【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2018 年 4 月 のアーカイブ

2018/04/20

マリア・パヘス『DUNAS』

3月末、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで

開催されましたフラメンコ界を代表するバイラオーラ、

マリア・パヘスとコンテンポラリーダンス界で活躍する

シディ・ラルビ・シェルカウイによる公演『DUNAS』を

鑑賞してきました。

2011年『MIRADA~ミラーダ~』

2013年『UTOPIA~ユートピア~』

2015年『Yo,Carmen~私が、カルメン~』

と、ご自身の舞踊団での来日だったマリア・パヘスですが、

今回は新しい試みで、コンテンポラリーダンスと

フラメンコ、ダンサーは2人のみによる作品です。

IMG_3011

写真は、本文とは全く関係なく、

少し前、お部屋を飾ってくれていたクリスマスローズです。

 

冒頭は、ふたりが布を纏い語り合うようなシーンから始まります。

マリア・パヘスは、ブラソ(腕)とマノ(手)の

使い方が特徴的なバイラオーラですし、それはとても美しく、

一気に世界へと引き込まれていきました。

IMG_3010

クリスマスローズの切り花が手に入るのは珍しいです。

 

また、シディ・ラルビ・シェルカウイは、多才で、

マリア・パヘスがソロで踊るバックに映し出される

サンドアートを描いてみせ、フラメンコとサンドアートが

自然に融合して行く姿を魅せてくれました。

IMG_3013

折角ですから下からも煽って撮ってみました。

 

2人は、対立することなく絡みあいながらも

互いに自己の存在を主張しているそんな印象を持ちました。

週末は、お天気も良く暑くなりそうな予報です。

どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/19

桜の木の将来

写真は、4月初めに撮影した桜の木です。

満開を過ぎ、葉桜へと移り変わろうとしている頃でした。

IMG_3042

2階の屋根を超すような立派な桜の木であることが、

見て取ることが出来ます。しかし、反対側へ回りますと、

同じ木なのかと不思議に思える姿を見せます。

IMG_3038

既に青々とした葉が茂り、所々に桜の花も見られますが、

パッと見、この木が桜の木であることは、

分かりにくい状態になっています。

IMG_3040

それは、この桜の木が、蔓植物によって浸食され

蔓植物に覆われた部分は、花を咲かせることが

出来ていないからなのです。

IMG_3039

根に近い部分を見ますとかなり太い蔦が、

凄い数、群生して桜の木を覆い隠しているのが分かります。

この桜の木、蔓植物とどこまで共生可能なのでしょうか。

樹高からもかなり樹齢が長い木のように見受けられますが、

この先も健全に生育できるのか、桜の木の将来が心配です。

また、安全面からも将来への不安がありますので、

専門家の意見を聞いてみたいところです。

また、何かわかりましたら、ご紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/18

カラスの巣

今日の写真は、3週間くらい前に撮影したものです。

写真中央付近の枝の上にある黒い塊が、カラスの巣です。

この頃、時折カラスが巣へ舞い降りてきては、

何やらしている様子だったのですが、何をしているかまで、

確認することはできませんでした。

最近になりまして、ひな鳥らしき姿が確認でき、

もう随分と大きく、巣立つ日も近いように見えます。

IMG_2893

日々こうしてカラスの様子を見守っているのですが、

以前負傷したカラスを動物病院へ連れて行った方に

聞いたお話では、カラスは有害鳥獣で、

動物病院で治療をすることはできないとのこと。

なぜなら、カラスの場合、収集前のごみの袋を荒らしてしまったり

農作物を食べてしまったりと人間生活に迷惑をかける存在だから。

元々は野鳥で森に住んでいたところ、

頭が良いと言われるカラスは、人里の暮らしやすさに気づき、

より便利な都市へと移り住んだに違いありません。

と言うことは、人が呼んだと言うことでもあります。

しかし、人に迷惑をかけるから有害鳥獣と呼ばれてしまう・・・。

中々切ないことだと、ひな鳥の成長を見守りながら

改めて野生生物との関係に思いを巡らせてしまいました。

最後までお読みいいただき、ありがとうございました。

2018/04/17

サンプル箱

家づくりをするにあたってのスタートは、

事務所兼モデルハウスにお越しいただき、

松匠創美の家づくりへの思いなどをお伝えしながら、

これから新しく建てる家で、ご家族の皆さんが、

どんな暮らしをしたいとお考えなのかインタビュー行います。

後日、計画敷地へ足を運び土地の空気を感じ、

敷地の法令調査等を行った上で計画案を検討し、

ベストと思われるご提案を致します。

続きは、設計契約を結ばせていただいた後、

計画案の概算見積を行い、予算と照らし合わせ

家づくりの方向性を検討します。

IMG_3064

写真のサンプル箱は、概算見積の内容をご説明する際に

ほぼ使用する基本的な材料のサンプルが入っています。

以前は段ボール箱を使っていましたが、

棟梁松田が大工さんの道具入れと同じ造り方で、

木箱を造ってくれました。

重量にも耐えられ、持ち運びがしやすい形状で、

とても使いやすくて助かっています。

それにしましても今日は葉山も冬へ戻ったかのような寒さで、

外装のお色を決めるために外で打合せをするには、

少し寒すぎたようです。

週末には初夏の陽気まで気温が上がりそうとのこと

急激な寒暖差で、体調を崩したりしないように

体調の管理を心がけたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/16

乗務員室のある家/完成写真2

今日は、2015年9月に完成しました

『乗務員室のある家』の完成写真ご紹介の2回目になります。

takafunedai_w_35a

ご紹介1回目でご案内を致しましたLDKに

隣接するように設けられたお母さまのお部屋は、

開け放てば続き間のようにして使用することができ、

開放的で広いLDKにもなります。

takafunedai_w_35b

全ての扉を閉じた場合には、しっかりと個室になり、

takafunedai_w_35d

3枚の扉は自由な位置に移動が可能ですので、

写真のようにパーテーション的に使用することもできますし、

どの位置からでも出入り出来る利点もあります。

takafunedai_w_37a

お母さまのお部屋の収納は左側にクローゼット、

右側には、固定式オープン棚を設けました。

また、天井の2本の梁は、計画では天井の中へ

隠れてしまう予定でしたが、入ってきた材が、

とてもきれいな材でしたので隠してしまうことが

残念に思えたため、下側だけでも見せることになりました。

続きは、また次回ご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/13

STARS ON ICE 2018

先週末は、横浜アリーナで行われました

STARS ON ICE 2018を観覧に行って参りました。

IMG_3052

4年に1度、オリンピックイヤーにのみ行われる

スペシャルエディションが、横浜の地で観られるとは、

なんとしあわせなことでしょう。

豪華なメンバーは、平昌オリンピックで活躍された選手の方々、

女子シングル金メダリストで何かと話題のアリーナ・ザキトワ選手、

銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手は、

脚の調子が回復していないのかジャンプはなしでしたが、

情感たっぷりの演技で魅せてくれました。

銅メダリストのケイトリン・オズモンド選手、

4位の宮原知子選手は、身に着けた表現力で

滑っているときは大きく見えました。

6位の坂本花織選手は明るいキャラクターそのものでした。

惜しくも平昌オリンピックの選考には漏れてしまった

三原舞依選手や紀平梨花選手は今後の活躍が期待されます。

他にも世界選手権で銀メダルに輝いた樋口新葉選手、

人気の高い本田真凛選手も、演技を披露されました。

ペア銀メダリストのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組は、

アクロバティックで切れのある演技にハラハラさせられました。

日本代表の須崎海羽&木原龍一ペアも精一杯の演技を

アイスダンス金メダリストの

テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイア組と

日本代表の村元哉中&クリス・リード組は、

ひときわ大きな声援でアイスダンスの人気の高さを感じました。

ペアとはまた違った、美しい滑りが魅力です。

男子シングルからは、銀メダリストの宇野昌磨選手、

銅メダリストのハビエル・フェルナンデス選手、

団体で金メダルのパトリック・チャン選手、

日本代表の田中刑事選手に加えて

解説以外にも多方面で活躍中の織田信成さんは、

相変わらずの柔らかいジャンプとなめらかな滑りでした。

そして、最後を飾ったのは、エフゲニー・プルシェンコさん

サービス精神にあふれ、魅せ方を熟知した彼の演技は、

会場にいるすべて人を魅了し、支配しているかのようでした。

綺羅星の如き滑りに、目くるめく時間でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

2018/04/12

乗務員室のある家/完成写真1

今日は、2015年9月に完成をしたにもかかわらず、

これまで完成写真のご紹介を出来ていなかった

『乗務員室のある家』のご案内を致します。

takafunedai_w_38

最初に松匠創美を訪ねて下さってから何年間か

音沙汰なく、どうすることにされたのかなぁと

時折、頭を過ぎるようなこともなくなったある日、

A4の用紙に2枚分程のご要望がつづられたメールを

頂きまして、再びお会いし、家づくりがスタート致しました。

ご連絡をいただくまでにお時間がかかったのは、

当時、中古の家を購入されて、建て替えたいとお考えで、

ご相談に来て下さったようなのですが、

気が付くと月日が過ぎていたとのこと。

しかし、建て替えをされる前にそこに住まわれたことで、

敷地条件の良し悪しを把握されていて、

四季の日差しの具合や強風時の状況などなど、

家づくりをする上でいろいろと参考になり、

良かったのではと思いました。

takafunedai_w_35a

1階には、LDKと同居されるご主人のお母様のお部屋、

そして、トイレ、洗面脱衣室、浴室などの水廻りがあります。

takafunedai_w_50

玄関の隣にあるパントリーの勝手口は、

お庭の家庭菜園で採れた野菜をリビングを通らずに

キッチンへ持ち込めるような動線と、

スープが冷めない距離にお住いの奥様のお母様が、

差し入れに来て下さった際にも

利用しやすいように設けられています。

最近では対面式にされることが多いキッチンですが、

こちらは孤独にならないけれども見え過ぎないような配置に、

腰壁でゆるく仕切り、明るさも確保しています。

続きはまた、次回ご紹介したいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/11

旬の味

今日は旬の食材のお話です。

まずは先週末、松田が掘って来てくれた筍です。

ここ数年、毎年この時期になりますとお声が掛かり、

筍堀りのお手伝いに駆り出されておりまして、

お裾分けでいただいて来たものです。

IMG_3049

贅沢に筍三昧、させていただきました。

美味しいものは、ヒトを幸せにしてくれます。

IMG_8867

次は写真が分かりにくくて恐縮なのですが、若芽です。

葉山の若い女性漁師さんが採ったものです。

若い女性一人で漁を行っているとのことで、

応援したい気持ちもあり、時折、購入しています。

潮の香たっぷり、大好きな炒め物にしていただきました。

 

最後は、千葉家の愛犬チョビのこと。

37896

今日の朝、恐らく心筋梗塞で大量に吐血し、獣医さんへ。

少し前からお腹に溜まっていた腹水を1リットル以上抜き、

胸水も溜まっているため、現在はお家で点滴をし、

安静にしているそうですが、元気も食欲もなく、

グッタリとしているとのこと。かなり危険な状態のようです。

わが家の先代犬も腹水に苦しみましたので他人事とは思えず、

苦しんでいるチョビが少しでも楽になりますよう

心の中でそっと、祈っていただければ幸いです。

 

ありがとうございました。

 

2018/04/10

空之助、春の近況

此のところ、夏のような陽気の日や

強風が吹き荒れる日、北風で非常に寒い日などなど

春らしい安定しないお天気が続いていますが、

既に暑そうにしている空之助の近況をご紹介いたします。

IMG_3043

お昼休みのひと時。田中さんとまったり中です。

私とは決して添い寝をしてくれない空之助ですが、

田中とはこんなことも可能です。

IMG_3062

こちらは今日の空之助です。

いいお天気ですが、ヒンヤリとした空気の中、

気持ちよさそうに寛いでいました。

IMG_2794

悪さをして、ヒトの気を引き、遊んでもらおうと

企んだにもかかわらず、みんな忙しくて放置され、

ふて寝をしていたところを見つかり、

何か問題でも?とでも言いたげな空之助です。

IMG_2895

最後は夜、布団を敷き始めるとその上に乗って

邪魔をする空之助です。

シーツをかぶせても全く動こうともしません。

仕方なく、少々遊んで、布団を明け渡してもらいます。

あの手この手の遊んでほしいアピールがかわいくて、

もっと遊んであげないとと反省する飼い主でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/09

ダイヤモンド富士とお誕生日

昨日は、葉山辺りの海岸からダイヤモンド富士が

見られると聞いていましたので、

打合せの後、森戸海岸へ向かいましたが、時すでに遅し

オレンジ色をバックに富士山のシルエットが

きれいに浮かび上がっている姿が見えただけでした。

IMG_3057

それでも大学のヨット部の学生さんたちが、

続々と駆けつけてきて、感嘆の声を上げていました。

それくらい、実際はとってもきれいな夕景でした。

IMG_3045

次の写真、先週の金曜日は棟梁松田の誕生日でした。

いつものようにケーキでお祝いをしたのですが、

今年は、2月から新戦力として加わってくれた

一級建築士の近藤が、図らずも松田と同じ誕生日

と言うことで、一緒にお祝いを致しました。

ケーキは、フリューリングさんのガトーショコラに

お誕生日仕様のデコレーションをして頂きました。

しっとり濃厚ですが、甘すぎず、美味でした。

お二人には、いい仕事をして、

良き一年にして貰えたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。