【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2009 年 10 月 のアーカイブ

2009/10/30

秋の深まり

もう少しで引渡しの現場が大詰めで

連日、現場へお手伝いに行っています。

その際、外回りの片づけをしていてふと気づきました。

2009_1030ac

現場のお庭にも秋が訪れていたことに。

これまでは打合せにばかりに気が取られて

まったく気付いていなかったのですが

明日がハロウィンということは

10月も終わり、秋も深まる訳です。

2009_1030al2

昨日は愛犬陸の月命日でしたので

かぼちゃのキャンドルを灯してみました。

陸は楽しんでくれたかなぁ?

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/30

10月のライブ

先週末に以前から一度、生演奏を聴いてみたいと思っていた

日本人ミュージシャンのライブへ行って来ました。

2009_1023af

これまでCDを聴いている感じから

フォーキーな音を期待していたのですが

以外にもライブはサイバーな音で

目の前で演奏しているのですが

機械的な音過ぎて直接、響いてこない

そんなもどかしい残念なライブでした。

唯一、トークの合間にアドリブで歌った曲はいい感じでした。

しかし、会場はかなり盛り上がっていましたので

世代の違いのせいなのか・・・

イエイエ、単にPAとの好みとの違いのせいだと思っています。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/28

上高地へ

ずっと以前は、年に一度はどこかへ旅に出かけていたのですが

犬と暮らし始めてからはどこへも行かなくなっていました。

でも、昨年の今頃は犬の居ない生活をしていたので

上高地へのお誘いを頂いて久しぶりに出かけてきました。

pa260020

いつも床板にお勧めしている「から松」ですが、

ちょうど黄葉して輝いている時期でした。

残念ながら、冷たい雨が降っているあいにくのお天気でしたが

美しい自然の力が脳ミソをスッカリ洗ってくれたようでした。

pa260026

湿原や湖、鴨や猿の動物達、みんな調和している感じが

バランス好く素晴らしいところでした。

* * *

今は、また犬の居る生活をしています。

でもちゃんとしつけをして、空も一緒に旅に出かけられるように

なりたいなぁと思うようになりました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/27

嵐のあと

昨日は上陸こそしませんでしたが

台風が沿岸をかすめて行きましたので

葉山の辺りでも、かなりの強風が吹いていました。

そのお陰で今日はとてもきれいな青空に

海も、その青空を映して美しく染まっていました。

2009_1027af

写真に撮ると葉山の海とは思えないくらいの青さです。

一方こちらは、昨日上陸した嵐です。2009_1022ab

空ちゃん台風が猛威をふるって去って行ったあとです。

天候の悪い日が続いたため散歩が足りなかったようで

散々暴れて発散していました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/26

待ち時間のたのしみ

湘南新宿ラインのお陰で三浦半島から

新宿方面がとても近くて便利になりました。

もう少し、待ち時間が短くなると更にうれしいのですが。

すこし時間がずれてしまうと結構待つことになります。

2009_1025aa

昨日は、秋の真ん中を一気に通り過ぎて、

寒い一日でしたので、ちょっと贅沢をして

ゴディバでカフェモカを買ってからホームへと向かいました。

2009_1025ac

ゴディバのカフェモカは、上品な甘さで

飲み終わる頃にはすっかりぽかぽかに温まって

幸せな気持ちで待ち時間を過ごすことができました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/22

昨日の空

昨日は打合せに出かける時

ふと空を上げると雲の合間が美しく輝いていました。

2009_1021ad1

そして、打合せが終わる頃には

雲がピンク色に染まり、空全体が輝いていました。

image001

ちなみに、事務所でお留守番の空は

ちょっとふて腐れ気味で、ご機嫌が斜めのようでした。

2009_1021ac

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/21

測るもの

「測ること」、それは設計の仕事をする上で

とても大きなポジションを占めています。

2009_1021ad

そこで写真は、わたしが普段使用している測るものです。

1番奥から3番目までは一般にスケールと呼ばれているもので、

人によってはコンベックと呼ぶ人もいます。

これらのスケールにはそれぞれの役割があって

1番奥の5.5mまで測れるものは、現場に出かけるときに

持って行く用(現場ではこのくらいの長さがないと足りないので)

2番目の3.5mまでしか測れないものは、設計をしているときに

デスクで使用する用(軽くてコンパクトで使いやすいので)

3番目は、1.0mしか測れないのですが、

常にカバンの中に潜ませておき

出先で気になった寸法を測るとき用です。

そして一番手前は一般にサンスケと呼ばれていますが、

正式名称は三角スケールといい

図面の縮尺にあわせて寸法をあたる時使用します。

これらを忘れてしまったり、行方不明にしてしまうと

とてつもなく不自由を感じることになるので大変です。

そのため、いつも手元に置いあり

長いものは20年は使用しているので、

今ではかなりの愛着を感じているものたちです。

2009/10/20

アオとミドリ

完成が間直のリフォームで、

竹をアクセントに利用しようと言うことになり

近所の外構用の竹を扱っている竹屋さんに行ってきました。

2009_1018ab

微妙な色の違いがあってなかなか綺麗なものです。

この日は、日曜日だったのでお店の方が

ちょうど、犬の散歩に出かけてしまっていたので

クライアントと品定めだけして帰ってきました。

その際私が、「青じゃない方ですね?」と確認しましたところ

外国人のクライアントは「アオじゃない、これはミドリです。」

と言って教えてくれました。

そうでした、私たち日本人は昔、ミドリをアオと言っていました。

以前、信号も「これはアオではないミドリです。」

と教えてくれた外国の方が居たことを思い出しました。

色には少々うるさいつもりでいたのですが、

ハッと気づかせられました。ありがとうございます。

2009_1018ap

この日は、上空に雲ひとつない快晴だったので、

帰り道は富士山のシルエットが薄っすらとうつくしい

夕暮れを見ながらになりました。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/19

ひとつひとつ

空がまたまた窓に向かってワンワン攻撃を仕掛けています。

imgp0856

夜、ロールスクリーンを下ろしていない時などは

窓ガラスに映った自分に向かって

ワンワン攻撃をしていることがあるのですが、

この時は朝でしたので何だろうと様子を見てみますと

imgp0854

少し前に窓辺に置いた仏像に向かって攻撃をしていました。

棟梁 松田作の未完成品とは言え

仏像に向かって攻撃を仕掛けるとは

臆病なのか、怖いもの知らずなのか・・・

imgp0831

少しの間攻撃をしても反撃がない事が判ると

安心したのかその後は攻撃を仕掛けることはなくなりました。

まだまだ、出会わなければならない初物が

この世の中にはたくさんのあるから、

ひとつひとつ覚えて行こうね、空ちゃん。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff

2009/10/16

無垢の木の外壁材

逗葉新道へ向かう途中にあるコンピニエンスストアの外壁は

事務所の外壁にも使用している無垢の木のサイディングです。

2009_1015ac

先日、打合せに向かう際に立ち寄ったときに

入口の脇に犬をつないでおく事が出来るように

リングが設けてあるコトに気づきました。

2009_1015aa1

更にふと目に留まったのは、つながれた犬達が付けたであろう

爪跡があっても気にならず、いい味が出てていることでした。

このコンビニを計画していた頃、

松匠創美も担当してくれていた外壁材の営業の方が

折角この材料を採用してもらったにもかかわらず

正面はほとんど看板で隠れてしまって、

側面は木ではないサイディングの面積の方が目立ってしまったと

残念がっておられたコトを思い出しました。

でも、数年経ってみてその良さは一目瞭然になりました。

無垢の木の外壁材の部分はとてもいい色に経年変化をし

スッカリ建物と一体化し、馴染んでいます。

私はこの無垢の木が少しづつ変化していく感じが

とても気に入っています。

□ 松匠創美 設計 久保歩美
http://www.hayama-ie.jp/contents/staff