【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘建てた家’ カテゴリーのアーカイブ

2017/08/01

ハナちゃんの家/板金工事

今日は朝から雨予報でしたが、午前中は薄日の射すお天気で、

なんとか持ちこたえました。そして午後、一気に暗くなり、

15時頃には、猛烈な雨になりました。

ちょうどこの時、クライアントさんのところに居りまして、

少し雨脚が弱まるまでと話していましたところ、

中々、帰ることが出来なくなってしまい、仕方なく

車に乗る間だけでもビショビショになりながら帰ってきました。

久しぶりに洗車機並みの豪雨でした。

被害が出ていないことを祈りたいです。

IMG_0266

話は変わって、昨日の『ハナちゃんの家』です。

先週末、クライアントさんが暫く出張続きとのことで、

床材に一気にミツロウを塗って下さいました。

暑い中の作業、お疲れ様でした。

IMG_0245

屋根の板金が、あらかた昨日の段階で葺き終えており、

この豪雨の前で何よりでした。

IMG_0246

この季節、屋根の上は灼熱地獄です。

この夏、屋根の上で作業をされていた若い作業員の方が、

熱中症で亡くなられたとの報道も聞きました。

IMG_0257

外壁の下地の合板を貼り終えましたら、

屋根工事に引き続き、外壁の板金工事です。

屋根工事に比べると、向きによっては日影もありますので、

少しだけ作業環境が改善するといいのですが、

くれぐれも熱中症にならぬよう、水分補給を十分にして、

作業をしていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/27

ハナちゃんの家/電気工事

『ハナちゃんの家』では、昨日から電気工事が入りました。

電気工事の初日には、現場にて注意事項のすり合わせと

具体的な配線ルートの確認を行っています。

IMG_2042

事前に図面を予習して来ている電気屋さんが、

不明点について質問を投げかけてくれますので、

それらに一つ一つに答えていきます。

IMG_2044

また、なるべく効率よく作業を進めて貰えるようにと

穴あけ位置などについても問題がないことを確認します。

今日もルートのことで再び現場へ呼ばれ、

知恵を絞って参りました。うまく納まってくれるといいのですが。

IMG_2071

そして、現在の現場の状況はと言いますと、

スイッチやコンセントが取り付く壁以外には、

既に断熱材の充填が進んで来ています。

IMG_2068

暑い中での断熱材の充填は、綿状のグラスウールが、

それだけで暑苦しい感じですので、大変な作業です。

ただ、しっかりと断熱材が充填されることで、

内部空間は涼しくなる予定ですので、

頑張って充填作業を行ってもらえたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/21

趣味を楽しむ家族の家/エアコン取付

先月、『趣味を楽しむ家族の家』のアフター工事で

コンセントのを増設を行ったのですが、

今週は、そこへエアコンの取付けを行いました。

IMG_0011

取付位置をエアコン本体の背面から配管が出せる位置に

したかったのですが、建物の状況を総合的に判断した結果、

それは難しかったので、側面から配管を出すことにしました。

IMG_0012

それでも2年位前から側方へ配管を出す場合用の

専用カバーが用意されたため、配管はきれいにカバーされ、

スッキリと収まりました。

IMG_0015

もう一つ、吹抜け上部にシーリングファンを

追加で取付させていただきました。

取付けに来てくれた電気屋さん達が、口を揃えて

家の中が涼しいと言ってくれていましたが、

今回、エアコンとシーリングファンを追加したことで、

一層、暑い夏を心地よく過ごしていただけたらと思います。

IMG_0017

子供たちの夏休みが始まって最初の週末、

熱中症に気を付けて、夏を楽しんで下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/11

ハナちゃんの家/緊結金物自主検査

先週末、洗濯機に釘を詰まらせてしまいまして、

今日の夕方、修理の方が来くれました。

今日、修理に来て下さったのも前回と同じ方で、

少し前にも修理しましたよねーと覚えておられました。

今回は、底の回転する羽のような部品を取外し、

あっと言う間に作業完了。

自分でもできるのではと尋ねましたところ・・・

当然ですが、止めて下さいとのことでした。

汗の季節に洗濯が毎日できないのは、辛いので、

ポケットの中の点検は入念に行うように心掛けたいと思います。

さて、そんな今日は、洗濯機の修理時間が夕方になると

朝、連絡があり、それまでに役場と現場を回ることに。

IMG_1647

『ハナちゃんの家』では、構造用の緊結金物が

計画通りに取付けられているか、1箇所ずつ確認です。

何箇所か、まだ取付けられていない金物があったり、

1箇所は、ビスを間違えて留めている箇所も見つかり、

修正を指示し、その部分をもう一度確認する際に

分かり易いようにマスキングテープで印を付けました。

IMG_1645

筋違いが入り、金物が付き、構造用面材が貼り始まり、

少しづつ、建物の強度が確保されてきています。

安定するまでもう少し、強風が吹かないことを祈ってます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/06

高台に建つ三世代同居の家/完成写真8

今日は、昨年末に完成をしました

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介、8回目になります。

17_02_01 hirasaku-2 w_88

8回目の今回は、子世帯の個室をご紹介いたします。

子世帯の壁の仕上げは、漆喰を自主施工されるとのことで、

お引渡しの時点で壁は、下地の石こうボードのままでした。

写真は北側の主寝室になります。

17_02_01 hirasaku-2 w_89

主寝室にはウォーク・イン・クローゼットが付属しています。

写真右手に見える一部壁が白く見える部分が、

そのウォーク・イン・クローゼットの入口です。

17_02_01 hirasaku-2 w_87

お引越しの際に衣類をしまうことが出来るようにと

先行して漆喰を塗ってきれいに仕上げています。

17_02_01 hirasaku-2 w_83-tile

南に面してはロフト付きの子供室があります。

ロフトにはハイサイド窓が設けられていますので、

お子様の成長に合わせた利用方法が考えられそうです。

17_02_01 hirasaku-2 w_81

子供室も漆喰仕上げの予定です。

梯子を掛ける金物の取付部分のみ先行して塗ってもらいました。

先日ご見学させて頂いた際に、冬の間はずいぶんと

温かく過ごすことが出来たと教えていただきまして、

本当に良かったと胸をなでおろしました。

これからの暑い季節の様子は次の機会に、

お聞かせ願えればと思っております。

さて「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介は

今回で最後になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/03

ハナちゃんの家/建て方

今日から『ハナちゃんの家』建て方が始まりました。

敷地の周辺状況から今回は、レッカー車を使用しないで、

人力で3階建ての軸組みを組み上げなければなりません。

IMG_9891

午前中に届け物に行った時には、丁度1階部分が組み上がり

仮りの筋違いを留めつけているところでした。

IMG_9897

柱が垂直に建っているかを見る「下げ振り」と、

建物の歪みを矯正する突っ張り棒のような「屋お越し」を使い、

全体の通りを睨みながら、仮の筋違いで固定していきます。

IMG_9901

その後、今日は暑かったので、3時の一服の時間に

冷たいものを持って今度は陣中見舞いに行ってみました。

ちょうど2階まで組み上がっていました。

IMG_1575

冷たい飲み物、アイスバー、頂き物のさくらんぼに

地元で採れたきゅうりを冷やして手前味噌を挟んだもの。

IMG_9909

クールダウンし、一息入れた後は、いよいよ3階へ。

遠くに相模湾が見えました。

明日は、棟上げまで終え、台風接近に備えます。

上陸は避けたいのですが・・・どうなるでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/28

高台に建つ三世代同居の家/完成写真7

今日は、昨年末に完成をしました

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介、7回目です。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

5回目にリビングをご紹介した際の写真、

中央やや左に見えます白い固まりは収納になって居ります。

17_02_01 hirasaku-2 w_70

この収納を設けたことで、大空間リビングに

ちょっとしたグロッタのような囲まれたスペースが生まれ、

解放感一辺倒になってしまいそうな大空間リビングに

いいアクセントが出来ました。

17_02_01 hirasaku-2 w_77

また、反対側にも少しだけ廊下が出来、

この廊下側に収納の扉を設けていますので、

開け閉めをする際にもリビング側から見え難くなっています。

17_02_01 hirasaku-2 w_75B

収納は、お布団などの大きなものも入れられるように

全開するようになっています。

17_02_01 hirasaku-2 w_71

上部に設けられたハイサイド窓によって

廊下部分が暗くならないよう北側の安定した光を採り込み、

収納の中が見え易いような配置にしています。

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介、7回目

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/23

趣味を楽しむ家族の家/その後

今日は、2012年に完成をしました

『趣味を楽しむ家族の家』へ、アフター工事で行って来ました。

IMG_9777

実は、周辺環境に変化があり、ウッドデッキの手摺を

これまでよりも少し高くすることにしました。

IMG_9781

シルバーグレーの部分が新築時からの手摺で、

ブラウンに見えるのが今回継ぎ足した部分です。

IMG_0957

リビング側から見ると少し囲われた感じになりましたが、

程良く、緑とのバランスもとてもいい感じです。

IMG_0960

リビングのカラマツの床材も飴色の色づき、

すっかりと馴染んでいました。

IMG_0985

東日本大震災の翌年完成と言うこともありまして、

電気利用に対して見直しが行われた頃で、

これまでの5年間は、子供部屋に

エアコンを入れずに過ごされて来られました。

しかし、お子さん達の成長と年々猛暑と化す夏へ備え、

エアコンが取付けられるようにと電気工事も行いました。

IMG_0990

エアコンはまだ取付けていないのですが、

暑くなる前に準備が整い、ホッとしました。

今日のように晴れると暑く、雨の日は寒い日々で

体調を崩されている方も多いようです。

どうかご自愛の上、良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/22

ハナちゃんの家/立上りコンクリート打設

今朝は、おかげ様で予定通りに『ハナちゃんの家』

基礎の立ち上がりコンクリートの打設を行いました。

IMG_9752

梅雨の最中、2度のコンクリート打設が予定通りに行えたことは、

とても恵まれていたなぁ~と安堵しております。

IMG_9776

基礎工事などのコンクリートの施工の際には、

プラントから生コン車で運ばれてきたコンクリートを

ポンプ車を使って圧送し、型枠内に打ち込みます。

そのポンプ車のブームを折り畳む時、近隣家屋の屋根や

電線にぶつからないように動かしている様子は、

いつ見てもハラハラするものです。

IMG_9768

今回も上空に沢山の電線が走っていて

作業中はずっと見守っておりましたが、

流石に上手に操るものだと、感心してしまいました。

IMG_9769

ポンプ車のブームの中にコンクリートが残った場合には、

生コン車へ再度移動し、プラントへ戻します。

IMG_9775

以前は戻すことが出来ずに処分に困っていましたので、

最近は、改善され良くなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/21

高台に建つ三世代同居の家/完成写真6

今日は予報通り、1日警戒が必要な荒れた天気で、

ロフトの窓を1箇所、閉め忘れていたため、

気が付いた時には、水浸しになっていました。

警戒を怠り、失敗をしました。今後は気を付けようと思います。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

さて、「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介は、

今回で6回目となります。

17_02_01 hirasaku-2 w_61A-tile

前回は、リビングをグルッとご紹介しましたが、

今回は、キッチン以外の水廻りをご紹介いたします。

17_02_01 hirasaku-2 w_60

洗面化粧台とミラーとキャビネットは、

LIXIL製で組み合わせ式のタイプです。

そのため、キャビネットと化粧台の間の壁面に

パネルなどの付属部材がないため、

この部分の壁の仕上が漆喰では、

将来的な水はねによる汚れが心配とのことで、

床材と同じチェリー材を貼っています。

木材は、乾きやすいところで使っていただくと

少々の水には強いので、扱いやすくてお勧めです。

お隣の浴室は、タカラスタンダード製の

1坪タイプのシステムバスです。

17_02_01 hirasaku-2 w_78

トイレは、洗面脱衣室とは独立しているので、

タンクに付いた手洗いではなく、別に手洗器を設けました。

便器と手洗器は、洗面化粧台と同じ、LIXIL製です。

次回は、個室のご紹介をいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。