【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2018/05/23

東京都庭園美術館/旧朝香宮邸2

今日も昨日に引き続き、GW中に出掛けて来ました

東京都庭園美術館の旧朝香宮邸についてのご紹介です。

IMG_3307

外観の写真左手の木の奥が大食堂です。

円形を描く窓からの景色は庭の緑を効果的に取り込み、

室内に居ながら、明るい日差しの降り注ぐ緑に囲まれて

会食を楽しむことが出来るようになっています。

なんと贅沢なことでしょう。

IMG_3255

インテリアで目に留まったのは、細部まで行き届いたデザイン。

IMG_3253

例えば、足元の巾木が途中で止まっているので、

なぜ?と思い引きで見てみますと、

IMG_3250

巾木の廻っていない部分は、建具の枠のため

巾木を回していないということが分かります。

IMG_3251

見て、意匠の意図がちゃんと伝わると言うことは、

破綻なくしっかりと設計されている証と思いました。

IMG_3276

所々に建設当時の壁紙が残っている部屋があり、

仕上の紙を剥がした部分で、下地を見ることが出来ます。

思わず悪い癖で触ろうとして怒られてました。

くれぐれもお手を触れないように気を付けましょう。

IMG_3274

バルコニーの手すり部分が切断され、その断面が

そのまま見えている所があり、気になっていたのですが、

IMG_3293

元々バルコニーだったこの部分は、

過去に浴室に改修されていたそうで、

これを再び建設当時のバルコニーへと復元し、

更には、美術館としての利用に際し、

増設するエレベーターのホールとして利用することになりました。

その復元工事の様子は、映像で見ることが出来ました。

IMG_3296

こちらのドアも浴室に改修されていた時には、

白いペンキで塗りつぶされていたのですが、

塗料を剥離し、元の木目を復活させたものです。

元の素材が上質であるということもありますが、

こんなにきれいに復元できるものかと驚きました。

IMG_3277

観覧者が歩く部分にはカーペットが敷かれ

あまり見ることはできないのですが、

床も板貼と言うよりは、寄せ木細工のようでした。

最高峰の仕事を拝見し、いい勉強になりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。