【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2016 年 2 月 のアーカイブ

2016/02/26

猫棚/ポッキー編

ひと月程前に始まりましたリフォーム工事ですが、

今日でほぼ終了し、お引渡しをさせて頂きました。

今回の工事は、

これまでLDKと個室の間に有りました間仕切り壁を撤去して

ひとつのLDKにすることが主目的でした。

しかしそこには、抜かない方が良い柱が1本ありましたので

この柱をどうしたら良いか、いろいろと検討しました結果、

猫棚をつくらせていただくことに決まりました。

2016-02-26 16.43.17

猫たちが気に入ってくれるか、ドキドキしながら

2016-02-26 14.47.21

まずは愛猫たちにチャレンジしてもらうことに。

046

今日は、お兄ちゃんのポッキーが挑戦です。

2016-02-26 14.48.51

エサで気を引きながら馴染んでもらおう作戦です。

2016-02-26 16.52.49

1段目、2段目は無事クリアです。

2016-02-26 16.53.28

3段目も時間はかかりましたが、何とかクリア。

2016-02-26 16.56.18

最上段は、「そこに猫が入っている姿を見てみたい」

という人間の勝手な希望により

ガラスボール仕様になっているため

どうもポッキーにとっては、警戒すべきものに思えるようで

登ってはくれません。

そこで今日のところは、少しの間ガラスボールを外して

様子を見てみてもらうことになりました。

楽しんでくれると良いのですが・・・。

どうか皆さまの週末も楽しいものになりますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/25

海と空

最近、海岸線を車で現場へと行き来していますので、

今日は、日々変化する海と空の写真をご紹介します。

IMG_3383

水面に反射する光がまぶしい朝。

IMG_3394

こちらは別の日の朝、一面、厚い雲に覆われていました。

写真中央部分辺り、波打つ雲があまり見たことがないもので、

その部分に寄りますと、こんな感じでした。

IMG_3394 (2)

かなりの長い距離、このような雲が続いていました。

IMG_3386

次は雲の合間から海に降り注ぐ光が幻想的な午後。

IMG_3390

江の島の向こうへ沈む夕日。

IMG_3393

沈む夕日に染まるやわらかなピンク色の雲。

週末の渋滞は大変ですが、

こんな変化に富んだ景色が見られる海岸線の移動は楽しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/24

太田昭夫さんの犬

今日は空之介の横顔の写真から見ていただこうと思います。

019

この真剣なまなざしの先には・・・

そうです、当然おやつがあります。

017

一寸角度をずらしてみますと、

口元がよだれで濡れているの分かってしまいます。

それでも、この角度からの写真を撮りましたのは、

知人から犬の像を頂いたからです。

004

彫刻家の太田昭夫さんが作られたものとのこと。

この角度からの犬の口元、とっても好きなんです。

001

一枚目写真の空之介はこちらの角度でしょうか。

彫刻家の太田昭夫さんは、木彫の方ですので、

これは粘土によるもので、習作か趣味の作品のようですが、

素晴らしい作品をいただきました。ありがとございます。

008

目に入るたびに幸せな気持ちにしてくれる

お気に入りのモノが身近に置かれていると、

こころを豊かにしてくれるような気がします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/23

橋を架ける家/施主検査

昨日は現在、新築工事中の「橋を架ける家」が

もう少しで完成と言うことで、クライアントさんに

気になる点がないかご確認いただく、施主検査でした。

2016-02-22 15.33.27

これからの暮らし方をご夫妻がイメージされている

その楽しげな様子を見るのは、こちらも幸せな気持ちになります。

ぐるっとひと回りして、

何か気になったところがありますかとお訊ねすると、

「実は、ひとつあるんです」とのことで、

連れて行かれたのは外の駐車スペース。

2016-02-22 14.18.09

土間コンクリートを打設したところに

足跡がついてしまっていることを知らされました。

2016-02-22 15.27.12-crop

明らかに大人の足跡が・・・。

水路沿いを通路として利用しているどなたかが

夜間にショートカットされたのでしょか、

悲しいことになってしまいました。

対策不足を反省するしかありません。

お引渡しまでに手直しすることをお約束しました。

他にも残っている工事を今週中に終えるよう追い込みです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/22

猫の日

今日2月22日は、『猫の日』と言うことで調べてみますと、

猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する

猫の日実行委員会がペットフード協会と協力して、

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、

猫とともにこの喜びお噛みしめる記念日を」という趣旨で

1987年に制定したものだと分かりました。

2月22日、が選ばれた理由は、

猫の鳴き声の「にゃん、にゃん、にゃん」と語呂合わせで、

全国の愛猫家からの公募によって決まったことです。

IMG_3381

写真は、愛猫家のクライアントさんから

味よりビジュアルを重視しましたと言っていただいた

バレンタインデーのチョコレートです。

イエイエどうして、おいしく平らげてしまいました。

ごちそう様でございました。

005

2枚目の写真は、猫の日つながりで

日本画家で愛猫家の山下まゆみさんの個展の案内状です。

案内状のハガキには、

「猫と暮らして40年が過ぎ、

共に暮らした猫たちは50匹を超えました」

とあり、その愛猫家度の高さには驚かされましたが、

最近は、猫を飼われているクライアントさんが多く、

猫とのふれあいもありましたので、

猫との暮らしの中から描かれた猫たちを観に

出掛けてみようと思っています。

2016年2月24日(水)から3月1日(火)までは、

高島屋大阪店 6階 美術画廊にて、

2016年3月9日(水)から3月15日(火)までは、

横浜高島屋 7階 美術画廊にて、開催されています。

お出掛けになりませんか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/19

葉山町で起こった悲しい事実

今日は今週、葉山町で起こった悲しい事実について。

大きな話題になったようですが、

先の町議会議員選挙でトップ当選した議員が、

覚せい剤の所持で逮捕されてしまったとのこと。

聞くところによりますと、選挙の前までは新聞配達をして

頑張っている姿を見せ、町の人たちへ顔を覚えてもらい、

町議会議員へと立候補したそうで、

そんな姿を見ていた方々の期待の一票によって

トップ当選だったのかもしれないと思うと、

悲しい気持ちになってしまいました。

IMG_3193

葉山へと越してくる前には、議員秘書をされたりしていて、

政治へ参画したいとの強い意志がある方ようでしたのに、

なぜこんなことをしていたのでしょう。

公人になる覚悟が出来ていなかったようで、残念です。

最近は、公人である自覚のない政治家の方々が続々、

取り沙汰されていて、どうなっているのでしょう。

「政治家は誰がなっても一緒、何も変わらない」

との声をよく聞きますが、このままでいいとは思えません。

一票を行使すべく、各人が真剣に取り組むべき時が

来ていると言うことなのかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/18

お家の絵

少し前に松匠創美で建てた家のクライアントさんより

棚板を追加したいとの依頼がありましたので

寸法を確認にお邪魔した際に見せたいただいたのが

写真のお家の絵です。

2015-11-11 18.50.35

家の絵を描く時に一番多いのはやはり、

切妻屋根だと思うのですが、

先日お味噌づくりも手伝ってくれたお子さん、

ご自宅が片流れ屋根ということで、

絵に描く時は、ちゃんと片流れ屋根になっています。

2015-11-11 18.50.43

とっても魅力的なお家の絵を見せて頂き、

うれしくて、写真を撮らせて貰っちゃいました。

どうもありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/17

2016年の味噌仕込み―後半―

今日は、先週末に行いました味噌作りの続きです。

大豆をつぶし終えましたら、麹と塩を混ぜ合わせます。

027

今年も子供たちがたくさん手伝ってくれました。

DSC_1898

よ~く混ざりましたら、各家庭分に分け、

投げやすい大きさのお団子を作ります。

この時、お団子の中の空気を抜くように気をつけます。

033

お団子ができましたら、容器に投げ入れます。

投げ入れるのも空気が入らないために行います。

DSC_1939

今年は殆ど子供たちが、代わる代わる投げ入れてくれました。

DSC_1945

表面を平滑に整えましたら、ホワイトリカーを流し入れ、

封をしましたら完了です。

DSC_1946

どの家庭もこの日作ったお味噌で、1年間過ごされるとのこと。

あと半年間は、美味しい味噌に育ってくれていることを祈って

発酵するのを待つことになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/16

2016の春一番

お味噌作りをした翌日の日曜日、立春からまだ10日というのに、

予報通りの春の嵐、春一番が吹き荒れました。

IMG_3343

早朝、仮囲いが倒れていないか心配しましたが、

おかげ様で大丈夫でした。シートを巻き上げ、ひと安心。

その後、藤沢、茅ケ崎と移動し、打合せを終えた帰り道、

海岸沿いの道から見ると海は、まだまだ荒れ模様でした。

015

しかし、この日の気温は20度超え、陽気に誘われ、

部屋の中にも春をと、今回の花はミモザにしてみました。

その前に生けていた花は、まんまるの菊。

003 (2)

実はこの菊のことをずっとポンポン菊と思っていたのですが、

もう一種類、ピンポン菊と言う種類もあるということを知りました。

アメリカ生まれの洋菊、スプレー菊の一種がポンポン菊で

オランダ生まれの洋菊がピンポン菊(ピンポンマム)

ということでしたが、区別の仕方は分かりませんでした。

次に手に取る時は、訊ねてみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/02/15

2016年の味噌仕込み―前半―

先週の土曜日は、好評をいただいているお味噌の

2016年分の仕込みを行いました。

予報通りの暖かい一日でしたが、

天気が崩れるような事は無く、窓を開けての作業となりました。

004

9時から大豆を煮始めて、お鍋がグツグツ始まりましたら

次第に灰汁が沸いてきますので、暫くは灰汁取りが続きます。

灰汁が沸いてこなくなったら、蓋をして吹きこぼれないように

火加減に気をつけながら、話に花を咲かせます。

005

そうこうしているうちに、お昼の時間になりますので、

大豆の固さを確認して、良さそうなお鍋は火を消して、

冷ましている間にお昼休憩です。

まだ少し硬いお鍋はこの間も火を消さず煮続けます。

010

お腹がいっぱいになったところで、午後は身体を動かします。

やわらかくなった大豆は体重を利用してつぶしていきます。

012

今年はここまで、空之介も参加させてい貰いました。

015

急に動き出したみんなの気配にちょっと戸惑いながらも

みんなの真ん中に陣取っていましたが、

016

みんなの熱気とこの日の気温とが合いまったのか

徐々に輪の中心から外れて、

019

グッタリし始めましたので、ここで捕獲され、

隔離されてしまうのでした。

その後の様子は、後半に続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。