【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2013 年 8 月 のアーカイブ

2013/08/30

「コンクリート調合と施工」講習会

先週の土曜日は、今年の6月に

「知っておきたい建築材料・工法」シリーズとして発刊されました

「コンクリート調合と施工」日本建築学会 関東支部 著

をテキストに用いた講習会に出席してきました。

015 (2)

このテキストの紹介には、

「主要な建築材料であるコンクリートを対象としたもので、

鉄筋コンクリートに関わる法令ならびに規格・基準から、

鉄筋コンクリート工事、コンクリートの要求品質、調合、

品質管理のための試験方法まで、広範な内容を

一冊に盛り込んであります。」と書かれているだけありまして、

1日でこの広範な内容全てに、講師11人がそれぞれ担当されて、

凄いスピード感をもって、ザーッと触れて解説をすると言う

講習会でした。

この広範に触れる内容であったことが、

どちらかというと勉強が木質系に偏りがちの身としましては、

とてもいい内容だったと思います。

015

横浜大桟橋近くの会場へ向かう途中、

横浜公園を通り抜けたのですが、噴水が涼しげでした。

また、会場近くの開港広場の噴水では、

黒ラブが気持ちよさそうに水浴びしていて、

都市の犬事情が新鮮に目に写りました。

2013/08/29

住宅関連税制とすまい給付金

今日は、消費税率引上げに関する講習会がありましたので、

参加して参りました。

政治的判断は秋まで先送りされているスッキリしない中での

開催とあって、参加者も少なく、質問もなく終了しました。

012

住宅購入の際は「消費税引上げに伴う住宅に関する経過措置」

が定められていています。

ここから引用です。

消費税の額は、引渡し時点の税率により決定します。

住宅は契約から引渡しまで長期間を要する場合が多く、

例えば注文住宅であれば数か月かかるのが通常です。

一方で、引渡時期により消費税率が変わるとなると、安心して、

契約を締結することが出来ません。

このため、住宅については、半年前の指定日の前日までに

契約したものについては、仮に引渡しが

税率引上げの基準日以降になっても、

引上げ前の税率を適用することとされています。

(国土交通省 住宅局

住宅関連税制とすまい給付金解説テキストより)

ということで、8%引上げ時は9月30日までに契約をしたもの

については現行の5%が適用されると言うことです。

立派な解説テキスト、給付申請書類の書式まで

全て出来上がっているにも拘らず、実施されるかは未定。

残り一ヶ月、こころの準備不足感は否めません。

給付額につきましては、シュミレーションをして改めて、

ご案内したいと思います。

2013/08/28

光降り注ぐ階段室のある家のその後

先週の土曜日は、以前松匠創美で建てさせていただきました

「光降り注ぐ階段室のある家」の改修工事を行いました。

と、申しましても、まだまだ建てたばかりですので、

今回の改修はある程度、計画の段階から

想定されていたものでした。

それは、階段周りの吹抜けに設けた手摺です。

2階にリビングがあり、階段周りの吹抜けを通して、

1階へ光を落としていることから、手摺の造りは

写真の様にオープンなものにすることに決めました。

002

そして、今年6月に第一子が誕生されました。

髪がフサフサのしっかりしたお顔立ちの男の子です。

おめでとうございます。

新築の段階では、お子さんが生まれた時には、

階段周りの手摺は、ネットを張ることを想定していたのですが、

実際にお子さんが生まれて、再検討された結果、

木の手摺子を取付たいとのご要望をいただきました。

009

そこで、安全を優先した手摺子を取付けました。

でもこれ、将来お子さんが成長された後には、

取外すことも出来るようになっています。

こんな風に少しずつ手を加え、生活に寄り添うように、

住み継がれていくとうれしいですね。

2013/08/27

ショールームめぐり-3

日曜日は、またまた都内のショールームへ行って来ました。

先ずは、外付けブラインドメーカーのオイレスさんへ。

010

通常日曜日はお休みのところ、快く迎えて下さいました。

実物に触れ、体感することで感じを掴んで頂けたようです。

丁寧な説明をありがとうございました。

011

午後は、LIXIL東京ショールームへ。

新宿副都心北部エリアにおける大型複合再開発によって

2011年12月に誕生した複合オフィスビル内にあります。

エントランスホールには、写真の巨大なオブジェがありました。

一瞬、職業柄、発砲系の断熱材かと思ってしまいましたが、

いえいえ、しっかり見ましたら立派なアートでした。

015

LIXIL東京ショールームは、たくさんの人で賑わっていました。

写真はショールーム内に在るモデルルームで、

キッチンスタイルをどうするかで侃々諤々中です。

IKEAスタイルのショールームは、イメージを掴んでいただき

易いので、視て頂いて良かったと思いました。

031

最後は、横浜にあるニッパツ三ツ沢球技場まで

車で送って頂いたおかげで、

横浜FC  VS ガンバ大阪を無事観戦することが出来ました。

長い一日、どうもありがとうございました。

2013/08/26

住み心地の更新

今日から、逗子で改修工事が始まりました。

中古の住宅を購入されたクライアントさんが、

「住み始める前に」と、ご依頼下さいました。

P8260004

主な工事は、既存の半分閉じているタイプのキッチンを

オープンなキッチンにつくり変えること。

P7080006

そして、既存のカーペット敷きを板張りに張り替えることと、

既存の壁クロスを左官で仕上げることです。

P7080141

この建物は、築30年以上たっていますので、

その間には、住まいに対して求められるものが随分と変化し、

適合しなくなっている部分はありますけれど、

先住者がこの家に手を掛けて下さっていたことは判ります。

初めて下見に伺った時には、

お庭に、ひまわりやゆりがたくさん花を咲かせていて、

このお庭が、購入の決め手だったと伺いました。

P7080142

今回の改修工事で、住み心地を更新できたらと思っております。

2013/08/23

第16回 木造耐力壁ジャパンカップ-2

今日は、先日観戦に行って来ました

木造耐力壁ジャパンカップ2回戦最初の対戦をご紹介いたします。

P8180003

東日本パワーファスニングwithKAMACHIの 『螺旋力』

VS

滋賀職業能力開発短期大学校の 『初代MOTONARI』

001

東日本パワーファスニングさんと言えば、

建築金物のメーカーです。

発売間近のロングビスをふんだんに使った壁で参戦です。

*ビス約280本(6.7Kg)使用しています。

002

一方の滋賀職業能力開発短期大学校と言えば、

昨年、総合優勝のチームです。

昨年の『2代目ダイアゴナル』を進化させての参戦です。

非木材の使用はありません。

P8180009

この対戦を対制したのは写真の通り、左側『螺旋力』でした。

『初代MOTONARI』は柔の壁で変位量が大きく

結果は負けでしたが、破壊はほとんど見られず、

とても優秀な壁でした。

ただ、ちょっと残念だったのは、学生さんたちの解体の仕方が

乱暴だったことです。来年は、安全第一でお願いします。

* * *

第16回木造耐力壁ジャパンカップ-1へ

2013/08/22

パトカーとトイレブース

先月末から入院をしていた母ですが、

おかげ様で、来週退院が決まりました。

今日はそんなお話を伺いに、夕方病院へ行って来ました。

001

病院へ向かう途中、熱中症でしょうか?頭痛がひどく

コンビニエンス・ストアへ塩分補給に立ち寄りました。

すると、後から続々とパトカーがついてきます。

何ごとかと思い、よ~く見てみましたところ、ボディに

映画・TV・CM 撮影用車両 回送中と貼られていました。

たとえ、警察官が乗っていなかったとしても、

これだけの台数がズラッと並びますと、威圧感がありました。

014

その後、病院でトイレに立ち寄りましたところ、

トイレブースが、とても新鮮でしたので、ご紹介させてください。

010

中に入りますと、上部にこんな半円形のレールがついています。

なぜなら、曲面の扉が引き戸になっているからなのです。

003

扉には、こんな使用方法の説明が貼られていました。

奥行きが取れない個室用として、とてもよくできています。

何度も開け閉めしてしまいました。

015

閉まっているところを外から見ると、こんな感じです。

たまに出かけると、いろいろなものに出会えて楽しいです。

2013/08/21

第16回 木造耐力壁ジャパンカップ-1

本日配信分の松匠創美メルマガ

家づくり雑記帳のコーナーで田中も書いておりましたが、

18日(日)に今年の耐力壁ジャパンカップ決勝トーナメントを

観戦に行って参りました。

P8180146

今年も大会は、富士の裾野、静岡県富士宮市にあります

日本建築専門学校で行われました。

P8180149

大会は毎年、日本建築専門学校の学生さんたちの

協力によって運営されています。

ほんとうに、こちらの学生さんたちの

素晴らしい働きぶりには、毎年、感嘆するばかりです。

P8180019

今年も学生さん達ひとりひとりが適切に

自分の役割を果たしてくれたからこそ、

大会は流れるように終えることが出来たのだと思います。

高い就職率も頷けます。

今年もお疲れ様でした。

次回から、2回戦の対戦をご紹介いたします。

2013/08/20

日本民藝館 西館

今日は昨日に続き、日本民藝館の西館についてです。

駐車場の横、本館の真向かいに写真の長屋門があります。

008

施設案内には、「本館の向側に建つ西館は、

栃木県から移築した明治初期の長屋門(登録有形文化財)と、

柳の設計による母屋からなっています。1935年に完成、

柳が72歳で没するまでの生活の拠点としました。」

とあります。とても拝見したかったのですが、

残念ながら、西館は、公開日が限られておりまして、

この日は公開日に当たらず、拝見することは出来ませんでした。

ちなみに一昨年亡くなられたデザイナーの柳宗理さんは、

30年近く、三代目館長さんとして務められていたそうです。

012

古い日本家屋を見た時、決まって素敵だと思うのは、屋根です。

こちらの長屋門と母屋も、とても屋根が美しくてうれしくなります。

特に長屋門は、大谷石と思われる石葺きでした。

009

屋根は、町並を創り出す大きな要素ですので、

日本家屋の伝統的な屋根の美しさは、これからの家づくりにも、

上手く取り入れられるようにしたいと思うところです。

002最後はミュージアムショップで、棟方志功の版画手拭を購入。

タイトルは『紫煙草舎』

「葛飾の紫煙草舎の夕けむりひとすぢ靡くあはれひとすぢ」

吉井 勇さんの短歌を彫られたものです。

次回は是非、西館の公開日に合わせて足を運びたいと思います。

2013/08/19

日本民藝館 本館

今日から、夏休みも終わりまして通常業務に戻りました。

ブログも再開です。

また、お付き合いいただけますと、うれしいです。

さて、事務所が夏休みの間に私も2日程お休みをいただきました。

その内の1日を利用しまして、ずっと行きたいと思っていた

日本民藝館へ行って参りました。

場所は、目黒区駒場、東大の駒場キャンパスのすぐ傍です。

写真が日本民藝館の本館正面です。

011

本館は、「民藝」という新しい美の概念の普及と「美の生活化」を

目指す民藝運動の本拠として、思想家の柳宗悦により企画され、

実業家の大原孫三郎氏をはじめ多くの賛同者の援助を得て、

1936年に開設されました。

本館の建物(登録有形文化財)は、西館の石屋根長屋門に

意匠を合わせたもので、設計は細部まで柳宗悦が手掛けました。

<以上、施設案内より>

007

大原孫三郎氏といえば、大原美術館の設立者。

以前、大原美術館へ行った時に触れましたが、

大原美術館の様に、作家ものの展示は多くないのですが、

展示物、それを展示するケース、そして建物に至るまで、

すべてが「美の生活化」を示していて、

改めて、その概念の素晴らしさを体験することができました。

松匠創美ではこれまでも「用の美」という概念を大切に、

家づくりを行って参りましたが、

今回、その家づくりに対する思いをより一層強く致しました。

そこで、明日は西館についてご紹介したいと思います。