【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2017 年 6 月 のアーカイブ

2017/06/30

ヒメヒオウギズイセン

写真は  昨日、地盤調査を行っておりました敷地に

咲いていたヒメヒオウギズイセン。

この時期、散歩をしているときれいな朱色の花を

ときどき見かけ、気になっている花でした。

IMG_1360

そこで調べてみました。

別名、クロコスミア、モントブレチアとも言われ、

南アフリカ原産で、古くから栽培され

親しまれている花だと判りました。

日本へは明治の中頃導入され、現在では野生状態で

各地で見られるようになっているようです。

IMG_9882

余りにきれいだったので、

少しだけ、お裾分けしていただいてきました。

舞うように咲く花は、お部屋の雰囲気をパッと明るく

華やいだ雰囲気にしてくれています。

今日で今年も半分が過ぎ、明日からは後半が始まります。

後半のスタートする週末、よい週末をお過ごし下さい。

2017/06/29

地盤調査の立会い

今日は朝から地盤調査の立ち会いでした。

梅雨の最中、雨に見舞われず良かったです。

しかし、すっかり雑草たちが育っていたため、

長袖シャツ着用でしたが、何か所も蚊に刺され、

やや集中力を欠く時間帯があり、大変でした。

IMG_1382

それでも、地盤調査への立ち会いは大切にしています。

スウェーデン式サウンディング試験の場合には特に

結果の数字からだけでは読み取る事が出来ないことも

調査に立ち会い、調査員さんにお話を伺いながら、

その様子を観察することで知ることが多くあります。

IMG_1373

特に今日もそうでしたが、判断に悩むような場合、

ここで話したことが最終的な決断の参考になります。

さて、今回はどんな結論になるのでしょうか。

IMG_1364

冒頭の草むらで調査員さんが見つけた、大きなカタツムリです。

梅雨らしい光景ですが、久しぶりに見かけた気がします。

IMG_9873

頑張って移動中のようでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/28

高台に建つ三世代同居の家/完成写真7

今日は、昨年末に完成をしました

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介、7回目です。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

5回目にリビングをご紹介した際の写真、

中央やや左に見えます白い固まりは収納になって居ります。

17_02_01 hirasaku-2 w_70

この収納を設けたことで、大空間リビングに

ちょっとしたグロッタのような囲まれたスペースが生まれ、

解放感一辺倒になってしまいそうな大空間リビングに

いいアクセントが出来ました。

17_02_01 hirasaku-2 w_77

また、反対側にも少しだけ廊下が出来、

この廊下側に収納の扉を設けていますので、

開け閉めをする際にもリビング側から見え難くなっています。

17_02_01 hirasaku-2 w_75B

収納は、お布団などの大きなものも入れられるように

全開するようになっています。

17_02_01 hirasaku-2 w_71

上部に設けられたハイサイド窓によって

廊下部分が暗くならないよう北側の安定した光を採り込み、

収納の中が見え易いような配置にしています。

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介、7回目

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/27

最近の花たち

今日は、最近の花たちをご紹介させて下さい。

既にご紹介済みの芍薬ですが、

今年最初の芍薬は、定番のフューシャピンクでした。

IMG_9435

さすが中国原産なだけあって、

これだけで、シノワズリな雰囲気が醸し出されます。

IMG_9496

2色目は、こちらも既にご紹介をしている白の芍薬。

純白とオフホワイトとがあり、純白の若く無垢な感じと

オフホワイトのアンティークな味のある雰囲気が

それぞれ、とてもいい感じでした。

IMG_9577

3色目は、うっすらとピンク色の芍薬。

花びら1枚1枚に表情があり、乙女のような美しさです。

IMG_9578

すっかり芍薬三昧で楽しみました後は、

最近いろいろなカラーを見かけるようになった

アリストロメリアです。

これから暑くなる季節には、花保ちが良いので、

度々登場し、部屋を彩ってくれます。

IMG_9319

茜色のアリストロメリアは、

緑とのコントラスト具合が好きです。

IMG_9742

最後は、現在生けているトルコキキョウです。

トルコキキョウも花保ちが良いお花の一つです。

最近では、花びらの先端がフリル状だったり、

八重咲きでバラのように見えるものも増えていますが、

スッキリとシンプルな花もしっとりとしたこの季節には素敵です。

IMG_0672

おまけ:ハイビスカスが今年も咲き始めました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/26

東伊豆まで実測調査へ

昨日は東伊豆まで日帰りで実測調査に行って来ました。

古い保養所を終の棲家へとリフォームの予定で、

少し前から解体作業が進められていたのですが、

いよいよ木軸組が見えるようになり調査して来ました。

IMG_1068

今回の建物の場合もそうですが、古い建物などでは

詳しい図面が無い場合が多く、実測調査を行い、

実際の建物を採寸し、木材の樹種や軸組みの組み方など、

作図に必要な情報を記録します。

IMG_1004

昨日は雨模様でしたので、比較的落ち着いていましたが、

室内は物凄く空気が悪く、マスクが無ければ

部屋へは踏み入れなかったのではないかと思います。

IMG_1084

解体された木材やガラなど素材別に積み上げられています。

IMG_1114

残った柱を1本1本確認しながら、必要な柱か

撤去しても問題のない柱か判断しています。

IMG_1330

視界の先には海が望める立地で、素晴らしい眺めです。

この景観を生かした空間になるように

秋の完成を目指して、計画を進めたいと思います。

IMG_9867

生憎のお天気が幸いし、渋滞に悩まされることもなく、

帰りはとってもスムースに戻って来ることが出来ました。

東伊豆まで日帰り、往復の運転してくれた田中さん、

1日、お疲れ様でした。

そして最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/23

趣味を楽しむ家族の家/その後

今日は、2012年に完成をしました

『趣味を楽しむ家族の家』へ、アフター工事で行って来ました。

IMG_9777

実は、周辺環境に変化があり、ウッドデッキの手摺を

これまでよりも少し高くすることにしました。

IMG_9781

シルバーグレーの部分が新築時からの手摺で、

ブラウンに見えるのが今回継ぎ足した部分です。

IMG_0957

リビング側から見ると少し囲われた感じになりましたが、

程良く、緑とのバランスもとてもいい感じです。

IMG_0960

リビングのカラマツの床材も飴色の色づき、

すっかりと馴染んでいました。

IMG_0985

東日本大震災の翌年完成と言うこともありまして、

電気利用に対して見直しが行われた頃で、

これまでの5年間は、子供部屋に

エアコンを入れずに過ごされて来られました。

しかし、お子さん達の成長と年々猛暑と化す夏へ備え、

エアコンが取付けられるようにと電気工事も行いました。

IMG_0990

エアコンはまだ取付けていないのですが、

暑くなる前に準備が整い、ホッとしました。

今日のように晴れると暑く、雨の日は寒い日々で

体調を崩されている方も多いようです。

どうかご自愛の上、良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/22

ハナちゃんの家/立上りコンクリート打設

今朝は、おかげ様で予定通りに『ハナちゃんの家』

基礎の立ち上がりコンクリートの打設を行いました。

IMG_9752

梅雨の最中、2度のコンクリート打設が予定通りに行えたことは、

とても恵まれていたなぁ~と安堵しております。

IMG_9776

基礎工事などのコンクリートの施工の際には、

プラントから生コン車で運ばれてきたコンクリートを

ポンプ車を使って圧送し、型枠内に打ち込みます。

そのポンプ車のブームを折り畳む時、近隣家屋の屋根や

電線にぶつからないように動かしている様子は、

いつ見てもハラハラするものです。

IMG_9768

今回も上空に沢山の電線が走っていて

作業中はずっと見守っておりましたが、

流石に上手に操るものだと、感心してしまいました。

IMG_9769

ポンプ車のブームの中にコンクリートが残った場合には、

生コン車へ再度移動し、プラントへ戻します。

IMG_9775

以前は戻すことが出来ずに処分に困っていましたので、

最近は、改善され良くなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/21

高台に建つ三世代同居の家/完成写真6

今日は予報通り、1日警戒が必要な荒れた天気で、

ロフトの窓を1箇所、閉め忘れていたため、

気が付いた時には、水浸しになっていました。

警戒を怠り、失敗をしました。今後は気を付けようと思います。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

さて、「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介は、

今回で6回目となります。

17_02_01 hirasaku-2 w_61A-tile

前回は、リビングをグルッとご紹介しましたが、

今回は、キッチン以外の水廻りをご紹介いたします。

17_02_01 hirasaku-2 w_60

洗面化粧台とミラーとキャビネットは、

LIXIL製で組み合わせ式のタイプです。

そのため、キャビネットと化粧台の間の壁面に

パネルなどの付属部材がないため、

この部分の壁の仕上が漆喰では、

将来的な水はねによる汚れが心配とのことで、

床材と同じチェリー材を貼っています。

木材は、乾きやすいところで使っていただくと

少々の水には強いので、扱いやすくてお勧めです。

お隣の浴室は、タカラスタンダード製の

1坪タイプのシステムバスです。

17_02_01 hirasaku-2 w_78

トイレは、洗面脱衣室とは独立しているので、

タンクに付いた手洗いではなく、別に手洗器を設けました。

便器と手洗器は、洗面化粧台と同じ、LIXIL製です。

次回は、個室のご紹介をいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/20

ハナちゃんの家/中間検査

今日は朝からお天気にも恵まれ、現場へと向かいました。

先ずは、基礎の配筋検査です。

IMG_0840

基礎伏図と基礎断面図を照らし合わせながら

配筋が正しく組まれているか、確認します。

今回は1箇所、正しく配筋されていない箇所を発見したので、

立ち会ってくれていた職人さん達にお願いし、

配筋の手直しをしてもらいました。

IMG_0837

パーフェクトに組まれていればもちろん嬉しいのですが、

今回のように間違いを適切に修正が出来た時も

検査した甲斐があるような気がして、

それはそれで、嬉しい気持ちになるものです。

IMG_0848

そうこうして居りますと、中間検査の検査員さんが

11時予約でしたが、9時45分にはやってきました。

配筋などを確認いただき、無事完了です。

IMG_0866

午後からは、耐圧盤コンクリートの打設です。

前面道路が一方通行の上、4mに満たないため、

車を前面道路へ横づけすることが出来ず、

1件先に借りた駐車場からポンプ車で圧送します。

IMG_9628

午後一番に打ち始めたのですが、

プラントが遠く、配送に時間が掛かることもあり、

次の生コン車の到着をヤキモキしながら待ちます。

IMG_9634

打ち継ぎ時間が確認できるように時間を写真に残します。

IMG_9631

職人さんは生コン車を待つ間に均し作業をしています。

道が狭く、小さい生コン車しか入れないため、

小運搬で16時過ぎまでかかりましたが、

無事、打ち終えることが出来ました。

IMG_9656

ただ、この後も抑え作業が夜まで続きます。

今日が1年で2番目に昼が長い日で、良かったです。

今日1日で、だいぶ日に焼けました。

IMG_9736

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/19

高台に建つ三世代同居の家/ご見学

今日は、田中家が差し入れしてくれたスイカを

皆でおやつにいただきました。

私にとりましての今年、初のスイカは、

甘味がたっぷりあって、とても美味しかったです。

九州のスイカとのこと、ごちそうさまでした。

IMG_9611

さて、昨日は家づくりをご検討中のご家族を

『高台に建つ三世代同居の家』へご案内しました。

16_12_29 hirasaku_11

2世帯住宅でお考えとのことで、

親世帯、子世帯それぞれの造りの違いや

松匠創美の家づくりの考え方を体感していただき、

昨年末から住み始めて、およそ半年の

住まい心地なども直接聞いていただくことが出来ました。

17_02_01 hirasaku-2 w_63

ご見学にお越し下さったご家族の皆様には、

写真で見るよりも広く感じたとの声もいただき、

素敵な暮らしぶりを公開下さった

『高台に建つ三世代同居の家』のご家族の皆様には、

感謝申し上げます。

貴重な日曜日にお時間を取って下さった両家の皆様

ありがとうございました。

明日は、コンクリートの打設です。

週中くらいからは本格的に梅雨突入とのこと、

その前に間に合いそうで良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。