【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘建てた家’ カテゴリーのアーカイブ

2017/12/13

Wooden hut/造作家具

今日は、年内に完成したいと思いつつも

不安な状況の新事務所の様子をご紹介したいと思います。

DSC_0905

1階部分が業務を行う事務スペースになります。

壁一面に設けられたデスクと棚が出来上がりました。

手前がデスクコーナー、奥がOAコーナーになります。

DSC_0910

反対側の壁一面にもデスクコーナーがあります。

その奥、階段を上りますと2階がミーティングルームです。

DSC_0879

2階ミーティングルームからロフトへ上る階段の

取付も終えています。

DSC_0883

ロフトは資料の保管用にと設けることにしました。

窓が一つ、資料を探すには十分な明るさが得られます。

DSC_0870

壁のタイルも貼り始まりました。

後はタイル以外の部分の壁の仕上げを

セルフビルドしようと思っているのですが、

かなり難しい状況にどうすべきか思案中です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/12/12

光の降り注ぐ階段室のある家/完成写真3

今日は、遅ればせながら2010年に完成をしました

『光の降り注ぐ階段室のある家』完成写真のご紹介3回目、

2階キッチンをご案内したいと思います。

013-1

キッチンは開放的なアイランド型です。

北側に位置するため暗くならないようにと

勾配天井には天窓を設け、スリット状の開口部からも

光が差し込むように計画をしました。

011-3

天板の素材はステンレス。堅牢で機能的だけれども

やや無機質で冷たい感じのステンレスと

温かみのある木製キャビネットの組み合わせが好きで、

松匠創美で製作させていただくオリジナルキッチンは、

この組み合わせが多いです。

010-2

キッチン横には、パントリーが設けられています。

021-1-vert

ウォールキャビネットのガステーブルの下部は、

観音開きの扉の収納が設けられ、

その右側には、調理器具が入る浅めの引出しと

1升瓶などの調味料が入る深めの引出しに、

それ以外の部分は引き違い戸になっています。

022-2-horz

リビング側からは見えにくいシンク下は、

ゴミ箱などが置けるようにとオープンスペースに

シンクに向かって左側には扉の収納スペース、

右側には深さの違う引出しを3段設けました。

リビングに面する部分には、食器が収納出来ます。

建築当時、ご夫婦お二人でミニマムに暮らされていて

「入れるモノがあまりないんです」と

仰っておられましたが、お子さんが幼稚園に通い始め、

少しずつモノが増え、収納が役立ち初めてたようで

ひと安心致しました。良かったです。

次回はロフトなどをご紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/12/05

光の降り注ぐ階段室のある家/完成写真2

今日は、遅ればせながら2010年に完成をしました

『光の降り注ぐ階段室のある家』完成写真ご紹介2回目、

2階リビング・ダイニング・キッチンのご案内をいたします。

013-2

前回ご紹介をいたしました光の降り注ぐ階段室を上りますと

2階は奥にキッチンスペース、手前にリビング・ダイニングの

ひとつの大きな空間となっています。

008-2

完成当初の階段手摺は、光を採り込むことを主としたため

床座で暮らす場合にどうも落ち着かないということで、

お引き渡しをしてすぐ、中桟の追加をさせて頂きました。

その後、お子さんの誕生に合わせ、更に細かく桟を追加し、

現在は、かなり安全性の高い手摺に姿を変えていますが、

不要になりましたら外すことも可能なように計画しています。

013-4

北側に位置するキッチンから南のバルコニーを見ています。

2階のバルコニーは

「子供が生まれたらプールを広げて遊ばせたい」

とのご要望で、広目に計画をしました。

014-2

先日お伺いした際にお尋ねしますと、

「3m角のプールを置いて遊ばせてます」

とお聞きし、ご希望のひとつが実現したことを知り、

こちらもなんだか嬉しい気持ちにさせてもらいました。

001-5

南側から見た外観です。

なんとなくバルコニーの広さが伝わればと思います。

次回は、キッチンのご紹介をしたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/28

光の降り注ぐ階段室のある家/完成写真1

先週末、『光の降り注ぐ階段室のある家』の

クライアントさんより追加工事の依頼がありまして、

久しぶりにお邪魔して参りました。

そして気づいてしまいました。

『光の降り注ぐ階段室のある家』の完成写真を

ブログでご紹介し忘れてしまっていたことに...。

遅ればせながら2010年の竣工当時に、

今もお世話になっております中島康介さんに撮っていただいた

写真でご紹介させていただきたいと思います。

001-3

写真、一番左側、ガルバリウム鋼板貼りの建物が

『光の降り注ぐ階段室のある家』に北側道路面になります。

001-6V-tile

玄関部分、昼と夜の違いです。

木製の玄関ドアとスリットからもれる灯りが

ガルバリウム鋼板の外観を和らいだ雰囲気にしています。

002-1

玄関ドアを内側から見ると外の明るさが感じられます。

002-2

そして、玄関ホールから中へ入りますと

光の降り注ぐ階段室があります。

003-1-tile

光が降り注ぐようにと踏板のみのストリップ階段です。

玄関ホールとは扉で仕切り、床暖房を敷設し

吹抜けを通して建物全体へ暖気が回るようになっています。

004-2

1階から2階へ上る階段の上には、ロフトへ上がる階段が

更に重なって設けられています。

004-4V

次回は2階リビングをご紹介いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/21

Wooden hut/ご見学

昨日、月曜日の午後は、現在新築計画を進行中の

クライアントご家族と設計の打ち合わせがありました。

IMG_6516

うっかりしておりまして、まだ、事務所の現場を

ご案内しておりませんでしたので、打ち合わせの後、

ご案内することになりました。

打合せ中、少し収納が足りないかも・・・ということで、

ロフトを設けるか、収納を設けるか検討中でしたので、

全く同じと言う訳にはいかないのですが、

事務所のロフトスペースが参考になればとご案内しました。

取り敢えずは、ロフトがある場合と収納を設ける場合と

検討することになり、次回までにご提案をまとめます。

IMG_6523

現場では、丁度ロフト部分のボードを貼るための

下地を造っていましたが、天井の低い部分の作業は、

大工がこんな感じで頑張ってくれます。

現場では、いつもうるさいことばかり言っておりますが、

こんな姿を見ると頭が下がる思いです。感謝です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/16

Wooden hut/石こうボード貼り

コツコツと工事が進行している事務所棟『Wooden hut』では、

内部壁下地の石こうボード貼りが始まりました。

IMG_6414

ボードをどこまで貼るのが一番納まり良く、きれいか、

出来る出来ない、手間がかかり過ぎる等々、侃々諤々、

全体のバランスを見通しつつも一か所ずつ決めていきます。

IMG_6393

エアコンの取付位置等には、先行して補強を入れて行きます。

IMG_6422

外部では、外壁が貼り終わり、後は雨樋を取付ければ

足場をバラスことが出来るとことまで来ました。

まだまだ、検討が必要なことが山積みで、

早く決めてくれーと現場から、日々おしりを叩かれて居ります。

一日も早い完成を目指し、決めることを決めなければと

プレッシャーと格闘する日々は、もう少し続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/13

ハナちゃんの家/お引っ越し後

今日は、先週末お引越しを終えた『ハナちゃんの家』へ

書類をお届けに伺いました。

IMG_1471

ハナちゃんがとびっきりの笑顔で迎えてくれました。

『ハナちゃんの家』は3階建ての3階にリビングがあります。

ところが当のハナちゃん階段が苦手で、

これまでの犬性、階段を避けて生きてきました。

IMG_1484

リビングで一緒に過ごすことは難しいかもと心配した

飼い主ご夫妻で、階段を克服すべく練習を重ねて来ました。

ところが、あまり芳しくないと聞いておりましたので、

どのように過ごしているのか、心配をして居りました。

IMG_1514

3階建ての家で家族揃って、楽しく暮らすために

なんとしてもハナちゃんに頑張って貰いたいところですが、

お話を伺いましたところ、1日目は階段を上れず、

1階でピーピーと言って過ごしたそうです。

IMG_1517

ところが2日目には意を決したハナちゃん、

脚から流血しながらも上り切ったとのこと。

IMG_1521

今日もお伺いするとちょっと躊躇はありますが、

みんなと一緒に上って見せてくれました。

IMG_1488

下りる時には、ところどころ段を飛ばして、

転げるように下りて行きますので、時々浮いてます。

IMG_1506

2階のホールでまだ上るの?と問いかけられました。

IMG_1524

壁には、ハナちゃんの血が付着していたり、

階段材もあっと言う間に爪痕が刻まれました。

IMG_1525

ご夫妻も最初のひと傷目は、あ~あと思いましたが、

直ぐにあきらめが付きましたとおっしゃっておられました。

ご夫妻のとっては、ハナちゃんと一緒に過ごすことが出来ないより

ずっと幸せなことなのだと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/10

ハナちゃんの家/写真撮影

昨日『ハナちゃんの家』では、外構工事と並行して

写真撮影も行いました。

暖かく、天候にも恵まれ、たいへん助かりました。

IMG_6291

撮影はこれまでも松匠創美の建てた家の写真を撮って

下さっている中島康介さんにお願いしました。

IMG_6288

いつものことですが、写真撮影の際に中島さんに

多大なるご迷惑をおかけしていることがあります。

それは、人間の目で見える感じと

カメラのレンズで見えるモノとの違いが、

中々掴むことが出来ないということです。

色々と撮りたい写真のイメージをお伝えし、

試していただくのですが結果、最初のアングルが

正解だった、と言う事が、なくなりません。

情けない限りです。

IMG_6289

ご迷惑をおかけする分、助手としてPCを持って、

少しだけお手伝いさせて頂いております。

中島さんが頑張って撮って下さった写真が、

仕上がって参りましたら、また紹介したいと思います。

今週もお疲れ様でした。どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/09

ハナちゃんの家/外構工事

昨日今日と『ハナちゃんの家』では、外構工事を行いました。

昨日の朝起きるとしっかり雨でしたので心配しましたが、

ほどなく小雨になってくれましたので、助かりました。

朝一番で、計画を説明し、最終形を確認します。

IMG_6238

土の鋤取り、下地を造り、型枠を組み終えた頃に、

様子を見に行き確認して、この日の作業は終了でした。

IMG_6241

今日は、朝からいいお天気に恵まれ生コンの打設でした。

生コン車が到着する前にメッシュ筋を敷き、到着を待ちます。

IMG_6261

玄関ポーチ側からポンプ車でコンクリートを打設します。

IMG_6267

玄関ポーチは、コンクリートの打設後に左官職人さんが

合番で金ゴテ仕上げを行います。

IMG_6270

後は固まるのを待って型枠をばらします。

どうか猫ちゃんが通ったりしないことを祈っております。

IMG_6283

これでほぼ、残工事も完了です。

お引越しに間に合いそうで良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/11/06

ハナちゃんの家/完了検査・引き渡し

今日の午前中は、現在設計を進めている最中の

クライアントご夫妻との打合せでした。

そこで、引き渡しを控えた『ハナちゃんの家』へ

打ち合わせの後、ご案内させていただきました。

IMG_6203

中々、出来立てホヤホヤを見ていただく機会がないので、

良いタイミングで見ていただくことが出来て良かったです。

そうこうして居りますと、いつもながら15時半予約の

完了検査に14時には検査員さんが現場へ現われましたので、

引き続き完了検査をしていただくことになりました。

IMG_6217

1階から順番に窓の仕様や階段の手摺をはじめ、

火災報知機や24時間換気用器具など、

取付すべきものがちゃんと取付けられているかなどを

確認していきます。

指摘事項もなく、無事完了検査を終えることが出来ました。

IMG_6220

そして、本来は明日の予定でしたお引き渡しですが、

クライアントさんのお仕事の関係で本日に前倒しになり、

夕方からお引き渡しを致しました。

工事後半、クライアントさんは出張続きだったため

ほとんど現場へ来られなかったこともあり、

すっかりきれいになった様子に感動してくださいました。

あとは今週末のお引越しまでに残工事と撮影を行う予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。