【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘ 橋を架ける家’ カテゴリーのアーカイブ

2016/08/10

橋を架ける家/完成写真6

今日は、『橋を架ける家』 ご紹介の最終回です。

水回りは、写真右奥にあたる主寝室の奥に

配置されています。

16_02_29_chigasaki_l_018

終の棲家としてクライアントさんからのご要望が、

トイレの入り口を便器の正面からではなく、

便器の横側から出入りできるようにして欲しい

というものでした。

ご主人は、介護関係の資格をお持ちで、

その方が介護がしやすいからということでした。

11

写真奥にトイレ、間に収納棚のあるホールを挟み

手前に洗面脱衣室と浴室と並んでいます。

10

ホールの棚は、可動式で床部分には、

床下の配管を点検するための床下点検口を

設けています。

12

浴室は、3枚引戸にすることで広い開口と

北側の洗面脱衣室へ明かりを取り込んでいます。

さて、6回に渡りご紹介をしてきました

『橋を架ける家』の間取りは、

平屋が好きで、自分が終の棲家を建てるのならば・・・

と、時間があるときにいろいろと

計画をしていた中の一つを元に手を加え

ご提案させていただいたものでした。

そんなこともあり、完成後の暮らしの

様子を伺わせていただいた折には、

とても感慨深い思いで聞かせていただきました。

末永くお幸せに暮らしていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/08/09

橋を架ける家/完成写真5

今日は、ずいぶんと間が空いてしまいましたが、

今年の春に完成しました『橋を架ける家』の続きで

ロフトのご紹介になります。

29

既にご紹介をしましたLDKの上部は、

吹抜けの勾配天井になっておりましたので、

ロフト空間は、それ以外の主寝室や

ウォークインクローゼットの上部になります。

27

このロフトへは、少しだけ勾配が急なのですが、

最近では珍しくなりました「箱階段」で上ります。

今回は、クライアントご夫妻が共に小柄ということもあり、

スペースの有効利用とコスト削減策として、

「箱階段」を採用しました。

28

ロフト側からリビング側を見下ろしますと、

こんな感じで、家全体を見渡すことができます。

写真向かって左側の天井が低くなっている部分には

リビングから目隠しになるように壁を設け、

趣味の道具を置けるようにしました。

そして、右側は南側に当たりますので、

手摺にして少しでも明るさが下りてくるようにしています。

IMG_4549

ロフトと言うことで大きな窓は設けられませんが、

南側に取り付けた窓から差し込む光が、

壁に反射しロフト全体を明るくしています。

IMG_4556

同様に北側に取り付けた窓からも安定した光が差し込み、

昼間は十分に明るく利用することが可能です。

『橋を架ける家』のご紹介は、次回が最終回です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/07/25

橋を架ける家/完成写真4

今日は少し間が空いてしまいましたが、

『橋を架ける家』内部ご紹介の続きになります。

お料理が得意な奥様の元へは、お子さんご家族が

お孫さんを連れて遊びにいらしたり、

ご主人の趣味のお友達が集まったりされるとのことで、

寛げるLDKは天井を高くし、広がりを持たせました。

08

それ以外の部分は、シンプルに

ウォークインクローゼット付きの主寝室と

ご夫妻の趣味のものを納めるロフトがあります。

21

大きな梁が2本かかっている主寝室。

南側には掃き出しの窓、

22

西向きには小さな風抜き窓があります。

24

入り口を入って正面がウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットにも窓を設け、

明り取りと風抜きができるように配慮しました。

25

一部ロフトへの階段がかかっているのですが、

その下も収納として利用できるようにしてあります。

26

次回はロフトをご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/07/13

橋を架ける家/完成写真3

今日は『橋を架ける家』の内部をご紹介いたします。

奥様が計画に加わったことで見直した点が1点ありました。

それは、玄関は南側に設けて欲しいとのことでした。

アプローチの距離は少し長くなるのですが、

当初の東入りの玄関を見直し、南側に玄関を移動しました。

その結果、南側の玄関を入りますと東側がLDKになりました。

04

ご夫妻で会話を楽しみながらも

料理上手な奥様が腕を振るえるようにと、

対面キッチンにはカウンターを設けています。

05

キッチン側から見える景色はこんな感じです。

06

アーチの奥は食品庫になっています。

07

リビング側からキッチン側を見ています。

奥様は小柄でらっしゃいますので、将来を考えて

吊戸棚は取付けませんでしたので、

スッキリと収まっています。

内部のご紹介は、次回に続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/07/11

橋を架ける家/完成写真2

今日は、『橋を架ける家』のご紹介の続きです。

クライアントさんがお父様から相続された土地は、

『橋を架ける家』と言う、タイトルからも推察されます通り

道路と敷地の間に水路が横切っておりまして、

最初はこの敷地に家を建てることが可能なのか

心配されておられました。

01

そこで、クライアントさんが、相続の手続きを進めている間に、

敷地の調査を進め、水路を管理している市と協議し、

水路に橋を架けるための条件や構造などについて

折衝を重ね、目途が立ちました。

02

しかし、家づくりの予算から橋を架ける費用を

捻出しなければなりませんでしたので、

抑えるところは抑え、性能は担保するようにと

知恵を絞る必要がありました。

IMG_4548

外壁は、国産のスギ材です。

橋以外にも水路敷と敷地を区画するための

外構にも予算が割かれています。

その分お庭につきましては、住みながらゆっくりと

進めて下さるとのことでした。

次回は、内部をご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/07/05

橋を架ける家/完成写真1

今日から数回に分けて、今年の春に完成をしました

『橋を架ける家』のご紹介をしたいと思います。

03

当初、ご相談をいただきました時点では、

折角、親が残してくれた土地があるので、

男一人暮らし用の簡易な終の棲家を建て、

定年後は、趣味の音楽を楽しみながら

暮らしたいとのご要望でスタートした家づくりでした。

ところが、打ち合わせを重ねているある日、

クライアントさんから交通事故にあってしまったので、

打ち合わせに来られない旨のメールを受け取ります。

心配に思いながら、ご連絡を待って居りましたところ、

しばらくして、実は今度、結婚することになったんで、

「計画中の家は、二人で暮らす家に計画を変更したい」

との、驚きのご連絡が届きました。

早速、奥様をご紹介いただき、

打ち合わせを重ねていくうちに次第に

お二人が長い間ご夫婦だったのではないかと

思ってしまうくらいに馴染んで居られて、

一層、この家で幸せな時間を過ごしていただきたいとの

思いを強くしたのでした。

今回は、ご紹介文が長くなってしまいましたので、

次回から写真でご紹介していきたいと思います。

長文、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/03/03

ひな祭りですが

今日はひな祭り。

と言うことで、年に一度この時期にしか食べませんが、

それでも必ず口にする『ひなあられ』のこと。

IMG_3429

子供の頃から食べているのは、

米を爆ぜてつくったポン菓子を砂糖でコーティングしたものです。

子供の頃のものは、

もっとずっと鮮やかな色をしていたと思いますが、

最近のものは、とっても淡い色をしています。

今年もやっぱり食べました。

IMG_2652

写真は、以前も一度登場してくれた

『橋を架ける家』の愛猫、杏ちゃんです。

いつも窓から工事を見守ってくれていたようなのですが、

今朝ほど亡くなったとの知らせをいただき、大変驚きました。

杏ちゃんとの新しい暮らしを想定し、

家づくりの際にもいろいろと考えてきただけに

その悲しみたるやいかほどのものか、計り知れません。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/03/01

新築からリフォーム、そして敷地調査へ

昨日、引き渡しを終えた『橋を架ける家』ですが、

残念なことに、昨日はタイミング悪く、

一時的な雨に降られてしまいまして、

外観の写真撮影が行えませんでした。

2016-03-01 10.57.51

そのため急遽、今日も撮影をさせて頂くことになりました。

2016-03-01 11.01.05

中嶋さん、連日ありがとうございます。

丁度時間が空いたとのことで、

これを逃すと暫く時間がないとのことで、助かりました。

2016-03-01 13.27.06

午後は、現在リフォーム工事中の現場へ、

壁の剥がしが終わったとのことで、

状況の確認に行って来ました。

2016-03-01 13.27.44

リビングの壁の断熱材は想定より入っていましたので、

この部屋が比較的暖かかったことが納得できました。

一方の筋違いの方は確認申請の図面の通りとはいかず、

想定以上に入って居りませんでしたので、

補強の必要がありあそうです。

早急に検討を進めます。

2016-03-01 15.45.42

最後に帰る道すがらもう一軒、敷地調査をしました。

その敷地は、自然環境に恵まれていて、

ここで子育てをしたいというクライアントさんの思いが、

敷地周辺を歩いてみますと、良く理解できました。

いろいろと難しい課題があり、前途多難な敷地ですが、

可能性を探って行きたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016/03/01

橋を架ける家/写真撮影とお引渡し

今日は朝から『橋を架ける家』の写真撮影でした。

早朝は雨が結構降っていましたので、

どうなる事かと思いましたが、そこそこのいいお天気となり、

自然な光での写真が撮れました。

撮影の中嶋康介さんには、

今回も引きのないようなところからの無理な要望も

引き受けていただき、大変助かりました。

いつもありがとうございます。

2016-02-29 12.51.24

午後からは、ガスの開栓をして、

住まいのご説明や書類のお渡しなど、

ひと通りの手順を済ませた後、

お引渡しの予定でしたが、

残工事が終わっていなかったために

最終的な鍵のお渡しは、夜になってしまいました。

2016-02-29 18.58.53

それでも、木の空間は居心地がよいので、

ずっと居たくなると言っていただき、うれしくなりました。

明日は、家具や家電が届き、明後日にはお引越しとのこと。

落ち着くまでは、いろいろと大変かと思いますが、

木の家での暮らしを楽しんで頂ければと思います。

ありがとうございました。

2016/02/23

橋を架ける家/施主検査

昨日は現在、新築工事中の「橋を架ける家」が

もう少しで完成と言うことで、クライアントさんに

気になる点がないかご確認いただく、施主検査でした。

2016-02-22 15.33.27

これからの暮らし方をご夫妻がイメージされている

その楽しげな様子を見るのは、こちらも幸せな気持ちになります。

ぐるっとひと回りして、

何か気になったところがありますかとお訊ねすると、

「実は、ひとつあるんです」とのことで、

連れて行かれたのは外の駐車スペース。

2016-02-22 14.18.09

土間コンクリートを打設したところに

足跡がついてしまっていることを知らされました。

2016-02-22 15.27.12-crop

明らかに大人の足跡が・・・。

水路沿いを通路として利用しているどなたかが

夜間にショートカットされたのでしょか、

悲しいことになってしまいました。

対策不足を反省するしかありません。

お引渡しまでに手直しすることをお約束しました。

他にも残っている工事を今週中に終えるよう追い込みです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。