【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2016 年 10 月 のアーカイブ

2016/10/31

高台に建つ三世代同居の家/スイッチ・コンセント

昨日は「高台に建つ三世代同居の家」の

電気の配線が終わったところで、

実際に現地にて、動きながらスイッチとコンセントの

位置を確認していただきました。

IMG_5223

平面上でしか見る事が出来なかった照明が、

実際にはどの位置に取り付けられ、

どこのスイッチで点灯するのかをシミュレーションしながら、

確認していきます。

IMG_5227

先ずは、1階の親世帯から、照明だけでなく、

コンセントの位置も目的によって取付ける位置が適切か

また、合わせて電話やテレビについても確認していきます。

IMG_5232

続いて、2階の子世帯も同様に確認していきます。

写真は、シーリングファンの取付位置を微調整中です。

最初は元気に現場を走り回っていた息子さんも

この頃には疲れて眠りに就いてくれたので、

お母さんも打合せに集中でき、とってもよい子でした。

電線が隠れてしまう前にご要望を確認する事が出来て

良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/28

3層吹抜けのある家/完了検査

今日は、朝から3層吹抜けのある家の完了検査でした。

10時半の予定でしたが、検査員さんが早めに来ることを想定し

10時には現場へ到着していようと出掛けたのですが、

到着すると既にエレベーターの検査は終わっていました。

到着早々、合格をいただきました。

IMG_5195

気を取り直して、建物の検査です。

写真は非常用進入口の確認をしているところです。

3階建ての場合には3階の道路に面した窓を

非常時に消防隊員が侵入することを想定し、

定められた大きさの窓を設けておく必要があるためです。

IMG_5200

おかげ様で無事、指摘事項もなく検査は終了しました。

午後からは、リフォームの現場へ行きまして、

床のレベルを確認し、今後の方針を決めました。

IMG_5203

リフォーム工事の場合、比較的新しい建物の場合には、

いろいろな造り方をしていて、その意図を読み解くことが

難しいことが多く、今回も謎の部分がありました。

まだまだ、学ぶべきことが山積みであると感じます。

寒さが深まる10月最後の週末、

どうぞ体調を崩したりしませぬよう、お過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/27

3層吹抜けのある家/手摺

今日は朝から「3層吹抜けのある家」で、

外構工事の打ち合わせでした。

ブロックを積んでくれる職人さんと

土間を打ち、石張りをしてくれる職人さんと

給排水の配管をしてくれる職人さんと

それぞれ絡みがありますので、すり合わせをしました。

IMG_5162

外構の先行して工事を進めていた木製バルコニーは、

ほぼ、床が貼り終わるところでした。

IMG_7056

建物をL 型に囲むように木製バルコニーがあることで、

内部の吹抜けをぐるっと回遊できるようになっています。

IMG_7057

その内部の3層吹抜けには、アイアンの手摺がつきました。

IMG_5169

吹抜けに設けられていた足場が撤去され、スッキリしました。

IMG_5170

キャットウォークにうずくまる職人さんは、

塗装のタッチアップをしてくれているところです。

明日は、朝からいろいろの検査があります。

もう一息、よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/26

リフォーム工事/給排水配管

昨日は、現在工事中のリフォームの現場へ

給排水設備配管の打ち合わせに行ってきました。

IMG_5125

電気設備配線を先週中に終え、

ガス設備配管につきましても

今週月曜日に打ち合わせをしまして、

既に配管工事が終わっていました。

今回は、給湯式の床暖房のための配管があり、

熱源機から沢山の配管が出ています。

IMG_5124

リフォーム工事の場合には、これらの配管を

既存の基礎に穴をあけることなく通せるように

ルートを確保する必要があります。

IMG_5127

それは、給排水の配管につきましても同様で、

なるべく既存部分を温存しながら工事を進める方法を

検討しています。

1時間程の打ち合わせの間、

1階の床下部分の配管につきましては、

原則、既存配管を撤去して、新設することもあり、

テンポよく方針が決まりましたが、

2階の排水管をどのように処理することが最善か、

結局、最後まで頭を悩ませることになりました。

IMG_5145

そのため2枚の写真の間には、

約1時間の時間の経過があるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/25

3層吹抜けのある家/引き込み工事

秋の長雨によって、ずっと延び延びになっておりました、

3層吹抜けのある家の上下水道引き込み工事が

昨日と今日の2日間に渡って、行われました。

IMG_7002

午後一番で、現場へと様子を確認に行きますと、

前面道路へ重機を据え、昨日既にカッターを入れた道路の

アスファルトが剝がされ、掘削をしているところでした。

IMG_7028

しばしの間、建物内で器具付に来ている電気屋さんと

打ち合わせをして出てきてみますと、掘削を終え、

ちょうど水道の止水栓を据えているところでした。

IMG_7035

上水道の本管の上には、次に掘削する方が間違って、

水道管を破壊してしまうようなことがないように

ブルーのシートを目印になるように敷いて埋戻をするそうです。

もしもの事が合ってはいけませんので、大切なことです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/24

3層吹抜けのある家/埋め木

週末は、3層吹抜けのある家の

クライアントさんとの打ち合わせでした。

いよいよ完成間近に迫ってきましたので、

事前にイメージしにくかった外構について

現地で確認をいたしました。

IMG_5068

その際、内部の壁が仕上がっておりましたので、

仕上がり具合も見ていただきました。

IMG_5032

そして、今日は、造作家具が運び込まれ、

照明器具の取付を行い、夕方には、

点灯確認も無事、終える事が出来ました。

IMG_5031

棟梁松田も細部の仕上げに入りました。

梁と梁を固定するための緊結金物を隠すための

埋め木は、杢目を45度回転させ、アクセントにしています。

IMG_5063

いよいよ追い込みの今週は、お天気が続いてくれますよに

祈る気持ちでいっぱいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/21

3層吹抜けのある家/壁仕上げ

今月中に建物が完成予定の3層吹抜けのある家です。

工期の後半に1ヶ月近く雨が降り続いたことで、

中々足場を外す事が出来ずにいたのですが、

ここへ来てお天気に恵まれ、無事足場が外れました。

IMG_6992

外部では木製バルコニーの工事が始まっています。

IMG_6993

内部では壁の仕上げ塗装が行われています。

最初に石こうボードの継ぎ目やビスの頭などを

パテによって埋め表面が平滑になるように処理したところに

下塗り材を塗布し、その上に上塗り材を2回重ねます。

一般的な塗料の場合には、部分補修が可能なのですが、

今回の材料は、部分補修ができないため、

中々手強いようです。

IMG_6987

今日は、ほぼ塗り終え、木部の養生を外しており、

追っかけ補修が必要な箇所を点検します。

点検は、朝の光、昼の光、夕方の光、照明の明かり、

その時間帯によって、光の角度も色も違い、

その時々で見えたり見えなかったりするため、

注意が必要です。

そして、今日は鳥取県で震度6弱の地震が観測され、

瓦が落下するなど建物への被害も出ているようで心配です。

南関東も注意が必要と言われているようですので、

週末は、災害への備えを確認しようかと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/20

アクアセラミックのデモ

10月に入ってすぐの頃でしたので、すでに2週間程前ですが、

タンクレスの便器でお馴染みのLIXILの営業さんが、

この秋から新しくなった便器のきれい機能を

デモで見せに事務所へ来てくれました。

便器好きのために仕入先の前田さんが

機会を設けてくれました。ありがとうございます。

IMG_6943

新しくなったきれい機能とは、典型的な便器の汚れ、

汚物汚れ、水垢汚れ、傷汚れ、細菌汚れの内、

従来の陶器では防ぐ事が出来なかった

汚物汚れ、水垢汚れを防ぐ事が出来るもので、

陶器表面がアクアセラミックという特殊な構造になっていて、

効果が100年続くと説明がありました。

これまでLIXILの便器には、プロガードという、

陶器の表面をコーティングすることで

汚れを付着しにくくする機能があったのですが、

この効果は15年程と言われており、

その後は、再コーティングが必要で、

その効果は5年程しかもたないとのことでした。

IMG_6944従来の便器(プロガードしていない)とアクアセラミックを

汚物を想定した油汚れの中へつけて置き、

引き上げた時の違いが上の写真です。

触らせていただきましたが、確かに全然違いました。

アクアセラミックの方は、キュキュットしているのに、

従来のものは、ヌルットしていました。

アクアセラミックの表面は水になじみやすい“超親水性”で

陶器表面に付着した汚物汚れの下に入り込み、

汚れを浮かし、水の力で流れるようにするとのことです。

この効果が100年続くとお掃除がずいぶん楽になりそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/19

地域材を知ろう!

先週末は、横浜市建築局と建築士会が主催の

地域材を知ろう!生産者から見る地域材の活用と可能性

の講習会へ参加してきました。

IMG_4915

最初にお話をされたのは、

吉岡木材株式会社の専務取締役吉岡幹敏さん。

厚木市飯山で製材業をされていて、

神奈川県産材(スギ・ヒノキ)を山から直接丸太で仕入れ、

受注生産にて寸法対応をしているそうです。

乾燥方法が天然乾燥のため、

構造材の納期は半年以上必要とのことでした。

県産材の状況についてのお話しの中で、

認証生産者の登録は開始時の15社から31社へと倍増し、

原木取扱量も2,930m3から5,280m3へと増加しており、

製材強度は、スギ・ヒノキともにJAS基準強度と同等以上の

高い強度を持つことが実験結果より分かっているそうです。

2番目にお話しされたのは、

株式会社市川屋 常務取締役 市川 寛さん。

厚木市七沢にプレカット工場を持ち、

製材する丸太の90%以上が神奈川県産材ということで、

今後は、公共事業での木材利用に対応できるように

大断面集成材の加工も出来るようにと考えているとのことでした。

3番目は、株式会社浅岡装飾 代表取締役 浅岡新二さん。

内装業を営んでおられ、

横浜市南区総合庁舎の木質化整備工事で、

神奈川県産材を活用した工事を実際に行い、

その際の経験談をお話してくれました。

写真は、実際に使用した神奈川県産材の内装材です。

最後は、NPO法人道志・森づくりネットワーク理事の

佐藤光男さんより山林所有者の立場から見た

森林資源の実態についてのお話でした。

葉山の森林もこのまま放置されると20年後、30年後には、

枯れ木だらけになってしまう恐れがあると言われています。

葉山の海のきれいな水質や澄んだ空気は、

これら森林によってもたらされているものに違いありません。

国土の7割が森林という日本が、今後、いかに

生きた森と共に暮らしついでいくのか、真剣に

取り組まなければならない時が来ているような気がします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/18

マンションリフォーム/下地の確認

お蔭様で、昨晩早めに休んだことで、

今朝には熱も下がってくれました。

そんなことで今日の午後は、

マンションリフォームのご相談をいただいている

クライアント宅へ現調に行ってきました。

ご要望を伺い、概算見積を提出した結果、

具体的にお話を進めることになりまして、

古いマンション故、図面があまり保管されていないため、

どのように内装がされているのか判らなく、

床下、天井裏、壁の中などを覗かせていただきました。

IMG_4964

事前に伺っておりましたお話では、

以前、一度床下を覗いたことがあり、

床下には、掘りごたつがつくれるくらいの空間があった

とのことでした。その場合、一般的なマンションの

造り方とは違っている可能性も考えられますので、

念のため畳室の畳をめくり、

下地合板の釘を抜いて、床下を確認してみます。

IMG_4970

クライアントさんもびっくりの、一般的な床高さでした。

もっと深いと思っておられたご夫妻は、

どうしてそんな記憶が残っていたのか・・・と

不思議がっておられました。

古い時代の木製の床組みで、しっかりとした造りでした。

IMG_4971

寸法を測り終えましたところで、合板を元へ戻し、

畳を敷き直します。

IMG_4974

壁にも穴を開けさせていただき、下地を確認しました。

外壁は、断熱材の上にGL工法でボードが貼られていました。

こちらも寸法を確認して、仮復旧させていただきました。

天井裏は、どこかを壊すことなく、浴室点検口より

脚立で確認することができました。

すべて確認ができましたので、一安心です。

これらを参考に詳細な図面を起こしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。