【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2016/10/03

旧後藤医院鵠沼分院

昨日は、打ち合わせを終えた後、藤沢市にあります

旧後藤医院鵠沼分院(現 鵠沼橋市民の家)へ、

建物の見学と歴史的建造物を使い続けるための勉強会へ

参加してきました。

IMG_4370

旧後藤医院鵠沼分院は後藤胃腸内科医院の鵠沼分院として

昭和8年(1933年)に開院したもので、併用住宅です。

IMG_6907

とても特徴的なのは窓の造りです。

室内側は引き違いのガラス戸、

屋外側は上げ下げ窓が出窓式になっており、

その間には、ロールスクリーンとカーテンが設けられています。

IMG_4375

更には窓の下に、換気や掃き出し窓に代わる開口として、

小さな扉が設けられていてます。

IMG_6878

扉を開けると目は粗いですが網が貼られているのが見えます。

細かいところまで丁寧な気遣いがしてあります。

IMG_6879

外部側から見るとこんな感じになっています。

IMG_4367

天井の高い部屋には、部屋の隅に開口を設け

小屋裏から腰窓へ空気が抜けていくようになっています。

IMG_4385

また、医院部分の天井は高く、個室のドアの上部に、

小窓を設け、この窓を開け閉めすることで、

小屋裏空間へと空気が抜けていくように工夫されています。

IMG_4402.1

入母屋の屋根の上に設けられた、3箇所の腰屋根部分に

開口が設けられていて、夏はこれらを開けることで、

室内で熱した空気を排出し、冬は閉じて

熱を逃がさないようにと調節をしていたものと思われます。

IMG_4418

トイレの床付近に設けられた開口の向こう側は、検査室で、

今と変わらないシステムがすでにあったことが分かります。

IMG_6894

他にも受付なども昭和初期の姿がそのまま残っており、

どこもとても興味深く、もっともっと見ていたい建物でした。

IMG_4409

お誘いいただきまして、ありがとうございました。

また、最後までお読み下さり、ありがごうございました。