【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

お知らせ記事一覧 メルマガ記事一覧

おすすめ本記事一覧 家づくり勉強会記事一覧

2010 年 2 月 のアーカイブ

おすすめ本 2010/02/26

おすすめ本【008】『なぜ、いま木の建築なのか』 有馬孝禮 著

              51Z5LJOloUL__SL500_AA240_

                                                                                                                             『 なぜ、いま木の建築なのか 』 有馬孝禮 著
Amazonで見る⇒

木材のスペシャリストで、現在は宮崎で実際にオビ杉を育て、研究を続けておられる 東大名誉教授の有馬先生が、木と建築を取巻く諸々について、全般に渡ってご自身が気になっていることを記したものです。

私は5年程前から、毎年有馬先生の講習会を受講しています。
バランス感覚に優れた内容で、いつも新しい気づきがあり、とても勉強になっています。

メルマガ 2010/02/17

■ 床暖房な毎日 ■

■ 第15号 ■

■□・・・・・―――――――――――――― 2010年02月17日

      木の家を知る・建てる・暮らす

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

 □こんな感じに過ごしてます・・

こんにちは 田村です。

前回 私の自転車のお話をしましたが・・・
この時期 毎朝の自転車通勤は寒さが 本当に身にしみます(涙)
空気がクリアなので 富士山が綺麗に望めたりする時は 幸せで
すけれど 太陽が出ていない日などは 体の芯まで冷え切ります。

そんな毎日 事務所のドアを開けると なんとも心地の良い温かさ
を感じ 靴を脱いで床に上がると 自然解凍される冷凍食品のよう
にジワジワと 自分の体がほぐされていくのがわかります(笑)

事務所は1階部分に床暖房を設置しています。 そして 2階には
暖房器具を置いていません。
ですが それだけでも十分家中が 小春日和のように ポカポカし
ています。

そして 最近倉庫部分を改修して 事務所スペースを広げ 床暖房
を増設する工事がありました。

施工途中でむき出しの配管の 配置をみせてもらえた際に「この管
の中には 何が通っているのですか?」と 聞いてみましたら「循環
液」という液体が通っているとのこと。

「いま 電源を切ってから時間が経っているけど触ってみてよ。
まだ暖かいよ。」

そこで手で直に触ってみたのですが 本当にぽわ~っと温かさが
伝わってきました。
我が家をおもうと 一部屋に何らかの暖房器具が ブンブンと稼働
してくれていますが こんなやわらかい温かさを味わうことがあり
ません・・。

床暖房と花ちゃん 001

 

 

 

 

 

 

 

(花ちゃんは ぽかぽかで嬉しそうです。)

いつか 自分で家を建てることができるようになったら・・・
なには措いても 床暖房だけは付けよう!とおもっています。


―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

こんにちは、設計の田中です。
最近、ヒートショックという言葉も定着し、よく耳に
するようになって来ました。

家の中の温度差によって起こるヒートショックは、
家庭内で亡くなる原因の1/4と言われています。

今回は、そのヒートショックの解決にもつながる
全館暖房について書いていこうと思います。

全館暖房とは、特定の暖房システムを指す言葉では
ありません。

「家の熱損失を減らし、家全体を暖め、家の中の急激な
温度差を失くす」暖房方法のことを指していています。

熱損失を減らす為に、必要とされる断熱性能や気密
性能、家を暖める為の暖房方式は色々で、その組合せ
は、設計者や工務店、住宅メーカーによって様々です。

一度暖めたら冷めにくく、次に暖めるときは少ないエネル
ギーで、家全体を快適な温度に保つことが出来る様にと
トータルで考えます。

松匠創美のwebページにも書いてある「住まいの性能」
それぞれの特徴や長所を詳しく載せましたが、実は
トータルで全館暖房だと考えています。

まず、床暖房のふく射熱で、床面以外にも、壁や天井面、
人の身体が室温とは関係なく、温められて行きます。

それと同時に、暖められた床面によって室温も徐々に
暖かくなり、次第に上昇気流が発生し、家全体を暖めて
いきます。高い断熱性によって室温が保たれ、暖房の
ランニングコストも抑えられます。

松匠創美のスタッフには寒がりが多いのですが、毎日、
この全館暖房の中で快適に仕事をしています。

「住まいの性能」はコチラ

 
―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

 □家づくりのことば・・

私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」
と思う建築用語が たくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などを 
ここで少し紹介したいとおもいます。

○不凍液(ふとうえき)

床暖房が ぽかぽか温かい状態でいられるのは循環液という液体
が管の中をクルクルと巡っているからだと 上で書いた事務所工事
の時に教えてもらいました。

管の中に何が入っているのか?は とっても気になっていたのに
「循環液」と聞いただけで「へぇ~」と何故か納得していました。

でも その循環液と言う液体はいったいナニモノかは 解っていな
かったことに気づきました(汗)

久保に「循環液って言うのは お水と不凍液が混ざってはいって
いる物なのよ。」と後から教えてもらってから

「温水式の床暖房」なんだということを 理解しました(笑)

私の頭にも循環液を入れてもらって 正常に機能するようにしない
と駄目かも・・?

○不凍液=寒冷地(北海道や東北地方など)の冬期において 配
      管内の水が凍結しないように作られた液体のことである。                                     

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2009 松匠創美 All rights reserved.


 

メルマガ 2010/02/03

■ 私の自転車 ■

■ 第14号 ■

■□・・・・・―――――――――――――― 2010年02月03日

      木の家を知る・建てる・暮らす

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

 □こんな感じに過ごしてます・・

こんにちは 田村です。

通勤に乗っている自転車は 友達のD作君がインターネットで 
コツコツと部品を探し集めて手作りしてくれた お気に入りの1
台です。

とは言え まだまだ未完成な部分があるので 少しずつですが私
好みの仕様に作り変えたいと 日々 あれこれ考えていたところ
去年のクリスマスに 相方が革製のサドルをプレゼントしてくれ
ました。
BROOKS”と言う 元々は馬具を作っていたイギリスの老
舗メーカーの革サドルで 座面に花柄が型押ししてあるデザイン
がとても可愛く サドルを一つ買えただけでも 自転車の雰囲気
が変わったことが きっかけでますます熱が上がってしまいまし
た(笑)

最近は 環境のこともあって 自転車通勤をする方たちが増えた
ことで専門雑誌も沢山でています。

女性向けの雑誌もあるので それを参考に「どんなパーツがいい
かな」など悩むのですが・・・自転車はパーツごとに種類もデザ
インも豊富で未熟な私には どれがいいのか? どんなものを選
べばいいのか 本当に悩むところです。

相方はいったい何処で こんな可愛いサドルを見つけてきたのか
?(ちなみに相方は 自転車オタクなのですが・・。)

教えてもらったのは葉山の近く 横須賀の久留和海岸にあるアウ
トドア専門のお店「3Knot」さんでした。

実は 私はまだお店にお邪魔したことがありません。 
話しは前から 散々聞いていたのですが なかなか足が向きませ
んでした。

これを機に サドルを見せに遊びに行ってみようと思います。
「焚き火カフェ」や「満月山歩」などなど 面白そうなイベント
も開かれているそうですよ。

ちなみに ブログに私のサドルのことが書かれていました☆

自転車 005

 

 

 

 

 

 

 

Before ↑ 少しお尻が痛かったサドルです・・。

自転車 011

 

 

 

 

 

 

 

aftre ↑ 座り心地最高です☆使い込んでいくとどう変わるか楽しみ。

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

こんにちは。設計をしている田中です。
今回は「住宅版エコポイント」について触れていきたいと思います。

先日の1月28日に、平成21年度第二次補正予算案が成立した
ことによってエコポイントの発行対象が決定しました。

具体的には、エコポイントをもらえる建物は以下のように、

*新築住宅の場合、昨年の12月8日以降に着工して1月28日以降
に完成する建物。

*リフォームの場合は、今年の1月1日以降に着工して1月28日以
降に完成する建物。

(但し、着工期限が両方とも今年の12月31日まで。)
という事になりました。

では、エコポイントが発行される住宅(エコ住宅)は、どのような
工事をすれば良いのかといいますと、
新築住宅の場合には、省エネ性能基準を満たさなくてなりません。

省エネ性能基準には複数あるため説明は控えさせていただきます
が、リフォーム工事の場合は比較的解りやすくなっています。

A.窓の断熱改修
B.屋根か天井、壁、床の断熱改修

の二種類です。

また、AやBと同時にするバリアフリー改修のリフォーム工事に
ついてもエコポイントが発行されます。

例えばAの窓の断熱改修の場合、ガラスをペアガラスに1箇所交換
するだけでもエコポイントが発行されます。勿論、サッシそのものを
断熱性の高いものに交換しても発行されます。
(1.6mx1.8mのサッシを交換で18,000ポイント)

Bの場合は、北側の壁の断熱改修だけでもエコポイントが発行さ
れます。

そして、エコポイントの発行上限は新築、リフォーム共に30万ポイン
ト(1ポイント1円相当)です。
30万ポイントもあると、色々と使い道が考えられそうです。
国土交通省では、交換できる商品を公募したり、即時交換なども
検討してくれています。

因みに、昨年の11月始めにブログでも紹介させていただいた
コチラの古い日本家屋のリフォーム工事の内容は30万ポイントは
確実な内容でした。
エコポイントは発行されませんが、ご主人は冬でも家中を短パンと
裸足で移動していて、省エネルギーにはなっていると思います。

松匠創美の家づくり「住まいの性能」はコチラ

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

 □家づくりのことば・・


私(田村)が 事務所内で飛び交う会話の中に「今のは何だろう?」
と思う建築用語が たくさんあります。
なんとなく聞き覚えのある言葉や 初めて耳にする言葉などを 
ここで少し紹介したいとおもいます。

○かんれいしゃ

棟梁の松田が先日 上着にガーゼのような布をくっつけて 現場か
ら帰ってきました。
大工仕事は 怪我も付き物なのかなぁ・・と思いましたが ガーゼ
にしては ちょっと張りがあって目が荒い感じがしました。

疑問に思ったので「これって何ですか?ガーゼですか?」と田中に
聞いてみました。(その場に松田がいなかったので・・)

壁面の石膏ボードなどの継ぎ目がある部分に貼り付けて その上
から塗装をすると 継ぎ目が目立たなく綺麗にぬれるという下地の
役割をする「寒冷沙」という布だということを教えてくれました。

後日 調べてみると「肉を包む、味噌漬け、スープをこすなど、あ
らゆる場面で重宝する、無害・安全な食品用クロス。」と紹介して
いるサイトもありました。

とても小さな布切れでしたが とてもいい仕事をするようです。

○寒冷沙(かんれいしゃ)= ガーゼのような薄い布で、塗装の下地
                      などに使う。石膏ボードの上に、寒冷
                      紗を張って、その上からパテを塗って
                      しごき、平滑に仕上げる。寒冷紗を張
                      ると、柔らかい仕上がりになる。

―――――――――――――――――――――――・・・・・□■

■□・・・・・―――――――――――――――――――――――

☆お付き合いいただきまして ありがとうございます☆

 出会い・つながる・木の住まい
有限会社 松匠創美  
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦群葉山町堀内766-3 
Copyright (C) 2009 松匠創美 All rights reserved.