【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘木造住宅検定’ カテゴリーのアーカイブ

2016/10/12

あなたの家が危ない ~熊本地震からの警告~

2016年10月9日(日) に放送されましたNHKスペシャル

『あなたの家が危ない ~熊本地震からの警告~』

ご覧になられましたか?

中々あの短時間で伝えきれるものではないですが、

大げさではなく、伝えていたのではないかと思いました。

DSC_4409

番組では、あまり触れられていませんでしたが、

現在の家づくりは、設計者が間取りを決め、

プレカット工場へ図面を渡すとプレカット技術者が

構造計画をし、入力された加工図を基に、

機械加工された木材が現場へと搬入され

大工さんが組み立てるといった、流れになっています。

このことからも分かる通り、日本の木造住宅は、

プレカット工場によって支えられているのが現状です。

松匠創美では、設計者が計画の段階から軸組みを考え、

伏図や軸組図を作成し、プレカット技術者と

プレカット加工図をまとめ、加工を行っておりますが、

ユアホームでプレカット技術者の方々とお話しすると、

多くの設計者の作成した伏図は、

寧ろないほうが安全な計画ができると言われる始末です。

また、ユアホームの調査でみられるものに

「構造計算をしてるので大丈夫」という物件にも

実際には問題点があり、その問題点を補う手立てを打つことなく、

計算値だけ満たす対策で建てられた建物は、

残念ながら安全とは、言いにくいということもありました。

このような現状を何とかしたいとの思いで、

アホームでは、直下率を踏まえた設計手法を

「安全な架構の住宅設計の手引き」としてまとめ、

講習会等を行ってきたのですが、

設計の自由度が狭められるように思われてしまうのか、

中々広く普及せず、苦戦しております。私自身は、

日々、ユアホーム基準で設計をしているのですが、

不自由を感じるというよりは、できることが明確になり、

構造設計者に頼ることなく、自分で考えて

設計ができる自由を得ていると思っています。

様々な考え方がある中のひとつとして、

木造軸組住宅の直下率が利用していただけるよう

ユアホームとしては、これからも伝えていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/10/07

精進湖から朝霧高原へ

富士宮にある日本建築専門学校で行われました

木造耐力壁ジャパンカップが、14時開始だったため、

午前中の時間を利用して、本栖湖まで足を延ばしたことは、

既にご紹介しましたが、まだ時間に余裕がありましたので、

更に足を延ばし、精進湖まで行ってみました。

IMG_6631

今回初めて知ったのですが、精進湖には、

カヌー競技場が設けられていて、

この日は、関東高等学校カヌー大会が行われていました。

湖畔には、応援に駆け付けたご家族の姿も見受けられました。

IMG_6635

写真1枚目がウェイティングスペースのようで、

2枚目が、スタートラインでちょうど「位置について~」

IMG_6636

一斉にスタートです。

反対岸までは結構な距離があり、2分近くかかるようで、

全力で漕ぐのはかなり体力がいりそうに見えました。

IMG_6648

こちらはその行きと帰りに通り抜けた朝霧高原の景色です。

IMG_6644

9月半ばでしたが、既にススキがきれいでした。

朝霧高原の道の駅で田中に一口味見させてもらった

ソフトクリームがとっても美味しかったです。

* * *

最後に、9日(日)21時からのNHKスペシャルでは、

熊本地震の特集が放送されます。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161009

番組の中で、芝浦工業大学の蟹沢宏剛先生と

一般社団法人 木造住宅デザイン研究会ユア・ホームで

これまでに調査をしてきた内容が取り上げられます。

ユア・ホームで、これまで幾つかの調査に

関わらせていただいたこともありますので、

どのような内容になっているのか、気になるところです。

お時間がございましたら、是非ご覧になって下さい。

週末から3連休の方もいらっしゃるかもしれません。

どうぞ、良い連休をお過ごしください。

2014/02/13

春ういろ

名古屋から戻りました。

今回、名古屋で開催されました木造住宅検定の2級も

受講された方々からはたいへん好評で、

いつも嬉しい気持ちで講習を終えられることに幸せを感じます。

001

さて、名古屋と言えば、ういろうです。

自分にとりましては、好きなお菓子の上位に位置しています。

ところが、以前お土産にういろうを買って帰りたいので

名古屋在住の方におすすめを訪ねてみましたところ、

「名古屋の人はういろうを食べないので知らない」

と言われてビックリしたことがありました。

でも、有名なのは『青柳のういろう』ですよ。

食べたことないけど・・・と言う感じで教えて頂きました。

そこで、いつもは青柳のういろうをお土産にしていたのですが、

今回、ご一緒した方が美味しかったと教えて下さったのが、

餅文総本店の春ういろの『草餅ういろ』と

004

『桜餅ういろ』です。見た目に春らしさが感じられ、

005

一般的なういろうのようなねっとりとした密度はなく、

一口サイズで食べ易く、美味しかったです。

ういろうの新しい一面を見た気がします。ごちそう様でした。

2014/01/28

木造住宅検定 3級

今日と明日は、横浜会場で

木造住宅検定 3級の講習会が行われています。

今年は消費税増税により、3月末までに工事を終えようと、

建築業界は、どこも大変忙しく、プレカット工場などは、

昨年来、ずっとフル稼働状態が続いています。

そんなお忙しい中、参加してくださった皆様、

どうも、ありがとうございます。

001

また、このところ風邪が流行っているようで、

今日は、体調不良で来られなくなった方が3名ほどいらっしゃいました。

普段あまり、風邪とは縁のない暮しをしているため、

こんなところで、流行を肌で感じることになるとは

思ってもみませんでした。

皆様におかれましても、寒暖の差が大きく、

体調を崩しやすい日が続いていますので、くれぐれもご自愛ください。

005

既にH25年度の3級講習会は、

広島会場、名古屋会場での講習会を終え、

今回の横浜会場が最終になります。

あと1日しっかり勉強して、

実戦で役立つ知識を身に着けて頂きたいと思います。

2014/01/08

平成25年度 木造住宅検定

来週から、今年度の木造住宅検定3級の講習会が始まります。

架構を踏まえた軸組構法の家づくりについての講習会です。

詳しくはこちらにございます。

まだ、講習会の申し込みを受け付けていますので、

ご興味を持たれた方は、是非一度、覗いてみて下さい。

申し込みは、こちらからになります。

004

そして今日は、講習会の最終打合せのために、

芝浦工業大学まで行って来ました。

その際に乗った地下鉄の車両が新しかったため目に留まりました。

index_img_02

さすがに、車内で写真を撮ることは出来ませんでしたので、

東京メトロのWEBサイトから写真をお借りいたしました。

そのため、ちょっと不鮮明な写真なのですが、

車両名は10000系、ちょっと未来的なデザインになっています。

そして、車両の連結部分は下の写真のようになっていまして、

これまでの連結部のイメージが一新されていました。

index_img_04

日常的に電車を利用していない者にとりましては、

目が釘付けになる、斬新さでした。

つい昨日、米国のワシントンに日本製の地下鉄が選ばれたとの

報道を目にしていましたので、日本の鉄道車両の頑張りを

身を持って感じることができたような気が致しました。

2013/11/28

広島の木造住宅研究会

昨日は、木造住宅デザイン研究会ユアホームの地域会

『広島の木造住宅研究会(仮称)』に参加するために

広島まで行ってきました。

地域会は、埼玉、愛知につづいて3都市目の開催でしたが、

また一味違った方々にお集まり頂きまして、

地域色のある、得るものの多い会になりました。

ご参加くださった皆様、ありがとうござました。

044

そして今朝は、帰りの飛行機の便までの少しの時間でしたが、

原爆ドームと広島平和記念資料館へ行って来ました。

高校の修学旅行以来で、ちょうど紅葉がきれいでした。

025

川を挟んで、平和記念公園側から見た原爆ドームの姿です。

左奥のこの位置にはビルを建てないで欲しかったなぁ・・・と。

022

川を渡って近づきますとレンガ造の内部が現れていることや

突き出た鉄骨が変形していることなども見ることができました。

038

そして資料館には、原爆投下前の街の模型と

その後の街の模型が並べて展示されていてました。

039

写真左側に残った建物が原爆ドームです。

028

今回、平和記念公園のモニュメント越しに原爆ドームを臨み

1996年に世界遺産に記載された原爆ドームは、

この地域だけでなく、日本の中で、そして、世界の中で、

その存在感は果てしなく大きく、非常に重いものだ

と言うことを改めて感じることができる良い機会になりました。

2013/11/18

愛知の木造住宅研究会

今日は、木造住宅デザイン研究会ユアホームの地域会

『愛知の木造住宅研究会(仮称)』が名古屋で開催される

ということで行ってきました。

愛知は既に昨年も研究会が開催させていたのですが、

今年度も川上から川下までとよく例えるのですが、

木造住宅に関わる幅広い分野の方々が集まって下さり、

とても充実した会になりました。

皆さんとても向上心を持ってお仕事をされて居られることが

お話を伺いますととても伝わってきて、

いいエネルギーをいっぱい頂くことができました。

ぜひ、定期的に開催できるように育てたいですね。

PB180012

話は全く変わりますが、名古屋へと向かう新幹線の中で

最近話題のホット『ジンジャーエール』を飲みました。

暖かいうちは咽せる感じがあり、飲みにくかったのですが、

少し冷めてきた頃には、ずいぶんと飲みやすくなりました。

でも、次は買わないかもしれません。

PB180016

ちょうどお昼時の移動でしたので、

昼食は車中で駅弁をいただきました。

なんだか遠足気分で、とてもおいしくいただくことが

できました。ごちそうさまでした。

2013/10/30

木造住宅検定 平成25年度

時々ご紹介させていただいております『木造住宅検定』は、

一般財団法人 木造住宅デザイン研究会ユア・ホーム

が行っています。

今年度からは、理事の一人として活動に参加しています。

そこで今日は、今年度の活動のご紹介です。

004

鬼に笑われそうですが、今年度も年が明けて

1月に、木造住宅検定の3級を横浜・名古屋・広島にて、

2月には、2級を横浜・名古屋にて開催致します。

そして今年度は、既に木造住宅検定を受講して下さった方用に、

木造住宅研究会(仮称)も開催致します。

既に、先週10月24日(木)に第1回を埼玉にて開催しました。

内容は、デザインレビュー演習と

木造住宅検定のフォローアップ講習としまして、

実務に即した伏図演習を行いました。

今後は、木構造以外の項目

(材料・基礎・地盤・温熱環境・維持管理など)

についても講習を行っていきたいと思っています。

既に検定を受講された方は、1級につながると思いますので、

ふるってご参加下さい。

まだ、検定を受講されていらっしゃらない方は、

是非、年明けの検定受講をご検討下さい。

すぐに実務に役立つ内容となっていますので、おすすめです。

2013/09/24

木造住宅デザイン研究会ユア・ホームの活動

日曜日は、構造見学会兼勉強会へ行って来ました。

向かったのは、埼玉県加須市(カゾシと読みます)です。

葉山からは湘南新宿ラインで順調にいって3時間の長旅でした。

003

今回は、木造住宅検定をおこなっております、

木造住宅デザイン研究会ユア・ホームの活動の一環で

これまでの検定合格者の方々へお声掛けをして開催されました。

見学させていただいたのは、伝統系の建築を得意とする

株式会社けやき建築設計さんで新築中の建物です。

以前、石場建の家を紹介させていただいたことがありますが、

今回は、石場建ではなく、ベタ基礎、プレカットと

一般的な木造住宅の仕様にやや近いものになっていました。

001

見学会後の会場を移しての勉強会では、詳細な部分の納まりなど

かなり具体的な内容でディスカッションが出来まして、

とても実りあるものとなりました。

年内にあと2回開催予定ですので、更に深い話ができることを

期待しています。

2013/05/22

デザインレビュー

今日は横浜の設計事務所さんへお邪魔しまして、

デザインレビューを行ってきました。

002

デザインレビューとは、JISの中で

「アイテムの設計段階で、性能・機能・信頼性などの

価格、納期などを考慮しながら、設計について審査し改善を図ること。

審査には設計・製造・検査・運用などの

各分野の専門家が参加する」と規定されています。

そこで、木造住宅検定2級では、木造住宅の設計においての

デザインレビュー手法を提案しておりまして、

今回は、木造住宅検定2級を受講された方からの依頼で、

実際に計画中の物件でデザインレビューを行いました。

008

主にRC造や鉄骨造の設計されている設計者さんでしたので、

木造ならではの勘所を押さえることから、

デザインレビューを進めました。

実際にどこまでレビュー案を生かすかは設計者の判断になりますが、

最後にデザインレビューを行ってみて

「良かった」との言葉を聞くことが出来て、

私自身も参加できて良かったと思えるものになりました。

そして、デザインレビューがもっと浸透するように、

今後も活動していきたいとの思いを強くしました。