【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘ バイクガレージのあるの家’ カテゴリーのアーカイブ

2015/09/10

バイクガレージのある家―5

今日は、のびのびになっておりました建てた家のご紹介です。

今年の春になる頃完成しました『バイクガレージのある家』

少し間があいてしまいましたので、

これまでのご紹介分は、第1回第2回第3回第4回

お時間のある時に、こちらも合わせてご覧ください。

012

完結篇の今回は、2階にある3つの個室をご紹介します。

その内、2つの個室は北側に面した配置になっています。

こちらがその1つ目、ご主人のお部屋、

ちょうどバイクガレージの真上でもあります。

通常北側の窓は型ガラスにして、

南向きに暮らす隣家の目線を気にするのですが、

こちらの立地では、北側は緩やかな緑の斜面と言う、

恵まれた環境でしたので、透明ガラスの窓にしています。

013

もう一つ、子供部屋も北側に面しています。

その分勾配天井にして、天窓を設けることで、

目の前に広がる緑と天井からの光が得られます。

015

年を重ねて実感しますのは、光の必要性です。

そこでお母様のお部屋は明るい南側へ、

ウォークインクローゼットと洗面化粧台も設けました。

鏡を取付ければドレッサーも兼ねられるようになっています。

『バイクガレージのある家』ご紹介はここまでとなります。

実は、写真撮影日の関係でテラスに面した洗面脱衣室や

バイクガレージの写真が撮れていなくて、

ご紹介することができずに残念です。どこかで機会がありましたら

また、ご紹介出来ればと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2015/07/17

バイクガレージのある家―4

また少し間があいてしまいましたが、

今年の始め、冬の季節が終る頃に完成をしました

『バイクガレージのある家』のご紹介の続きです。

026

前回はロフトへと登る階段までご紹介いたしましたので、

今回は、ロフトをご紹介したいと思います。

15_02_26 horiuchi_L_31

ロフトは、遊びにいらしたご友人たちが

雑魚寝をされることも想定に入れて計画をしました。

そこでお布団を仕舞っておくことができるようにと、

写真正面に目隠し壁を一枚、設けました。

ロフトを奥へと進みますと、壁の裏側がそのスペースです。

15_02_26 horiuchi_L_33

扉はなく、収納量に合わせて布などで仕切り、

ご使用いただくことにしました。

027

ロフトから見下ろすとかなりの高さがありますので、

落下防止で危険がないように、

手摺はしっかりとした高さを確保しました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/07/01

バイクガレージのある家—3

昨日に引き続きまして、今日は、

今年、季節が冬から春へと変わる頃に完成をしました

『バイクガレージのある家』のご紹介です。

028

1Fのリビング上部には、ロフトまで続く、大きな吹き抜けがあり

吹抜けをらせん状に回遊する計画になっています。

上の写真で説明いたしますと、

写真下側に見える階段で1Fから2Fホールへと登り、

写真右側の2Fホールと写真上側の南廊下が吹抜けを囲み、

写真の左側に見える階段でロフトまでたどり着けます。

ぐるっと一周していることがご理解頂けますでしょうか。

今度は目線の高さからぐるっと一周してみます。

011

1Fから2Fへと登ってきたところです。

020

2Fホールから見える東側ロフトへの階段です。

021

そして、2Fホールの手摺壁が終わり、

アイアンの手摺へと切り替わるところです。

023

南廊下から北を見ますと、1Fから2Fへの階段と

ロフトが視界に入ります。

15_02_26 horiuchi_L_27

南廊下の終わり、ロフトへの階段の上り口側から、

2Fホールを振り返っています。

2Fホールの手摺は壁状になっていまして、

リビングからの視線を遮る役割をしています。

025

更に、階段を上りますとロフトに到着です。

次回は、ロフトと個室をご紹介したいと思っております。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

2015/06/30

バイクガレージのある家—2

少し間があいてしまいましたが、今日は建てた家

『バイクガレージのある家』のご紹介の続きになります。

北側の玄関から中へ入りますと、

南の光がたっぷりと降り注ぐLDKがあります。

005

1階はLDK以外に水廻りとバイクガレージがあり、

リビングスペースの上部は広い吹抜けになっています。

吹抜けはロフト空間まで、つながっています。

006

2階にあがりますと個室が3つと南北を貫くホールがあります。

ホール北側から南の窓を見た様子です。

バルコニーへ出られるよう、掃出しの窓がついていますので、

ホールにもたっぷりの日差しが差し込みます。

017

反対、ホール南側から北側を見た様子になります。

018

同じ空間なのですが、不思議とこちら側を向くと

落ち着いた空気が感じられます。

15_02_26 horiuchi_L_19-crop

この北側の窓からの景色は、視界に入る家屋もなく、

緑が豊かでしたので、窓をL形に配置し、

なるべく緑を取り込むようにしました。

019

吹抜け東側壁面にはロフトへの階段があります。

次は、この吹き抜けについてご紹介したいと思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

2015/06/10

バイクガレージのあるの家—1

今日から何回かに分けて、今年、春の始めに完成をしました

『バイクガレージのあるの家』のご紹介をしたいと思います。

この家は、ご主人と小学生の息子さんにご主人のお母様、

3世代、3人で暮らす家です。

001

まずは、北側道路に面した玄関ドア側から見たところです。

外壁は、レッドシダーのラップサイディングを使用した板貼で、

窓や雨樋は、ホワイト色を合わせています。

002

玄関のドアは輸入の建具を使用しています。

玄関ドアとガレージドアの間には、

クライアントさん達てのご希望でシャワーを設けました。

頂いたイメージ写真を参考に部品を組み合わせてつくったので、

組み上がるまでは心配でしたが、無事仕上がり安堵しました。

003

お庭のある南面2階に木製のバルコニー、

1階には、ウッドデッキを設け、風致地区に指定されているため、

ウッドデッキのないところは芝などで緑化しています。

次回は内部の様子をご紹介したいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/06/02

バイクガレージのある家/外観の完成写真

週間予報によりますと、葉山辺り、

明日から梅雨の走りのようなお天気になりそうとのことで、

慌てて撮り損ねておりました、建てた家の外観を

本日撮影することに致しました。

2015-06-02 10.33.45

3月に引き渡し致しました『バイクガレージのある家』の撮影日は

あいにくのお天気だったため、外観撮影ができませんでした。

そこで、先日引き渡しを完了しました『3世代”バリア”アリーの家』

の外観撮影と合わせて、本日2棟分行いました。

2015-06-02 10.31.50

『バイクガレージのある家』は少し時間が空きましたので、

お庭に植栽が植わり、建物も活き活きとして見えました。

2015-06-02 10.33.37

この地域は、風致地区で植栽の面積が決められており、

かなりの面積を緑で覆わなければなりません。

2015-06-02 10.34.42

しかし、その分お庭で緑を楽しめることは、

暮らしていて幸せなことなのだと思います。

写真が仕上がって参りましたら、

それぞれ、ご紹介させていただきたいと思っています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/02/27

バイクガレージのある家/外構

『バイクガレージのある家』の駐車場は、

無事、猫の足跡がつくようなこともなく乾き、型枠が外れました。

2015-02-27 15.55.14

少し前に、境界線のコトについて書きましたが、

道路後退部分と建築敷地部分の区画を示すため、

コンクリートを打設する際に目地を設置しています。

2015-02-22 13.08.22

コンクリートの重量は想像以上にあるため、

打設時にコンクリートの圧力で押される心配もありますが、

丁寧に打設してくれたことで、目地が歪むようなことなく、

きれいな直線に仕上がり、ホッとひと安心です。

2015-02-27 15.54.53

お庭側隣地との境界線に建っていた既存のブロック塀と

高さを揃えた木製のフェンスも仕上がりました。

2015-02-27 15.50.21

2階には、木製バルコニーも出来上がり、

2015-02-27 15.49.54

バルコニーに出てみますとここからは、

遠くに海を見ることができます。

2015-02-27 15.46.42-crop

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

2015/02/26

バイクガレージのある家/写真撮影

今日は『バイクガレージのある家』の写真撮影を行いました。

今回も無理な要望にこれまで試したことのない

撮影手法で答えて下さったカメラマンの中嶋康介さん。

回を重ねる毎に上がるハードルに、

「自分でハードル上げてるな」とぼやいてはいましたが、

その都度、要望に的確に答えて下さるプロフェッショナルです。

いつも、いつも、ありがとうございます。

013

また、撮影の日に生憎のお天気率が高く、嘆いていたのですが、

今日気付いたことは、室内の撮影は曇り位の方が

コントラストが強くなり過ぎず、柔らかい写真に仕上がるので

松匠創美の家には合っているようだということです。

今日も朝から雨で、午後に入ると次第に雨脚が強くなり、

暗さが気になる場面もありましたが、概ね良好でした。

ただし、室内に限ってのことで、外観は別です。

空が青いかどうかで見え方が変わってしまいます。

葉山から程近い立地の場合には外観だけ天気の良い日に

改めることができるという前提があってのことです。

今回も外観は日を改めて撮影を行うことにいたしました。

写真が仕上がりましたら、ご紹介させていただく予定です。

今日は最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

2015/02/24

境界線

今日は境界線のことについてです。

原則土地は境界線によって区画管理されています。

しかし、古くから代々受け継がれてきた土地などでは、

まだまだこの境界線が整理されていない場合も多くあります。

ただし、建築の敷地としましては、

敷地境界線を明示する必要があり、

中でも、隣地境界線と道路境界線を区別しています。

2015-02-22 13.08.50

『バイクガレージのある家』の場合の道路境界線は、

写真のコーンが立っているU字溝の右端になります。

しかし、この道路の道路幅が4Mに満たないために、

建物を建てる際には、将来道路幅を4Mに拡幅出来るように

道路後退が必要になります。

写真U字溝に平行するように設けられたラインが

この道路の後退位置を示しています。

道路後退とは、後退した部分を建築の計画敷地に

含むことができないため、

後退部分の面積は敷地面積に算入することはできません。

また建築物や工作物を建てることもできません。

006

道路以外の隣りの敷地との境界線は隣地境界線と呼び、

今回は隣地境界線に沿ってブロックを積み

少し背の高い木製のフェンスを設けています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

2015/02/23

バイクガレージのある家/駄目廻り

今週末にお引渡しになる『バイクガレージのある家』は

壁が塗装仕上げです。

今日はその塗装仕上げの壁の駄目廻りを行いました。

003

工事の工程としましては、どうしても壁を仕上げてから

設備機器類の取付を行わなければなりませんので、

これらの作業時に気をつけているとは思うのですが、

往々にして傷や汚れができてしまいます。

そのため、塗装の職人さんの塗り残しなどの駄目も含め

最後にグルっと一回りをお願いすることになります。

2015-02-23 15.09.16

そんな時、最近では車の運転をする時にかける

遠くまでよく見えるメガネと、デスクワーク時にかけている

中近のメガネを駆使することになります。

2種のメガネを使い分け目を皿の様にして点検しました。

午後中かかりましたが、かなり丁寧に回りましたので、

きれいに仕上がったものと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。