【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2016 年 9 月 のアーカイブ

2016/09/30

本栖湖

今日は、耐力壁ジャパンカップの話は、お休みをしまして、

耐力壁ジャパンカップ予選1日目に、

大会が午後からの開始だったにもかかわらずに

例年通りとの思い込みで、朝から出かけてしまったため、

出来た午前中の時間を利用して観光した時の話です。

IMG_6427

朝の内は時折薄日の差すお天気で、

朝霧高原を抜け、本栖湖まで足を延ばしてみることに。

IMG_6604

富士五湖で一番深く、透明度の高い本栖湖は、

30年近く前にスキューバダイビングで潜った時、

浮力のある海に潜るのとは違い、

油断すると沈んで行ってしまう怖さを体験したことが、

思い出されますが、今も透明度の高い美しい湖でした。

IMG_6609

そんなことを思い出しながら、湖の湖畔で眺めていると

ゴールデンを乗せたSUPが湖に漕ぎ出しました。

IMG_6618

何だかとってもいい子に乗っています。

空之助だったら、あっという間に飛び降りるか、

そもそも乗ってくれそうもありません。

IMG_6627

お父さんとのアイコンタクトも出来ています。

IMG_3464

漕ぎ出すとお座りをして、じっとしています。

IMG_6617

結構遠くまで行って帰ってきたところで、

お声掛けをしてみました。

IMG_6615

すると、びっくりすることに、この日が飼い主さんも

ワンちゃんもSUP初体験とのことでした。

どちらもお上手に見えましたが、

実はワンちゃんが、怖くて固まっていてくれたため、

飼い主さんは、バランスを取り易かったようでした。

IMG_3474

とってもかっこよく見えましたよ~。

今度は、一回り大きなボードをもう一つ用意して

ご夫婦とワンちゃんで揃って楽しみたいと言っていました。

羨ましいです。

9月も今日で最後、明日は10月の始まり、

どうぞ良い週末お過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/29

第19回 木造耐力壁ジャパンカップ -3

今日も今年の耐力壁ジャパンカップのお話です。

初日に組み立てを行ったもうひとチームは、

会場になっている日本建築専門学校です。

IMG_6738

(株)ポラス暮らし科学研究所による耐力壁『軌条』の

組み立てが続いている中、そのお隣で作業開始です。

IMG_6742

今年の耐力壁の名前は『歩夢(あむ)ちゃん』です。

4本の柱を貫くように通し抜きを設け、

その最上部と最下部には、無垢の松板を落とし込み、

左右には檜の板を編むように取付けてあります。

IMG_6745

固定は樫の込み栓のみで、非木材は使用していません。

日本建築専門学校では、実技を学んでいることもあり、

いつも学生さんとは思えない的確な動きをみせて、

感心させられるのですが、今回もいい動きで、

順調に完成させてしまいました。

IMG_6749

一方、高い耐力を持つ壁にすることを狙っている

『軌条』は、固定するための部材が多く使用されていて

組み立てに時間がかかります。

そこで、先に完成した『歩夢(あむ)ちゃん』から

荷力試験を行うことになりました

IMG_6758

壁単体に荷力をして、1/60ラジアンか

47.2mm倒れるところまでの耐力を測定します。

IMG_4043

グラフが急角度で上っていく壁程、初期剛性が高く、

『歩夢ちゃん』は反対のゆるい壁ということが分かりました。

予選突破は、中々厳しそうです。

耐力壁ジャパンカップの話は、もう少し続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/28

ポッキーとマッキーに会いに

今日は、久しぶりに晴れたこの間の日曜日に

長らくお待たせをしておりました棚板の納品へ

伺った際のポッキーとマッキーをご紹介します。

IMG_4225

到着して早々に猫棚に登れるようになったことを

見せてくれるかのように自ら登ってくれたマッキーです。

IMG_6833

カメラを近づけたため、警戒のポーズですが

正にみてみて~といった感じでした。

IMG_6843

リフォーム工事の打ち合わせに伺っても

当初は、余り姿を見せてくれなかったポッキーですが、

すっかり自分から近づいてきて、

こんな無防備な姿を見せてくれるようになりました。

IMG_6844

ピンクの肉球です。

IMG_4235

更に、今回納めさせていただいた家具の写真を撮る際には、

モデルさんも買って出てくれました。

IMG_4246

リフォーム後に部屋の雰囲気に合ったものをと

追加でこちらのTV台をオーダーいただきました。

IMG_6845

そんな様子を猫棚から見ていたマッキーも

モデルさんとして加わってくれました。

IMG_4239

最後は2匹一緒に仲の良い様子を撮影させてくれました。

IMG_4229

猫棚使ってくれていて、とっても嬉しかったよー。

そして、撮影のお手伝いもしてくれてありがとうでした。

また、会いに行きたいです。

最後までお読みいただき、ありがごうございました。

2016/09/27

第19回 木造耐力壁ジャパンカップ‐2

昨日に引き続き、木造耐力壁ジャパンカップについてです。

今年の参加耐力壁は、10体でしたので、

8体による決勝トーナメント進出をかけて、

1日目は2体の耐力壁による予選が行われました。

IMG_4018

レフリーの合図で組み立て開始です。

1体目は、木造耐力壁ジャパンカップの協賛企業

(株)ポラス暮らし科学研究所さんの軌条(キジョウ)です。

IMG_6713

材料は、事前に組み立て易いように配置して置きます。

IMG_6728

土台の黒い部分は、割裂防止を狙って

グラスファイバーテープを巻きつけています。

このテープは、耐震補強の際に使われたりもします。

IMG_6721

耐力壁の基本部分は横に寝かして組み立てていました。

IMG_6730

その基本部分が組みあがったところで土台の上に建て、

両サイドの柱も建ててから、上部に桁を落とし込みます。

基本的なかたちが組みあがりましたら、固定です。

IMG_6736

固定するのは、30センチ前後の長いビスですし、

かなりの数をねじ込まなければなりませんので、

インパクトドライバーでさえ、焼け付いてしまいそうでした。

IMG_6750

作業を終えた人から掃除をし、脚立など

使用した道具類を所定の場所へ片付け、組み立て終了です。

次回は、もう一体の耐力壁をご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/26

第19回 木造耐力壁ジャパンカップ

今年も先週の3連休に富士の裾野にあります

日本建築専門学校におきまして、

第19回 木造耐力壁ジャパンカップが開催されました。

IMG_3999

これまで第12回大会より毎年欠かさずに足を運び

その様子はブログでもご報告して参りましたが、

昨年はすみません、決勝トーナメント1回戦までしか

ご紹介せずに今年の大会を迎えることになってしまいました。

そこで、今年は少し趣向を変えまして、

決勝トーナメントではなく、予選を観戦して参りましたので、

その様子をご報告をさせていただきたいと思います。

IMG_3997

まずは搬入された材料の梱包を解き、

実際に搬入された材料と提出されたデータシートとの

整合性を確認します。

IMG_4002

次に環境負荷も審査対象になっておりますので、

持ち込まれた材料の種別ごとに重量計測します。

IMG_4008

計測を終えましたら組み立てを行うために

会場に指定された5.5m四方の所定の位置に

全ての材料、工具を移動します。

IMG_4012

事前に桁は上部に吊るしておきます。

IMG_4017

施工時間は1時間を限度とし、それを超えて要した時間は、

3倍にして加算されます。

あまりに複雑すぎる壁は耐力壁として実現が難しくなるため、

実現可能な壁を目指して設けられたルールです。

また、作業中はレフリーが配置され、

危険行為と判断された場合には、警告の笛が鳴らされ、

2回以上吹かれるとペナルティがあります。

これは実際の施工時に事故なく作業を行う必要があることから、

設けられたルールです。

ここまで前置きが長くなってしまいましたので、

実際の組み立ての様子は、次回ご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/23

Takara standard 横浜ショールーム

今日は、Takara standard の横浜ショールームが

システムバスのフルモデルチェンジに伴い、

全面的にリニューアルをしたとのことで、

新製品の確認のためオープンフェアへ行ってきました。

IMG_4213

システムバスは、これまでと比較するとあか抜けて、

デザイン性が感じられるものに変わっていました。

ショールーム全体としましては、

マンションリフォームに対応した製品の展示が

多くなっている印象でした。

IMG_4194

タカラさんの場合、これまでもシステムバスの

サイズオーダーは可能だったのですが、

洗面化粧台やキッチンもシリーズは限られますが、

サイズオーダー可能になりました。

IMG_4193

これは、マンションの場合には新築時に

特殊サイズで製作していることがほとんどである、

という事情に対応するためのようです。

IMG_4200

また、コンクリートの建物ならではの

梁の出っ張りなどに対応できるレンジフードや

IMG_4208

システムバスの展示もされていました。

IMG_6805

また、システムバスは、配管経路が分かるように

配管が接続された状態で見る事が出来、

IMG_4211

システムキッチンも同様に配管施工例があり、

どれも興味深い内容でした。

IMG_4199

最後に最新のキッチンシンクの展示も確認しました。

とても機能性があるシンクなので、実際に使ってみないと

使い勝手が良いのか、寧ろ面倒なのか

判断が難しそうなシンクでありました。

秋分の日も過ぎ次第に夜が長くなってきます。

どうぞ良い週末をお過ごしください。

2016/09/21

3層吹抜けのある家/お手持ち材料

9月に入ってもまだ、夏空が続いていた頃、

八王子まで取りに行った材料を

加工に出したものが、仕上がってきました。

長い年月の間に諸々積み重なった表層部を取り除き、

木材本来の木肌が現れるまで、削りました。

IMG_4065

実際に仕上がってきた材木を並べて、

クライアントさんにもご確認いただきながら、

どこへ使えるのか決めていきます。

IMG_4057

仕上がってきた材の寸法を測り、

図面と照らし合わせながら、適材適所を見つけます。

IMG_4058

おおよそは運んでくる前に想定をしているのですが、

仕上がった状態を見た上で、利用可能か、

棟梁の松田にも相談をしながら、再検討です。

IMG_4074

お蔭様で、ほとんどの材料の行き先が決まりました。

材料のサイズに多少のばらつきがありますので、

養生テープを貼って、どこに使用するか示しています。

IMG_4069

微妙なサイズの違いをどのように使用するのか、

絵に色分けして示し、現場へと伝えます。

IMG_6802

どう仕上がるのか、出来上がりが楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/20

高台に建つ三世代同居の家/上部躯体検査

先週の土曜日を覗くと毎日、雨が降り続いている葉山です。

その影響で、外部の工事が進まず、現場は困っております。

そんな今日も台風の影響で雨が降っていたのですが、

高台に建つ三世代同居の家の上部躯体検査に

立ち会うため、現場へ行ってきました。

IMG_4079

先週土曜日の晴れ間を利用し、窓だけはほぼ取付を

終えていましたので、随分と助かりました。

まずは2階から確認、2.3口頭による確認があり、

1階へ移動です。

IMG_4124

雨の中、検査員さんはしっかり外部も確認してくれました。

指摘事項もなく無事、検査は完了しました。

IMG_4081

今回、屋根の構造は、登り梁構造ではなく、

垂木構造で、骨組みを見せない仕上げです。

現在はまだ、屋根の垂木が見えているのですが、

断熱材を充填したら、見えなくなってしまいますので、

今のうちにこの雰囲気を楽しんでおきたいと思います。

IMG_6793

また今回は、1階に親世帯、2階に子世帯の

2世帯住宅ですので、床は、音対策をしています。

IMG_6784

音対策は、2階の側で行っていますので、

1階の天井は、梁を見せる予定です。

検査も終わり、これでお天気が回復してくれると

どんどん進められるのですが・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/16

犬と猫の飼育実態調査

今日は、飼い犬と飼い猫についてです。

最近、クライアントさんで猫を飼われている方が多く、

猫と触れ合う機会がとても増えたなぁと感じておました。

113

*写真は、マッキー。

そんな折、毎年一般社団法人ペットフード協会が行っている

犬と猫の飼育実態調査の結果が目に留まりました。

少し前の今年1月に公表されたものなのですが、

それによりますと、平成27年度の全国犬・猫推計飼育頭数は、

犬:991万7千頭、猫:987万4千頭で、

犬の方がわずかに多かったのですが、

犬は、減少傾向、猫は昨年とほぼ同じということです。

IMG_3402

*写真は、ポッキー。

飼育世帯率は、犬:14.42%、猫:10.09%で、

平均飼育頭数は、犬:1.24頭、猫:1.77頭、

猫の頭数調査結果には、外猫は含まれていないとのこと。

IMG_4723

*写真は、ららちゃん。

全体の平均寿命は、犬が14.85歳、猫は15.75歳で、

犬は超小型犬、小型犬の方が寿命が長く、

猫は、室内のみで飼育している方が寿命が長いようです。

IMG_6332

写真は、愛犬の空之助です。

1ヶ月当たりの支出総額は、犬が7,841円、猫が5,087円で

犬の方が支出が多いようです。

犬の飼育頭数は2012年以降減少傾向にあるそうですが、

費用負担の多さも原因のようです。

体重おおよそ36kgの空之助の1ヶ月の食費は、

2万円近くかかっていますので、うなずけます。

また、寿命が伸びることで、介護の問題も聞かれます。

クライアントさんのプードル、クウちゃんも現在寝たきりで、

夜中に何度も起きて介護しなければならず、

少なからず負担になっているそうです。

それでも、最後まで看取ることも含めて

愛犬や愛猫が与えてくれる素晴らしい時間だと思います。

週末から3連休、どうぞ、良いお休みをお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/09/15

十五夜お月様

今週はずっと、お天気がぐずついていましたので、

期待をしていなかったのですが、

雲の晴れ間から、月が顔をのぞかせてくれました。

IMGP0270

出先からの帰り道、月を見つけましたので、

戻ってすぐ、天窓を見上げますと、

ちょうど、十五夜のお月様が見えていました。

IMGP0276

天窓が夜露で曇っていましたので開けてみることに、

すると、よりくっきりと月が見えました。

IMGP0286

バルコニーへ移動しますと、

月明かりに照らされた雲の姿が美しく、

IMGP0282

晴天にくっきりの満月もいいですが、

雲の合間に見える月は、表情に変化があって、

お月見向きかもしれません。

IMGP0284

ススキも月見団子もありませんが、

今年もなんとか収穫期を迎えられたことに感謝しつつ、

部屋の明かりを消して、月を浮かべて

月見酒でも呑みたいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。