【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2015 年 6 月 のアーカイブ

2015/06/30

バイクガレージのある家—2

少し間があいてしまいましたが、今日は建てた家

『バイクガレージのある家』のご紹介の続きになります。

北側の玄関から中へ入りますと、

南の光がたっぷりと降り注ぐLDKがあります。

005

1階はLDK以外に水廻りとバイクガレージがあり、

リビングスペースの上部は広い吹抜けになっています。

吹抜けはロフト空間まで、つながっています。

006

2階にあがりますと個室が3つと南北を貫くホールがあります。

ホール北側から南の窓を見た様子です。

バルコニーへ出られるよう、掃出しの窓がついていますので、

ホールにもたっぷりの日差しが差し込みます。

017

反対、ホール南側から北側を見た様子になります。

018

同じ空間なのですが、不思議とこちら側を向くと

落ち着いた空気が感じられます。

15_02_26 horiuchi_L_19-crop

この北側の窓からの景色は、視界に入る家屋もなく、

緑が豊かでしたので、窓をL形に配置し、

なるべく緑を取り込むようにしました。

019

吹抜け東側壁面にはロフトへの階段があります。

次は、この吹き抜けについてご紹介したいと思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

2015/06/29

ヒカゲチョウ

今日は朝から梅雨時には珍しい爽やかなお天気に恵まれ、

いつもは1回のところ2回、洗濯機を回してしまいました。

そんな風にバタバタと始まった月曜日ですが、

夕方、トイレで網戸に止まる一匹の虫に気付きました。

瞬間、蝶?蛾?と脳裏を?マークが飛び交いますが、

その模様の美しさに、カメラを取りに走ります。

そして納めた写真がこちらです。

005

網戸のたくさんの埃は見なかったことにして下さい。

もう少し寄ってみますと・・・

005-crop

これは、蝶なのでは?と思い、田中に声を掛け尋ねると、

「羽をたたんで止まっているから、きっと蝶」との答えが。

ならば、ネットの蝶図鑑で調べてみようと検索した結果、

ヒカゲチョウだと判断しました。

しかし、全くの素人ですので真偽のほどは分かりません。

017

模様だけでなく、羽の形も美しいですね。

蝶の図鑑によりますと、『普通種ですが世界中で

本州・四国・九州にしか生息していない種』とのこと。

『成虫は、樹液のほかに腐った果物や動物の糞にも

やってきて、夕方活発に飛び回る』そうですので、

丁度、迷い込んでしまったところだったのかもしれません。

たぶんヒカゲチョウと判断したところで、

外へ誘導して、帰っていただきました。

久しぶりに昆虫観察をして、楽しみました。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

2015/06/26

蚊に刺された時

今日は朝から曇り空で、昼には雨が降り始めました。

しばらく傘マークが多く、梅雨らしいお天気が続きそうな葉山です。

010

写真は梅雨入りの少し前、ドクダミの花が咲き乱れていた頃に

撮影したものです。毎年、ドクダミの花を摘んで、

ホワイトリカーに漬け、蚊に刺された時の消毒に使っていて、

今年も、摘んだ花を洗い、バルコニーで天日干しにしていたところ、

この後、風にどこかへ持って行かれてしまいました。

016

ドクダミのホワイトリカー漬けは、

蚊に刺されて直ぐにスプレーをした場合には

消毒効果が高く、痒くなりません。

時間を置いてしまいますと、痒み止め効果は余りなく、

気は心と言った感じです。

それでも、15年位ずっとこれを愛用しており、

夏にはなくてはならないモノになっています。

今年の分は、昨年漬けた1年物がありますので大丈夫なので、

来年は失敗しないように、干したいと思っています。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

良い週末をお過ごしください。

2015/06/25

クウとアジサイ

お久しぶりの空之介くん、変わらず元気にしています。

比較的空梅雨の今年の葉山辺り、

何日か前のお天気のいい日に外へ出してくれーと言うので、

出してあげたところ、アジサイの下に潜り込み、涼んでいました。

006

この時、くれぐれも穴を掘らないようにと注意されたのですが、

ほどなくして穴掘りを始め、ドロドロになってしまいます。

016

当たり前のように中へ入れてくださーいと言っていますが。

ドロドロの子は脚を洗わないと中へは入れません。

020

待ーて!と言われ、納得いかない様子の空之介です。

アジサイの葉に止まったバッタのその横には虫食い痕。

004

私が写真を撮ったりしている間、しばらく中へは入れず、

その後、やっと足を洗ってもらえた空之介くんでした。

お庭での穴掘りはしないようにお願いしたいものです。

相変わらず成長の見えない空之介でした。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

2015/06/24

梅雨の季節は

今日は最近気になった、四季の中での梅雨の位置についてです。

気象庁による区分では、

春は、3月から5月、

夏は、6月から8月、

秋は、9月から11月、

冬は、12月から2月となっています。

この四季の区分には、納得です。

しかし、最近気づいたのは、自分の四季の区分では、

梅雨明けして初めて夏になると思っている節があり、

梅雨はまだまだ春だと思っていることでした。

気象庁で関東甲信の梅雨の期間を調べますと、平年で

6月8日頃から7月21日頃の1カ月半が梅雨に当るとのこと。

003

では、自分の体感による季節感覚はと言いますと、

春は、梅雨を含む4月から7月の海の日まで、

夏は、7月海の日から9月いっぱいくらいまでで、

秋は、10月、11月と短く、

冬が、12月から3月までの4カ月と思っているようです。

恐らく暖房が必要な期間が冬と感じているため、

(平均気温10℃以下で最高気温15℃、最低気温5~6℃くらい)

3月は気分的には春ですが、体感的にまだ冬かなという感じで、

梅雨の期間は最低気温が20℃を切っているので、

まだ夏と思うことができず、春だと思っていたようです。

009

2枚の写真は、最近色づいてきた庭のアジサイです。

皆様にとっての梅雨は夏でしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

2015/06/23

夏至の夜に

昨晩、夏至の夜は、佐野元春さんのBillboard Live Tokyo

”Smoke&Blue 2015”最終公演へ行って来ました。

IMG_1490

2ndステージは21時30分開演ですが、21時過ぎの到着、

今回は初めて2階ステージ正面の席でした。

視線が高くなり夜景を見下ろす感じで、

一層きれいに感じられます。

また、公演中も上から佐野さんの様子を見ていると

いつもより、少し冷静にその姿が観られて、

オーディエンスへの目配りなど、新鮮に感じられました。

IMG_1493

ライブが始まる時には、幕が閉じた状態になります。

24公演目、バンドとして各々の音が

それぞれ良く響き合う、素晴らしい演奏に、

心地いい時間を過ごすことができました。

IMG_1472

最後は、夏至前日19:40でもまだうっすら明るい西の空です。

20時からキャンドルナイトを過ごされた方も

いらっしゃったかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/06/22

乗務員室のある家/祝上棟

今日は早いもので、もう夏至です。

明日からは少しずつ陽が短くなるなんて・・・

信じたくありませんが、現実です。

ともあれ、今日はお日柄もよく、

大安吉日の上棟となりました。おめでとうございます。

IMG_1488

乗務員室のある家は、既に住まわれていた建物を解体しての

建て替えなのですが、クライアントさんご夫妻も

屋根の上には登ったことが無かったとのことで、

遠くではありますが、東京湾が望めることが分かり、

喜んでくださいました。

IMG_1486

住まわれてからは、屋根の上に登る訳にはいきませんので、

ロフトの窓から眺めていただくことになります。

高いところがお好きとおっしゃる奥様は、

完成したら、ここでビールを飲みたい!とのこと。

是非、楽しんでいただきたいです。

IMG_1485

今回は、この東西にのびるロフトが建物内部の空間を

つなぐ役割をしています。

完成まで、滞り無く工事が進みますよう、努めます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

2015/06/20

YKK AP/APWフォーラム

今日も遡って火曜日のこと。この日の午後は、

窓を考える会社YKK APの樹脂サッシAPWの

商品説明会へ行って来ました。

2015-06-16 14.00.44

樹脂サッシAPWは、現在松匠創美で

標準的に使用している窓の仕様になります。

今年のフォーラムでは、ずっと希望しておりました

内開きのドレーキップ窓がもう少しで発売されることや

すこぶる評判の悪い高所用オペレーターの

取付位置についても改善される見込みである

との朗報を聞くことができました。

2011_1126BW

また後半は、みかんぐみの竹内昌義さんの講演

「これからの住宅に求められる性能」を聞きました。

2008年からエネルギー問題を考え始めたと言う

竹内さんのお話を伺っていて、

1990年のバブル期にはそんな話は見向きもされず、

東日本の震災以前は、ずっと日陰の存在でしたが、

ついに日の目を見る時代が来たことに感慨深い思いがしました。

エネルギー問題が市民権を得、議論されることによって、

良い方向へと進むことを切に願っています。

では、よい週末をお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/06/18

乗務員室のある家/立上りコンクリート打設

今日も遡りまして、月曜日に行いました乗務員室のある家の

基礎立上りコンクリートの打設のことです。

梅雨の時期としましては、ありがたいことに、

お天気に恵まれ、予定通りに打設することができました。

P6150032

基礎の立上りの天端には、土台が載ります。

そのため、天端は水平で平滑に仕上がっている必要があります。

しかし、雨が降ってしまいますと天端が雨に打たれ、

平滑に仕上げることが難しくなってしまうということもあり、

雨の場合には、コンクリートを打設することはできません。

P6150042

コンクリートをポンプ車で送りながら、型枠の中へ打設、

震動を与え、空気を抜いて均した後、天端をコテで押えます。

P6150058

最後は、更に水平に仕上がるよう、レベラーを流し完了です。

後は養生期間を置いて、型枠をバラシせば、

基礎の完成になります。

なんとか、上棟に間に合いそうで、何よりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/06/17

乗務員室のある家/型枠

今日は遡って、日曜日のコトです。

梅雨時期と言うこともあり、工程がかなり厳しい

「乗務員室のある家」の基礎工事、

近隣の方へご了承を取り、日曜日に型枠組みを行いました。

2015-06-14 09.24.28

前日、打設した耐圧盤に型枠を組むための墨(位置)を出します。

2015-06-14 09.49.03

型枠と鉄筋の空きは足りているのか、

緊結金物は芯に入っているのかを確認しながら、

寸法が足りないところは鉄筋を曲げてもらい修正します。

2015-06-14 09.49.51

鉄筋などの位置が良いことが確認できたましたら

最初に出した墨の位置に枠を組んでいきます。

2015-06-14 10.02.46

そして、コンクリートを打った際に型枠が

破裂してしまわないように天端を金物で固定します。

2015-06-14 11.36.15

組み終えたところで、月曜日、朝一番からの

コンクリートの打設準備は完了です。

日曜日の工事を許容してくださったの方々、

日曜日に作業をしてくれたお二人、

そして、最後までお読み下さった方も

皆様、ありがとうございました。