【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘ 乗務員室のある家’ カテゴリーのアーカイブ

2018/06/14

乗務員室のある家/完成写真8

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』完成写真、8回目のご紹介になります。

takafunedai_w_27a

既にご紹介をさせていただきました乗務員室の入口のある

2階ホールには、吹き抜けを設け、

その上部に取付けられたシーリングファンによって、

1階と2階の空気を上下に動かします。

takafunedai_w_07

更に2階の各部屋は、ロフトを介して

トイレを除く全ての空間がつながっているため、

建物全体の空気がすべて緩やかにつながる計画です。

takafunedai_w_54

吹き抜けから1階を見下ろしますと棚が見えます。

それでは、1階へ降りて棚のご紹介をいたします。

takafunedai_w_53

先程の棚は、列車の網棚を復元したものです。

古い列車の棚受金物をお持ちだったクライアントさんと

鉄道博物館で実際にその金物がどの様に使用されていたのか

実物を見て、恐らくこんな感じだったのではと

復元してみたものです。

takafunedai_w_48

古い鉄道の雰囲気を目指して、上げ下げ窓を設け、

壁に木の装飾して、着色もしてみました。

2015-10-17 19.30.57

実際に使用されていたコレクションのボックスシート

と、それを真似て製作させて頂いたボックス席を置くと

随分と雰囲気が出てきます。

IMG_0083

建物は、シンプルな外観をしていますが、

木製のフェンスは、線路との境に設けられている

コンクリート製の鉄道柵をイメージしたデザインです。

2016-02-03 13.32.49

駐車場の屋根も古い木製の鉄道駅舎の屋根を模した

デザインになっています。

2015-10-09 13.59.03

8回に渡りご紹介をして参りました

『乗務員室のある家』は、建物としての基本性能、

耐震性、断熱性、耐久性などを担保しつつも

随所に鉄道マニアのご主人のこだわりが散りばめられた、

特徴的な建物になりました。

これから末永く愛される家であって欲しいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/06/07

乗務員室のある家/完成写真7

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』完成写真、7回目のご紹介になります。

takafunedai_w_01

まずは以前ご紹介をしました主寝室の

角を落としRにした壁の裏側、こちらがトイレになります。

takafunedai_w_11

主寝室や2階ホールより1段上がったところにあります。

takafunedai_w_10

内部は角が欠けていますが、最近では便器が以前に比べ

コンパクトになっていますので、十分な広さです。

takafunedai_w_21

トイレの入口の1段はロフトへの階段の1段目になっています。

takafunedai_w_20

ロフトへの階段は、5段廻りです。

takafunedai_w_29

ストリップでない階段がご希望でしたので、

裏側は階段なりの段々に仕上がっています。

takafunedai_w_16

前回ご紹介をしましたご主人の部屋の写真は、

こちらのロフトから撮らせていただいたものです。

takafunedai_w_13

ロフトには、手すりを兼ねた長いカウンターがあります。

この長いカウンターに将来的は、

鉄道のジオラマが展開するのではと思っています。

IMG_0091

その時が楽しみです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2018/06/01

乗務員室のある家/完成写真6

今日は、2015年9月に完成をしました

『乗務員室のある家』の完成写真ご紹介の6回目、

乗務員室の中へ入っていきたいと思います。

takafunedai_w_27a

乗務員室は2部屋あります。

写真左側、南に面した明るい乗務員室は奥様のお部屋。

写真右側、北に面した乗務員室は、

コレクターのご主人のお部屋になります。

takafunedai_w_52

先ずは、奥様のお部屋からご案内いたします。

乗務員室の扉を開けて中へ入りますと、

正面の壁には、窓を囲むように造り付けの本棚、

南面には掃き出しの窓と木製バルコニーがあります。

takafunedai_w_51a

振り返りまして、乗務員室の扉の横には狭間があり、

吹き抜けの窓が開閉できるようになっています。

梁の上で2階ホールやロフトとつながっています。

takafunedai_w_19

続きましては、ご主人のお部屋をご案内いたします。

コレクションを納めるため壁面にはグルっと

造り付の棚を設けました。

しかし、先日お伺いすると驚くことに

棚は、既に物で埋め尽くされ、床を侵食していました。

IMG_0089

奥様のお部屋とは違い、屋根に達するまで棚を設け、

takafunedai_w_26

鉄道模型を収納するコレクションボックスも

ご要望に合わせて、造らせていただきました。

IMG_0086

乗務員室の扉側も屋根に達するまで棚になっています。

takafunedai_w_24

乗務員室の扉の上も現在は棚になっています。

IMG_0088

棚が取付けられていない壁面は北側の窓上だけですが、

この面は、奥様のご希望もあり空間が維持されています。

こちら、ご主人のコレクションルームは、

計画当初より北側をご希望されていまして、

その理由としましては、コレクションが日焼けしないように

との配慮からでした。

西に面した壁に窓を設けましたが、通風を目的としたもので、

日が差し込まないようにして、ご使用になられています。

最後に、今回コレクションルームの様子を

ブログへの掲載させていただくことを快くご了承下さった

クライアント様に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

また、最後までお読み下さった皆様、

ありがとうございました。

梅雨入り間近の貴重な晴れの週末、

どうぞ有意義にお過ごし下さい。

乗務員室のある家のご紹介は、もう少し続きます。

2018/05/21

乗務員室のある家/完成写真5

今日は、2015年9月に完成しました

『乗務員室のある家』の

完成写真のご紹介、5回目になります。

takafunedai_w_01

前回ご紹介をしました2階の主寝室の

入口引き戸の横にある小窓をアップにしてみますと

実は、結構凝った造りになっています。

takafunedai_w_09b

写真の撮り方でパースが掛かっているわけではなく、

お城好きという奥様のアイデアで、狭間の雰囲気にしています。

この狭間、何のためにあるかと言いますと

2階ホールの窓を開閉するためです。

takafunedai_w_08

手を差し込む角度を考慮し、実物大模型を作り

現地で実際に開け閉めして取付高さなど決めました。

takafunedai_w_07

狭間のある2階ホールには、1畳分の吹き抜けがあります。

その吹き抜けの手摺には、富士のプレートを取付、

鉄道博物館で見た下の写真のデザインを真似てみました。

2015-08-11 10.14.38

鉄製の手すりと木製の手すりの違いは否めませんが・・・

鉄でリアルに再現していないくらいが、程良いかと思います。

takafunedai_w_27a

そして、2階ホールを挟んで反対側には、

この家を象徴する乗務員室が2つ並んであります。

コレクターで居られるご主人が手に入れられた

実際に使用されていた乗務員室のガラスを利用し、

一般的なドアよりも一回り小さくすることで、

乗務員室の扉のイメージに近づけました。

次回は乗務員室のご紹介をしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/05/08

乗務員室のある家/完成写真4

今日は、2015年9月に完成しました

『乗務員室のある家』の

完成写真のご紹介、4回目になります。

takafunedai_w_50

2階のご紹介の前に今日は、1回目で触れました

キッチンのその奥にあるパントリーのご紹介を致します。

パントリーの勝手口は、ほとんどヒトの出入りではなく、

モノの出し入れに使用するとのことでしたので、

土間などの沓脱スペースは設けず、

段差なくキッチンのフローリングを貼り伸ばしました。

takafunedai_w_32

重たい物を置くことも多い、パントリーの棚は、

固定式のオープン棚です。

フレキシブルなモノの増減に対応が可能ですという意味では、

空間として、ざっくりと物が置けるスペースがあることは便利です。

takafunedai_w_30

それでは続いて、2階のご紹介です。

takafunedai_w_53

階段を上りまして東側に主寝室があります。

takafunedai_w_06

左手には大きな扉の収納があります。

この収納の奥には、

下屋の天井裏を利用した収納が隠されています。

takafunedai_w_05b

キャスター式の収納ボックスが入れられるようになっています。

takafunedai_w_05

収納の横にあるRの壁は、ベットを置く際に

収納への動線を考えますと、壁の角が少々気になるため

棟梁をさんざん悩ませましたが、Rの壁にすることにしました。

takafunedai_02b

上部はロフトが貫通し、吹き抜けで空間がつながっています。

この辺りはまた改めまして、ご紹介は次回へ続きます。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

2018/04/26

乗務員室のある家/完成写真3

今日は、2015年9月に完成しました

『乗務員室のある家』の完成写真ご紹介の3回目です。

takafunedai_w_38

今回は、お母さまのお部屋に近接するように設けられた

水廻りをご紹介いたします。

お母さまのお部屋を出ますと直ぐ左手が洗面所になっています。

takafunedai_w_44

北側ですが、高いところに窓があり、

安定した光が差し込む空間になっています。

特徴的なのは、ミラーキャビネット下のタイルアート。

富士山と鉄道がお好きなご主人がイメージした図案を元に

タイルメーカーに作成してもらいました。

takafunedai_w_45a

ちょっと遠目には、銭湯の絵のようにも思えます。

実際の浴室も富士山が描かれたパネルになっています。

takafunedai_w_46

今はもう製造されていないパネルですので、貴重です。

浴室と洗面所の間には独立した脱衣室があります。

takafunedai_w_42

収納棚を設けタオルや洗濯物、洗濯グッツなど

を収められるようになっています。

そして、反対面は洗濯機を置くスペースです。

takafunedai_w_43

いつも使用されている洗剤がちょうど納まる寸法の

棚板を一枚窓下に設けています。

takafunedai_w_40

洗面所の奥がトイレになっています。

収納はお母様でも取りやすい位置にすることに。

takafunedai_w_47

洗面所とリビングはアーチで仕切られているだけです。

左手の扉を開けますと、階段下収納になっています。

takafunedai_w_39

光の先には、玄関ホールがあります。

両側から使えたら便利かもと言うことで初挑戦です。

空気を動かしやすいので、良いのではと思います。

『乗務員室のある家』のご紹介は、もう少し続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/16

乗務員室のある家/完成写真2

今日は、2015年9月に完成しました

『乗務員室のある家』の完成写真ご紹介の2回目になります。

takafunedai_w_35a

ご紹介1回目でご案内を致しましたLDKに

隣接するように設けられたお母さまのお部屋は、

開け放てば続き間のようにして使用することができ、

開放的で広いLDKにもなります。

takafunedai_w_35b

全ての扉を閉じた場合には、しっかりと個室になり、

takafunedai_w_35d

3枚の扉は自由な位置に移動が可能ですので、

写真のようにパーテーション的に使用することもできますし、

どの位置からでも出入り出来る利点もあります。

takafunedai_w_37a

お母さまのお部屋の収納は左側にクローゼット、

右側には、固定式オープン棚を設けました。

また、天井の2本の梁は、計画では天井の中へ

隠れてしまう予定でしたが、入ってきた材が、

とてもきれいな材でしたので隠してしまうことが

残念に思えたため、下側だけでも見せることになりました。

続きは、また次回ご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018/04/12

乗務員室のある家/完成写真1

今日は、2015年9月に完成をしたにもかかわらず、

これまで完成写真のご紹介を出来ていなかった

『乗務員室のある家』のご案内を致します。

takafunedai_w_38

最初に松匠創美を訪ねて下さってから何年間か

音沙汰なく、どうすることにされたのかなぁと

時折、頭を過ぎるようなこともなくなったある日、

A4の用紙に2枚分程のご要望がつづられたメールを

頂きまして、再びお会いし、家づくりがスタート致しました。

ご連絡をいただくまでにお時間がかかったのは、

当時、中古の家を購入されて、建て替えたいとお考えで、

ご相談に来て下さったようなのですが、

気が付くと月日が過ぎていたとのこと。

しかし、建て替えをされる前にそこに住まわれたことで、

敷地条件の良し悪しを把握されていて、

四季の日差しの具合や強風時の状況などなど、

家づくりをする上でいろいろと参考になり、

良かったのではと思いました。

takafunedai_w_35a

1階には、LDKと同居されるご主人のお母様のお部屋、

そして、トイレ、洗面脱衣室、浴室などの水廻りがあります。

takafunedai_w_50

玄関の隣にあるパントリーの勝手口は、

お庭の家庭菜園で採れた野菜をリビングを通らずに

キッチンへ持ち込めるような動線と、

スープが冷めない距離にお住いの奥様のお母様が、

差し入れに来て下さった際にも

利用しやすいように設けられています。

最近では対面式にされることが多いキッチンですが、

こちらは孤独にならないけれども見え過ぎないような配置に、

腰壁でゆるく仕切り、明るさも確保しています。

続きはまた、次回ご紹介したいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2015/10/19

乗務員室のある家/ボックスシート

先月完成をしました『乗務員室のある家』には、

乗務員室の他にボックス席もあります。

一組のシートは実際の電車で使われていたモノを

今回、家を新築するにあたって入手されました。

そこで、ボックス席として対面で座れるようにと

入手した古いシートに倣って新しくシートを製作することに。

2015-10-17 19.31.13

先週末、これがやっと完成しましたので納品に行って参りました。

ボックス席の雰囲気、感じて頂けますでしょうか。

IMG_2329

実際に使用されていたシートの時間を経た味と

新しく製作したモノとの差は大きく、

馴染むまでには少し時間がかかるかもしれませんが、

雰囲気と経年変化を楽しんで頂けれたら幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/09/18

乗務員室のある家/写真撮影

今日は朝から、乗務員室のある家の写真撮影でした。

残念なことに、今回も写真撮影の日に早朝から

激しい豪雨と雷が轟く悪天候に見舞われてしまいました。

実際に撮影を行う時間には、雷も静まり、ほぼ雨も上がり、

空が少し明るくなってくれましたので、助かりました。

2015-09-18 14.38.12

「乗務員室のある家」は細部にこだわりがあるため、

三脚を立てて撮影できない部分も多く、

今日のように悪天候で光が足りない日の撮影は、

大変難しく、四苦八苦されながら、

カメラマンの中島さんが今回も腕を振るってくれました。

いつもありがとうございます。

IMG_2233-crop

帰る頃になって西の空が少し明るくなってきていました。

明日から連休(シルバーウィーク)と言う方も多いかもしれません。

どうぞ良い連休をお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。