【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘まち並みと建築のこと’ カテゴリーのアーカイブ

2017/08/24

木造建築物の防耐火設計/所沢市民体育館

今日は少し時間が空いてしまいましたが、

7月に木造建築物の防耐火設計について学ぶ講習会で

最後に見学をした所沢市民体育館のご紹介です。

IMG_0174

緩やかな美しい曲線が印象的な体育館の設計は、

鎌倉の旧神奈川県立近代美術館の設計を手掛けらえれた

板倉準三さんが創設した板倉建築研究所によるものです。

IMG_0171

前面道路には圧倒されるような美しいケヤキ並木があり、

この並木を生かし、その自然のイメージを

体育館の内部へ取り込みたいとの思いから、

無垢の木材を使った大規模構造に取組むことになったそうです。

IMG_0179

基本構造はRCですので、柱や壁はコンクリート製です。

IMG_0196

各ディテールへの心配りが随所にみられ、

建築全体の美しさを造り上げていることがわかります。

IMG_0189

屋根は秩父地方のスギを無垢材で使用した構造です。

鉄骨と役割分担をし、これだけの大空間を支えています。

IMG_0191

体育館の屋根に無垢の木材を使用することが出来たのは、

木材に着火しない性能設計によります。

IMG_0194

それは、火源と木材を必要な距離離すことで、

火災時に木材に着火しないようにするということです。

沢山の人が集まる空間ですので、大切な性能です。

今回の見学会で、拝見させていただいた4件は、

各々が違うタイプの防耐火設計をしていましたので、

タイプによる見え方の違いなど、大変勉強になりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/25

木造建築物の防耐火設計/東部地域振興ふれあい拠点施設

先週末は、木造建築物の防耐火設計について学ぶ講習会で

防火木造建築の見学に埼玉県まで行って来ました。

見学した建物は4棟、今日は最初に見学をしました

春日部の『東部地域振興ふれあい拠点施設』のご紹介です。

IMG_0107

一見、木造建築と言われても本当?と思うような外観の

この建物、地上6階建ての上層2層が木造です。

IMG_0066

開口部が、ガラスと耐力要素である木質パネルで出来ており、

木造を感じさえてくれる意匠になっていますが、

柱梁などの木質構造部分はすべて耐火ボードで覆われ、

目で見て感じることはできません。

IMG_0062

ただ、体感としましては、木造の床の階は、

歩くと足触りの違いで、それを感じることが出来ました。

IMG_0087

建築されたのが、2010年8月~2011年9月で、

「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」

が施行される以前に計画が採択されていたこともあり、

まだまだ、ビルを木造で造るということの珍しさと

一見木造と分からない仕上がりになっていることから、

写真のように実寸大模型が展示されていてるホールがあり、

木質部分を見ることが出来るようになっていました。

IMG_0056

こうした取り組みを重ねることで、木質構造への

社会の理解が進んで来ていることが判るような

そんな建物でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/05/24

明治期の建物を現調

今日の午前中は、明治期に建てられたという建物の

現調でした。とてもしっかりと造られており、

まだまだ十分な耐力を持った建物です。

IMG_9381

窓は1本のレールの上に、左に雨戸、中央にガラス戸、

右に網戸と並んでおり、戸締りをするときは雨戸を

光を取り入れる際はガラス戸、暑い季節は網戸を

その時々でスライドさせるだけです。

とてもシンプルな造りは、新鮮に写ります。

IMG_9371

細部まで、神経が行き届いた仕事に惚れ惚れしたり、

IMG_9365

工夫を凝らした造りに感嘆したり、

IMG_9384

なるべくこの建物を損ねないように手を加える方法を

考えたいと思います。

IMG_9388

最後は、ご近所で始まった古家の解体工事です。

手刻みの骨組みが解体され横たわっているのを見た

棟梁松田は、手刻みならではの手のかかる仕口を見て

あれ、大変なんだよなぁ・・・とつぶやいていました。

残る家、壊される家、悲喜こもごもございます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/04/08

シバザクラ

昨日の夜は、講演会を聴きに行っており、

伺ったお話しで頭の中が忙しくなってしまいまして、

更新が本日、土曜日になってしまいました。

IMG_9028

その講演会が行われるビルへと向かう途中、

東京タワーが足元近くまで見えましたので

思わず、写真を撮ってしまいました。

富士山が裾野の方まで見えた時と

似た反応のような気がします。

IMG_9030

会場のビルへ到着しますとお庭には、

シバザクラが一面に植え込まれているのが見えました。

IMG_9040

エントランスホールへ回りますと、

斜面一面に植え込まれたシバザクラが、

エントランスホールのピカピカの床に写り込み、

倍増したシバザクラが、視界一杯に飛び込んできます。

ミニマムな空間とのコントラストがきれいです。

IMG_9039

生けられていたお花もシバザクラに合わせて

ピンク系でまとめられていて、とても素敵でした。

講演会の内容もとてもいい気付きがありました。

今後に生かしていきたいと思います。

IMG_8882

生憎のお天気の週末ですが、桜は見ごろを迎えています。

どうぞ、良い週末をお過ごしください。

2016/12/20

ハルニレテラス/軽井沢

数回に分けてご紹介をしてきました軽井沢のことも

今日で最後となりました。最終回はハルニレです。

IMG_7483

ハルニレとは、ニレ科の落葉高木のことで、

北海道ではハルニレの巨木が多いことからか

「アイヌの神話ではこの木は女神となって、

人間の子を生みました。」と言われていることが、

セゾン美術館のお庭のハルニレの樹に記されていました。

IMG_7481

そして、千葉が撮影したハルニレの樹が家族写真のようで

とても素敵だったので、お借りしてご紹介です。

DSC_5269

落葉後の枝ぶりもとても美しい樹です。

IMG_7525

そして、軽井沢のハルニレと言えば、

現在ではこちらのハルニレテラスです。

出掛けましたのはまだ11月でしたが、

すっかりクリスマスの雰囲気でツリーがきれいでした。

IMG_7526

旅の最後にちょっとだけ観光気分を味わいながら

お土産を買って帰路につきました。

日帰りでしたが、いい建物を沢山見て、充実の旅になりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/12/19

旧朝吹山荘 『睡鳩荘 』/軽井沢

今日は、少し前に軽井沢へ出掛けた際に立ち寄りました

軽井沢タリアセン内の塩沢湖畔に建つW・M・ヴォリーズ設計の

旧朝吹山荘 『 睡鳩荘(すいきゅうそう)』をご紹介いたします。

IMG_7490

ヴォリーズ設計のこの建物は、昭和6年、

6000坪の土地に建てられた朝吹家の別荘です。

IMG_7497

平成20年に軽井沢タリアセン内へ移築されました。

湖畔に建つその景色は、とても美しいものでした。

IMG_7499

外観から手の込んだ仕事がされている建物です。

DSC_5279

内部も大変細かいところまでこだわりの見える

上質な仕上がりの空間です。

IMG_7510

2階には、寝室が4部屋あり、どの部屋の窓からも

魅力的な景色を眺めることが出来ます。

IMG_7514

第1回「軽井沢緑の景観」特別賞を受賞しているとのこと

頷けます。

IMG_7515

機能的な工夫も見られます。2階の床下全面には、

遮音のためにオガクズが敷き詰められています。

その様子が一部見えるようになっています。

DSC_5286

帰るころには建物に明かりが灯り、とても築85年の建物

とは思えないくらいにキラキラと輝いていました。

軽井沢の話も回を重ねまして、次回が最終回になります。

なんとか今年中に完結させたいと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/12/09

ペイネ美術館(夏の家)/軽井沢

今日は昨日に引き続き、先日出掛けた軽井沢で

立ち寄りましたペイネ美術館のご紹介です。

この美術館、建築家アントニン・レーモンドさんが、

昭和8年にご自身の別荘兼アトリエとして建てられた

「軽井沢・夏の家」を1986年7月に塩沢湖のほとりへ

移築復元したものです。

IMG_7489

元々、夏の家と言うことで、大きな窓が沢山あり

開放的な造りの建物なのですが、

現在は美術館ということで、塞いで使用しているため

本来の建物の居住性を感じることは難しいです。

1室のみ窓が開かれていて、

少しだけ当時の雰囲気を感じることが出来ます。

ただ、現在の使用状況にあまり愛が感じられず、

ちょっと寂しい感じがしてしまいました。

IMG_7764

一方、美術館としましては、かわいい恋人たちを描く

フランス人画家 レイモン・ペイネさんの原画やリトグラフ、

愛用の画材などが多数展示されています。

これまで、ほとんど興味を向けたことのなかった画家ですが、

実際に作品を拝見しまして、流石は愛の国の方です。

とてもロマンチックではありますが、子供向けでなく

あくまでも大人の作品であるということを知りました。

開館30周年を記念して展示されていた原画作品は

特に素晴らしく、詩的な作品に感動しました。

建物を拝見しに行ったのですが、

ペイネさんの素晴らしさも知ることが出来良かったです。

師走の週末、どうぞ有意義にお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/12/08

好日山荘/軽井沢

今日は先日、見学ツアーに参加するために

出掛けました軽井沢で偶然に発見しました

斎藤裕さん設計による『好日山荘』をご紹介致します。

実は『好日山荘』、目的地へ向かう途中で

田中が見つけてくれました。

IMG_7424

曲面が組み合わされた赤い屋根が異彩を放つ建物です。

IMG_7416

見る角度によってさまざまな表情を見せる

複雑な形をしたこの建物を本の中で斎藤裕さんは、

「次々と連続していく空間構成」と仰っていました。

今でこそ、バブル的という言い方もできますが・・・

IMG_7422

建築ではファサードを意識して設計されることが一般的ですが、

この建物はご自身、正面のない建築物と仰っている通り、

彫刻作品的思考で計画されています。

IMG_7411

切り取られた森の姿も特徴的です。

IMG_7426

こちらの≪現代の建築家≫斎藤裕では、

表紙を飾っている作品です。

外からだけでも見ることが出来て、良かったです。

51P2IWgShXL._SL500_

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/12/01

セゾン現代美術館/軽井沢

今日も昨日に引き続き、先日見学ツアーに

参加するために出掛けた軽井沢で立ち寄りました

『セゾン現代美術館』のご案内致します。

IMG_7454

軽井沢の自然に溶け込むように

低層の数寄屋造りのような佇まいの建物は、

菊竹清訓さん設計によるものです。

IMG_7446

庭園は、彫刻家の若林 奮さんが構想をされたもので、

「豊かな自然に囲まれた中につくられた緑の彫刻」

といった風情で、いろいろな表情を見せてくれました。

IMG_7460

また、お庭にいくつもの彫刻作品が展示されていて、

写真は、井上武吉さん『my sky hole 94-5 石のラビラント』

球体に写り込む景色が楽しめます。

IMG_7461

庭園内には、川も流れていて、そこへ架かる鉄橋も

若林奮さんによる彫刻作品です。

IMG_7474

イサム・ノグチの『雲の山』と言う作品も展示されていました。

今回は、時間の関係で、美術館内の展示は観ずに

お庭の散策だけさせていただきました。

次回は500点にも及ぶ現代美術のコレクションを

是非とも見てみたいと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/11/30

旧カニングハム別荘/軽井沢

今日は月曜日に続きまして、先日見学ツアーに

参加して参りました、吉村順三さん設計による

『旧カニングハム別荘』のご案内致します。

2-1

先日ご紹介しましたハーモニーハウスに対して、

メロディハウスと呼ばれる『旧カニングハム別荘』は、

エロイーズ・カニングハム女史の夏の家です。

実際、冬は寒くてとても居られないとのことです。

2-2

大きな吹抜けのあるLDKには、

グランドピアノが置かれていて、

その片隅にはコンパクトな薪ストーブもあります。

2-3

LDK以外には、最小限の主寝室と

2階に3台のベットが置けるくらいの客間があります。

2-6

主寝室の窓は、光がコントロールされていて、

程よく取り入れられた光が、とても印象的でした。

また、収納扉は壁の仕上げと同化させて、

存在感をなくし、すっきり見せていたり、

2-5

他にも随所に興味深いディテールが見られ、

「何故、ここはこう納めたのか?」と考えることは、

たいへん楽しく、いい勉強になりました。

2-4

メロディハウスは、会員制貸別荘になっていますので、

宿泊することも可能です。

この日も宿泊されていた方達のチェックアウトを待って、

見学させていただきました。

吉村順三建築を体感できる数少ない機会です。

収益は建物保存のための修繕費に当てられる

と言うことですので、ご興味のある方は、

宿泊されてみてはいかがでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。