【モデルハウス】見学受付中
営業エリア
神奈川県全域(三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市)東京都世田谷区、目黒区、大田区
その他は、お気軽にお問い合わせください。
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
RSS

松匠創美ブログ

2017/10/18

地震津波被害・耐震診断・耐震補強の講習会①

先週末は、地震津波被害・耐震診断・耐震補強の講習会

第1回「福井地震までの地震被害」を受講してきました。

この講座2013年にも受講した講座なので、

第1回につきましては、前回と同じ内容なのですが、

熊本地震の被害について聞ける回もあるようですので、

知識を深め更新出来ればと思い参加しています。

IMG_5573

では、今回までの区切りとなっている福井地震と言うのは、

どのような地震であったか、1948年6月28日に発生した

マグニチュード7.1の都市直下型地震です。

震源が浅く、広範囲で強い揺れが生じたため被害も甚大で、

犠牲者数は、関東大震災、阪神・淡路大震災に次ぐ

多さとのことで、この地震をきっかけに

気象庁は震度階級に7を設け、建築基準法では、

壁量計算の基準が設けた、要となる地震でした。

関東大震災については語られることが多いですが、

福井地震については、あまり伝えられていない気がします。

IMG_5574

古くを遡りますと『日本書紀』に記載されている

684年の地震および伊豆諸島噴火の記録「白鳳地震」や

史書『日本三代実録』に記載のある869年の三陸沖地震

「貞鑑(じょうがん)地震」などがありますが、

「ある者は地割れに飲み込まれた」などと言った記述もあり、

どこまで事実が記されているのか判断しかねる部分も多く、

伝承の域を超えません。

1800年代後半頃からは、写真やスケッチによって、

地震被害の様子が残され始めるようですが、

この頃になってもまだまだ、過去の地震被害から

多くを学んだとは言い難い状況だったと知りました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/16

ハナちゃんの家/壁仕上げ

毎日、雨が降り続けている葉山です。

小学校の運動会が土曜日開催予定のところ順延し、

明日も雨予報と言うことで、唯一雨が降らなさそうな

水曜日に延期されました。

現場では、外部工事が進まず・・・気が揉めます。

そんな毎日ですが、外の工事が終わり仕上げに進んでいる

「ハナちゃんの家」へ、納めの打ち合わせに行って来ました。

IMG_5577

3階部分の大工仕事がもう少し残っています。

1、2階では、石こうボードのつなぎ目にパテによる

下処理が進んでいます。

IMG_5600

階段の裏側も階段同様に段々になっていたり、

出隅が多くありますので、下処理にも手間がかかります。

IMG_5591

それでも丁寧に下処理をしてくれる職人さんのおかげで、

既に2階部分は概ね貼り終えていたのですが、

薄手の壁紙にもかかわらず、きれいに仕上がっていました。

引き続き、よろしくお願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/13

第20回 木造耐力壁ジャパンカップ-4

今日は9月18日に日本建築専門学校で開催されました

木造耐力壁ジャパンカップ決勝トーナメント第4戦目の話です。

第4戦は、予選2位通過対8位通過の対戦になります。

IMG_4077

写真左、予選2位通過の壁『 SHINMEI 』 は、

耐力壁ジャパンカップトーナメント最多優勝チームの

㈱ポラス暮らし科学研究所です。

毎年大会を盛り上げてくれるチームですが、

今年は、例年の無骨な強度一辺倒の壁ではなく、

伊勢神宮に代表される神明造りをイメージしたという

「斜材」と「貫材」を組み合わせた柔剛合わせもつ壁です。

写真右、予選8位通過の壁 『わでぃん』 は、

かつてポラス建築技術訓練校で大会に参加し、

現在は大工として現場で働いている方たちが、

最後の大会ということで、ポラスハウジングチーム

としてエントリーです。

同門対決は、どんな結果になるでしょう。

IMG_4081

やはり、ここは研究所チームが力を見せつけ

『SHINMEI 』 あまり動かず、勝利を収めました。

IMG_4086

『わでぃん』 の足元です。さすがに現役大工さんチームです。

如何に加工を単純化するかを目指すことの多い

大学チームに比べ、加工に手間がかかっています。

IMG_4095

強い力がかかるホゾには、金物で補強をしていたり、

細かい工夫がされています。

IMG_4096

何と言っても解体作業を安心して見ていられますし、

ホウキの使い方も手慣れていて、流石な感じがしました。

訓練校チームの頃は、道具の使い方もぎこちなかったのに

すっかり成長されている姿が頼もしかったです。

研究所チームには、負けてしまいましたが、

拍手を送りたいと思います。お疲れ様でした。

さて、今週は月曜日が休日だったと言う事もあり、

あっと言う間にまた週末な感じがしています。

急に寒くなっておりますので、

暖かくして良い週末をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/12

ハナちゃんの家/土間仕上げ

いよいよ工事も最終段階の「ハナちゃんの家」

仮設の足場も撤去され、外観がすっきりし、

内部も明るくなりました。

DSC_0395

内部の石こうボードもおおむね貼り終え、

明日からは、そろそろ壁の仕上げ工程に入ります。

DSC_0345

壁の仕上げ後に行うと壁を汚してしまう恐れがあるため、

今日はその前に、1Fの土間の仕上げを行いました。

DSC_0332

今回、1階には玄関から続く広い土間空間があり、

金鏝で押え、乾燥してから塗装仕上げの予定です。

DSC_0349

完成まで、まだまだやらなければならないことは

山のようにありますので、最後まで気を抜かず、

漏れのないように進めたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/11

Wooden hut/金物検査

今日は現在建築中の事務所の現場へ

緊結金物の検査に行って来ました。

柱と横架材(土台や梁、桁など水平に使用する材のこと)が

地震などで大きく揺さぶられた際に外れてしまわないように

その接合部に取付けるよう義務付けられた金物があります。

これらの金物が適切に取り付けられているか

断熱材などが充填されて見えなくなってしまう前に

検査をして確認します。

この作業、ひとりで行うとかなり時間が掛かるため、

通常、田中と二人で行っているのですが、

今日は初めて千葉に手伝ってもらいました。

IMG_1151

これまで、工事中に現場へ一緒に来る機会がなかったので、

検査の後には、照明やコンセントが実際現場で

どのように配線されているのかとか、

仕上がると見えなくなってしまうところに

いろいろな工夫がされている板金のことなど、

具体的に見ながら説明できる、いい機会になりました。

事務所に戻ってから、千葉も喜んで居りました。

家づくりは、完成すると見えなくなってしまう部分が

分かって来ると楽しさが倍増すると思うので、

これからも時々は、一緒に現場へも

足を運べるように出来ればと思いました。

中々事務所の建築について、ご紹介することが出来ませんが、

少しずつ進んでおります。

また、時折ご紹介出来れればと思っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/10

昼休みの空之助

まるで夏のように気温の高い3連休でした。

お子さんの運動会だったというクライアントさんは、

「まるで修行のようでした」とおっしゃっておられました。

この高い気温は木曜日くらいまでつづくようで、

金曜日以降、雨と共に一気に寒くなりそうで、怖いです。

IMG_1124

写真は先週末の空之助です。

お昼休み、自分だけご飯を食べられないことに不満な空之助、

いつもみんなが食事を始めると、外に出たいと訴えます。

そこで仕方なく外へ出すのですが、ぐるっと一回りすると

今度は入りたいと写真のようにアピールしてきます。

IMG_1125

ところが、扉を開けて「どうぞ」と言うと、

くるっと踵を返し、改めて穴を掘ってみせたりします。

IMG_1126

「コラー」と言われて一旦やめるのですが、

またまた、掘り出したり、中々悪い奴です。

IMG_1131

でも、飼い主は、こんなかわいい顔をされ、

「かわいいからーしょうがないね」と許してしまうのです。

そんなダメダメな飼い主ですが、

穴掘り後はの脚は洗わないと、中には入れませんからね。

クウちゃん。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/06

パッション・フラメンコ

先週末は、映画『パッション・フラメンコ』を観に

シネマ・ジャック&ベティまで行って来ました。

この映画は、2015年9月のシルバーウィークに

日本で公演が行われましたサラ・バラスの

『ボセス・フラメンコ組曲』を公演の準備段階から

ツアー最終公演まで追ったドキュメンタリーです。

日本公演の時のことは、こちらで少し触れています。

IMG_1119

フラメンコの先生に伺ったところによりますと、

タブラオで行われるフラメンコ公演は、即興的と言いますか、

その時のライブ感を大切にするもののようなのですが、

今回のようなホールなどで行われる公演の場合には、

綿密につくり上げ、高みを目指すとのこと。

まさに「努力しない者には我慢が出来ないの

さっさと消えて欲しいわ」と言うサラ・バラスのストイックさが

そこにかかわるすべての者にいい影響を及ぼしていて、

「才能がないのではなく、努力することで才能が花開く」と、

「自分はどんな仕事に就いたとしても、

世の中を良くするために完璧に仕事に取り組んでいるだろう」

「私がウエイターならカウンターはぴかぴか。

私がタクシーの運転手なら車の中はいい香り。

アーティストだけが特別ではない。

誰もが特別な存在で、何かを成し遂げることが出来る。

あとは挑戦するかどうかだけ」と言い、

レット症候群(神経系を主体とした特異な発達障害)の

病と闘う多くの家族たちの支援活動も行っています。

もちろん映画の中にはサラが踊るシーンもふんだんに

納められており、その素晴らしさから、映画と言う事を忘れて

うっかり拍手をしそうになり、抑えるのに苦労しました。

エンディングでは、オレ!とスタンディングオベーションを

送りたくなる映画でした。

明日から3連休の方もいらっしゃることと思います。

どうぞ良い連休をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/05

第20回 木造耐力壁ジャパンカップ-3

今日は、昨日に引き続きまして、9月18日に

日本建築専門学校で開催されました

木造耐力壁ジャパンカップ決勝トーナメント第3戦目の話です。

第3戦目も予選4位通過対予選6位通過の対戦と言う事で、

好勝負を期待したいところです。

IMG_4062

写真左、予選6位の壁『グレコ』は、

少し前に校舎を見学に伺いました、

ポラス建築技術訓練校のチームです。

短時間に施工可能で金物を使用していない壁は、

仕口にそれぞれ工夫を凝らしているとのこと。

写真右、予選4位の壁『紬~Final~』は、

久しぶりにエントリーのアキュラグループ+

東京大学木質材料学研究室+篠原商店のチーム匠です。

金物や接着剤を一切使わず、国産針葉樹材を用いた壁は、

縦貫材をギッシリ並べ、力の分散を狙ったとのことです。

最終回と言う事で、帰って来た大横綱チーム匠に対して、

ポラス建築技術訓練校チームがどこまで対抗できるか

金物を使用していない同士の壁対決楽しみです。

IMG_4065

結果は、『グレコ』の柱が破断したことで、

『紬~Final~』の勝利です。

やはり斜材の接合部が厳しかったようです。

IMG_4069

第2戦では、縦横の格子壁が

面材をビスで固めた堅い壁に敗れましたが、

第3戦では、縦横で紡いだ壁が

斜材の入った堅目の壁に勝利しました。

こんなことも楽しいところのひとつです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/04

第20回 木造耐力壁ジャパンカップ-2

今日は、9月18日に日本建築専門学校で開催されました

木造耐力壁ジャパンカップ決勝トーナメント第2戦目の話です。

第2戦目は、予選5位通過対予選3位通過の

対戦になりますので、好勝負が期待されます。

IMG_4051

予選5位の壁『格子くん』(上の写真左)は、

東京理科大学永野研究室野田醤油コーラ′sチームです。

柱の内側にもう1本ずつ柱を抱かせ、6本の横貫と

格子に編んだような構造ですが、上部と下部の一部に

スギの面材が入っています。金物は使用されていません。

一方の予選3位の壁『伊達なビス絵巻』(上の写真右)は、

シネジックwithKMC チームです。

シネジックは、ビスメーカーさんですので、

今回もしっかりとビスを使用した壁で臨みます。

しかし、今回は金物重量制限ルールがありまして、

木材による込み栓も併用して対応したとのこと。

IMG_4052

結果は、ジャッキが引ける長さ一杯の450㎜に達した時点で

変位の小さい方の勝ちというルールにより、

450㎜に達した時点では、どちらも壊れていないのですが、

より変位の大きかった『格子くん』の敗退が決まりました。

IMG_4054

『伊達なビス絵巻』はビスで固めた堅い壁でしたので、

貫構造の柔軟な壁の『格子くん』は、変位が大きく、

足元の土台にだいぶ負担がかかっていたようです。

IMG_4056

良く見ますと貫を固定すクサビの形状に工夫が見られます。

IMG_4058

簡易に解体できるようにも工夫したと言うだけあって、

学生さんでも、あっと言う間に解体を終える事が出来ました。

『伊達なビス絵巻』壁、準決勝進出おめでとうございます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

2017/10/03

夏の名残

先日、夏の間に成長した河川の草刈りが行われていました。

この草刈り、河川の管理と護岸の安全のために

行われるようなのですが、刈られた草は通常、

事業系の一般廃棄物に分類されるとのこと。

この時は、川に流れて行ってしまいそうなものを集めて

川岸に積み上げているところでした。

IMG_1064

葉山町の一般家庭のゴミ出しルールによりますと

草木は資源ごみに当たりますので、出来ればこの草も

リサイクルプラントで堆肥してもらえることを希望しますが、

実際のところは確認できていません。

IMG_1075

そして、今年の夏はあまり夏らしい天候に恵まれず、

花も夏らしい花を飾らずにいつの間にか過ぎてしまい、

今頃になって先週は向日葵、今週はグラジオラスと

過ぎゆく夏を惜しむかのように活けています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。