【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2017 年 2 月 のアーカイブ

2017/02/28

3層吹抜けのある家/完成写真4

今日も昨年の秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』のご紹介をいたします。

16_11_12_horiuchi_web_049

昨日までご紹介をして参りました3階から

吹抜けに面した階段を2階へと下りて来ますと

東側にキッチンとダイニングがございます。

16_11_12_horiuchi_web_036

キッチンはアイランド型で、大きなL型のシンクが特長です。

これは、既に結婚して独立をされている

2人の息子さんご夫妻が、遊びに来られた際に

皆さんでキッチンを囲めるようにと選ばれました。

16_11_12_horiuchi_web_043

吹抜けを挟んだ西側は、リビングスペースです。

リビングの一部には、畳コーナーもあります。

16_11_12_horiuchi_web_042

こちらは日常、お母様が寛がれたり、

息子さんたちご夫妻が遊びに来られた折には、

雑魚寝することも出来るようにと

大きなソファのイメージで

少し高さのある、小上がりにしました。

16_11_12_horiuchi_web_040

そこに生まれた空間に、布団を納めようと、

大きな引出し式の収納を製作致しました。

2階のご紹介はもう少し続きます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/27

3層吹抜けのある家/完成写真3

今日は、昨年の秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』のご紹介です。

少し時間が空いてしまいましたので、おさらいから

完成写真1では、3層の吹抜けについて、

完成写真2では、3階の2つの個室についてを

ご案内して参りました。そして、3回目の今回は、

3階のまだご紹介していなかった部分についてです。

06

3階の床には、屋久島の地杉を貼っています。

貼る前と完成時には桐の油をクライアントご夫妻に

塗っていただきました。

*貼る前に塗った時の様子は、こちらでご紹介しています。

その時、節のある材に交じって無節の材があることに

気付かれたご夫妻が、塗りながら選別して下さり、

廊下部分は無節の材で揃えることが出来ました。

00

個室の床は、スギの節有り赤味材で個性的な表情に、

05

一方の廊下部分は、無節で優しい表情になりました。

02

3階にはもう一部屋、納戸があり、ここには、

お手持ちの材料を利用して、棚を造作しています。

01

窓下のカウンターには、

今では貴重な材となった無垢のラワン材を利用し、

その両サイドには、

クライアントさんのお母様とおばあ様、それぞれが

嫁入りの時に持ってきた洗い張りの板を利用しています。

脚の部分にその名残が見られます。

16_11_12_horiuchi_web_006

また、収納の引き違い戸も60年近く前のもので、

無垢材のしっかりとした造りですので、

戸のサイズに合わせて収納の大きさを調整しました。

これから更にもう60年活躍してくれる事に期待です。

次回は2階をご紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/24

ハナちゃん、初めまして。

昨日は、春三番の強風が吹き荒れて、

暖かかった葉山ですが、

今日は再び、寒~い一日になりました。

そのためでしょうか、午後から銀行と郵便局へ行きましたが、

人影も少なく、待つことなく用が済みました。

IMG_8576

少し前の日曜日のことです。

現在、新築計画を進めているご家族の愛犬

ハナちゃんが一緒に打ち合わせに来てくれました。

空之助と初対面です。

IMG_8792

若い女の子にすっかり我を忘れ

猛烈アプローチをしてしまいまして、

すっかりハナちゃんを怯えさせた空之助。

IMG_8793

その後も玄関の外で待つハナちゃんに

会いたくて・・・会いたくて・・・

打合せの間中、玄関に伏せ、

鼻をピーピー鳴らしていましたが、思いはかなわず・・・

IMG_8799

前回の打ち合わせには同行しなかったハナちゃんですが、

ご主人からハナちゃんの匂いがするらしく、

入念にチェックする空之助。

もう少し、本能の赴くままではなく、

自制が効くと良かったのですが、

今後もハナちゃんと会うことは、ちょっと難しそうな

空之助でした。

2月も最後の週末です。良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/23

2017年 味噌仕込み-おまけ

毎年、味噌の仕込みを行う日の空之助は、

大豆を煮始めてから煮え上がり、つぶす工程まで、

一緒に参加させてもらっています。

IMG_8633

今年は、大型犬の空之助を恐れることなく、

子供たちがたくさん遊んでくれました。

IMG_8632

この大きさの違いを物ともせず、果敢にスキンシップ。

IMG_8636

皆に囲まれ、撫でられ、至福の時間です。

IMG_8654

一転、皆が急に動き出したため、

逃げ出すべきか、様子を見ながら思案中。

IMG_8661

掃除に片付けに大活躍の合間には、

空之助とも遊んでくれていました。

IMG_8731

午後はずっと、隔離されていて寂しかったのか、

皆さんを見送った後、田中に甘える空之助でした。

空之助くんも1日、お疲れ様でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/22

マンションリフォーム/仕上工事

年明けから始まりましたマンションリフォーム工事、

徐々に仕上げの段階に入って来ました。

IMG_8582

大工による壁の板張りが終わりまして、

今日は、天井の塗装工事が行われていました。

IMG_8584

今回、各個室の壁は、クライアントご家族の

皆さんで琉球漆喰を自主施工することになっています。

そこで、プロでも塗るのが大変な天井は、

塗装で仕上げることにしました。

IMG_8580

昨日、下地処理を施した上に、先ずは下塗りをします。

IMG_8586

その後、更に仕上げ塗をして完了です。

天井が仕上がり、室内が明るくなりました。

明日からは、個室以外の部分を仕上げるために

左官職人さんが入ります。

その様子は、またご報告できればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/21

2017年 味噌仕込み-4

今日は、少し間が空いてしまいましたが、

2月11日(土)に行いました味噌づくりの話です。

前回の休憩後は、半分取り分けて置いた大豆に

残りの麹と塩を混ぜていくところから再開です。

DSC_6270

子供たちも参加して、皆で混ぜています。

DSC_6294

混ぜ終えましたら、お団子を作っては投げ、

作っては投げの繰り返しです。

DSC_6321

この時も子供たちが大活躍で投げてくれました。

IMG_8679

時には、投げたお団子が樽に収まらず、

惨事になることもありますが、ご愛敬です。

DSC_6306

大人も子供も一緒になって投げ入れます。

IMG_8678

この日は、前日に引き続き夕方に小雪が舞いました。

DSC_6296

1年ぶりのお子さんの成長ぶりには、驚かされます。

今年は作業の段取りを覚えて

しっかり田中のサポートをしてくれました。

DSC_6263-tile

こちらも働き者のお父さん同様にお掃除に洗い物にと

沢山手伝ってくれました。

IMG_8726

子供たちの活躍もあって、今年は例年よりも

少しだけ早く、全工程を終えることが出来ました。

参加下さった皆様お疲れ様でした。

9月まで楽しみに発酵を待ちましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/20

春二番の日

今日の葉山は、春二番と言えそうな強風が

1日中、吹き荒れていました。

IMG_8562

荒波の様子を写真に撮ろうと移動中に車を停めて

外へ出てみたのですが、強風に煽られしまい、

冷静にタイミングを見計らってシャッターを押すことが

出来ず、良くわからない写真で、すみません。

普段あまり見ることにできない荒れた海でした。

IMG_8558

そんな強風が吹く中、向かった先は、

昨年末まで母がお世話になっていた施設です。

中々片付けに行けず、既に2か月近くも放置した状態で、

施設長のお言葉に甘えていたのですが、

本日、やっと片付けに行って来ました。

IMG_8531

ほとんど寝たきりだったため、生活用品はあまりなく、

衣類があるくらいで大物は車いすの2台くらいです。

IMG_8542

これらの車いす、最初は施設に入所して間もなく、

座るタイプの一般的な車いすが必要で用意しました。

その後、容体が変化し、横になれる車いすに

乗り換える必要ができ、用意しました。

これら2台の車いすは、持ち帰っても途方に暮れるので、

施設長にご相談すると、

施設で利用してくださると言う事でしたので、

オムツなどの消耗品と共に

そのまま、置いて行かせてもらうことにしました。

片付け終わった部屋を見渡し

母は本当にもう居ないんだなぁと改めて思い知りました。

最後の写真は、母の部屋から見える景色です。

IMG_8543

施設長をはじめお世話下さった皆様、

本当にありがとうございました。

最後までお読みくださった皆様もありがとうございました。

2017/02/17

平成28年度 建築士定期講習会

今日は朝から、神奈川県民ホールへ。

とは言いましても大ホールではなく、大会議室で

建築士定期講習会を受講してきました。

IMG_8885

建築士には設計及び工事監理の業務独占権限が

付与されておりまして、その業務に従事するに足る

十分な知識及び技能を有している必要が求められます。

しかしながら、近年の建築技術の高度化に伴い、

建築物の高層化、大規模化、複雑化等が進展し、

建築基準法令の改正等も頻繁に行われるなど、

常にその知識を更新する事が難しくなっております。

そこで、平成18年の建築士法改正により、

建築士事務所に所属する建築士は、原則3年ごとに

定期的に講習を受けるよう定められました。

IMG_8887

と言うことで義務化以降平成22年、平成25年につづいて、

平成28年の今回が3回目の定期講習会でした。

10時半から18時半までたっぷり8時間、

225ページのテキストを一気に読みます。

最後の1時間は、考査を受けまして、

合格する必要もあります。

今日は、70名ほどの建築士が参加しており、

会場は一杯になっていました。

講師の方も受講された方も皆さまお疲れ様でした。

今日は暖かい一日でしたが、週末はまた寒くなるそうです。

どうぞ暖かくしてお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/16

2017年 味噌仕込み-3

連日ですが、今日も先日行いました味噌づくりのお話です。

DSC_6253

みんなでつぶした大豆に麹と塩を混ぜ合わせましたら、

また、ケースに均し、各家庭の分に分割します。

DSC_6261

一家庭ごとにハンバーグをつくるときの要領で

空気を抜きながら投げやすい大きさにお団子を作ります。

DSC_6269

お団子が完成しましたら、団子と団子の間に

空気が入らないように樽に投げ入れていきます。

すべてが樽に収まりましたら、表面を均します。

DSC_6271

水平且つ平滑になりましたら封をするように

ホワイトリカーを注ぎ入れます。

DSC_6283

更にその上に空気が入らないようにラップを被せ、

重石に塩を敷き詰めます。

DSC_6286

あとは、蓋をして新聞紙で包み

移動しやすいようにひもで結びます。

DSC_6288

ここで半分を終えましたので、休憩です。

DSC_6273

差し入れのチョコレートや霧笛楼のお菓子で

甘いものを摂って後半戦に備えます。

あと残り半分の味噌づくりのお話は、もう少し続きます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/15

2017年味噌仕込み-2

引き続き今日も、今年の味噌づくりのお話です。

午後は、昼食の間に少し冷めた大豆を

つぶすところから再開です。

DSC_6216

毎年、私は配給係で潰すことなく、

皆さんに辛い中腰の姿勢で頑張っていただいています。

IMG_8637

参加の皆さんへ配給が生き渡った頃、

これまでのまったりしたムードとは一転したため、

IMG_8654

非難を開始する空之助です。

DSC_6218

しっかりと潰れた方は、

袋から大豆を取り出しケースへ移します。

DSC_6217

これを何度か繰り返すとこんな感じになります。

この時点では、決しておいしそうには見えません。

DSC_6223

これらすべての大豆を潰し終えましたら半分に分けるため、

均等になるように均していきます。

IMG_8660

概ね平らになりましたら、半分に分割します。

DSC_6239

ケースに空きスペースが出来たところへ、

麹と塩を加えて混ぜ合わせて行きます。

DSC_6241

最近では、手作り味噌をつくられる方も増えていて、

昨年も参加下さった方が、出来上がった手前味噌を

お友達に食べていただいた際に、そのお友達が

お一人で作られたお味噌の味とは

「なんか、ちょっと違う」と言われたそうです。

DSC_6247

たくさんの皆さんの手が入ることや

菌は生きていると言いますので、楽しい会話を聞くことで

美味しいお味噌になるのではないかと、話していました。

DSC_6253

味噌づくりのお話は、もう少し続きます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。