【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘趣味のこと’ カテゴリーのアーカイブ

2018/06/15

野村万作萬斎 狂言の現在2018

先週末は、5月末に改修工事を終えたばかりの

神奈川県民ホールの大ホールで行われました

野村万作萬斎 狂言の現在2018を観に行って参りました。

IMG_3518

写真は、ハート形の葉を見つけ撮影したものです。

 

まずは萬斎さんによるレクチャートークから始まります。

そこで、この日演じられる演目のあらすじなどを

最初に解説がありますので、予備知識がなくても狂言を

存分に楽しむことができます。

 

最初の演目『柿山伏』は、息子の野村裕基さんが山伏を演じます。

まだ、まだ、ですが、お父様目指して頑張って欲しいです。

 

二つ目の演目『成上り』は、人間国宝 野村万作さんが

太郎冠者を演じます。決して86歳とは思えない、

声と躍動的な動きで、楽しく笑わせてくれます。

 

休憩を挿み最後の演目『花折』は、野村萬斎さんが

新発意を演じます。新発意とは見習い僧のことで、

住職が留守の間に言いつけを守らずやらかしてしまうお話。

何でしょう、この萬斎さんの圧倒的な才能は。

声、表情、視線、動き、どれをとっても素晴らしく

観るものを魅了し引き付けて離しません。

大いに笑い、存分に楽しませてもらいました。

IMG_8196

写真は、伊豆城ケ崎で撮影した大迫力の松の木です。

 

一つだけ、狂言に慣れていない者にとしましては、

終わり方が分かりにくいので、最後に皆さんで舞台に上がり

ご挨拶とかあってくれると分かりやすいと思うのですが・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

2018/06/05

東京都庭園美術館「フランス絵本の世界」展

最近では住宅の設計をさせていただく際に、

TVは見ないので、とおっしゃる方が増えています。

家に全くTVを置かれない方もちらほら。

比べて私は今でもTVを録画して時間のある時に

楽しんでいます。毎週録画をしている番組の一つに

『ぶらぶら美術・博物館』があります。

2018年5月29日の放送回は、

東京都庭園美術館「フランス絵本の世界」展でした。

山田五郎さんの博識で歯に衣着せぬコメントを

いつも楽しみにしています。

IMG_3304

「フランス絵本の世界」展が行われていましたのは、

少し前にご紹介をしました旧朝香宮邸のお隣に、

2014年に完成をしました新館です。

この新館は、旧朝香宮邸と写真の三保谷硝子で造られた

美しい廊下でつながっています。

IMG_3306

写真は、GWに庭園美術館へ行った際に撮影したものです。

季節や時間帯によって刻々と移り変わるその陰影は、

本当に美しく、暫し見とれてしまいました。

私が訪れた際は、旧朝香宮邸にたっぷりと時間を使って

しまったため、「フランス絵本の世界」展は、

通過してしまったのですが、帰りのミュージアムショップで

大学の第二外国語の教材だった「ぞうのババール」の絵本が

目に飛び込んできて、全く理解できなかった

第二外国語の苦い思い出が蘇ってしまうのでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/05/31

キリンチャレンジカップ2018/ガーナ戦

昨日は雨の中、日産スタジアムで行われました

サッカー日本代表 VSガーナ代表の試合を

観戦に行って参りました。

IMG_0189

久しぶりの代表戦、横浜開催を楽しみにしていたのですが、

あいにくの雨模様で大変でした。

IMG_0190

席はコーナー付近、前の方でしたので、目線が低く、

死角があり、ピッチは遠く、試合の様子も分かりにくくて、

試合観戦と言うよりは、応援席と言った席でした。

IMG_0194

選手入場では、スタジアムがブルーに染まりました。

ブルーは後退色で中々圧倒的に見せることが難しいのですが、

このライトはとても効果的に思いました。

短い時間でしたが、本当にきれいでした。

IMG_0195

試合は見どころもあまりなく、応援席も元気なく

後半は雨で体が冷え、集中力も途絶え気味でした。

IMG_0198

試合終了後は、W杯壮行セレモニーが行われました。

スモークが焚かれ、

ウカスカジーのお二人が応援ソングを歌い、

沈んだ気持ちと冷えた体をいくらか温めてくれました。

IMG_0205

再びスタジアムがブルーに染まり、

西野監督、長谷部選手がお話をされました。

IMG_0208

W杯の壮行試合には、毎回足を運んでいますが、

こんなに演出のある壮行セレモニーは初めてでした。

IMG_0214

最後は選手たちがグランドを1周して、見送りました。

前回のW杯が終わった直後には、次のW杯の頃には、

世代交代しているだろうと思っていましたが、

今日発表になったメンバーを見てびっくりしています。

IMG_0215

即席チーム監督と言うこともあり、安定のベテラン選手が多く、

フレッシュさに欠ける感は否めませんが、本大会では、

ベテランの素晴らしい選手たちを超える若手の活躍に

期待しながら、応援したいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2018/05/18

ルドンー秘密の花園

大型連休中にラ・フォル・ジュルネTOKYOへ

有楽町に向かった日、その前に足を運んだのが、

お隣、三菱一号館美術館で開催されていました

『ルドンー秘密の花園』展です。

IMG_3336

ルドンと言えば、これまで版画のイメージしかなく、

漫画家の水木しげるさんがゲゲゲの鬼太郎の

目玉おやじのヒントにしたとも言われる

黒の時代に描かれた目が印象的な作品群の重い世界感から

積極的に作品を見たいと思ったことのない画家でした。

IMG_3455

しかし、今回勢揃いした晩年の作品群は、

幻想的で独自の世界感はそのままに

夢の世界のような空気感があり、

これまでのイメージを一蹴するものでした。

IMG_3337

60歳代にドムシー男爵の依頼で食堂の壁へ描いた

16点の作品が今回はすべて展示されていました。

ただ、伊藤若冲の動植綵絵の時のように一室にまとめて

展示されているわけではなく、

並び順も食堂の壁に描かれた順ではないことから、

食堂の空間をイメージすることが難しく

出来れば食堂の空間に近い環境で観たかった・・・。

IMG_3340

ただ、縮小版の写真で食堂を再現した部屋がありましたので、

この部屋の後、もう一度実際の作品の展示まで戻って、

鑑賞することで、何とかルドンの意図する所を

感じることが出来たような気がします。

独特の色使いと色の重ね方に魅了されました。

期待以上に素晴らしい作品に大満足のルドン展は、

今週末まで開催されています。

どうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/05/11

ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018

大型連休後半、ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018へ

今年のテーマはUN MONDE NOUVEAUー新しい世界へー

連休の少し前から棟梁が体調を崩していたため、

直前まで予定が立たなかったのですが、順調に回復したため、

急遽、最終日の5日に行くことにしました。

IMG_3344

お天気にも恵まれたこの日、そこここで奏でられる音楽を

聴きに集まった多くの方々で、大変に賑わっていました。

いくつか気になる有料公演はあったのですが、

スケジュール的にそれらを梯子することは難しかったため、

欲張らずにパヴェル・シュポルツル&ジプシーウェイ

による流浪の民ロマの音楽に絞って聴くことにしました。

IMG_3345

その前に、有料公演以外にもホールEで催されている

無料公演の様子を見に行きますと

次の出演者が Percussion select-S打楽器アンサンブル)

と、興味を惹かれる公演でしたので、席を確保し待つことに。

すると待つ間にクライアントさんご家族と偶然出会いまして、

延べ43万2千人も来場者があったイベントで奇遇です。

既にいくつか公演を聴き、満喫されている様子でした。

Percussion select-S打楽器アンサンブル)の演奏は、

マリンバやティンパニ以外にもたくさんの打楽器による

楽しい演奏でした。が、途中観客へ手拍子の要求するも

ちょっと難し過ぎまして、その輪は広がりませんでした。

打楽器奏者の方々にとっては、難易度が高いとは

思えなかったのかもしれませんが、

少なくとも私には、難しく残念でした。

パヴェル・シュポルツル&ジプシーウェイの公演は、

パヴェル・シュポルツルさんのヴァイオリンが素晴らしく、

初めて聴くヴァイオリンの音色でした。

同じヴァイオリンでもこんなに音が違うものかと

是非、次はもう少し長く聴いてみたいと思いました。

思い切って行ってみて良かったと思える公演でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

2018/04/20

マリア・パヘス『DUNAS』

3月末、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで

開催されましたフラメンコ界を代表するバイラオーラ、

マリア・パヘスとコンテンポラリーダンス界で活躍する

シディ・ラルビ・シェルカウイによる公演『DUNAS』を

鑑賞してきました。

2011年『MIRADA~ミラーダ~』

2013年『UTOPIA~ユートピア~』

2015年『Yo,Carmen~私が、カルメン~』

と、ご自身の舞踊団での来日だったマリア・パヘスですが、

今回は新しい試みで、コンテンポラリーダンスと

フラメンコ、ダンサーは2人のみによる作品です。

IMG_3011

写真は、本文とは全く関係なく、

少し前、お部屋を飾ってくれていたクリスマスローズです。

 

冒頭は、ふたりが布を纏い語り合うようなシーンから始まります。

マリア・パヘスは、ブラソ(腕)とマノ(手)の

使い方が特徴的なバイラオーラですし、それはとても美しく、

一気に世界へと引き込まれていきました。

IMG_3010

クリスマスローズの切り花が手に入るのは珍しいです。

 

また、シディ・ラルビ・シェルカウイは、多才で、

マリア・パヘスがソロで踊るバックに映し出される

サンドアートを描いてみせ、フラメンコとサンドアートが

自然に融合して行く姿を魅せてくれました。

IMG_3013

折角ですから下からも煽って撮ってみました。

 

2人は、対立することなく絡みあいながらも

互いに自己の存在を主張しているそんな印象を持ちました。

週末は、お天気も良く暑くなりそうな予報です。

どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/13

STARS ON ICE 2018

先週末は、横浜アリーナで行われました

STARS ON ICE 2018を観覧に行って参りました。

IMG_3052

4年に1度、オリンピックイヤーにのみ行われる

スペシャルエディションが、横浜の地で観られるとは、

なんとしあわせなことでしょう。

豪華なメンバーは、平昌オリンピックで活躍された選手の方々、

女子シングル金メダリストで何かと話題のアリーナ・ザキトワ選手、

銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手は、

脚の調子が回復していないのかジャンプはなしでしたが、

情感たっぷりの演技で魅せてくれました。

銅メダリストのケイトリン・オズモンド選手、

4位の宮原知子選手は、身に着けた表現力で

滑っているときは大きく見えました。

6位の坂本花織選手は明るいキャラクターそのものでした。

惜しくも平昌オリンピックの選考には漏れてしまった

三原舞依選手や紀平梨花選手は今後の活躍が期待されます。

他にも世界選手権で銀メダルに輝いた樋口新葉選手、

人気の高い本田真凛選手も、演技を披露されました。

ペア銀メダリストのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード組は、

アクロバティックで切れのある演技にハラハラさせられました。

日本代表の須崎海羽&木原龍一ペアも精一杯の演技を

アイスダンス金メダリストの

テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイア組と

日本代表の村元哉中&クリス・リード組は、

ひときわ大きな声援でアイスダンスの人気の高さを感じました。

ペアとはまた違った、美しい滑りが魅力です。

男子シングルからは、銀メダリストの宇野昌磨選手、

銅メダリストのハビエル・フェルナンデス選手、

団体で金メダルのパトリック・チャン選手、

日本代表の田中刑事選手に加えて

解説以外にも多方面で活躍中の織田信成さんは、

相変わらずの柔らかいジャンプとなめらかな滑りでした。

そして、最後を飾ったのは、エフゲニー・プルシェンコさん

サービス精神にあふれ、魅せ方を熟知した彼の演技は、

会場にいるすべて人を魅了し、支配しているかのようでした。

綺羅星の如き滑りに、目くるめく時間でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

2018/04/06

全国ツアー Maniju(マニジュ)最終日

日曜日は最愛のミュージシャン佐野元春さんの

全国ツアー『Maniju』 の最終日に行って参りました。

IMG_3026

向かったのは初めての東京ドーム・シティ・ホールです。

この日は、東京ドームで阪神巨人戦のデーゲームが

行われていたりで、周辺は多くの人であふれ、

翌日の打合せの準備で、ギリギリの到着になり、

状況が把握できないまま、会場へなだれ込みました。

写真は終了時に撮影したものです。

IMG_9294

『Maniju』ツアー最終日のセットリストです。

コヨーテバンドが誕生してから13年、今回のアルバム

『Maniju』は4枚目のオリジナル作品と言うことで、

そのツアーは、念願叶ってコヨーテバンドの曲のみで

構成される、これまでのスタイルとは一線を画す

『新・佐野元春』を感じるLIVEでした。

1部はコヨーテバンドを代表する曲目が並び、

昨年行われたツアー初日、ギターの藤田顕が欠席し、

音にやや隙間が感じられたのですが、

この日は、深沼元昭と藤田顕ふたりによるギターが絡み、

音に重厚さが増し、グルーブ感を楽しめました。

2部は、ほぼアルバム『Maniju』を再現した内容で、

2部終了時には、1本の映画を観終えたような

そんな感覚になりました。

アンコールでは、元春クラシックスも演奏されましたが、

これまでとは、少し違った選曲もあり、

苦手だったアンコールでの『約束の橋』も

最後のここが好きだったんだなぁと、

改めまして、受け入れることが出来ました。

多様で奥行きのある本当に素晴らしい夜でした。

IMG_3021

この日の前日は、今年2度目のブルームーンでした。

澄んだ月明かりが、美しく夜を照らしていました。

どうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

2018/03/30

FLAMENCO NIGHT VOL.4

2週間ほど前のことになりますが、

横須賀にあります河童蔵と言う居酒屋さんで行われました

フラメンコのライブを観に行ってきました。

IMG_2835

写真はこの日、出演をされたメンバーの方々です。

そう、皆さん日本人でフラメンコをこよなく愛する方たち。

河童蔵で行われるこのシリーズのライブは今年で4回目ですが

これまで中々チケットが手に入らず、観に行けなかった

人気のフラメンコ・ライブです。

メンバーは、フラメンコを教えておられる方や

定期的にステージで踊っておられる方、

日本では数少ないバイラオール(男性の踊り手)の方など、

フラメンコ色の濃い方々です。

ステージは、メンバーの顔見世のタンゴから始まりまして、

それぞれの踊り手さんのソロへと移ります。

前半の最後は、客席からも参加してのセビジャーナス、

フィエスタ(お祭り)等では、みんなが踊る曲です。

後半最初は、また皆で入場し顔見世のファンダンゴ、

その後は前半にソロを踊らなかった踊り手さんがソロを披露。

そして、最後は宴の締めに踊られることの多いブレリアで

すべての踊り手さんが順番に踊り、大いに盛り上がりました。

踊り手さんたちそれぞれが、見事にタイプが違いましたので、

バリエーション豊な内容で大変見ごたえがありました。

普段はなるべく本場のフラメンコの匂いを感じたくて、

あまり日本の踊り手さんのライブを観ることはないのですが、

日本のタブラオも時にはいいものだと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

3月最後の週末、どうぞ桜をたっぷりお楽しみ下さい。

2018/03/20

大相撲観戦

本日、3月場所10日目が行われました大相撲ですが、

2か月前の1月場所10日目に人生初の大相撲観戦を

させていただくことになりました。

IMG_2490

幸運なことに桝席にご招待をいただきまして、

テレビでしか観戦したことがなかった大相撲を

体感することが出来ました。

子供の頃からお相撲は実際に戦っている時間が短く

間合いが長すぎて、間が持たないと思っていたこともあり、

義弟が相撲取りだったにもかかわらず、

これまでほとんど興味を示すことなく過ごして来ました。

ところが実際、国技館に足を踏み入れてみますと、

それは正に国技が行われている場所であると納得する

運営側の細かい配慮、観客の熱狂、様々なことが

どれをとっても大変興味深く、

年を重ねたということももちろんあるとは思いますが、

飽きることなく、楽しめました。

IMG_2492

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、会場を後にする頃には、

すっかり日も暮れ、国技館が美しく照らし出されていました。

ちゃんこまでごちそうになり、大変楽しい時間を

ありがとうございました。

明日の春分の日は、あいにくのお天気になりそうですが、

何かとお忙しい3月の貴重な休日をお楽しみ下さい。