【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘ 3層吹抜けのある家’ カテゴリーのアーカイブ

2017/06/13

3層吹抜けのある家/ご見学

今日は、これから住まいの計画をお考えのご夫妻から

『3層吹抜けのある家』の見学希望をいただきまして、

クライアントさんのご厚意により

ご案内をさせていただくことになりました。

IMG_0548

朝から雨が降る生憎のお天気だったのですが、

『3層吹抜けのある家』の奥様がご案内下さいまして、

お時間にしておよそ1時間、たっぷりと住まい手からの

貴重なお話を聞かせていただきました。

IMG_0549

こうして実際に住まわれているところを

拝見させていただく、貴重な機会をいただきまして、

この度は本当にありがとうございました。

ご見学をご希望くださったご夫妻も足元の悪い中、

お越し下さいまして、今日は、ありがとうございました。

ご案内することが出来て良かったです。

そして最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/05/29

3層吹抜けのある家/ガーデン流し

先週末は、『3層吹抜けのある家』の追加工事で

2階バルコニーのガーデン流し取付に立ち会いました。

竣工時には、立水栓のみ取付けられていたのですが、

実際に使用してみますと、「流しがあった方が

使い勝手が良さそう」という事で、追加で取付ることに。

IMG_9425

当初より計画していたかのようにピッタリですが、

この流し、実はそば打ちの際に使用するこね鉢です。

IMG_9424

倉庫に眠っていたという、以前は実際に使用されていた

こね鉢の中央部分に穴をあけまして、

排水金物を取付けガーデン流しに加工しました。

いい具合に枯れていてる感じが馴染みます。

IMG_9302

一方の1階は、シャワー水栓になっています。

IMG_9304

マリンスポーツを楽しまれた後は、

ここで、砂を流せます。

IMG_9303

1階のデッキテラスも完成しています。

IMG_9305

将来のもしもの時を考えて、デッキテラスから

駐車場へはスロープでつながっています。

IMG_9306

デッキテラスでは、華やかなお色のサボテンの花が

満開で夏のような日差しを浴びて、きれいでした。

IMG_9423

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/05/15

3層吹抜けのある家/土間コンクリートの打設

今日は、コンクリートを打設するには、

ちょうど良い天候に恵まれました。

ということで、朝から『3層吹抜けのある家』で

駐車場の土間コンクリートの打設を行いました。

DSC_0883

奥から打設を開始、徐々に手前に逃げてきます。

ポンプ車をコントロールする人、

木製のトンボで概ねコンクリートの高さを整える人、

金属のトンボで表面をきれいに均す人、

金ゴテで細かい部分を仕上げる人、

それぞれが自分の仕事を進めます。

DSC_0892

全体を打ち終えた後から

一度抑えた部分に乗って作業を行う際には、

写真の職人さんのようにカンジキを履きます。

DSC_0903

今回は、一度きれいに抑えたところを滑りにくするために

刷毛目を付けて、荒らして仕上げます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/05/11

3層吹抜けの家/外構2期工事

昨年秋に完成をしました『3層吹抜けのある家』では、

現在、外構の2期工事を行っております。

IMG_0016

1階部分の木製デッキテラスは既に工事を終え、

今週は、駐車場部分の土間を整備しています。

IMG_0025

最初に水溜りが出来ないように、水を流す計画と

仕上がり高さの確認を行いましたら

掘削を行い、レベルの調整をいたします。

その後、砕石を敷き、転圧をしまして、今日は、

化粧目地部分の天然石を敷き並べているところでした。

IMG_0020

石を敷き並べやすいようにと打った捨てコンクリート上に

先ずは、目地巾の隙間を開けて石を接着します。

隙間を埋めるように目地材をコテで詰めていきます。

はみ出てた部分は、この後、取り除きます。

来週月曜日のコンクリート打設まで、

もう一息、準備が続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/03/16

3層吹抜けのある家/完成写真8

昨日に引き続き今日も、昨年秋に完成しました

『3層吹抜けのある家』のご紹介になります。

16_11_12_horiuchi_web_038

最終回の今日は、水廻りのご紹介です。

各階にあるトイレは、同じ位置に重なっています。

16_11_12_horiuchi_web_077

そのため各階は、ほぼ同じ造りなのですが、

カウンターにお手持ちの材を使用しましたので、

カウンター材に合わせて扉の材を変えています。

04

また、お母様のお部屋と同じ階の1階には、

トイレ以外に浴室と洗面脱衣室があります。

16_11_12_horiuchi_web_064

洗面器と水栓金具には、ちょっと遊び心のある

個性的なものが選ばれました。

一方、ミラーは無垢の木がずっしりと思い

アンティークミラーを撮影後に取り付けています。

03

主寝室のある階にも洗面コーナーがあります。

恐竜の卵を半分にしたような洗面器が

生活感の出やすい空間を楽しくしてくれています。

8回に渡りご紹介してきました『3層吹抜けのある家』は、

耐震等級3、断熱等級4と長期優良住宅の認定を取得し

100年住み継ぐことの出来る性能と

この空間でのくらしが心地よいものであることが

両立してくれることを目指しました。

これから、末永く愛されることを祈っております。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

2017/03/15

3層吹抜けのある家/完成写真7

今日も引き続き、昨年秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』の1階をご紹介いたします。

16_11_12_horiuchi_web_080a

玄関から1階ホールを見ております。

計画段階でお宅訪問をさせて頂いた際に、

玄関収納は充実させた方が良さそうかな思われましたので、

主に靴を収納するためのシューズボックスと

それ以外にシューズクローゼットも設けました。

16_11_12_horiuchi_web_079b

シューズクローゼットには、靴以外にも

来客時にコートを掛けたり、傘を納めたり、

フレキシブルに使うことができます。

16_11_12_horiuchi_web_083a

玄関から1階ホールへ入りますと、

こちらはエレベーターホールも兼ねた空間になります。

そして、エレベーターのお隣が趣味室です。

16_11_12_horiuchi_web_072

ご主人は自転車、奥様はスキューバダイビングと

アウトドアがご趣味のご夫妻、

その趣味の用品を納めるためのスペースです。

16_11_12_horiuchi_web_076

壁には、お手持ちのラワン材の羽目板を

新たに削り直して貼ることで、

アウトドア用品に合う堅牢な雰囲気になりました。

少々ぶつけたりしても大丈夫です。

床も土間仕様でモルタル金ゴテ仕上げにしています。

次回は、水廻りをご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/03/14

3層吹抜けのある家/完成写真6

今日は、昨年秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』の1階をご紹介いたします。

16_11_12_horiuchi_web_054

2階から1階のホールを見下ろしたところです。

奥に見えるお部屋がお母様のお部屋になります。

16_11_12_horiuchi_web_062

以前、お母様が住まわれて居られたのは、

1階だけで生活が成立するレイアウトのお家でした。

そして、少し足腰が弱っておられる加減からも

1階にあるお母様のお部屋から

2階のリビングへアクセスするために

ホームエレベーターを設置することにしました。

引っ越して来られて今のところは、ご自分の足で

階段を昇り降りをされていているとのことで、

喜ばしいことです。

16_11_12_horiuchi_web_070a

お母様のお部屋の入口は、幅広の扉にしまして、

ホールを介して吹抜けでご家族とつながるようにしました。

16_11_12_horiuchi_web_069

1階から吹抜けを見上げたところです。

次回も1階のご紹介が続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/03/06

3層吹抜けのある家/完成写真5

今日は、また少し空いてしまいましたが、

昨年の秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』のご紹介をいたします。

16_11_12_horiuchi_web_050

2階は吹抜けを挟んで、西側に小上がりのあるリビング

東側にダイニングキッチンがありまして、

そのキッチンの隣は、ユーティリティになっています。

16_11_12_horiuchi_web_034

T型に色の濃い木部は、お手持ちのラワン材です。

厚みのあるしっかりとした材でしたので、

削り直して使用しています。

16_11_12_horiuchi_web_033

2階のバルコニーに洗濯物を干すことを考慮し、

2階のキッチン横にユーティリティを設けて、

洗濯機が置けるようにしました。

16_11_12_horiuchi_web_035

また、各種リモコンやインターホン、スイッチ等が

目に触れにくいユーティリティの壁に集約されています。

16_11_12_horiuchi_web_057

こちらが、2階西側のバルコニーです。

次回は、1階のご紹介をいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/28

3層吹抜けのある家/完成写真4

今日も昨年の秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』のご紹介をいたします。

16_11_12_horiuchi_web_049

昨日までご紹介をして参りました3階から

吹抜けに面した階段を2階へと下りて来ますと

東側にキッチンとダイニングがございます。

16_11_12_horiuchi_web_036

キッチンはアイランド型で、大きなL型のシンクが特長です。

これは、既に結婚して独立をされている

2人の息子さんご夫妻が、遊びに来られた際に

皆さんでキッチンを囲めるようにと選ばれました。

16_11_12_horiuchi_web_043

吹抜けを挟んだ西側は、リビングスペースです。

リビングの一部には、畳コーナーもあります。

16_11_12_horiuchi_web_042

こちらは日常、お母様が寛がれたり、

息子さんたちご夫妻が遊びに来られた折には、

雑魚寝することも出来るようにと

大きなソファのイメージで

少し高さのある、小上がりにしました。

16_11_12_horiuchi_web_040

そこに生まれた空間に、布団を納めようと、

大きな引出し式の収納を製作致しました。

2階のご紹介はもう少し続きます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2017/02/27

3層吹抜けのある家/完成写真3

今日は、昨年の秋に完成をしました

『3層吹抜けのある家』のご紹介です。

少し時間が空いてしまいましたので、おさらいから

完成写真1では、3層の吹抜けについて、

完成写真2では、3階の2つの個室についてを

ご案内して参りました。そして、3回目の今回は、

3階のまだご紹介していなかった部分についてです。

06

3階の床には、屋久島の地杉を貼っています。

貼る前と完成時には桐の油をクライアントご夫妻に

塗っていただきました。

*貼る前に塗った時の様子は、こちらでご紹介しています。

その時、節のある材に交じって無節の材があることに

気付かれたご夫妻が、塗りながら選別して下さり、

廊下部分は無節の材で揃えることが出来ました。

00

個室の床は、スギの節有り赤味材で個性的な表情に、

05

一方の廊下部分は、無節で優しい表情になりました。

02

3階にはもう一部屋、納戸があり、ここには、

お手持ちの材料を利用して、棚を造作しています。

01

窓下のカウンターには、

今では貴重な材となった無垢のラワン材を利用し、

その両サイドには、

クライアントさんのお母様とおばあ様、それぞれが

嫁入りの時に持ってきた洗い張りの板を利用しています。

脚の部分にその名残が見られます。

16_11_12_horiuchi_web_006

また、収納の引き違い戸も60年近く前のもので、

無垢材のしっかりとした造りですので、

戸のサイズに合わせて収納の大きさを調整しました。

これから更にもう60年活躍してくれる事に期待です。

次回は2階をご紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。