っているのですが 治療の緊張で文字が頭に入ってきません・・。

そんな時に ふと外を見ると 道路の向かい側に雑貨屋さんが見えます。 
治療の帰りに寄ってみることにしました。

Marelle(マレル)』さんは パリの街角にでもありそうな外観の お店で中に入ると 天井も高くとても広々としていて 何時間いても落ち着く雰囲気があります。
取り扱っている商品は リネンやコットンを中心としたお洋服とキッチン用品 センスのいい食器などや アクセサリーも。ヨーロッパのテイストを感じさせるアイテムが、近所で購入できるので とても嬉しくなります。

マレル

そんななかでも一番嬉しいのは 奥さん(店主)とのおしゃべりです♪ 雰囲気のあるお店なので 普通ならなかなか声高らかに笑ったりはできませんが 奥さんが朗らかな方なので 歯ぐきが腫れているのも忘れ ついつい話し込んでしまいました。

友人の結婚祝い用に コップを購入して「それじゃまたぁ~♪」 とお店を出ようとした時「あっ!!お会計まだだった。」なんて落ちが(笑)

ウキウキしながら家に帰る途中 沼田先生に書いてもらった横浜の口腔外科の先生への紹介状を思い出し ちょっとトーンダウン。

先生と話し合った結果 親知らずを抜くことになりました・・ううっ(涙)

「心地よい暮らしのご提案」Marelleさんはこちら

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

こんにちは、設計の田中です。

寒い日がつづいておりましたが、ようやく暖かくなり。気がつけば春どころか、初夏がすぐそこまで来ています。
寒かった冬が終わり暖かくなり始めると、次の冬に備えてリフォームのお話を頂くことが多くなります。

今回は、そんなお話です。

リフォーム編 第四回
「RC造で木の香りがするリフォーム」

以前、一戸建のオフィスの設計、施工をさせて頂いたお客さまから、新たにご自宅のリフォームのご依頼がありました。

ご自宅は、オフィスと隣接していて、35年位前としてはとても珍しかった一戸建ての鉄筋コンクリート造(RC造)でした。
プランも随所に配慮が感じられるものでしたが、生活スタイルに変化が生じていました。

お客さまの要望は、水回りの設備機器が全体的に老朽化したこの機会に、終の棲家としてのリフォームをしたいと言うものでした。

まず計画は、RC造により解体できない壁と撤去できる壁を判別するところから始めました。

家族構成の変化や必要性から、キッチン横の家事室を無くし、家事室のあった場所に、対面式のオリジナルキッチンを計画しました。
来客時に、一人でもお茶の用意をしながらコミュニケーションがしやすい様にと考えました。

広くなったLDは、面積に合わせて天井を高くしました。お手持ちの家具類と、液晶テレビの新たなレイアウトをし、新築当時は無かったパソコン機器を収納することができる造付家具を計画しました。

LDKの隣の和室は、多趣味なお客さまが多目的室として利用されるときに、必要に応じてLDKと連続したり、個室として区切ったりできるようしまた。又、将来的に階段の登り降りが大変になった時に備えて、ベッドが置きやすいように洋室とし、床の段差を解消しました。

トイレや洗面脱衣室、浴室も床の段差を無くしバリアフリーにしました。合わせて、床暖房を、LDKと多目的室の全面に施しました。

リフォームした家に住まわれた後、冬の間にお宅に訪問する機会がありました。「こんなに暖かく快適になるなんて」と、暮らし心地と光熱費との両面から、とても喜んで頂いたのがうれしかったです。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方」「間取りはつながると優しくなれる」はコチラ

松匠創美のブログでも紹介しています。
「完成しました。」   「オリジナルキッチン」  「今日も引き続き」

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

 □家づくりのことば・・

私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」と思う建築用語が たくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などをここで少し紹介したいとおもいます。

○内窓(うちまど)・外窓(そとまど)/2重窓

私の部屋には3つ窓があります。その1つ 北側の小窓下にベッドを置いて寝ているのですが 北側だからなのか?冬は頭の上が寒くて仕方がありません。

なんとかならないものかと 窓に直接 梱包用のプチプチシートを貼って その上から カーサンシェード(フロントガラスに張る日除けシート)を被せカーテンで隠すという 自分なりの努力をしています(涙)

まぁ これでもいいのですが・・夏になると外し 冬はまた貼りつけるという作業のことを考えると なんとかならないものかと思います・・。

そんな時に「今ある窓の内側に もう1枚窓をつけることで 断熱効果がUP!」というようなCMが 目につくようになりました。

これは 私が求めていたものではないか!と 久保に「内窓とはどんな物ですか?」と 内容を聞いてみました。

要は 二重サッシと同じ断熱・防音という効果があるということ しかも その工事は エコポイント対象だというのです。
(前回のメルマガで田中がエコポイントについて 触れています。)

ならばさっそくと「簡単に自分で取付できちゃいますかね??」と聞いたところ。
「それは業者さんに作業してもらわないと無理だよっ」というお返事が・・。

自分でパチンッ!と取付できるものだと 勝手に想像していたものですから思わず怯んでしまいました・・。

なぜなら・・部屋に人が上がってもらえるような状況ではない(詳しくはお伝えしませんが。)のです。

まずは 部屋を片付けないといけない・・なんとかならないですかね(笑)

 (家の庭にりんごの花が咲きました♪)葉山のつつじとりんごの花 010

○2重窓(2重サッシ/内窓・外窓)

    =通常の窓の内側に少しの空間を挟んで、もう1重窓を
     取付けて、2重になっている窓のこと。
     これまでの多くは、防音性の高い窓として米軍基地の
     周辺などの建物に採用されていた。
     複層ガラス(ペアガラス等)のサッシと比較すると、窓を
     開閉する際、2枚開けるという手間はかかるが、比較的
     簡単に開口部の断熱性を向上させることができるので、
     リフォームに適している。

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2009 松匠創美 All rights reserved.

 

お知らせ 2010/04/27

「RC造で木の香りがするリフォーム」を追加しました。

「松匠創美の建てた家・リフォーム」の一覧に「RC造で木の香りがするリフォーム」を追加しました。

メルマガ 2010/04/14

■ 花より団子 ■

■ 第19号 ■

■□・・―――――――――――――――――2010年04月14日

      木の家を知る・建てる・暮らす

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・―――――――――――――――――――――――― 

□こんな感じに過ごしてます・・・

こんにちは 田村です。

葉山では 桜が散り始めていますが ちょうど菜の花も見ごろを迎
えていますので 遠く山を望むと薄ピンク色 足元に目を向けると
黄色の景色がとても美しいです。
もう少しすると つつじも咲き始めますので まだまだお花見を楽し
めそうですね。

そんなお花たちに心を癒してもらうこの時期ですが 私と学生時代
からの友人Eちゃんの楽しみは ちょっと違います。

先日もEちゃんと「ステファノの笑顔を観に行こう!」とお互いにメー
ルをしあったところです。
「ステファノ」とは 横浜高島屋の8階レストランフロアにあるイタリ
アンレストラン「posillipo e napule」のイタリア人のウェイターさん 
のことで月に1度から2度は 通うようになってしまいました(笑)

以前 南青山にある姉妹店「napule」に行った際 ピッツアの美味
しさに感動して 事あるごとに「ナプレにいきたい~」とぼやいてい 
ましたがなかなか行く機会がなく・・・偶然立ち寄った高島屋で 巡
り合わせのように 新しくお店ができていたことにまたまた大感動。

そして お料理の美味しさももちろんなのですが 本場イタリア人の
明るく楽しい気持ちにしてくれる接客に すっかり心癒され はまっ
てしまいました(笑)

ステファノのお父さんが イタリアにオリーブ畑を持っているというこ
とで自家製オリーブオイルをごちそうしてくれたり 百貨店にあるお
店とは思えないほどの アットホームさがとても居心地良く 気が
付くと閉店時間まで居座る事に(汗)

今回は 逗子にあるお洋服屋さんのNちゃんも誘って またまた閉
店まで大盛り上がり。

remon(これはステファノ手作りの果実酒です。Nちゃんが写メを送ってくれました。)

とはいえ レストランフロアの閉店時間 悪酔いしない程度でお家
に帰れるところも いい感じです。

20歳で初めてイタリアに旅行した際 噂では「イタリアの男の人は 
すぐ声をかけてくる」と聞いていましたが まったくもって声などかけ
られずガッカリな思い出でしたが 今では「イタリア語でもならっち
ゃおうか♪」なんて 浮足立っているのでした(笑)

ピッツェリア・トラットリア「ポジリポ エ ナプレ」はこちら

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

こんにちは、設計の田中です。

先日、松匠創美でも、エコポイントの発行対象となる賃貸マンショ
ンのリフォームと戸建て住宅のリフォームの依頼を受けました。

今回は、松匠創美の建てた家 リフォーム編はお休みして以前に
書いた、最大で30万ポイント(1ポイント=1円)の住宅版エコポイ
ントの続きについて書きたいと思います。

先月の3月8日に、住宅エコポイント制度の申請受付がスタート
しました。

エコポイントの発行対象となる工事時期や内容については2010
年2月3日発行のメルマガを読んでいただき、今回は、申請のこと
について書きたいと思います。
(メルマガ 2010年2月3日発行 ■私の自転車■)

住宅版エコポイントには申請期限があります。
*リフォームの場合は、平成23年3月31日まで。
*新築の場合は、一戸建ての住宅が、平成23年6月30日まで。
*共同住宅は、平成23年12月31日までです。
(11階建て以上は、平成24年12月31日まで)

この期限までに、工事を完了して申請する必要があります。
但し、新築の場合は、基準を満たしている事を第三者機関に証明
してもらう手続きも事前に行っておく必要があります。

また、獲得したポイントは、平成25年3月31日までに交換が可能
で、交換商品はhttp://jutaku.eco-points.jp/user/item/で調べる
ことが出来ます。
そして、検討されていた即時交換(工事費に充てる)は、追加工事
がある場合に、追加の工事費用(工事費用の一部)として工事業
者側の口座へ振込みがされ、相殺できる事になりました。

例えば、リフォーム工事で窓を断熱サッシに交換し、追加工事でシ
ステムキッチンを入替える場合。システムキッチンの入替え工事
費用とエコポイントを差し引きできるという事です。

手続きの方法を読んでいくと、それなりに書類が多く、手間のかか
る印象を受けるエコポイントですが、住宅版の場合は、工事業者が
代理で申請手続きを行えるようになっています。

また、3月8日以前に工事が完了しているリフォーム工事もポイント
を得られる場合がありますので、是非、工事店などに相談してみて
ください。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方」はコチラ

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

 □家づくりのことば・・

私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」
と思う建築用語が たくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などをここ
で少し紹介したいとおもいます。

○地盤調査

先日 久保と田中が地盤調査に出かけました。(その時の様子が2010年4月6日ブログ・地盤調査・に載っています。)

その留守中に「地盤調査ってどんなことをするのかなぁ?」とぽつり
つぶやいたところ。
「スウェーデン式サウンディング」という方法があることを教えてもら
いました。

テキスタイルデザインや家具・音楽などで 自分にも少しは馴染み
のある国でしたが「地盤調査とスウェーデン」というのが まったく
思いもよらなかったので「何故にスウェーデンなの?」と興味がわきました。

それに前々から スウェーデンやノルウェー・フィンランドの町にある
信号機や ポストなどのデザインが可愛いと聞いていて「旅してみ
たい」と思っていましたので 心に惹かれるものがあります。

イギリス音楽にはまっていた時も友人たちに「イギリスに行ったら 
スウェ―デンにも足を延ばして行ってみようよ!」と提案すると。
「え~ 寒すぎじゃない 寒いの嫌いっ!」と断られてばかりでした。

「ねぇねぇ スウェーデンのサウンディングを体験しに行かないかい?」

なんて誘ってみたら「おっ それフェスかなにか??」と のりきに
なってくれないでしょうか・・・??(笑)

○スウェーデン式サウンディング試験

    =先端がスクリュー状の鉄の棒(ロッド)に重りを乗せ、地面
     に立てて回転さる。その際に、一定の長さを貫入させるの
     に要する回転数を測定する。
     測定結果により、土の硬軟、締まり具合、土の構成を判定
     することが出来る。
     現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが、この方
     法によって実施されている。

■松匠創美の家づくり―丈夫な構造―には地盤について書いています。

――――――――――――――――――――――――・・□■

■□・・――――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中

〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2009 松匠創美 All rights reserved.