【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

お知らせ記事一覧 メルマガ記事一覧

おすすめ本記事一覧 家づくり勉強会記事一覧

info 2019/11/27

■ 第206号 ■ 家づくり雑記帖 「寒暖差でおきる健康被害」

■ 第206号 ■ 家づくり雑記帖 「寒暖差でおきる健康被害」

□・・───────────────2019年11月27日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
ここ一週間、温かかったり、寒かったりで体調を崩しくやすくなっています。着る服も、温かい上着を出してきたり、脱いだりと大変です。という事で、気温に関するお話で、「寒暖差でおきる健康被害」について書いてみたいと思います。

季節の変わり目になると、体調を崩しやすくなります。日によって寒暖差が違う為、気温の変化に体が対応しようと自発的に体温を上げようとしたり、下げようとしたりします。自覚が無いうちにエネルギーを消費して、疲労を蓄積していくことを「寒暖差疲労」といい、体調を崩す原因になっています。その予防方法の一つには、朝、外出前にしっかり食事をとって、体が目を覚ましてから、気候に合った服で外出するという、衣食住でいうところの、衣と食が大切ということだそうです。

これから更に寒くなると、こんどは衣食住の「住」がとても大切になります。
冬になると、室内の暖房をしている部屋とそれ以外の部屋での寒暖差が激しくなります。そのような温度環境の中、温かい部屋からトイレや脱衣所に行って服を脱ぐと、急激に血管が縮み血圧が上昇します。その結果、意識低下を引き起こす事や、ひどい時には心筋梗塞になる事があります。これをヒートショックといいます。特に急激な温度変化に対応しにくくなっている高齢者に起きる事が多く、年間での死亡者は、交通事故死より多いと言われています。冬に起きやすいヒートショックが年間通して起きる交通事故死より多いのですから衝撃的な事実です。
ヒートショックの対策はというと、やはり温度差を作らない事です。浴室、脱衣室、トイレは寒い方位に計画されることが一般的なので、理想はリフォームで断熱改修して温度ムラを減らしたいです。新築する場合も同じです。ただ、この冬を乗り越える為には、そういう訳にはいきません。お風呂に入る場合は洗面所を置き型の瞬間暖房器で温める。浴室をシャワーなどで温めるなどの対策が大切だと思います。トイレは、排便後に血圧が急に下がるという危険もあるので、そういう事も心しておきたいです。やはり瞬間暖房器や、ヒーター入りの便座に交換するのも有効手段だと思います。

日本人は入浴が大好きです。昨年の千葉大学の研究発表に、「お風呂の習慣(浴槽入浴)で要介護認定が3割減」というものがあり、夏も冬も入浴習慣があると要介護リスクが減るそうです。
寒いからと言ってお風呂場に向かうのを躊躇しない暮らしができると、長く健康に暮らせるのかも知れません。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内785-4
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/10/30

■ 第205号 ■ 家づくり雑記帖 「 太陽光発電の卒FIT その2 」

■ 第205号 ■ 家づくり雑記帖 「 太陽光発電の卒FIT その2 」

□・・───────────────2019年10月30日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
前回のメルマガでは、2019年11月以降に、太陽光発電パネルで発電した電気を電力会社が一定価格で10年間買い取る義務が終了するご家庭(卒FIT)が出始める事と、今後の電気の買い取りはどうなって行くのか、について書かせて頂きました。今日は「太陽光発電の卒FIT その2」と題しまして、今後の注意点について書いていきたいと思います。

10kw未満の住宅用太陽光発電パネルを設置した場合、電力会社の固定価格買取期間は10年間と決まっていて、2019年11月以降に買取義務期間の10年間が終了するご家庭が出始めます。この事を「卒FIT」といいます。

卒FITは、2019年問題とも言われるだけあって売電が今後どうなるのか心配な気持ちになっている方もいるようです。例えば、固定価格買取制度そのものが終了するという誤解もあるようですが、それは間違いです。終了する見込みなのは、産業用のみで、新たに設置された家庭用は、買取価格が引き下げられるものの10年間電力を買い取りしてもらう事が可能です。また、既に太陽光発電パネルが設置され、10年間の固定価格買取が実施されているご家庭が、10年満たないで買取打ち切りになるというものでもありません。

他にも憶えておきたい注意点があります。
・買取期間満了後に太陽光発電パネルを廃棄し新しく設置しても電力会社による10年間固定価格買取はありません。
・「卒FIT」しても、新たに電力会社と契約する事で、買取価格が下がるものの継続して売電できます。また、電力会社による仮想蓄電するという新サービスも始まりました。
・買取期間満了に合わせて急いで売電契約を結ばなくても大丈夫です。売電の価格やサービスの内容をじっくり検討してから新たに売電契約する会社を選択する事が可能です。
・蓄電池を設置した場合、家庭の電気を全て賄えるわけではありません。状況により電力会社から電気を買う必要が生じます。家庭の電気使用量によって状況は大きく異なります。
・現時点では、家庭用蓄電池を設置しても初期投資費用を早期回収できるケースは稀だそうです。現在のところのメリットは、自家消費率を上げる。停電時でも電気が使用できる。の2点です。

こうして注意点をまとめると、既に太陽光パネルを設置している人は、決断を慌てなくても良さそうです。太陽光パネル自体の寿命は、20年から30年と言われていますので、卒FITしても、まだ折り返し地点になります。また、今後、蓄電池の技術進歩、価格低下が進むと思いますので、太陽光発電システムを維持して、より良い使い方を考えていく事が大切だと思います。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内785-4
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/09/25

■ 第204号 ■ 家づくり雑記帖 「 太陽光発電の卒FIT その1 」

■ 第204号 ■ 家づくり雑記帖 「 太陽光発電の卒FIT その1 」

□・・───────────────2019年9月25日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
この度は、台風15号の影響で大規模停電や暴風雨で被害を受けた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。千葉県の大規模停電では病院の非常用バッテリーが空になるという重大な事態が起きる中、「太陽光発電に救われた」といった一般の方の声もあり、災害時に扇風機や携帯電話の充電ができる事の重要さが再確認されつつあるようです。今日のメルマガは、「太陽光発電の卒FIT」と題しまして、11月から始まる太陽光発電の新時代について書かせて頂きたいと思います。

再生可能エネルギーの普及を促進するため、太陽光発電パネルを設置した場合、発電した電気を電力会社が一定価格で一定期間買い取る事を国が約束しています。この制度の事を「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」といい、通称「FIT」と呼ばれています。
10kw未満の住宅用太陽光発電パネルを設置した場合、電力会社の固定価格買取期間は10年間と決まっていて、2019年11月以降に買取義務期間の10年間が終了するご家庭が出始めます。この事を「卒FIT(2019年問題)」といいます。
2019年11月以降に順次10年間が終了する家庭が増え続けるのですが、国は期間終了したご家庭に新たにFITを設ける予定は無く、卒FITをする家庭の今後の対策としては、a、発電した電気の内、余剰電気は不使用とする。b、蓄電池等に蓄電し、自家消費率を上げる。c、蓄電池の代わりに電力会社に仮想蓄電をしてもらう。d、小売電気事業者と買取契約を締結する。などがあります。

a、の余剰電力を不使用とする場合は、電力会社に0円で引き取られる事になるので勿体ない気がします。また、b、の自家消費率を上げる為に新たに蓄電池などを導入する場合、蓄電池の性能やコストの面のバランスが悪く、一番性能の良い蓄電池でも電気自動車の蓄電池と言われていますので、次期早々かも知れません。今、お勧めできるのは、c、の仮想蓄電とd、の小売電気事業者と買取契約を締結の二つです。

c、の仮想蓄電については、東京電力が既に発表しており、月額4000円で、月単位の余剰電力の内250kWhまで使用電力に充て、それを超える場合は、8.5円/kWhでの買い取りとなります。他の電力会社でも同じサービスをするかは、まだ未定のようです。d、の小売電気事業者と買取契約を締結する場合ですが、こちらも東京電力は、8.5円/kWhで買い取ると発表しています。他の電力会社も順次発表していまして、大きな電力会社の場合は東京電力より高値買取の設定をしているようです。

卒FIT後の余剰電力の買取契約は、卒FIT後に期間が空いてからでも出来ます。また、会社によっては複数年契約の場合もありますので、十分に検討してから行うことをお勧めします。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラ
からお願いします。


────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内785-4
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/08/28

■ 第203号 ■ 家づくり雑記帖 「次世代住宅ポイント」

■ 第203号 ■ 家づくり雑記帖 「次世代住宅ポイント」

□・・───────────────2019年8月28日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
予定されている消費税10パーセントへの引き上げが、およそ1か月後になりました。前回の消費税引き上げの時と同様、今回も住宅事業への影響に備えて、いくつかの制度が用意されました。今日は、その中から「次世代住宅ポイント制度」について書いてみたいと思います。

国土交通省のパンフレットによると、次世代住宅ポイント制度とは、2019年10月の消費税引き上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、税率引き上げ前後の需要変動の平準化を図るため、税率10パーセントで一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

この制度は、注文住宅の新築、新築分譲住宅の購入とリフォームが対象で、新築の場合の性能要件は、省エネルギーの対策をした住宅。劣化と維持管理の対策をした住宅。耐震又は免振の住宅。耐震性のない住宅の建替。家事負担軽減設備を設置した住宅などで、リフォームの場合は、開口部や外壁、屋根、天井、床の断熱改修。エコ設備の設置。耐震改修。バリアフリー改修。家事負担軽減設備の設置などです。

これまでの住宅エコポイントと大きく違うところは、対象住宅の性能が、環境対策としての省エネ性能の向上だけではなく、耐震性や健康長寿、子育て支援、働き方改革に資する住宅が対象で、ポイントと交換できる商品も、環境や防災、健康関連、家事負担軽減、子育て支援、地域振興に関する物となります。

取得できるポイントは、条件によって異なりますが、新築の場合は基本上限30万ポイント。
リフォームの場合も30万ポイントですが、若者子育て世代の方は最大45万ポイントになります。更に、若者子育て世代の方が既存住宅を購入してリフォームをする場合は60万ポイントが上限となります。

期間は、注文住宅の新築とリフォームの場合は、今年の4月から来年3月までに、工事の請負契約、着工し、今年の10月以降に引き渡しを受けた物件が対象となります。

今回のポイントは、工事費に充てられない制度ではありますが、交換商品の中には、冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの家電。リビング家具や寝具やカーテンなどのインテリア商品などがありますので、新しい生活が楽しみになるように思います。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
http://www.hayama-ie.jp/concept/index.html
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。
http://www.hayama-ie.jp/inquiry/index.html

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/07/31

■ 第202号 ■ 家づくり雑記帖 「木材の経年変化と劣化」

■ 第202号 ■ 家づくり雑記帖 「木材の経年変化と劣化」

□・・───────────────2019年7月31日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
梅雨が明け暑い日が続いています。気象庁の「東京における過去142年間の日別平均気温」を見ると、年々、確実に猛暑日が増えています。地球温暖化の防止には木材の利用が有効ですが、木材を大切に長く使うには地球温暖化は大敵です。ということで、今日は「木材の経年変化と劣化」について書いてみたいと思います。

木材の経年変化と言いますと、色や、硬度の変化があげられます。色の変化は、自然が作り出す風合いとして楽しまれることが多く、硬度の変化は肌触りが馴染む、味が出るなどで好かれる事があります。一方、劣化と言いますと、風化による割れや反り。カビによる汚染や菌による腐朽が挙げられ、強度や衛生面に影響をもたらします。
これらを引き起こす代表的な因子としては、太陽の紫外線や熱。雨や雪、霧や結露などの水分。カビ、藻、菌などの微生物やシロアリ、キクイムシなどの虫。その他にも、塩害、酸性雨、砂塵などがあると言われています。
実際には、これらのことが複雑に絡まって木材に影響を及ぼしています。

例えば、太陽の紫外線は木材の変色を引き起こします。一般的には、木材の中の成分が紫外線を吸収し分解していく過程で木材の表面を変色させると言われていて、色が淡くなる樹種、濃くなる樹種があります。身近な木材ではスギ、キリは始め淡くなって最終的に飴色になり、マツ系、ヒノキ、レッドシダーは徐々に飴色なると言われています。

風化は、この変色の時に分解された成分が雨によって洗い流され、また、風に含まれた砂塵などによって木材表面が削られて進みます。木材の表面が削られ荒くなることで、水分を吸収しやすくなり埃が積もりやすくなります。方位や周辺環境によって、カビや藻が生えやすくなりもします。カビは木材の強度を急激に落とすものではありませんが、衛生面で気になります。藻も直接強度を落とす訳ではありませんが、木材表面を乾きにくくすることになります。
また、カビや藻は、高温多湿な地域になれば、その数も種類も増えていきます。カビや藻以外にも、腐朽菌と言われる木を分解する菌類も発生しやすくなりますし、シロアリやキクイムシなどの虫も活発になります。ラワン材や、輸入の家具の表面に小さな穴がポツポツとあいているのはキクイムシが木を食べた後です。日本にも十数種がいるそうです。

このように、様々な因子が複雑にからみあって、木材の劣化に影響していますが、一番大きく影響をもたらすものが「平均気温」と言われ、次に「降水量」、3番目に「日射量」と言われているそうです。

日本は、木材の循環利用が可能なくらい自然環境に恵まれていることからも、藻や菌類や虫などの微生物にとっても恵まれた環境という事でもあると思います。
経年変化を楽しむのも、地球の循環と向き合っていく事だと改めて思いました。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/06/28

■ 第201号 ■ 家づくり雑記帖 「省エネルギー住宅の色々」

■ 第201号 ■ 家づくり雑記帖 「省エネルギー住宅の色々」

□・・───────────────2019年6月27日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

こんにちは、設計をしている田中です。
近年、次から次へと省エネルギー住宅の基準に関する新しい言葉が登場し、何が何だか解りづらくなって来ました。トップランナー制度、BELS、HEAT20、ZEH、認定低炭素住宅などなど。今日は、この「省エネルギー住宅の色々」を整理してみたいと思います。

現在進行形の建築の省エネ基準は平成28年度基準と呼ばれています。5年前までは、次世代省エネ基準(平成11年度基準)と言われた性能と同等程度と言われていますが、現行の基準によって、より正確に性能を確かめる事ができるように計算の仕方が変わりました。この基準は、2020年度からすべての住宅への義務化が予定されていましたが先送りになった状況です。
また、この省エネ基準とは別に誘導的基準も設けられています。これは省エネ基準より10パーセント以上一次エネルギーの使用量を削減する性能の基準です。

認定低炭素住宅はそれに当たります。低炭素住宅の認定を受けると住宅ローンの控除などの税制の優遇や補助金を受ける事が出来ます。

更に住宅の性能を高めたZEH(ゼッチと読みます)も補助金を受けることができます。ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの事で、建物の窓や断熱の性能を高くしてエネルギー効率を上げ、更に太陽光発電を設置して創エネすることで、エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。

他にBELSというものがあります。BELSは住宅の省エネルギー性能の表示制度です。BELSの手続きをすると、省エネ基準を満たしているのか?誘導的基準を満たしているのか?ZEHを取得しているのか?が一目で解ります。

最近は、HEAT20という言葉も耳にするようになりました。こちらは国の政策ではありません。
現行の省エネ基準も誘導的基準も、認定低炭素もZEHも節水や節湯、節電なども考慮に入れてエネルギーの効率性を算出するのに対して、HEAT20では、住宅の窓や断熱の性能に着目しています。そしてHEAT20にはG1とG2の性能があり、温熱環境に特化しているためG1の性能でも、ZEHの窓や断熱の性能より高く、G2は更に高性能になります。

松匠創美の事務所兼ショールームは、住宅ではないので認定低炭素やZEHの取得はできませんでしたがBELSの手続きをしました。また、温熱環境は、HEAT20のG2の性能でもあります。
この時期に来社した人は、エアコンを入れてますか?と聞いてくることもあるくらいの室内環境ですので、是非一度お越しください。

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラ
からお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

info 2019/06/14

ホームページをリニューアル中です

いつも松匠創美を訪れて下さりありがとうございます。
只今、ホームページリニューアル中です。
今しばらくお待ちくださいませ。

日々の出来事については、フェイスブックにて更新しています。
また、住まいのアイデア写真 | Houzz (ハウズ)にて、施工事例を更新しています。


「フェイスブック」「Houzz」も宜しくお願いします。

より見やすく、皆さまに私たちの思いが届くように全面見直しをしております。

mailmaga 2019/05/29

■ 第200号 ■ 家づくり雑記帖 「松匠創美の建てた家-緑ゆたかな古都の家」

■ 第200号 ■ 家づくり雑記帖 「松匠創美の建てた家-緑ゆたかな古都の家」

□・・───────────────2019年5月29日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
こんにちは、設計をしている田中です。
今日は、松匠創美の建てた家で、「緑ゆたかな古都の家」をご紹介します。
松匠創美では、初のチャレンジとなった焼杉の家のご紹介です。とんとん拍子にお話しが進んだり、敷地で困ったことがあったり、完成まで色々な事がありました。
(写真を覧いただけますhttp://www.hayama-ie.jp/example/archives/1076)

クライアントからご連絡頂いたのは2年程前です。
造成中の土地をご購入され、「土地の引き渡しを待っている段階でもご相談可能ですか」というお問合せを頂き、一緒に家づくりをする事になりました。お打ち合わせの際、毎回、葉山まで徒歩で2時間半かけてお越しになるほど、エネルギーに極力頼らず、健康的な生活をされている方でした。

敷地は、閑静な谷間に造成中の区画です。東北西の小高い山に囲まれ、山の向こう側にはそれぞれ寺院もあり、歴史を感じる緑豊かな場所でした。

クライアントのご希望は、国産無垢材の使用と瓦屋根、内部は左官仕上げの平屋建て古都の家です。

計画地は、南を除く3面が道路に面し、南面は隣地が一段下がっているので、冬でも採光が期待できる環境です。また、西側も南側隣地と同じ一段下がって駐車場用スペースになっています。

ご希望に添えるよう、よくよく平屋を検討させて頂きましたが、敷地に段差があることや風致地区の規制により道路から1.5M以内は建物の計画が不可という条件が重なり、ひと部屋だけ2階に計画させて頂き、道路から見ると平屋に見えるよう工夫しました。また、古都の家というご希望に沿う外観をと外壁に焼杉(杉板の表面を黒く炭状になるまで焼いた材)を貼るご提案をさせて頂きました。

計画が順調に進む一方で、造成工事は遅々として進まず、延期につぐ延期でヤキモキすることもありましたが、焼杉材をクライアントのご実家の敷地を借りて一緒に焼いたりしました。そうして完成した家は、クライアントらしい古都の家になりました。

家へのアプローチは北西の玄関からです。玄関を入ると高い勾配敷天井の空間で、実際の床面積より広く感じる空間になりました。目に飛び込む、遊び心ある襖紙はクライアントのアイデア。玄関ホールには来客が利用しやすいようトイレや手洗いコーナーも併設されています。
玄関から入って一つ目の部屋が客間です。こちらも高い勾配敷天井になっていて、窓には障子を納めました。障子は外部の視線を遮り、光を拡散してくれる為、天井の高い部屋に光が回りも明るくなります。

玄関から二つ目の部屋からがプライベート空間で、居間になっています。居間には、畳の小上がりと、コンパクトなキッチンがあります。キッチンの奥に脱衣室と浴室、2階の個室へは、居間から上ります。個室を2階にした事で、1階がコンパクトになり、南側の庭に、小上がりと一体的に使える広い縁側を計画する事ができるようになりました。

2階の個室からは、緑豊かな景色を見る事ができ、また、客間とは障子の開口部で、居間とは吹抜で空間的に繋がっている為、家中を空気が循環できるようになっています。

そう言えば、初めてお会いした時からトントン拍子にお話しが進みまして、松匠創美を選んで下さった理由をお聞きしていませんでしたが、エネルギーに頼らず健康的な生活をされているクライアントのご要望の「古都の家」が完成してみて、選んで下さった理由が分かった気がしてきました。

松匠創の建てた家から写真を覧いただけます。

 

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、今回がメルマガ200号になります。
新しいWEBページの準備も進めているところですが、まだまだメルマガも頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

mailmaga 2019/05/07

■ 第199号 ■ 家づくり雑記帖 「住まいの自然換気 」

■ 第199号 ■ 家づくり雑記帖 「住まいの自然換気 」

□・・───────────────2019年4月24日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

こんにちは。設計を担当している田中です。とても過ごしやすい季節になりました。窓を開けるのもとても気持ちがいいです。ということで今日は、「住まいの自然換気」について書いてみたいと思います。

家の窓を開けて空気を入れ替える時に使う言葉に「通風」と「換気」がありますが、「通風」と「換気」とでは実は目的が違います。通風は家の中に風を取り入れる事で、体温調節や室温調節、体感温度の調節が目的とされ、換気は、湿気や二酸化炭素を含んだ空気と、酸素を多く含んだ新鮮な空気を入れ替える事が目的とされています。
また、通風は、「家の風通しが良い」「風が抜ける」と表現するように、風を感じるのに対して、自然換気は風を感じる事なく、気流を発生させて家の空気を入れ替えます。気流を発生させる方法は二つあり、機械で気流を発生させて換気する方法と、自然現象を利用して気流を発生させて換気する方法です。前者を機械換気と呼び、後者を自然換気と呼びます。

松匠創美の場合は窓を利用して行う自然換気の効果が上がるようにいつも設計させて頂いておりますが、住まいながら気候や風向きを考えて換気をして頂くようにご説明しています。自然換気をうまくするコツは、空気の入口と出口を考えて窓を開け閉めする事です。
自然換気で利用する自然現象は3つあり、風圧力、温度差、ベンチュリー効果です。風圧力を利用する場合では、風上の窓前では空気は正圧、風下では負圧になるため、小さく窓を開けることでも空気が引っ張られ換気が行われます。温度差を利用する場合は、冷たい空気は下降し、温かい空気は上昇する現象を利用する為、窓の高低差をうまく利用します。煙突効果とも言われています。ベンチュリー効果は、風が越屋根や塔屋を通り抜ける際に発生する吸引作用を利用します。日本でも昔の家ではよく利用されていた手法です。

換気は、新鮮な空気と入れ替えるのが目的と先に述べましたが、住まう人だけでなく、無垢の木やその他の自然素材もまた呼吸します。人も家も健康的に長生きする為にも換気をして、気持ちよく暮らすのをお勧めします。

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ

ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.D3

info 2019/05/01

焼杉を貼った家が完成しました

57076213_2021175938011915_8133318094568292352_n
外壁に焼杉を貼った家が完成しました。

近日、完成写真をUPいたします。