【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2017/06/23

趣味を楽しむ家族の家/その後

今日は、2012年に完成をしました

『趣味を楽しむ家族の家』へ、アフター工事で行って来ました。

IMG_9777

実は、周辺環境に変化があり、ウッドデッキの手摺を

これまでよりも少し高くすることにしました。

IMG_9781

シルバーグレーの部分が新築時からの手摺で、

ブラウンに見えるのが今回継ぎ足した部分です。

IMG_0957

リビング側から見ると少し囲われた感じになりましたが、

程良く、緑とのバランスもとてもいい感じです。

IMG_0960

リビングのカラマツの床材も飴色の色づき、

すっかりと馴染んでいました。

IMG_0985

東日本大震災の翌年完成と言うこともありまして、

電気利用に対して見直しが行われた頃で、

これまでの5年間は、子供部屋に

エアコンを入れずに過ごされて来られました。

しかし、お子さん達の成長と年々猛暑と化す夏へ備え、

エアコンが取付けられるようにと電気工事も行いました。

IMG_0990

エアコンはまだ取付けていないのですが、

暑くなる前に準備が整い、ホッとしました。

今日のように晴れると暑く、雨の日は寒い日々で

体調を崩されている方も多いようです。

どうかご自愛の上、良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/22

ハナちゃんの家/立上りコンクリート打設

今朝は、おかげ様で予定通りに『ハナちゃんの家』

基礎の立ち上がりコンクリートの打設を行いました。

IMG_9752

梅雨の最中、2度のコンクリート打設が予定通りに行えたことは、

とても恵まれていたなぁ~と安堵しております。

IMG_9776

基礎工事などのコンクリートの施工の際には、

プラントから生コン車で運ばれてきたコンクリートを

ポンプ車を使って圧送し、型枠内に打ち込みます。

そのポンプ車のブームを折り畳む時、近隣家屋の屋根や

電線にぶつからないように動かしている様子は、

いつ見てもハラハラするものです。

IMG_9768

今回も上空に沢山の電線が走っていて

作業中はずっと見守っておりましたが、

流石に上手に操るものだと、感心してしまいました。

IMG_9769

ポンプ車のブームの中にコンクリートが残った場合には、

生コン車へ再度移動し、プラントへ戻します。

IMG_9775

以前は戻すことが出来ずに処分に困っていましたので、

最近は、改善され良くなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/21

高台に建つ三世代同居の家/完成写真6

今日は予報通り、1日警戒が必要な荒れた天気で、

ロフトの窓を1箇所、閉め忘れていたため、

気が付いた時には、水浸しになっていました。

警戒を怠り、失敗をしました。今後は気を付けようと思います。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

さて、「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介は、

今回で6回目となります。

17_02_01 hirasaku-2 w_61A-tile

前回は、リビングをグルッとご紹介しましたが、

今回は、キッチン以外の水廻りをご紹介いたします。

17_02_01 hirasaku-2 w_60

洗面化粧台とミラーとキャビネットは、

LIXIL製で組み合わせ式のタイプです。

そのため、キャビネットと化粧台の間の壁面に

パネルなどの付属部材がないため、

この部分の壁の仕上が漆喰では、

将来的な水はねによる汚れが心配とのことで、

床材と同じチェリー材を貼っています。

木材は、乾きやすいところで使っていただくと

少々の水には強いので、扱いやすくてお勧めです。

お隣の浴室は、タカラスタンダード製の

1坪タイプのシステムバスです。

17_02_01 hirasaku-2 w_78

トイレは、洗面脱衣室とは独立しているので、

タンクに付いた手洗いではなく、別に手洗器を設けました。

便器と手洗器は、洗面化粧台と同じ、LIXIL製です。

次回は、個室のご紹介をいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/20

ハナちゃんの家/中間検査

今日は朝からお天気にも恵まれ、現場へと向かいました。

先ずは、基礎の配筋検査です。

IMG_0840

基礎伏図と基礎断面図を照らし合わせながら

配筋が正しく組まれているか、確認します。

今回は1箇所、正しく配筋されていない箇所を発見したので、

立ち会ってくれていた職人さん達にお願いし、

配筋の手直しをしてもらいました。

IMG_0837

パーフェクトに組まれていればもちろん嬉しいのですが、

今回のように間違いを適切に修正が出来た時も

検査した甲斐があるような気がして、

それはそれで、嬉しい気持ちになるものです。

IMG_0848

そうこうして居りますと、中間検査の検査員さんが

11時予約でしたが、9時45分にはやってきました。

配筋などを確認いただき、無事完了です。

IMG_0866

午後からは、耐圧盤コンクリートの打設です。

前面道路が一方通行の上、4mに満たないため、

車を前面道路へ横づけすることが出来ず、

1件先に借りた駐車場からポンプ車で圧送します。

IMG_9628

午後一番に打ち始めたのですが、

プラントが遠く、配送に時間が掛かることもあり、

次の生コン車の到着をヤキモキしながら待ちます。

IMG_9634

打ち継ぎ時間が確認できるように時間を写真に残します。

IMG_9631

職人さんは生コン車を待つ間に均し作業をしています。

道が狭く、小さい生コン車しか入れないため、

小運搬で16時過ぎまでかかりましたが、

無事、打ち終えることが出来ました。

IMG_9656

ただ、この後も抑え作業が夜まで続きます。

今日が1年で2番目に昼が長い日で、良かったです。

今日1日で、だいぶ日に焼けました。

IMG_9736

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/19

高台に建つ三世代同居の家/ご見学

今日は、田中家が差し入れしてくれたスイカを

皆でおやつにいただきました。

私にとりましての今年、初のスイカは、

甘味がたっぷりあって、とても美味しかったです。

九州のスイカとのこと、ごちそうさまでした。

IMG_9611

さて、昨日は家づくりをご検討中のご家族を

『高台に建つ三世代同居の家』へご案内しました。

16_12_29 hirasaku_11

2世帯住宅でお考えとのことで、

親世帯、子世帯それぞれの造りの違いや

松匠創美の家づくりの考え方を体感していただき、

昨年末から住み始めて、およそ半年の

住まい心地なども直接聞いていただくことが出来ました。

17_02_01 hirasaku-2 w_63

ご見学にお越し下さったご家族の皆様には、

写真で見るよりも広く感じたとの声もいただき、

素敵な暮らしぶりを公開下さった

『高台に建つ三世代同居の家』のご家族の皆様には、

感謝申し上げます。

貴重な日曜日にお時間を取って下さった両家の皆様

ありがとうございました。

明日は、コンクリートの打設です。

週中くらいからは本格的に梅雨突入とのこと、

その前に間に合いそうで良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/16

ボリショイバレエ 2017『パリの炎』

今週は週の半ばの水曜日に、上野の東京文化会館まで

ボリショイバレエを観に出掛けて来ました。

IMG_9584

今年は、ボリショイバレエ団の初来日から60周年で、

人気のスヴェトラーナ・ザハーロアが踊る

『ジゼル』か『白鳥』を観たいと思ったのですが、

大人気ゆえ、良席は即完売で、

今年のボリショイは諦めておりました。

ところが、ひょんなことから日本初演という

『パリの炎』は、良席に空きがあることを知り、

結果的には、ほんとに素晴らしい作品を

観ることが出来たと喜んでおります。

 

『パリの炎』は、全2幕からなる物語で、

フランス革命の只中、そこに生きる人々の

悲喜こもごもを描いており、単に革命の成功を祝うだけではない

奥行きが感じられ、物語に引き込まれました。

特に最後のシーンがそれを強く感じさせ、印象的でした。

 

振り付けは、正直、古典に比べてやや大雑把で、

?な部分もありましたが、ダンサーの皆さんの

情熱的でそれでいて繊細な、高い技術に裏打ちされた

パフォーマンスを観ることが出来、大満足でした。

最後のスタンディングオベーションは、

そこに居合わせた皆の総意だと思います。

 

早いものでもう金曜日、どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

2017/06/15

展望風呂のリフォーム<4>

先月から行っておりました展望風呂のリフォーム工事、

ご紹介の最後に今日は塗装のお話です。

IMG_0124

葉山辺りの立地では、塩害があり外部の金属部分は、

どうしても劣化が早くなる傾向があります。

展望風呂に設けられた大開口部にも

金属製の庇が取り付けられているのですが、

これらも塩害による被害を受けていました。

IMG_9529

一部は既に錆びて穴が開き、酷い劣化状態で、

かなり厚みのあるスチールで造られていましたが、

こんなにも脆いものなのかと驚いてしまいました。

IMG_9531

この状態で放置して置きますと錆びていない部分も

貰い錆で、劣化しやすくなる恐れがありますので、

今回、穴が開いてしまった部分は切除し、

錆びをケレンし、錆止め処理をし、再塗装を施しました。

IMG_0587

雨上がりに撮影したため、水滴が写っていますが、

きれいに塗膜で覆われた状態に仕上がりました。

IMG_0604

庇以外に手摺も錆止め処理をして再塗装しました。

IMG_0566

将来外壁の塗装が必要になるときまで、

基材を保護してくれるよう、日々の点検を欠かさず

見守りをお願いしたいと思います。

今回は、リフォーム工事のご依頼をいただき、

他社の仕事から多くの学びがありました。

仕舞のいい家づくりをこれからも

心掛けていきたいと、思いを強く致しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/14

高台に建つ三世代同居の家/完成写真5

今日は、少し間が空いてしまいましたが、

昨年末に完成をしました「高台に建つ三世代同居の家」

のご紹介をさせて頂きたいと思います。

5回目の今回は、子世帯のリビングをご紹介します。

17_02_01 hirasaku-2 w_62

2階の子世帯は、勾配天井になっておりまして、

リビングの中央部分には、一番高い所にハイサイド窓を設け、

シーリングファンと合わせて、これからの季節の

暑さ対策にと考えています。

17_02_01 hirasaku-2 w_63

東側から見ると勾配屋根の斜め具合がよくわかります。

17_02_01 hirasaku-2 w_64

キッチン奥から南西側を見ています。

17_02_01 hirasaku-2 w_65

キッチンに立ちますと、遠くの緑が目に入ります。

17_02_01 hirasaku-2 w_70

キッチン横の掃き出し窓からは

木製バルコニーに出ることが出来ます。

17_02_01 hirasaku-2 w_80

バルコニーからの眺望は、視界を遮るものはなく、

街を一望することが出来ます。

17_02_01 hirasaku-2 w_74

2世帯を貫く大黒柱が大空間を支えてくれています。

LDKをグルッと一回り、ご覧いただきました。

勾配天井はシナ合板を貼って仕上げましたが、

壁は、子世帯のご主人が主となり、ご家族の皆さんで

協力して、漆喰で仕上げています。

「高台に建つ三世代同居の家」のご紹介はもう少し続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/13

3層吹抜けのある家/ご見学

今日は、これから住まいの計画をお考えのご夫妻から

『3層吹抜けのある家』の見学希望をいただきまして、

クライアントさんのご厚意により

ご案内をさせていただくことになりました。

IMG_0548

朝から雨が降る生憎のお天気だったのですが、

『3層吹抜けのある家』の奥様がご案内下さいまして、

お時間にしておよそ1時間、たっぷりと住まい手からの

貴重なお話を聞かせていただきました。

IMG_0549

こうして実際に住まわれているところを

拝見させていただく、貴重な機会をいただきまして、

この度は本当にありがとうございました。

ご見学をご希望くださったご夫妻も足元の悪い中、

お越し下さいまして、今日は、ありがとうございました。

ご案内することが出来て良かったです。

そして最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/06/12

夏、そして梅雨

先週末の土曜日は、朝から暑いくらいの陽気でした。

そのせいもあってか森戸海岸には午前中から、

たくさんの人達が出て賑わいでいました。

IMG_0531

昨日も車で5分のところ、移動に15分かかりました。

いよいよ、頭を夏モードに切り替えないといけません。

IMG_0534

海の家”LAH”さんの建築も進んでいます。

屋根が貼れましたので、屋根の下はグッと涼しくなりました。

IMG_9550

先週の木曜日は、朝から雨が降っていまして、

庭のあじさいが雨に打たれて活き活きと見えました。

その隣ではドクダミもちょうど、たくさんの花を咲かせています。

IMG_9553

かゆみ止めを作ろうと一度摘んだのですが、

洗う前にちょっと置いておいたところを空之助に見つかり

すっかりズタボロにされてしまいましたので、

今年はまだかゆみ止めが作れていません。

雨に打たれ、傷んでしまわない内に、

摘めるといいのですが・・・

週間予報によりますと比較的雨が少なさそうなので、

早めに摘みたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。