【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

‘建てた家’ カテゴリーのアーカイブ

2017/10/19

wooden hut/断熱補修

現在建築中の松匠創美新事務所、かなり悩んだのですが、

今の事務所同様、床暖房を敷設することにしました。

現在の事務所は温水によるコンクリート蓄熱タイプですが、

新事務所は、温水による低温式パネルタイプになります。

IMG_1161

このパネルの設置場所、紺屋の白袴とでも申しましょうか、

確認に行くと、少々予定と違う位置に敷設されていました。

そこで、予定の位置に移動していただくことにしました。

そのためには配管の位置も移動する必要があり、

配管を移動すると床下の断熱材に断熱欠損が出来てしまうので、

今日は、この断熱欠損の補修工事をしていただきました。

IMG_1185

先ずは、配管の立ちあがっている部分の合板をカットします。

IMG_1188

合板を剥がすと断熱材が見えるようになります。

IMG_1202

室内側のシートを剥がし、ずらす前の穴とずらした穴の二つが

空いています。この穴表面から見ると小さな穴ですが、

中には大きな穴が開いていて、断熱材が入っていない状態です。

IMG_1204

ぽっかりと空いてしまったシートの穴をふざぎ、

断熱材を戻していきます。

IMG_1209

配管回りは特に注意深く、断熱材を充填します。

IMG_1218

少し盛り上がるくらいまで断熱材を詰めましたら、

合板を戻して完了です。

IMG_1220

高断熱に対する意識の差がまだまだ大きくあり、

聞くところによりますとこのような断熱欠損が見過ごされ

このままにされてしまうこともあるそうです。

今回は、床暖房のパネル敷設の際に立ち会っていたため、

見過ごされることなく補修することが出来、何よりでした。

おまけに吹き込まれたセルロースの断熱材を

掘り出す経験は、そうすることはないと思いますので、

貴重な体験が出来ました。

そして何より、このような事が起こったのが

自分たちの事務所で、良かったです。

次はないように気を引き締めたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/16

ハナちゃんの家/壁仕上げ

毎日、雨が降り続けている葉山です。

小学校の運動会が土曜日開催予定のところ順延し、

明日も雨予報と言うことで、唯一雨が降らなさそうな

水曜日に延期されました。

現場では、外部工事が進まず・・・気が揉めます。

そんな毎日ですが、外の工事が終わり仕上げに進んでいる

「ハナちゃんの家」へ、納めの打ち合わせに行って来ました。

IMG_5577

3階部分の大工仕事がもう少し残っています。

1、2階では、石こうボードのつなぎ目にパテによる

下処理が進んでいます。

IMG_5600

階段の裏側も階段同様に段々になっていたり、

出隅が多くありますので、下処理にも手間がかかります。

IMG_5591

それでも丁寧に下処理をしてくれる職人さんのおかげで、

既に2階部分は概ね貼り終えていたのですが、

薄手の壁紙にもかかわらず、きれいに仕上がっていました。

引き続き、よろしくお願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/12

ハナちゃんの家/土間仕上げ

いよいよ工事も最終段階の「ハナちゃんの家」

仮設の足場も撤去され、外観がすっきりし、

内部も明るくなりました。

DSC_0395

内部の石こうボードもおおむね貼り終え、

明日からは、そろそろ壁の仕上げ工程に入ります。

DSC_0345

壁の仕上げ後に行うと壁を汚してしまう恐れがあるため、

今日はその前に、1Fの土間の仕上げを行いました。

DSC_0332

今回、1階には玄関から続く広い土間空間があり、

金鏝で押え、乾燥してから塗装仕上げの予定です。

DSC_0349

完成まで、まだまだやらなければならないことは

山のようにありますので、最後まで気を抜かず、

漏れのないように進めたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/11

Wooden hut/金物検査

今日は現在建築中の事務所の現場へ

緊結金物の検査に行って来ました。

柱と横架材(土台や梁、桁など水平に使用する材のこと)が

地震などで大きく揺さぶられた際に外れてしまわないように

その接合部に取付けるよう義務付けられた金物があります。

これらの金物が適切に取り付けられているか

断熱材などが充填されて見えなくなってしまう前に

検査をして確認します。

この作業、ひとりで行うとかなり時間が掛かるため、

通常、田中と二人で行っているのですが、

今日は初めて千葉に手伝ってもらいました。

IMG_1151

これまで、工事中に現場へ一緒に来る機会がなかったので、

検査の後には、照明やコンセントが実際現場で

どのように配線されているのかとか、

仕上がると見えなくなってしまうところに

いろいろな工夫がされている板金のことなど、

具体的に見ながら説明できる、いい機会になりました。

事務所に戻ってから、千葉も喜んで居りました。

家づくりは、完成すると見えなくなってしまう部分が

分かって来ると楽しさが倍増すると思うので、

これからも時々は、一緒に現場へも

足を運べるように出来ればと思いました。

中々事務所の建築について、ご紹介することが出来ませんが、

少しずつ進んでおります。

また、時折ご紹介出来れればと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/09/05

ハナちゃんの家/外壁と階段

この秋の完成を目指して工事を進めている最中の

『ハナちゃんの家』ですが、現在、外部では、

2階部分の外壁を貼っているところです。

IMG_0656

外壁の仕上げは、ガルバリウム鋼板の平葺きです。

今回は3階建てと言うことで、積み重ねる貼り方にしました。

色は、ずいぶんと悩まれたようですが、天候によっては

白に見える位、明るいグレーを選択されました。

IMG_0688

内部では、階段の造作が進められているところです。

今回、光を採り込むために屋根上に物見塔を設けました。

写真は、その物見塔から3階へと下りる階段です。

この階段、1、2階の階高を抑えて

3階リビングの天井を高くしたいとのご要望から、

少し多くの段数が必要となり、6段回りになりました。

IMG_0669

そしてもう一つ、写真ではお伝え出来ないのですが、

3階リビングとに加え、回り階段と言うこともありますので、

冷蔵庫を3階まで運ぶことを考慮し、通常の階段よりも

ひと廻り巾を広げた設計になっています。

IMG_0666

上の写真は、2階から3階へと上る階段です。

こちらは、廻り部分が5段になっています。

5段回りの階段も綺麗で中々いいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/08/23

Wooden hut/上棟

おかげさまで本日、松匠創美の事務所が

無事、上棟することが出来ました。

久しぶりに真夏の空で、厳しい暑さとなりましたが、

前回同様、レッカー車を据えられない立地ということで、

手揚げによる建て方、お疲れ様でございました。

DSC_8036

昨年の春に「事務所を建てよう」と口にしたその時から、

いろいろな事が一気に動き出しました。

難航すると思われた土地探しもすんなりと決まり、

計画をまとめ、すぐにでも建築にとりかかりたい、

そんな思いはあったのですが、

何分、本来の役割であるご依頼いただいている家を

しっかりと完成させることが最優先です。

先送り、先送りされ、土地が決まってから、

ここへ辿り着くまでに1年を要しました。

IMG_0490

今回建築をする建物は、一戸建ての住宅よりも更に

小さな小さな建物になります。

そこで、Wooden hut(木造の小屋)と呼ぶことにしました。

このWooden hutは、松匠創美の家づくりの考え方を基本に

計画をしています。

暫くの間は、構造の見学をしていただくことも可能ですので、

ご希望がございましたら、是非問い合わせフォームより

ご一報下さい。ご案内させていただきます。

これから、少しづつ工事の様子も

ご報告していきたいと思っております。

時折様子を見にお越し頂けましたらうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/08/22

ハナちゃんの家/エアコン取付工事

日曜日は、『ハナちゃんの家』のエアコンについて

クライアントさん、取付業者さんと

朝から現場で打ち合わせがありました。

エアコン工事は量販店さんにお願いしていただくことが多く、

今回も量販店さんに依頼いただいているのですが、

隣地との空きが厳しい3階建てという条件もありまして、

完成引渡し後の工事ではなく、足場があるうちに

先行で配管工事を行ってもらうことにしました。

IMG_3155

しかし、ご購入予定の機種が特殊なサイズと言うことで、

喧々囂々、侃々諤々の打ち合わせになりました。

最終的には、機種を変更していただくこととなり、

お手間をお掛けしてしまうことになってしまいました。

柔軟な対応が出来ずにすみませんでした。

IMG_3148

その後は、照明やコンセントの位置を確認いただき、

家事室やウォークインクローゼットの棚の高さの確認や

暫く時間を取ることが難しいとのことでしたので、

朝9時に現場で始まった打合せでしたが、結果、

16時までの7時間にも渡りお付き合いいただきました。

長時間お疲れ様でございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/08/01

ハナちゃんの家/板金工事

今日は朝から雨予報でしたが、午前中は薄日の射すお天気で、

なんとか持ちこたえました。そして午後、一気に暗くなり、

15時頃には、猛烈な雨になりました。

ちょうどこの時、クライアントさんのところに居りまして、

少し雨脚が弱まるまでと話していましたところ、

中々、帰ることが出来なくなってしまい、仕方なく

車に乗る間だけでもビショビショになりながら帰ってきました。

久しぶりに洗車機並みの豪雨でした。

被害が出ていないことを祈りたいです。

IMG_0266

話は変わって、昨日の『ハナちゃんの家』です。

先週末、クライアントさんが暫く出張続きとのことで、

床材に一気にミツロウを塗って下さいました。

暑い中の作業、お疲れ様でした。

IMG_0245

屋根の板金が、あらかた昨日の段階で葺き終えており、

この豪雨の前で何よりでした。

IMG_0246

この季節、屋根の上は灼熱地獄です。

この夏、屋根の上で作業をされていた若い作業員の方が、

熱中症で亡くなられたとの報道も聞きました。

IMG_0257

外壁の下地の合板を貼り終えましたら、

屋根工事に引き続き、外壁の板金工事です。

屋根工事に比べると、向きによっては日影もありますので、

少しだけ作業環境が改善するといいのですが、

くれぐれも熱中症にならぬよう、水分補給を十分にして、

作業をしていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/27

ハナちゃんの家/電気工事

『ハナちゃんの家』では、昨日から電気工事が入りました。

電気工事の初日には、現場にて注意事項のすり合わせと

具体的な配線ルートの確認を行っています。

IMG_2042

事前に図面を予習して来ている電気屋さんが、

不明点について質問を投げかけてくれますので、

それらに一つ一つに答えていきます。

IMG_2044

また、なるべく効率よく作業を進めて貰えるようにと

穴あけ位置などについても問題がないことを確認します。

今日もルートのことで再び現場へ呼ばれ、

知恵を絞って参りました。うまく納まってくれるといいのですが。

IMG_2071

そして、現在の現場の状況はと言いますと、

スイッチやコンセントが取り付く壁以外には、

既に断熱材の充填が進んで来ています。

IMG_2068

暑い中での断熱材の充填は、綿状のグラスウールが、

それだけで暑苦しい感じですので、大変な作業です。

ただ、しっかりと断熱材が充填されることで、

内部空間は涼しくなる予定ですので、

頑張って充填作業を行ってもらえたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/07/21

趣味を楽しむ家族の家/エアコン取付

先月、『趣味を楽しむ家族の家』のアフター工事で

コンセントのを増設を行ったのですが、

今週は、そこへエアコンの取付けを行いました。

IMG_0011

取付位置をエアコン本体の背面から配管が出せる位置に

したかったのですが、建物の状況を総合的に判断した結果、

それは難しかったので、側面から配管を出すことにしました。

IMG_0012

それでも2年位前から側方へ配管を出す場合用の

専用カバーが用意されたため、配管はきれいにカバーされ、

スッキリと収まりました。

IMG_0015

もう一つ、吹抜け上部にシーリングファンを

追加で取付させていただきました。

取付けに来てくれた電気屋さん達が、口を揃えて

家の中が涼しいと言ってくれていましたが、

今回、エアコンとシーリングファンを追加したことで、

一層、暑い夏を心地よく過ごしていただけたらと思います。

IMG_0017

子供たちの夏休みが始まって最初の週末、

熱中症に気を付けて、夏を楽しんで下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。