【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2015 年 11 月 のアーカイブ

2015/11/30

秋の夜長に女性ボーカル その3

早いもので明日から12月です。そこで今日は、

11月の内に秋の夜長に女性ボーカル その3ということで、

フランス人ボーカリスト ZAZ(ザーズ)の公演のことです。

公演が行われたのは、パリで起こったテロ事件直後、

少しの不安と心配な気持ちで会場へと向かいました。

002

その内容は圧巻で、不安や心配は取り越し苦労でした。

ZAZの力強く魅力的なボーカルは言うまでもなく、

サポートバンドも素晴らしく、特にギターが好みの音で、

本当に質の高い、良質な音楽を聞くことができました。

ウッドベースにピアノはグランドピアノで、

そこへ日本人ホーンが加わり、ビックバンドのような編成あり、

天才バンドの奇妙礼太郎さんとアコースティックでデュエットあり、

堪能させていただきました。

003

途中、着替えて黒いスーツでステージへ出てきたZAZは、

キャンドルに火を灯し、日本語で「パリへの灯火」といい、

会場全体も共に祈りを捧げました。

当然のことなのですが、ZAZはフランス語で話しをするため、

その内容への会場の反応は、英語の時のような訳にはいかず、

決して理解できているとは言えない雰囲気でしたが、

それでも、双方の思いは通じているような、

そんな空気が感じられる、いい公演でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/11/27

橋を架ける家/橋のコンクリート打設

今日は橋を架ける家の2回目のコンクリート打設でした。

当初雨が予想されていた1回目のコンクリート打設の日、

皆さまが祈って下さったおかげで、雨の降り出しが遅れ、

予定通りに打設することができました。

ところが、2回目の打設の日が雨で延期になってしまいました。

そのため、今日が2回目のコンクリート打設です。

2015-11-27 08.39.10

まずは、土の中に埋まる基礎部分の立ち下がりから

コンクリートを打ち込みます。

2015-11-27 08.49.36

写真は、コンクリートが密実に打ち込めるよう、

上からと下からと振動を与えているところです。

2015-11-27 09.25.18

立下り部分に続いて、橋の渡る部分に打設します。

ミキサー車からシュートで流し込んでいます。

2015-11-27 09.45.01

全て打ち終え、天端を均しているところ。

2015-11-27 09.57.41

一旦、均し終えたところで、レベルの確認です。

2015-11-27 09.57.55

少し高いところが見つかったため、

コンクリートを少し取り除き調整をしています。

2015-11-27 09.58.28

再度平らになるようにコテで均し、

2015-11-27 10.01.16

更に角度を変えて確認中。

2015-11-27 09.59.34

今回は、雨の日に滑りにくいように刷毛引き仕上げにしますので、

この後、平らに仕上げた面に大きな刷毛で引いて完成です。

2015-11-27 09.47.21

早いもので、もう金曜日、どうぞ良い週末をお過ごしください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/11/26

秋の夜長に女性ボーカル その2

今年の秋は、女性ボーカルのコンサートが3本ありました。

今井美樹さんのことは既に触れましたので、

今日は、アン・サリ―さんの公演ことについてです。

会場は横浜の赤レンガ倉庫内にある

Motion Blue Yokohama でした。

IMG_2440

幼少からピアノを習い音楽が好きだったアン・サリーさん。

医師になるか音楽を続けるかで悩んだ時、

医師だったお父様に医者になれば音楽も続けられるけど、

音楽家を目指すと医者の仕事はできないと言われ、

お医者様になる事を選んだという、才能あふれる方です。

現在も内科医で2児の母でミュージシャンです。

見た目は、ふわふわとやさしい雰囲気の持ち主ですが、

さすがに芯が強そうな歌声がとても魅力的です。

ギリギリに到着したため、斜め後ろからの席でしたが、

ストレスなく堪能することができました。

公演後は、暫く穏やかな気持でいることができました。

最後までお読みいただき、ありがとうごうざいました。

2015/11/25

築40年の住宅

以前、ショールームの見学にお越しいただき、

その後、ずっと土地探しをされていたというクライアントさん、

中々ご希望にかなう物件が見つからず、

今回、中古住宅付の土地購入を検討しているので、

建物の状況確認をして欲しいとのご依頼をいただきました。

連休中にその建物調査へ行って来ました。

013-tile

DIYがお好きな現オーナーさんによって手入れされ、

愛されている感じがする建物でした。

219-tile

国交省は今年10月23日に長期優良住宅のリフォーム版

認定基準案を示しています。

劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、

省エネルギー性などについての認定基準が示されたことで、

今回調査した築40年の建物を長期優良住宅として

認定を受けることは、なかなか困難なことかもしれませんが、

評価基準となり、見える化がし易くなりますので、

うまく利用ができればと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/11/24

ロシオ・モリーナ舞踊団

3連休中は、連日お打合せをさせて頂き、充実の毎日でした。

そんな最終日の昨日は、打合せの後、フラメンコ鑑賞へと

東京国際フォーラムまで行って来ました。

IMG_2523

今回鑑賞しましたのは、今年、イギリスの舞台芸術の最高賞

「ローレンス・オリヴィエ賞」にもノミネートされ

世界的注目の集まっているロシオ・モリーナさんの

『Afectos』 踊り手と歌い手2人の女性によるフラメンコです。

踊り手のロシオ・モリーナさんは、

16歳頃まではクラシックバレエを踊っていて、

当時コンクールなどでも活躍していたという経歴の持ち主。

自らをダンサオーラと呼ぶその踊りは、

伝統的フラメンコから飛び出した独自の世界ですが、

曲の始まりはオリジナルでも最終的にはフラメンコへ

圧倒的なフラメンコ遺伝子を感じさせるものでした。

歌い手(カンテ)のロサリオもとてもとても素晴らしかったです。

ロシオ・モリーナさんの過去ブログ前回公演前々回公演

005

最後は、気になったことをひとつ。

日本のフラメンコ人口は、本国スペインより多い

と言われる程にも拘らず、今回の公演空席が目立ちました。

ロシア国立交響楽団の来日の時も同じことを思ったのですが、

こんなに素晴らしい貴重な公演が満席にならないのは、

何がいけなかったのでしょう。もどかしい気持ちが残りました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

2015/11/20

橋を架ける家/祝上棟

今日は、橋を架ける家の上棟でした。

当初の予定では先週の土曜日に上棟の予定でしたが、

雨の予報のためやむなく本日に延期になりました。

今朝も小雨スタートで雲行きが心配されましたが、

おかげ様で時間の経過と共に回復し、無事棟上げとなりました。

IMG_2522

今回は、今の時代には貴重な平屋建てです。

172

ロフトスペースはあります。

117

橋側から見るとコンパクトに見えます。

今日はその橋の配筋検査も行いました。

141

配筋を確認してみると、図面で支持しきれていなかった

配筋がある事が判明しまして、急遽、鉄筋やさんに来てもらい

追加で配筋を補強してもらいました。

おかげ様で、納得のいく配筋にすることができました。

IMG_2514

これで月曜日には、コンクリートを打設することができます。

しかし、またお天気が心配です。

ぜひ、雨が降らないことを祈っていてください。

明日から3連休の方もいらっしゃると思います。

どうぞ、連休をお楽しみください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/11/19

Japan Home & Building Show 2015

今年も何とか都合をつけて、

東京国際展示場にて開催されて居ります

Japan Home & Building Show 2015へ行って来ました。

今年は出店社数も充実していて、

見たいと思っていたモノも見ることができましたし、

改善して欲しいと要望を上げていたメーカーさんが、

その部分に対応してくれていることが分かったり、

新しい材料や工法を知ることも出来て良かったです。

IMG_2507

昨年に引き続き、見入ってしまったのは、左官職人さんの業です。

みるみるコテで押えた左官の塗壁が木目の美しい板に

生まれ変わって行きます。

2015-11-19 13.58.48

今年は実際にコテで描かせていただきました。

中々材料の質感を掴むことができず、

鉛筆で線を引くようなわけにはいきませんでした。

IMG_2510

また、檜皮葺の実演も行っていました。

IMG_2508

口の中にたくさんの竹釘を頬張り、

一本一本取り出しながら、桧皮を留めつけて行きます。

奥に座っている職人さんは桧皮の厚みが均一になるよう

整えています。これらの職人技たちを

この先も伝承していくことができるようにしたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/11/18

住宅瑕疵担保責任保険

今日の午後は、「住宅瑕疵担保責任保険」講習会

設計・施工基準から読み解く、雨漏りしない住まいづくり。

を受講して来ました。

奇しくも現在、杭偽装が大問題となっておりますが、

今から10年前には耐震偽装が発覚し大問題となりました。

その後、失われた信頼を回復するためにと

建築基準法や建築士法が改正され、

消費者を守るしくみとしての

「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」

が施工され、瑕疵担保責任を履行するための資力確保の

義務付けは、2009年10月に施行されました。

この住宅瑕疵担保履行法の施行から6年が経過し、

事故事例が蓄積されたことで見えてきた注意点など

実践的なお話を伺えるいい講習会でした。

001

まだ、6年と言うこともあり、これまで発生した事故の

9割超が、外壁屋根からの雨漏りと言うことでした。

降雨量の多い日本においては、重要なことですが、

慎重な施工が必要で、大変難しいことでもあります。

今日の事故事例などを見て、より一層、

現場への指示徹底をしていきたいと思いました。

IMG_2494

会場が、日本丸メモリアルパークに隣接していましたので、

写真を撮ってみましたが、残念ながらiPhoneのカメラでは

ランドマークの先端まで納めることができませんでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2015/11/17

老朽化

少し前の10月のことになりますが、

お庭に立派な松の木が建ち並ぶお家の屋根が、

老朽化により雨漏りをするので見て欲しいとのご依頼で、

状況を確認するために行って来ました。

IMG_2339

雨漏り箇所を拝見しますと梁が腐って落ちる寸前でした。

一般的には屋根の瓦をおろし、梁を架け替え雨仕舞をして、

瓦を葺き直すところですが、ご希望は、

なるべく姿を変えることなく、一日も長く今の状態を保ちたい

との事でしたので、応急的補修を行う方向で進めています。

IMG_2363

その状況を確認に伺った際、屋根の上の様子を見るため

2Fバルコニーに上がらせて頂いたのですが、

屋根の形状に合わせて2段になった木製のバルコニー、

こちらも相応に老朽化はしているのですが、

手の込んだ、とても丁寧な造りになっており感心いたしました。

IMG_2375

木材と木材の継ぎ手の部分などは銅板でカバーされいます。

IMG_2354-crop

その素敵なバルコニーから見えたのは、

普段、あまり目にすることのない、まだ緑色の松笠です。

たわわになっていました。

*写真はひと月ほど前に撮影したものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/11/16

プチクラス会

11月最初の土曜日、小学校のクラス会がありました。

10年前に母校の小学校で教員をしていた同窓生が、

母校の教室を会場に同窓会を開催してくれたことがあり、

その際に久しぶりの再会をした同級生たちに、

今回は内輪でプチクラス会をと言うことでお誘いいただきました。

あれから10年経ったと知らされるも、

にわかに信じることができず、自分で確認してみたところ、

本当のことに相当にビックリしました。

早いですねぇ~。

IMG_2488

時を経てみんな大人になって、当時を振り返り、

自慢してみたり、反省してみたり、

賑やかに楽しく、思い出話に花を咲かせ、

すっかり忘れてしまっていることを

沢山思い出すことができました。

時にはこうして、古い記憶を掘り起こすことは、

老化防止に良いのではないかと思ったりもします。

次はまた、10年後になるかもしれませんが、

楽しみにしていましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。