【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2009 年 12 月 のアーカイブ

2009/12/28

2009年もあと3日。

今年は松匠創美のWEBサイトを開設するコトができまして

とても充実した一年になりました。

このブログにお越しいただいた皆様におきましては、

お付き合いを頂きまして、本当にありがとうございました。

2009_1212AF

年内の業務は本日を持ちまして、大掃除も完了し終了です。

年明けは、1月6日水曜日より、仕事始めとなります。

少しの間充電をして、リフレッシュしたいと思っています。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2009_1223AR

良いお年をお迎えください。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/25

忘年会

今日は松匠創美の忘年会でした。

毎年、横須賀にある千山苑という

焼肉屋さんで行っていたのですが、

今年はその千山苑でもつ鍋屋さんも営業していることを聞いて

そちらへ行ってみました。

もつ鍋も焼肉に負けず劣らずとっても美味しくて、

すっかりお腹いっぱいにいただきました。

(松匠創美ではみんな飲まずに、食いに走ります。)

そして、帰り道には横須賀の風物詩として定着した

クリスマスのイルミネーションを見てきました。

2009_1225AD

これ、実は幼稚園なんです。

無料の駐車場が完備されていて、警備員が誘導してくれます。

屋台のたこ焼屋さんまで出店していました。

園内をぐるっと一周することができて

まるで、アミューズメントパークのようになっています。

本当に美しくて、ここまでしたらあっぱれです。

 

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/24

メリー・クリスマス♪

全国的に今日はケーキをいただく日です!?

甘い物好きの私ですが、例年、予約をしていなくて、

寂しい思いをすることが多かったので、

今年はケーキを予約をしてみました。2009_1224AF

葉山のケーキ屋さんでは一番多く足を運んでいる

サンルイ島のクリスマスケーキです。

「明るい未来」と言うネーミングに惹かれて選びました。

ラズベリーと抹茶とチョコレートのハーモニーが

食べてみるとマッチしていて、たいへん美味しくいただきました。

2009/12/23

今日も引き続き

おととい引き渡しをしました、リフォーム工事についてのお話。

キッチンからダイニングスペースへとつながる壁面には

キッチンと同じ造りのカウンター収納を設けて

不揃いな既存の窓が気にならない様にバランスを取りました。

IMGP1295

また、WCは工事を始めてから、

かなりの結露が発生していることが判明しましたので

急遽、無垢のパネリングを貼ることにしました。

そのお陰で、とてもシックなトイレ空間に仕上がりました。

IMGP1336

そして、玄関のシューズボックスはこれまで窓側に

低いものがあったのですが、

今回は入って正面に背の高いものにしました。

こちらは玄関ドアと床がかなり濃いお色でしたので

唯一、着色をしないようにしました。

北側の玄関なのですが明るい印象になりました。

IMGP1326

クライアントさんには工事中、

仮住まいへ引越しをしていただいていたので、

たいへんご不便な思いをさせてしまいました。

その分、きれいになったお家で、

快適に新しい年を迎えていただけたら、うれしく思います。

ありがとうございました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/22

オリジナルキッチン

昨日引き渡したリフォーム工事でもキッチンや造作家具は

オリジナルで大工の手による製作物にしました。

2009_1221BH

終の棲家としてのリフォームでも有りましたので、

手の届きにくくなる吊戸棚は設けず、動線も短くまとめました。

IMGP1305

キッチンのベースキャビネットはコの字型で動線を短くした分、

開き戸だと身体を交わすことが難しくなるので

原則、引戸にしました。

これなら、娘さんと一緒にキッチンに立っても大丈夫です。

また、突き当たりにはゴミ箱を置くためのスペース確保しました。

IMGP1302

食器棚はカウンターキャビネットと吊戸棚の組み合わせで

引き出しの高さは収納するものから想定して決めました。

そして、床と壁の板張りはナチュラルカラーでしたので

造作家具は着色をするコトを提案しました。

お陰で全体が締まってよかったと

クライアントさんにも言って頂きました。

 

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/21

完成しました。

5年程前に木造の店舗を松匠創美で建てさせていただいた

ご依頼主様より、ご自宅のリフォームの依頼を頂いて、

築33年で鉄筋コンクリート造の建物を工事していたのですが、

本日お引渡しをしてきました。

2009_1021AO

1F部分を全面的に解体して

改修後は無垢の木をふんだんに使った内装にしました。

IMGP1340

そして、将来は1Fだけでも生活できるようにと

以前和室だったスペースには個室にもできるように

建具を設けて、つながる間取りにしました。

IMGP1339

それまでは、建具を収納して、

30畳程もある広がり空間として、利用できます。

もちろん、床暖房が全面に入っていますので

コンクリート特有の底冷えの心配もなく、暖かです。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/18

南の雲

これは朝、北の空を屋根越しに見上げた所です。

北の空は全体に明るい雲が浮かんでいて、優しい感じです。

2009_1215AE

一方こちらは同じ朝、南の方角を見たときの空です。

2009_1215AA

見上げたときに陰になっているグレイの雲と

昇りかけの太陽の光を受けている白い雲と

その奥に青空と太陽がある順番の空は

とても立体的で、天空の奥行きが感じられます。

2009_1215AC

私は、こんなドラマチックな空を

一度飛んでみたいと思うことが有ります。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/17

「木組の家」を学ぶ

「木組の家」とは

空間を構成する、間取りと

木造の骨組みである、柱や梁などの架構とが

一体で無駄なく組まれた家のことです。

2009_1213AH

写真は、木が組まれたところの模型。

(松井郁夫建築設計事務所製作)

実際には、ここまで出来上がったところが「上棟」です。

2009_1213AG

目指す所は、このようにバランスよく美しい骨組みです。

足すのは簡単ですが、引くのは意外と難しいです。

そこで、今年はお勧め本でも紹介したことのある、

松井郁夫先生と小林一元先生、宮越嘉彦先生の

3名の講師からその極意を学んでいます。

松匠創美の家づくりにも活かせるものだと思います。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/16

みなとみらい地区

先週、横浜大さん橋へ行った際に、

古くからの港町の象徴である赤レンガ倉庫と

新しく建ち並ぶ、みなとみらいの建物群の対比が

とてもよく出ている景色に出会いました。2009_1206BQ

最近でも、少しづつですが新しい建物が建っています。

そういえば、今年は日産自動車の本社ビルも完成しました。

これは、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の講習会で

伺った話ですが、カルロス・ゴーン氏は本社ビル建築に際して、

CASBEEの評価をトヨタ自動車本社ビル以上の評価になるようにと

指示を出したそうです。

もちろん、最高のSランク(建築物の環境性能効率BEE=5.6)の

評価を取得しました。

こんな所にもライバル関係が影響しているのは面白いです。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/12/15

建築とみどり

ちょっと季節はずれな話題ですが

都内を歩いていると以外に緑が多いことに気づきます。

2009_0718AF

葉山辺りにあるような根っからの自然ではないですが

コンクリートの街には緑が必要とされているようです。

2009_0718AA

昔ながらの酒屋さんの2階からも緑があふれています。

植木鉢がギッシリ並べられている光景もよく目にします。

2009_0718AC

こちらはビルからも緑が湧き出していて

この写真の頃は真夏でしたので街路樹が木陰を生み出していて

とても助かった覚えが有ります。

こうして見ていると、葉山近郊ではまだまだ自然が豊なこともあり

むしろ、建築を計画しているときに緑を積極的に取り入れることが

少ないような気がします。

ウカウカシテイテ緑が失われてしまわないように

考えて行きたいと思っています。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff