【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2018/05/15

光の降り注ぐ階段室のある家/壁の穴補修

昨日に引き続き今日は、先週末に行いました

『光の降り注ぐ階段室のある家』の補修工事のご紹介です。

IMG_9286-crop

実は、お子さんがキッチンの側へ入ってこられないようにと

設けた、突っ張るタイプのベビーゲートを取り付けていて、

壁に穴が開いてしまったとのこと。

IMG_9288

ポツンと白い壁に穴が開いた状態で気になります。

IMG_6552

今回はこの穴の補修を行いました。

IMG_3369

先ずは、補修しやすいように四角く開け直します。

IMG_3371

下地を入れ石膏ボードを貼り穴を塞ぎます。

IMG_3374

石膏ボードの継ぎ目にパテをかって段差をなくします。

IMG_3381

パテが乾きましたら、補修するクロスを重ねて切ります。

IMG_3384

重なってしまう部分のクロスを除去します。

ここは一緒に剥がしていたため写真を撮り忘れてしまいました。

IMG_3385

元のクロスがきれいにはがれましたら、

糊を塗って新しいクロスを貼ります。

IMG_3386

平滑に仕上がるように上からローラーで押さえます。

IMG_3388

これでほぼ目立たなくなりました。

後は乾いて問題がないと良いのですが、いかがでしょう。

7年経っても同じクロスが手に入ったのは、

仕様変更の少ないドイツ製の塗装下地用ウッドチップ壁紙を

壁に貼っていたから、と言うことが幸いしました。

同じクロスが手に入らなければ、

壁一面クロスを貼り替えることになっていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。