【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘ 皆がツナガル吹抜のある家’ カテゴリーのアーカイブ

2011/07/06

お引渡し

先月完成しました2件の家。

1件目は先日の日曜日にお引渡しを完了し、

今日は、2件目のお引渡しでした。

震災の影響が、懸念された時期もありましたが、

無事、工期通り、お引渡しをすることができました。

工事関係者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

2011_0706AA

お引渡しの日には、これから想定される、

注意点やメンテナンスの方法なども含めて、

一通りの取扱い説明をさせていただきます。

2011_0703AO

何分、無垢の木の家ですので、馴染むまでには、

少々のお時間が必要です。

最初の1年は、四季の移り変わりで変化する具合を観察して、

木の特性なのか、不具合なのかを判断するコトになります。

そうして、家と対話しながら、これから末永く愛用していただけると

何よりの幸せです。

2011/06/27

完成見学会

週末は、完成見学会でした。

お忙しい中、お越し下さいました皆さま、ありがとうございました。

天気予報では、雨の予報も有りましたので、

雨対策も考えていましたが、

お陰様で先ず先ずのお天気で、何よりでした。

2011_0625AB

今回はお子様連れのご家族もいらしましたので、

お子さん達が、空間を自由に走り回る姿を見ることが出来て、

とてもうれしい気持ちになりました。

2011_0625AQ

空間構成が立体的で、いろいろなところがつながっていますので、

子供たちにとっては、ジャングルジムとかくれんぼが

一緒に出来る遊具のような感じなのかもしれません。

2011_0626AB

また、家づくりのコーディネーター 木童さんも応援に来くれて、

今回、使用した木材について、説明をしてくださいました。

お陰様で、無事見学会を終えることが出来ました。

どうも、ありがとうございました。

2011/06/22

完了検査

今日は、今年2月から横浜で工事が始まった

2件の新築住宅の完了検査でした。

1件目は、立会いのために現地へ到着すると

今回も予定時間より30分以上早く到着していた検査員の方が、

既に検査済みで、指摘事項もなく、サインをして完了でした。

「こんな木の香りのする家の検査は久しぶり」

と検査員の方は言ってくれました。

2011_0622AE

そして、検査員と共に、2件目へ移動です。

こちらも問題なく、無事検査を終えることが出来ました。

ご協力をいただいた皆様、ありがとうございました。

2011_0622AF

写真は、今週末に、完成見学会を行う家のものです。

南側の大きな吹抜を介して、

家全体の空間がつながる間取りになっています。

いつもクリーニングをお願いている方に、

「また、進化していますね」と言っていただいた

つながる間取りを、見にいらっしゃいませんか。

まだ、空きがございますので、

お時間がございましたら是非足をお運びください。

  * * *

~「建てた家見学会」~

 日 時 : 2011年06月25日(土)・26日(日)
      10:00~16:00
      (ご都合の良い時間帯をお知らせください。)

 場 所 : 神奈川県横浜市港南区
      (お申込みいただきました方には後ほどメールにて
                 詳細なご案内を、お送りします。)
 
 お申込み・お問合わせ : 松匠創美HP『メールを送る』の
       メッセージ覧に、ご希望の日時(時間帯)を
       ご記入の上お申し込み下さい。

※大切なお客様の家をお見せする為、予約制とさせて頂いております。

2011/06/07

完成見学会

現在、横浜市港南区に建築中の建物が、

あと半月程で完成予定です。

今回、クライアントさんのご好意により、

皆さまに見学していただくことが出来るコトになりました。

ありがとうございます。

2011_0526AJ

コツコツと地道に建築させていただいているという事情もあり、

松匠創美のつくる家のテイストを味わっていただける機会は

そう多くはございません。

当日は、今回の家の特徴や完成に至るまでのエピソードなども、

お話しながら、ご案内をさせていただきたいと思っています。

是非、この機会に、お時間がご在いましたら、

見学をしに、足をお運びいただけますとうれしいです。

2011_0605AG

~「建てた家見学会」~

 日 時 : 2011年06月25日(土)・26日(日)
      10:00~16:00
      (ご都合の良い時間帯をお知らせください。)

 場 所 : 神奈川県横浜市港南区
      (お申込みいただきました方には後ほどメールにて
                 詳細なご案内を、お送りします。)
 
 お申込み・お問合わせ : 松匠創美HP『メールを送る』の
       メッセージ覧に、ご希望の日時(時間帯)を
       ご記入の上お申し込み下さい。

※大切なお客様の家をお見せする為、予約制とさせて頂いております。

2011/05/26

あと1ヵ月

現在建築中の現場の工期が、残すところ1ヵ月となりました。

今日は、クライアントさんと現場で最後に残っていた

窓廻りのブラインドなどについて打合せをしました。

2011_0526AV

既に、1Fから2Fへの階段は出来ていましたので、

打合せ中の上り下りが楽にできて助かりました。

今日は2Fからロフトへの階段を加工しているところでした。

(アロハ姿ですが、決して遊んでいるわけではございません)

2011_0526AC

そして、ほぼ壁が出来上がった現場で打合せをしたことで、

修正するとより良くなりそうな点が見つかりました。

クライアントさんと棟梁に相談の結果、修正するコトになりました。

修正とは言え、今回のようなワクワクする修正は良いものです。

仕上がりが、楽しみです。

2011/04/15

仕上がってきています。

2月から始まった2つの現場ですが、

震災の影響を受けつつも、少しずつ仕上がってきています。

どちらも、システムバスの納期が大幅に遅れていたり、

今後入荷するものについても、

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、

今までのところは、作業が止まるようなことなく、進んでいます。

今日はそのうちの1件の現場で、クライアントとの

打合せがありましたので、進捗状況の説明をいたしました。

すると、「こんな状況なので、遅れても仕方ないと思っていた」

と言って、理解を示して下さいました。有り難い事です。

しかし、とは言いましても、お言葉に甘えることなく、

引渡しの日までに、シッカリと完成したいと思っております。

2011_0415AK

今回、外壁の仕上は、左官のそとん壁、掻き落とし仕上げです。

最後の面を作業中でしたので、今日中には完了しそうです。

  *掻き落としとは、

   一度コテで平らに抑えた後、専用のブラシで、

   表面を荒らす仕上方法。

2011_0415AM

外壁が仕上がりましたら、最後に雨樋とベントキャップを取付て

雨仕舞いの完了となります。外部はあと一息です。

  *ベントキャップとは

   外壁に設ける給排気の穴に雨が入らないよう取付ける部材

2011/03/08

中間検査

今朝は、一番で港南区の現場へ向かう予定でした。

横浜市の場合、木造2階建ての専用住宅も

中間検査が有ります。その検査に立ち会うためです。

DSCF0041

ところが、事務所を出発しようとしていますと、

現場から電話が入り、「もう検査員さんがきてるよ」とのこと。

随分と早い到着の知らせに、慌てて出かけました。

お約束の時間には、なんとか到着しましたが、

既に検査は入念に行われた後でした。

到着すると早速サインをして検査完了です。

特に指摘事項など無かった事が、何よりでした。

DSCF0016

中間検査では軸組の組み上がりの状態を確認します。

上の写真に有りますような金物がシッカリと取付けてあるかとか、

DSCF0033

外壁の構造用合板が、適正な釘ピッチで取付けられているか、

などなどです。

検査に立会うだけでなく設計者も、

見落としがないようにシッカリと確認することが必要です。

2011/03/01

祝上棟

2月から横浜の港南区と港北区の2箇所で、

2週間程の違いで、新築の工事が始まっています。

その内の一軒が先週末、無事上棟致しました。

おめでとうございます。

2011_0226EE

春一番の翌日で、風も納まりお天気にも恵まれました。

クライアントのご両親もいらして、特にお父様が、

とても喜んでくださっている様子で、

それを見たクライアントは、親孝行になったと喜び、

その喜びが我々にも伝染して、

全体に喜びの輪が広がっていく感じが、

何よりも良かった上棟でした。

2011_0226GB

ご主人も、ヘイグシを取付て降りてこられて、

「面白かった~」とおしゃっていたのを聞いて、安堵しました。

6月まで、滞りなく工事が完了できるように、

心して取り組みたいと思います。

2011/02/18

月曜日のコト

今日は既に金曜日なのですが、

今月から工事が始まりました現場では、

月曜日が基礎立上りのコンクリート打ちでした。

朝の散歩に出かけた時点では、

写真のように空一面、雲に覆われていましたので、

お天気の具合が心配されました。

2011_0214AA

しかし、その後は徐々に天候が回復しまして、

コンクリートを打つ8時半頃には雲が切れて明るくなっていました。

2011_0214AG

寒い時期のコンクリート打ちですので、

コンクリート強度を温度補正しました。

2011_0214AM

流し込んだばかりのコンクリートの表面です。

少し時間が経ちますと、中から空気がぷくぷく出てきます。

それをコテで押さえます。

2011_0214AN

左側は押さえて有りますので、表面がスムースになっています。

更に時間をおきますと、表面に水分が上がってきますので、

そこをもう一回押さえます。

ただ、寒いこの季節は水の引きが遅いため、ちょっと待ちます。

この日は、夕方から雪になりましたが、

降り出す前に無事、養生作業を完了するコトができましたので、

ひと安心でした。

寒い中の作業、お疲れ様でした。

2011/02/16

配筋検査-2

土曜日は天候が悪かったために、天候の回復しました日曜日に、

基礎の立上りの型枠を組むことになりました。

P2130004

そこで、型枠が組み終わるお昼頃を目指して

現場へと向かいました。

月曜日にコンクリートを打つ前に再度配筋の検査をするためです。

P2130019

立上の検査は、15cm型枠の間に鉄筋が

必要な空き寸法を確保した状態で設置されているのかや、

アンカーボルトなどの金物が図面の位置に

適正にセットされているかなど、細かくチェックをします。

この日も、何点か指摘事項が有りました。

指摘事項があることは決して良い事ではないですが、

事前の検査で発見するコトができると、

甲斐があったような気持ちになってしまいます。